旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
おすすめブログ
私が定期購読しているThe Barkという犬の雑誌があります。
以前にもこの雑誌の記事をネタにブログにアップしたこともあるのですが
2~3日前に届いた最新号の、本の紹介の欄のあまりにも可愛い写真に
目を奪われました。

どんな写真か見たいでしょう?さ~見たい方は↓をクリック!
The Daily Coyote

dc0903053
見た?

この「The Daily Coyote」というのが本のタイトルなんです。
デイリー=毎日更新、つまりブログなんですね。ブログの書籍化です。

で、コヨーテとタイトルにあるように主役はコヨーテのチャーリーです。
チャーリーの両親は牧場の羊を襲ってハンターに射殺されてしまいました。
撃ったハンターはこのブログの著者のボーイフレンド。
残された生後10日の子コヨーテ(言いにくい 笑)を放っておけず
ガールフレンドの著者の所に連れてきました。

それからというもの、彼女は毎日チャーリーの写真を撮り
記録をつけ、それをメール配信し始めました。
それが話題になり、より洗練されたブログの形になり
ついには本として出版されたというわけです。

dc0903054
コヨーテと暮らすの?

うん、著者は猫と犬も飼っていて、その子達ともうまくやってるようだよ。

野生動物を飼うわけですから、苦労も葛藤もあるかと思うのですが
実は私もまだこのブログを全部読んでいないので、詳しくはわかりません。

でもね、このブログ、本文を読まないで写真だけでもすごーく魅力的なんです。
子供の頃のチャーリーの可愛らしさももちろん見所ですが
成長して一人前の姿になったチャーリーが飼い猫のイーライや
犬のクロエと一緒に寝たり遊んだりする姿の微笑ましさや
野生動物らしく跳んだりはねたりする姿の美しさは一見の価値有りです。

dc0903051
おかーさん、いつもコヨーテ怖いって言ってるじゃない?

うん、近くにいると怖いんだけどね。
こうやって写真で見ると、キツネみたいだったり狼みたいだったり
そしてもちろん犬みたいだったりして、すごーく素敵なのよ。


それにしてもあれだね。こんな可愛い子コヨーテが一匹で迷ってるのを
見つけちゃったりしたらどうしたらいいんだろうねえ。
子犬だったら迷わず保護して連れて帰るけど、野生動物はねえ・・・。
軽く咬まれても病原菌なんか持ってそうだし、ニコやニヤに感染ると困るし。
でも放っとくと確実に死んじゃうしなあ。

dc0903052
おかーさんがまた妄想を始めた。ほっとこー・・・。

違うよニコ!妄想じゃなくて「もしも」に備えてシュミレーションしてるの。
そんな「もしも」、ない方がいいんだけど。

多分あれだな、動物愛護協会のSPCAに連絡するといいんだな。
ちょっと明日SPCAも調べておこうっと。


ところで、ニコの「妹分」の柴犬のそらちゃん。
飼い主のLB hiroさんが「時々”どうしてコヨーテの子なんて育ててるの?”と
聞かれるんですよ」と苦笑していらっしゃいました。
チャーリーの子供時代の写真を見て納得!
本当にそっくり~。

sora0704303

生後9週目のころのそらちゃんです。



<おまけ>
先日、近所のスーパーで買ったお漬け物。
dc0903055
Fukujin Tsukeって書いてあるけど、中身どう見ても柴漬けなんですけど・・・。

味は普通においしい柴漬けでしたよ。


ブログランキング参加中。応援クリックお願いいたします~!
GHバナーニコ人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル


GHバナーニヤこちらはFC2ランキングへ


スポンサーサイト
大根
動物で可愛くないのて・・・居ないと思うけど。。
とーてもかわいい。。
前にカバを拾って育てた方の話しが・・TVでありましたが・・ブルテリア数頭と一緒に暮らしていたそうです。。今は近くの川で暮らしていて時々帰ってくるとか。。そして・・ブルテリアと一緒に毛布を被って寝てるんですよ。。ブルテリアたちももちろん一緒。。
1頭はカバちゃんの背中で寝てました。。
なんか・・いいですよね。。
コヨーテ君・・いつまでも幸せに。。
2009/03/06(金) 01:37:41 | URL | [ 編集]
マルコ
子コヨーテ、ほんとそらちゃんに似てる^^
かわいいですね~。
さっきポチたまで、保護されて伊豆で飼われてるペンギンのことやってました。
人間の男の人に恋して卵産んでましたよ。ぷぷ。
(金曜の夜なのにポチたま観てるし。)

保護して野生に帰す話とかテレビで観ると、かなり泣けます。
あがさんも野生動物保護して育てたら、絶対手放せなくなりますね。
やっぱ早めに愛護協会ですね^^
2009/03/06(金) 03:15:22 | URL | [ 編集]
ハニフラ
コヨーテの子って、こんなにか弱げで、可愛いのですね。でも子犬とはやっぱりどこか違いますね。
それと、あがさんの仰るとおり、本当に狐と狼と、どちらにも見える不思議な雰囲気にも見とれてしまいました。野生動物の魅力には、理屈は要りませんね。

私は、ピリオドとアポストロフィがユーモアがあって好きかな^^#

そらちゃん、小っちゃ!
芝の子って、なんであんなに可愛いかなあ。グローネンの子もそりゃもちろん可愛いけど、芝の子犬は格別だと思います。これって、私の中の日本人の血のせいでしょうか?(笑)
2009/03/06(金) 05:05:57 | URL | [ 編集]
ふーたまま
子コヨーテ、、、言いにくい(笑)
かわいいのね~。コヨーテ。

わたし、シートン動物記が愛読書の子供でした。
コヨーテってやっぱり怖いイメージだったわ~

福神漬けは嫌いだけど
しば漬けは大好物のふーたままでした♪
2009/03/06(金) 06:50:32 | URL | [ 編集]
ケンケン
子コヨーテ 柴犬の赤ちゃんをちょっぴり細面にした顔なんですねぇ^^
写真をみてるだけ景色やら 表情やらとーっても素敵ですね。
ちょっと前のTVで旭川動物園のオオカミの森の事を園長さんが話していたのですが
今 エゾ鹿が増えすぎて木の芽やら木の皮を食べつくして 森の木が枯れてきてるらしいです。昔はオオカミがいてエゾ鹿を餌にしていたので バランスが保たれていたけど、人が家畜を襲うオオカミを全滅させたそうです。
2009/03/06(金) 19:19:54 | URL | [ 編集]
いぬキャラメル
野生動物の保護って難しいですよね。
話しは随分とスケール小さくなりますが、以前、車道で飛べなくなっている鳩を渋滞を作りながら(汗!)保護したことがありました。獣医さんに連れていったら農薬散布された畑の植物か虫を食べたんだろうということで本来の自然界の仕組みとは違うことで傷ついている動物が多いことにやりきれなくなりました。そして自分がそのことに無自覚なことも・・・。
幸い鳩は助かって獣医さんの手で自然に帰されましたが、野生動物の治療って無料で治療が終われば自然に帰すときまっているそうで、無知な私はハハ~と関心しました。
でも、もし私がキタキツネの赤ちゃんか何かを保護して大きくなってから帰そうと思っても厳しい自然で生き抜けるか?なんて考えたら手放せない!とか、私もあがさんと同じように妄想に走ってしまいました。
2009/03/06(金) 22:29:15 | URL | [ 編集]
bonny
うわー可愛いなぁ♪
一番可愛いと思ったのは蛇と格闘してるところです。
小さい体で頑張ってるのがたまらないっ!
このブロガーさんも「おおーっ!野生の血が!教えずとも!」
感動しただろうなぁ。

2009/03/07(土) 00:21:27 | URL | [ 編集]
あが
v-254大根さん
ねえ、ホントにかわいいですよねえ。
ところで「カバを拾って」とサラッと書いていらっしゃるのに笑ってしまったのですが
アフリカかどこかのお話ですよね?(笑)
でも野生に戻っても時々帰って来てくれるって素敵ですねえ。
で、ブルテリアさん達と一緒に寝ちゃうの?!かわい~!
いいお話をありがとうございました。

v-254マルコさん
ホント、コヨーテと柴の子犬って似てますよね。
キツネの子供も同じような雰囲気ですね。
保護されて飼われているペンギン、なんで伊豆で保護されたんでしょう?
気になるのであとでポチたまのHPで見てみよう。
それにしても人間の男の人に恋して産卵!なんか泣かせる(笑)
2年半くらい前に、道端でうさぎを保護したことがあるんですよ。
今住んでる所なら野生のうさぎはウジョウジョいるのでそんなことしませんが
当時住んでいた市内では、うさぎなんていなかったし
ものすごく簡単に捕まったから野生じゃなくて飼われてた子みたいだったし。
でも色々考えたけれど3日だけ保護して、シェルターに連れて行きました。
たった3日でも、別れるのが辛くて泣いてしまいましたよ~。

v-254ハニフラさん
ふふふ、ハニフラさんなら絶対にお好きだと思いました。
子供の頃の可愛さも捨てがたいけれど、成長してからの雰囲気がいいでしょう。
おっしゃっているように「か弱げなかわいさ」
人間も含めて赤ん坊との丸い瞳や、か弱げな可愛らしさは
他者の庇護欲をかき立てることで生き延びるための戦略なのだと
何かで読んだ覚えがあります。このお話を読むとまさにその通りですね(笑)
柴犬も含めて、日本犬の子の愛らしさは格別のものがありますねえ。
小さいうちから確かに「和」風味なんですよね(笑)
あれがやっぱり日本人の心に訴えかけるのかしら。

v-254ふーたままさん
言いにくいですよね~「子コヨーテ」(爆)
シートン動物記、私も大好きでした!
「狼王ロボ」と「旗尾リス」が特にお気に入りでした。
(あら?昔からリスが好きだったのかしら)
福神漬けはなかなか美味しいのに巡り合いませんよね。
私もあんまり好きじゃないのですが、昔よそから頂いた
自家製の福神漬けはものすごく美味しくて
「今まで食べてたのはなんだったの?」と思った覚えがあります。

v-254ケンケンさん
そうなんですよ、景色や表情を見事に捉えていますよね。
この著者の住む町って人口300人、一番近い食料品店まで数十キロなんて所らしいです。
だから自然の雄大さも半端じゃないんだろうなと思います。
エゾ鹿とオオカミの話、哀しいですね。
自然ってそのままありのままで完璧にバランスがとれているのに
人間が介入するといつもおかしなことになってしまう。
もっと謙虚にならなくてはいけないなあと思います。

v-254いぬキャラメルさん
野生動物の保護は本当に難しいですよね。綺麗ごとでは済まないし。
でも渋滞作りながら、鳩を保護したいぬキャラメルさん本当に素敵です。
人間が便利さを追求して、犠牲になるのはいつも野生動物。
でもそれって結局自分達の首を真綿でじわじわ締めているようなものだと
人間はしっかりと自覚しなくてはいけませんよね。
ふふふ、いぬキャラメルさんも妄想してしまいました?
キタキツネが見られるんですね~。
でも現実的な話をするとキタキツネだとエキノコックスを持ってる可能性もあるし
そうなるとやっぱり迂闊に近付くのはコワイですよね。
野生動物って本当は人間が近付いてはいけないのでしょうね。

v-254bonnyさん
蛇と格闘してる写真って白黒の「His first kill」ってやつでしょうか?
それ、私も「うわっ!すごい!蛇だよ!」と感動したんですが
妹に指摘されてよーく見たらゴム草履でした(笑)
でも闘う姿がなんとも野生っぽいんですよね。
子犬がじゃれる姿とは明らかに違いますもんね。
2009/03/07(土) 01:49:00 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。