旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ルーツを知る2
さて、昨日の続き「ルーツを知る2」です。

今日はもちろんニヤのお話。
root0902122

ニヤは(一応)純血のミニチュアピンシャーです。
標準サイズの2倍近くあるデカピンなので最初は
「多分ミックスなんだろうな」と思っていたのですが
ニヤの性質は知れば知る程典型的なミニチュアピンシャーです。

ミニピンは元々ネズミ等の害獣を駆除するための犬でした。
放し飼いにして作物などを荒らす小動物を狩らせていたのです。
昨日書いたウィペットと同じように自分で判断して狩りをする犬ですから
独立心が旺盛です。(ニヤそのものです)

root0902114
自分で判断してリスを狩ろうとしているのか?

また、小動物を攻撃して捕えてくるわけですから攻撃性の強い個体が良しとされ
そういう性質を持つ者を優先して繁殖させてきた歴史があります。
ですから今でもミニピンには攻撃性の強さが見られます。

ほら
riv08070111
んがーっ!

↑こんな生き物はそんなにたくさん生息していないかと思いますが(笑)

この「攻撃性の強さを優先して残してきた」というのは他の害獣駆除の使役犬や
ある種の猟犬にも当てはまります。
ヨークシャーテリアやスコティッシュテリアなどの愛らしい小型犬などもそうです。

姿形の可愛らしさだけに目を奪われて、愛情だけを与えていると
とんでもないモンスターが出来上がってしまいやすい犬種です。

もちろんどんな犬種であっても、しっかりと訓練することは
犬のためにも人間のためにも必要不可欠なことですが
こういった犬種元来の目的や役割を知る事はとても大切です。
そして知るだけではなくて、それに合わせた運動や訓練を与えてやる事も。

root0902112
乾燥ミミズにスリスリ

↑これもハンターの性質から来る行動のひとつ。
他の動物の匂いを体につけて、狩りの際獲物に気づかれないようカムフラージュ。
誰にも教えられなくてもこういうことが本能に擦り込まれているんですね。


他にも、例えば日本で人気のあるダックスフンド。
彼らは元々はアナグマ(=ダックス)狩りの猟犬です。
本場ドイツでは現在もたくさんの現役の猟犬ダックスフンドが働いています。
穴の中の獲物を追いつめ、時には自分でも穴を掘り、吠え立てて威し
匂いを辿ってどこまでも執拗に追いかけていって、主人の猟を助けます。

ミニチュアダックスやカニンヘンダックスはアナグマよりも小さい獲物のために
改良されたもので、性質はやはり同じです。


ニヤと対等に走るミニチュアダックスのポルシェちゃん。
こういう姿を見るとそのルーツも納得でしょう?
prs0804154



犬種の元々の仕事や役割などはインターネットで検索すれば簡単に調べられます。
今、犬と暮らしていらっしゃる方ならばご自分の愛犬のルーツを知って
それに見合った生活を与えてやること。
これから犬と暮らしたい、○○の犬種が飼いたいと思っている方ならば
その犬種の事を良く知り、本当に自分の生活に合っているのかよくよく検討すること。
これが犬と暮らす上での義務のひとつだと思います。

ところでミニチュアピンシャーは、改良の歴史の中で
ダックスフンドやイタリアングレーハウンドも交配されているそうです。
上のニヤとポルシェちゃんの顔を見るとなるほど。

dp2061029
ニコとイタグレのスリム君。ニヤよりも背が高いかな。

犬が人間と暮らすようになったのは犬が人間の役に立つからです。
何らかの仕事をすることが犬にとっては当たり前だった期間の方がずっと長いのです。
現在のように「癒してくれたらいいの」「かわいいのが仕事」などという時間の方が
歴史の中ではほんの短時間で異色です。
現在の日本の犬に仕事の代わりに与えてやれるもの、それは「運動と規律」です。
シーザーさんがいつもいつも口を酸っぱくして「運動、規律、愛情」とおっしゃる通り
「愛情、愛情、愛情」だけでは、結局は不幸な犬を増やしてしまうのだと
多くの人に認識してもらいたいなあと切に願う今日この頃なのです。



熱くなっちゃいましたが「そうだね」と思ってクリック頂けたら嬉しいです。
バナーココニヤ人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル


バナーポチニコこちらはFC2ランキングへ
スポンサーサイト
むつき
わぁ~お、ニヤちゃんのお顔恐ーーーい!!
デカミニピンのニヤちゃんに親近感を感じてしまうのは、デカジャックを飼っているせいでしょうか(笑)
私はも、まいろにはきっと近い先祖に他犬種が入っているんじゃないかと思っているんです。
テリアにしてはフレンドリーなところもジャックじゃないかも、と思わせます。
「運動と規律」ほんとうに大切ですよね。
ただ、うちの場合は犬ばかりが運動して飼い主はボールを蹴るのみ・・・だったり。
運動が必要なのは、実は私の方かも(爆)
2009/02/13(金) 04:53:16 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/13(金) 05:06:15 | | [ 編集]
puri
とてもとても勉強になった@@ありがとうございました!
私自身一人では動物を飼った事がないけど
これから家族に迎えるならやっぱりワンコだと思うので
いよいよの時には、あがさんに相談するぅ~^^
PCディスプレイに顔近づけて
「ふむふむ」「ほぉ~」「えぇー?」って言ったのは
きっと私だけではないはず!
でも後から白ーーーい目で見られたのは、きっと私だけTT
夫のばかぁ~~~、チョコなんかあげないもんっ!
2009/02/13(金) 05:18:16 | URL | [ 編集]
ひより
犬種によっては個体差も大きいので、ある程度ふり幅があっても『こちらが対応する!』という気・環境でないと、仔犬から飼うのがきつい時もあります。
例えば、甲斐犬は個体差があまりなく、体格・性格がとても似てるようです。
ラブは性格がかなり幅があります。
ラブらしい性格を望んでも、けっこう神経質だったり人・犬見知りする子もいます。
いたずらもモノスゴイ子からぜんっぜんしない子まで、様々。
でも問題行動も、運動が思い切りできるだけでそうとう減ります。
運動させてくれる人を好きになるし、自由な場所では飼い主を進んで重要視します。
運動後には、よく訓練が入ります。
犬は本当に、走るために生まれてきたのだな、とよく思いました。
特に2歳くらいまでの、『爆発期』。運動は本当に大事ですよね!
あ、kyokoさんとこで見た、ニヤちゃんの方がモテル、ていうの、申し訳ないけどよく分かる気が、、、ゴメン、ニヤちゃん。
カワイイのは一緒なんだけど、ね?
2009/02/13(金) 05:38:48 | URL | [ 編集]
ちあき
ほんと愛情だけではダメだとミニチュアピンシャーという犬種は感じます。
自分の判断、うちも旺盛です。
運動と規律ほんと大事ですよねえ。
毎日馬鹿みたいに一緒に遊んでます。
前は運動前に訓練してたのですが、最近はたっぷり運動したあとにしたら集中力もあがりました。
2009/02/13(金) 06:32:39 | URL | [ 編集]
hisa
 二コちゃんはドーベルマンの血が混ざっているのですか。。勇猛果敢なのは血がなせる業かはたまた個体差か・・・。想像するのも興味深いですね。

heritageって、『由来』だけじゃなくてそんな広義の意味も含んでいるのですね。。今日も勉強になりました(すみません、風邪っぴきで話題に乗り遅れてます)。。シェルターの遺伝子チェック、いいですね。

 うちは動物病院から貰ってきた初代犬が思いのほか大きく力強くなったため(たぶんGレトとか混ざってたんじゃないかと今では思います)、亡くなった後の2代目探しの際に、両親が「もう自分たちが歳をとっていく過程を一緒に過ごすから、走り回っての運動が必要な子だったら気の毒」、という理由でシェルターや動物病院ではなく、ブリーダーさんから純血種のMシュナを譲っていただきました。
 でも、遺伝子チェックが行われていれば個体差はともかく、あらかじめどのくらいの運動量が必要かは想像できますものね。
 実家近所の、おなかが地面すれすれのウェルシュコーギー(あきらかに運動不足!)や、逆にヨークシャーテリアを自転車で散歩に連れ回して腰を痛めさせてしまった飼い主を思い出すたびに複雑な心境です。。

しかし、今日もニヤちゃんのUMA顔、ステキです(笑)。まさに飼い主さんにしか撮れないショットなのでは?
2009/02/13(金) 10:25:15 | URL | [ 編集]
せい
私も今からテディのルーツを!!
検索っ!
あ、、ゴルのですが。
ニコちゃんもニヤちゃんもルーツあっての行動でしょうが、あがさんの子っていうルーツも加わってるとこが又可愛いのですな。
個性ってカワイイ~!(←犬バカの組合員より)
なるほど~の事いっぱいでした。
ありがとうございます。

2009/02/13(金) 12:14:12 | URL | [ 編集]
りりあん
>らずむっちさんへ
昨日のコメの話、こちらご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/choco-apollo/s/%A5%B1%A5%DF%A5%B9%A5%C8%A5%EA%A1%BC
アポロくんはフリッジとニコちゃんに似ているダックスなんですが、しぐさがプリティなオスなんです~。

ちなみにフリッジのキャッチコピーは
「スタンダードダックスの特性を色濃く残したミニチュアダックス」(ながっ!)
ダックス友達の犬たちはカニンヘンでもないのに、ことごとく華奢で体重も1キロ近く少ない子ばっかり。
比べるとフリッジの骨格は胸前がとても深くて胴もすごく長い!(結果とてもごつい!)
・・・・もうね、違う生き物だと思ってるから。
ポルシェちゃんとも違う生き物だけど。


2009/02/13(金) 21:32:42 | URL | [ 編集]
bonny
うんうん、特徴ってありますよね、犬種別の。
それに個性というか生活環境の違いなのかな?
それぞれの違いが現れてきますよね。
そこらへんを見極めて、運動とかしつけを工夫すると
ものすごーく驚きと喜びがあるし(犬も飼い主も)、楽しいんですよねー。
犬種が分かるなら、ある程度までは分かるのが早くなるからいいですよね。
あとMIXの子犬だとhisaさんが書いてるように
大人になったときの大きさの想像なんかも出来ますし。
犬を責任持って飼育するということに、こういうシステムを
便利ツールとして使うっていうのはいいことだと思うな~。
2009/02/14(土) 00:47:22 | URL | [ 編集]
あが
今、ほとんど書き上がっていたコメントのお返事が手違いで消えてしまって脱力状態。
明日改めて書き直します。あ~あ。

あ、秘密コメントさん!
メールさせて頂きました。ありがとうございました。

それからせいさん
ゴルのことでおもしろい記事が載っています。↓
http://dogactually.nifty.com/blog/2009/01/2-5e8d.html

コメントを下さった皆様、ありがとうございました。
2009/02/14(土) 02:51:17 | URL | [ 編集]
ハニフラ
運動、規律、愛情。
本当にその通りですね。

犬って、チワワですら、飼い主のために何かしたいと思っているのが分かります。
いや、ちょっと違うなあ、飼い主との共同作業をしたいと思っているという方が近いかな。
だから、規律があると犬は生き生きしますよね。運動については言うまでもないですし。
「愛情、愛情、愛情」というのは、飼い主の喜びでしかなくなってることがありますし。

それにしても、こんなに的確に、しかも分かりやすく言葉にしてくれるシーザーさんって素晴らしい。でも、よく知らないんです。あんまり情報が入らなくて。もっと、日本で広がればいいのになー。
2009/02/14(土) 06:06:45 | URL | [ 編集]
せい
長いコメしてたら・・・消えた・・・。
長すぎたか? いや、変なキーを押したな私。。。

そうそう!あがさん、
早速教えて頂いた場所にお邪魔しました!  
うん。うん。そう!と拝見しました~!
ありがとうございます!!
私の体験というか、ご近所さんのゴルとのミックスの子の話しをコメしてましたが・・・又します。

ルーツって、その子の持ってる性格、本来の良さを引き出したり、これは気を付けよう!って所が、知る事により心に置けますよね。
すんごく興味深い事になりました。
又、消えたコメは近いうちに・・・。
2009/02/14(土) 10:11:51 | URL | [ 編集]
あが
v-22むつきさん
私も10kg超のまいろちゃんに親近感を感じていました。
「テリアにしてはフレンドリー」それはなんてラッキーな!
ジャックも見た目の可愛らしさと裏腹に難しい犬種のひとつですもんね。
とは言え、それはむつきさんがアジリティなどを通して
文字通り「運動と規律」を与えていらっしゃる賜物だと思います。
競技の場で多くの犬と顔を合わせることで社会性も身に付きますもんね。
まいろちゃん、幸せな子だと思います。
(長文メール下書き中。もう少しお待ちを! 汗)

v-22puriさん
そんなに言って頂けてとっても嬉しいです~@@(←真似してみた)
夫さんにチョコレートあげました?(笑)
犬を家族に迎える時、お勧めの本やサイトならたくさんご紹介できますよ~。
↑つまりウケウリのネタ元ね。
犬と暮らし始めたら、当然ブログにするのよね?
で、さっちんがイラスト描いて、さとちんが彫るのよね?(笑)

v-22ひよりさん
本当にね『こちらが対応する!』という気概のない人しか犬を迎えて欲しくないです・・・。
甲斐犬を始め和犬は天然記念物として繁殖も非常に注意深く管理されているので
いい意味で個体差が少ないのではないでしょうか。
反対にラブやゴルなどの人気犬種は、悲しい事に乱繁殖がはびこっているので
同じ犬種と思えないほどの差が生じることもあるような気がする。
どちらもあくまで私の推測ですが。
でもおっしゃる通り、ほとんどの問題行動は運動不足に起因しますね。
運動量の必要な犬種に1日30分程度の散歩で「運動させている」とは言えませんもの。
その点バス君は幸せ者です。

v-22ちあきさん
人間も同じですが「愛情」だけではちゃんと育たないのですよね。
私はニヤと暮らし始めるまでミニピンのことを調べたこともなかったのですが
2頭目でなかったら、相当いろいろと凹んでいたと思います(笑)
ミニピンが欲しい!と思って引き取ったのではなくて
ニコと同じエネルギーレベルの犬が欲しいと思っていたので
その点は希望通りで、予想外のことも楽しんでこられました。
運動の後、ちょっと疲れたくらいが集中力が上がりますよね。
運動前だとエネルギー有り余り過ぎで(笑)

v-22hisaさん
え?hisaさんったら!「勇猛果敢」って誰の事?(笑)
ニコはへなちょこガールで「いやもうアカン」ですよ~。
この所寒いので風邪を引き易くなりますよね。
うちのオットも風邪っぴきです。
温かくして、早く良くなられますように。
hisaさんも病院から引き取られた子と暮らしていらしたんですね。
ご両親が2代目のMシュナさんを選ばれた理由も賢明でいらっしゃいますね。
皆さんがそんな風にきちんと考えて犬を迎えて下さったらいいのにと思います。
運動不足のコーギーも腰を痛めたヨーキーも、心が痛みます。
飼い主の怠慢はいつも動物にツケが来るの、いたたまれないなあ。
2009/02/15(日) 02:43:10 | URL | [ 編集]
あが
v-22せいさん
「うちの子」っていうのも犬のルーツのひとつ!
それって素敵ですね。どうもありがとう!

v-22りりあんさん
フリッジちゃん、キャッチコピー長いな!
「ダックス界のジェシカアルバ」じゃなかったの?
ダックスフンドに限らず、どの犬種においても
日本の犬ってみんな華奢で小さいと思うんです。
ちっちきさんが遊びに来られた時も
「ラブもゴルも大きい」とおっしゃっていました。
いろんな事情で小さい方が受けがいいからというのと
やっぱり運動不足で骨や筋肉が細いように思います。
だからフリッジちゃん、国際規格では普通ですよ、きっと。
「あたちはユニバーサルな女なの」って言ってるよ、今頃。

v-22bonnyさん
またまたシーザーさんですが、犬の向かい合う時に
「まず第一に犬であることを認識する。
そして次に犬種のことを知り、特性を認識する事」とおっしゃっています。
第一のところでいきなりつまずく場合が多いんですよね(笑)
bonnyちゃんって、天性の犬飼いみたいなところがありますよね。
もちろんたくさん勉強していらっしゃるんですが
多くの人が苦労する部分を、最初から当たり前のこととして身につけてる気がします。
・・・てなことをこのコメントで改めて感じたのでした。

v-22ハニフラさん
チワワって、これまたおもしろい犬種ですよね~。
あんなに小さいけれど、原種に近い古い犬種だから
犬らしさを多く持っていますよね。
ほとんどの子が自分が小さいって自覚ないし(笑)
「飼い主との共同作業」うん!まさにそうです!
狼の群れが狩りをする時、下位の者はリーダーのために何かするのではなく
リーダーのもとで共同作業をするわけですもんね。
シーザーさんが日本であまりポピュラーにならないのはとても残念です。
出版された本も(非常に僭越ながら)いかにも翻訳翻訳した文章で
魅力半減になってしまっていたし、テレビ番組もあっと言う間に終わってしまって
その上「あなたのダメ犬しつけます」なんてとんでもないタイトルがついてしまって。
結局情報の送り手が、情報の中身をちゃんと把握していないし
「伝えたい!」という情熱もないように思うのです。
シーザーさんは、犬との接し方だけでなく人間として発しているエネルギーが魅力的なのです。
あ~本当に残念。シーザー本の翻訳をライフワークにしてみようかしら。

v-22せいさん2
あら、せいさんも消えちゃった?凹むでしょ~。
また気を取り直して、そのお話教えて下さいね。
ぜひお聞きしたいです。
リンクを貼ったサイトのお話面白かったでしょう。
ゴルと暮らしていらっしゃる方なら「うんうん」と頷きまくりだろうなあと思いました。
「知る事」って本当に大切なんですよね。
それになによりおもしろいしね。
2009/02/15(日) 03:05:24 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。