旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

さよなら はなさん
このブログのコメント欄を通じて仲良くしていただいているお友達、
いえ、勝手に「姉」と呼ばせて頂いているどらはなさん。
昨年の7~8月はどらはなさんの愛犬どらさんの闘病記を書かせて頂きました。

「一緒に生きること」
「一緒に笑うこと」
「一緒に泣くことも」
「さようなら」

どらさんは14歳で虹の橋を渡っていきました。

そしてそのどらさんの娘犬はなさんの訃報を昨日どらはなさんから受け取りました。

byh0807287在りし日のはなさん

母犬どらさんの旅立ちからきっちり1年後、はなさんはお母さんのもとに行きました。



どらはなさんが「女王様犬」と呼んでいた母犬のどらさんは介護中も
何かとどらはなさんの手を焼かせ、悩ませていたのですが(それも良い思い出だと思いますが)
どらはなさんが「はなは本当に性格が良くていい子で」といつもおっしゃっていた通り
はなさんは介護さえもどらはなさんを煩わせる事なく、短い期間で済ませてしまいました。


こちらは母のどらさんです。byh0807285


文字通り生まれた時からずーっとお母さんと一緒にいたから
やっぱり離れちゃうと寂しかったのね、はなさん。
今はまたお母さんと一緒で、もう痛いところもなくて元気に走り回ってますね。


どらはなさん、こんな小さいはなさんとどらさんだけど(しかもあんまり上手じゃないけど)
彼女達が確かにこの世に居て、こんなに遠くで顔も見たことのない私の心にも
しっかり残っていた証だと思って頂ければ幸いです。

byh0807282ちびどらさん
byh0807281ちびはなさん



byh0807284
はなさん、天国でどらさんと一緒にいつかまたどらはなさんやパパさんに会えるのを待っててね。


ご冥福を信じています。






スポンサーサイト
りりあん
桜の散る赤い橋の上で微笑んでいた美しい母と子・・共に天国に召されてしまったのですね。

きっと同じ佇まいで天国からどらはなさんご一家を見守っていてくれることでしょう。

心から御冥福をお祈りいたします。
2008/07/29(火) 00:25:49 | URL | [ 編集]
ブルーグラス
なんてコメントしたらいいのでしょう・・・生きている限り別れは付き物とはわかっていても、どうしようもないこの気持ち。どらはなさんはもっと切実に感じていらっしゃるでしょうね。 
2008/07/29(火) 02:22:09 | URL | [ 編集]
まき
お会いしたことはなかったけれど、りりあんさんと同様、赤い橋の上で笑顔で撮られたあの姿が忘れられません。
大好きな写真でした。
写真一枚で、親子の関係とその中にはいないけど、撮っている人の愛情が伝わる一枚。
私が目指す関係です。
どらはなさん、きっと今は二人であの写真のように寄り添いながら、見守っていると思います。
ご冥福をお祈りいたします。


2008/07/29(火) 03:32:32 | URL | [ 編集]
HB
大事な家族を亡くされて、今は心にぽっかり穴が開いているような状態なのではないでしょうか。
後悔されている事もあるかもしれませんよね。
でも、どらはなさんは一生懸命やった自分自身を褒めてあげるべきですよ。
自分の家族の為に全力を尽くされたのだと思います。
私も4月に愛犬を亡くしましたが、私の母はとても満足そうでしたよ。
「やるだけの事はやったよね!」って。
大泣きしている私の前で本当に満足そうな顔をしてました。

我が家の愛犬が姿を変えて家に帰ってきた時に、私が最初に思った事は
「あ~・・・・これで不死身だね。もう苦しまなくていいんだね。」です(笑)
どらさんとはなさん、ウチの犬と会えたかな(笑)

きっと今は親子でどらはなさんを見守っているでしょう!これからもずっと一緒にいますよ。
どらはなさんが少しでも早く悲しみから開放されますように。
そして、ご冥福をお祈りいたします。

2008/07/29(火) 04:10:48 | URL | [ 編集]
きゃらめるママ
どらさんの介護の話がついこの前のことだったのに…
はなさんまでお母さんの後を追いかけて行っちゃったんですね。
どらはなさんにはおかけする言葉が見つかりませんが、
きっとはなさんはどらさんに、もう一度甘えなおして
いることでしょうね。
あがさんお手製の小さなお人形の小さな瞳の中に
彼女たちの生きていた証を感じるような気がします。
いつかは来るお別れだけど、心の中ではずっと一緒ですね。
2008/07/29(火) 04:45:40 | URL | [ 編集]
さとちん
ホタパパさんの写心展でどらはなさんとちっちきくんにお会いしたときに、桜のポストカードを頂きました。
きっと虹の橋もキレイなさくらが満開でしょうね・・・。
ニコちゃんとニヤ様の思いもきっと届いてるよ。
心よりご冥福をお祈りします。

2008/07/29(火) 05:16:40 | URL | [ 編集]
Club Thomasの母
愛犬もシニアという肩書きをいただくと飼い主も
心の中で覚悟をするようになりますが…
やはり一日でも長く一緒にいたいと思う気持ちが
今までの数倍強くなります。
若い頃は別れなんて思いもせず過ごしてきていたのに…
悲しくて…辛いけれど…いつか必ず来てしまうんですよね。

どらはなさん…
きっとお空の上で親子揃ってありがとう!っていつもの笑顔で伝えているでしょうね。
大きな存在だけに今とてもお辛いと思いますが
心の中で永遠に一緒です。

心よりご冥福をお祈りいたします。

2008/07/29(火) 16:37:06 | URL | [ 編集]
らぶはな
はなさん、お母さんが恋しかったのかな?
さとちんさんと共に「ホタパパさんの写心展」で桜の下で微笑む2頭のポストカードを頂きました。
その時の優しい笑顔のどらはなさんがすっごく印象的でした。
長い闘病生活があったどらさん、それを一緒に見て支えていただろうはなさん。
大きな体の2頭を亡くしてきっと「どらはなさん」心の穴も大きくって・・・寂しいだろうなぁ・・・。
私は・・・ただ泣くばかりだろうなぁ。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!
でも、虹の橋の向こうで仲良し親子で一緒に沢山のお友達と走っていると思いたいですね。
心よりご冥福をお祈りします。
2008/07/29(火) 16:49:21 | URL | [ 編集]
あが
v-254りりあんさん
本当にあの写真は印象に残る美しい一枚でした。
そして何と言っても心に焼き付いているのは美しい母娘の姿ですね。
メッセージどうもありがとうございました。

v-254ブルーグラスさん
本当にどうしようもない気持ちになります。
でもどらはなさんは、きっとご自身の中で消化していらっしゃると思います。
もちろん寂しい悲しい気持ちに変わりはないのですが。
メッセージどうもありがとうございました。

v-254まきさん
私もまきさんと同じ、あの写真が大好きです。
去年どらさんの闘病記を書いた時にも同じことをまきさんに
書いた覚えがあるのですが、まきさんとみっちゃんも
どらはなさん達に負けない素敵な関係を築いていますよ。
メッセージどうもありがとうございました。

v-254HBさん
どらはなさん、おっしゃる通り心にぽっかり穴が開いたように
感じていらっしゃると思いますが、きっと後悔はないと思います。
それほどいつもまっすぐにどらさんとはなさんに向かっていらっしゃいました。
HBさんのお母様と同じ感情をどこかに持っていらっしゃると思います。
素敵なお母様ですね。「これで不死身だね」という言葉も素敵です。
メッセージどうもありがとうございました。

v-254きゃらめるママさん
いつもいつもお母さんと一緒だったから、やっぱりお母さんの側に行きたかったのかな。
どらはなさんと犬達の関係を見せて頂く度に自分とうちの犬達のことを思い
襟を正す思いにさせて頂きます。
ちびはなさん達は私がそれを作ったということが
彼女達の生の証かな、なんてちょっと自己満足ですが(笑)
メッセージどうもありがとうございました。
2008/07/29(火) 18:21:25 | URL | [ 編集]
bonny
私には、向こうでキャハキャハ笑いながら走ってる姿が目に浮かびます。
きっとこの1年のどらはなさんやご家族の様子を
どらさんははなちゃんに報告してもらってるんでしょうね~。
もちろん悲しいんだけど、心があったかくなるのは不思議です。
2008/07/29(火) 18:55:16 | URL | [ 編集]
あが
v-252さとちんさん
よーく覚えています「ちっちき一升瓶伝説」の始まりでしたから(笑)
なんだか昨日のことみたいなのに、時の流れがちょっと切ないです。
本当にどらさん、はなさんと言えば桜のイメージですね。
メッセージありがとうございました。

v-252Club Thomasの母さん
トーマスちゃんのことでたいへんな時に、ありがとうございます。
子犬の時の可愛さは特別だけど、年月を経た愛しさは何ものにも代え難いですもんね。
辛いけれど、最後までしっかりと寄り添ってあげたい、
どらはなさんからしっかりと学ばせて頂きました。
かーさんだって龍ちゃんと永遠に一緒ですものね。
重みのあるお言葉です。
2008/07/29(火) 20:00:09 | URL | [ 編集]
Miwako
大型犬で14歳はとても長生きですよね。
とても大事にされてたんだと思います。

どらはなさんとはなさん両方を “よくやったぞ!”とほめてあげたいです。
2008/07/29(火) 20:23:59 | URL | [ 編集]
ぬぬ母
私もあの赤い橋で二人並んだ写真が大好きです。
今頃天国の橋で、また仲良く並んでいるんでしょうね。
どらさん、はなさん、どらはなさんちの娘ちゃんで本当によかったね。
どらはなさん、はなさんの命を見守る日々大変でしたね。
でもそれさえも、幸せな大切な思い出なんですよね。
ご冥福をお祈りします。
あがさんのちびどらさん、ちびはなさんは、ふたりにそっくり!
生き生きしていて今にも動き出しそうです。
2008/07/29(火) 21:46:16 | URL | [ 編集]
あが
v-252らぶはなさん
私はどらはなさんにお目にかかったことはないのですが
頂いたお写真では本当に笑顔の素敵な方ですよね。
どらさんが旅立った時「はなの存在が救いだった」とおっしゃっていたどらはなさん。
今まさに「ぽっかりと穴」が開いたように感じていらっしゃると思います。
でもおっしゃるように、どらさんもはなさんも今は元気に走っているはず!
メッセージありがとうございました。

v-252bonnyさん
ああ、きっとそうですね。はなさん1年分の報告をしているのでしょうね。
「も~お母さんがいなくなってからたいへんだったのよ~」って(笑)
まきさんと同じく、私にとってもどらはなさんと犬達との関係は目標であります。
最後の最後まで心があたたかくなってもらえるような日記を書きたいな。
メッセージどうもありがとうございました。

v-252Miwakoさん
おっしゃる通り、本当に大切な家族として暮らしていました。
「よくやったぞ」 そうですね。まさにその言葉がぴったりです。
メッセージありがとうございました。

v-252ぬぬ母さん
本当にどらはなさんの娘で、幸せなふたりだったと思います。
私だって「生まれ変わったらどらはなさんの犬になりたい」と思っていました(笑)
介護の日々も幸せな思い出、ぬぬ母さんがおっしゃるとずしりと心に響きます。
メッセージどうもありがとうございました。
2008/07/29(火) 21:48:40 | URL | [ 編集]
どらはな
暖かなメッセージをくださった皆様へ
どうしても一言だけお礼を申し上げたくて・・・
(あがさん、勝手にコメント欄を使わせていただいてごめんなさい)

昨年の母どらの介護日記をあがさんが取り上げてくださった時も
皆さんからの励ましにどれだけ力づけられたことでしょう。

ホタパパの写真展でお会いした方々も
私がブログにお邪魔させていただいて一方的に存じ上げている方々も
本当に、優しい言葉をかけていただいて、ありがとうございます。

わんこのいない生活
冷蔵庫からおやつをだしても、だれも奪いにきません。
雷がゴロゴロ鳴っても、だれも寄って来ません。
永いことわんこと暮らした飼い主はなかなか慣れることができませんが、
皆様の暖かなお気持ちが、心にじんわりとしみわたって、
寂しい気持ちが慰められてきます。
あがさんが送ってくださった『どら&はなフィギュア』も
笑顔で見守ってくれています。

あがさん、コメントくださった皆様
本当にありがとうございました。

どらはな

2008/07/29(火) 22:00:38 | URL | [ 編集]
あが
「勝手に」だなんてとんでもないですよ。
今日のコメント欄はどらはなさんとはなさんのためのものですから。
どらはなさんのようになりたい、などと言っていた私ですが
「冷蔵庫からおやつを出しても、誰も奪いにきません」
この一文で、思い切りくじけてしまいました。
これほどくっきりと「心の穴」を表現する言葉はありません。
それでも時間は必ず味方になってくれますね。
今はまだヒリヒリする心の穴が、いつかなだらかなくぼみになるまで
ニコやニヤの日常を見て笑って頂けたら幸いです。
どらはなさん、どうもありがとうございました。
2008/07/29(火) 22:18:31 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.