旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

骨ガムのお話2
昨日の骨ガム(ローハイド)のお話の続きです。
あらかじめ申し上げておくと今日は昨日よりもかなりショッキングな内容です。

まずはローハイドの製造過程からお話ししましょうか。
ローハイドの原料はほとんどの場合牛の皮です。
皮の一番上の層は靴やバッグなどの皮革製品になります。
その下の2番目の層が犬のおやつになります。

hg0807232
ふ~ん

「ふ~ん」と聞き流してしまいそうですが、ここがポイントです。
犬のおやつの原料は食肉工場ではなく、皮なめし工場から生まれるのです。
皮に生えている毛を取り除くには強い化学薬品が使われます。
その後はさらに薬品で洗浄され、漂白されます。
もうほとんど「薬品を沁み込ませた革」としか呼べない状態になっていますね。
実際、多くの残留薬品、発がん物質が検出されているそうです。

さらに日本やアメリカで消費されるローハイドの多くはアジアの国々から輸入されます。
ある国では牛や豚のローハイドに混じって犬の皮が多く輸出されていることが
国際動物愛護協会の調査で明らかになっていると、記事の中にありました。
屠殺された犬の皮がペットの犬のおもちゃやおやつになる現実。

hg0807231
・・・・・。

まさに絶句です。
(粗悪なペットフードにも同じ事が言えます。)


日本でもアメリカでも値段の高い「安全な」(と言われる)ローハイドの多くは
「アメリカ製だから安心」「USDA認可のローハイド」と説明されています。
ま、たしかにそれならば犬の皮であることはないでしょう。
USDAというのはUnited States Department of Agricultureのことで
日本で言えば農林水産省にあたる機関です。
農林水産省が犬のおやつに「はい!これは農林省のお墨付き!」といちいち認可しないように
USDAだってローハイドをいちいち認可したりはしません。
「これはUSDA認可の食肉牛から作ったローハイドです」と言うのが正しいと思われます。
言葉のマジックですね。嘘偽りではなくても、ちょっと卑怯です。
ま、少なくとも皮なめし工場ではなく食肉工場の副産物とは言えるかもしれません。

『USDA認可の食肉牛』 ありがたい感じがしますね。
でも日本政府が「安全ではない」と判断して輸入をストップしたアレがUSDA認可の牛肉です。
USDA認可のオーガニック牛というなら抗生物質やホルモン剤、牛骨粉は使用されていない
でしょうが、単にUSDA認可と言うだけでは「安全な食品」のしるしにはなりません。

hg0807235
えええっ!


さらに、もし仮にオーガニック牛の皮を化学薬品を使わずに処理して
完全オーガニックローハイドを作ったとしても問題はまだあります。

本来、野生の肉食獣も皮の部分というのはよっぽど飢えた時でなければ食べないそうです。
皮というのは消化が悪いので、下痢や嘔吐を引き起こしやすいのです。
さらにローハイドの怖い所は水分を含むと大きく膨らんでしまうこと。
だから最後のひとかけらなどをゴクンと飲み込んでしまうと、食道に詰まったり
胃や腸で水分を吸って大きくなり腸閉塞などを起こしてしまう可能性があります。
骨の形ではなく、四角く切ってあるローハイドなどはさらに危険です。
角の部分が食道や胃壁を傷つけてしまう可能性もあるからです。

hg0807236
「ニヤ、みんなに教えてあげないといけないね」「うん、ニコちゃん頑張って」

昨日のコメント欄でぷーままさんが「ひづめを飲み込んでしまって
調子が悪くて3ヶ月後にわかった」という例を書いて下さいましたが
ヒヅメだって野生の肉食獣は食べないですもんね。
化学薬品の問題や消化器に詰まるという問題をクリアしたとしても
「本来食べるものではない」ものを食べることで下痢や嘔吐の原因にもなります。

hg0807233
「ね、聞いた?こわいでしょ?」「うん、そだね」

延々と楽しくない話が続きましたが、一人でも多くの人に知って頂きたかったのです。
大切な愛犬の健康、気づかぬうちに害してしまうことがないようにしたいですものね。

hg0807234
みんなに知ってもらうにはシッコメールが一番

あ、ニコどうもありがとね。

ここまで読んで下さって本当にありがとうございました。



2周年記念プレゼント企画実施中です。
↓こんなのが当たるかもしれません。ご参加とクリックお待ち申し上げております~。
nnバナー人気ブログランキングへ

こっちはビーズストラップ。プラプラ揺れています。
ビーズバナー2こちらはFC2ランキングへ
どうもありがとうございました。

スポンサーサイト
きゃらめるママ
とても考えさせられました。
野生動物ってまず食べるのは内蔵から、そしてお肉を食べて、
あとの残骸は鳥が食べるんですよね。
ヒヅメや皮まで食べるなんて、そういえば聞いた事がなかったです。
今、私がオヤツを選ぶ時の基準は「中国産」と「国産」の違いくらいなのですが、
ココにも言葉のマジックが隠れているのは承知の上です。
本当はオヤツも手作りしてやるのが一番なんでしょうね。
アメリカやオーストラリアから、暑い船に揺られて輸入され、
店頭に並べられ、買ってきてもまだ腐らないのってコワいですもんね。
先日のウナギ事件といい、人間向けの食べ物でも
まだまだずさんな管理状態、ワンコのオヤツは飼い主の
責任で選んでやらなくちゃいけないですね。
2008/07/24(木) 05:32:18 | URL | [ 編集]
bonny
あがさん、ありがとうございます!
これだけの文章はやっぱり、あがさんじゃなきゃ書けないわ~!
昨日(まだこの記事は読んでなかった時点)姉と話してて
「やっぱり防腐剤とかスゴイよね~」と。
だって皮なのに注意しなくても全然カビないですから。
これを機にあげないって思う人もいると思うし、
危険性を承知でたまにあげるって人もいると思います。
勇気を持って書くと、私は後者です。
もちろん体調の悪い時に与えないし、代わりの何かを見つけようと思ってます。
こういう情報を知ってることと、知らないこと。これは大きいと思います。
本当にありがとうございました!
2008/07/24(木) 06:05:56 | URL | [ 編集]
マルコ
あがさん、とても詳しく書いて頂いてありがとうございます。
犬のおやつに犬の・・・粗悪なフードには犬の・・・というのは
私も以前色々と調べていた時にネットで目にして絶句したことがあります。
らずむっちさんのブログにも書いてらっしゃいましたが、
あまり神経質にならずに、でも出来るだけ良いものだけを与えていきたいと思っています。
そのためには飼い主ももっと勉強しないといけませんよね。
あがさんのこの記事で、たくさんの人達が知るいい機会になったと思います。
本当にありがとうございました。
2008/07/24(木) 06:40:54 | URL | [ 編集]
ぬぬ母
骨ガムにそんな恐ろしい事実が隠されていたとは。。。
ワンコに革靴食べさせてるようなもんですね?
愛犬家のつもりだったけど知りませんでした。


万一大きな塊を飲み込んでしまったときのことを考えて、長いことあげてませんが、一時、Chew○を与えていたことがありました。
あれもローハイドですよね。
生の皮じゃなくて、クッキーみたいに生地から作ってるのだとばっかり思ってましたorz
あがさん、教えてくださってありがとう~。

そう、ニコちゃんニヤちゃん、まつぼっくりがいちばんいいんだよ!(笑

あ、あと今日のバナー、ぬぬにしてくださったんですね。
ちっちゃくても可愛い。。。
2008/07/24(木) 14:01:29 | URL | [ 編集]
★chie★
我が家にはわんちゃんはいませんが、とても考えさせられました。
人間の世界でも恐ろしいことがおこってますが・・・
作ってる過程は見れないので何をどう信じればいいのか・・・難しいですね!
でも、ニコちゃんやニヤちゃんは素晴らしいママがいて幸せだと思います。
2008/07/24(木) 17:40:20 | URL | [ 編集]
まき
そういえば、おうちにお邪魔したときにそのようなお話になりましたよね。
以前、ローハイドを食べるとおなかを壊す犬がいると聞いて、
みつを迎えたときは数回あげたものの、やめました。
特におなかを壊したことはないんですけどね。
でも具体的に聞くと本当に怖いですね。
は~、やめといてよかった。
これからは、アキレス腱かとうもろこしボーンにします。
あ、最近は本物のとうもろこしが気に入っているようすですが(笑)
2008/07/24(木) 19:39:19 | URL | [ 編集]
ふーたまま
ほんとにそうです。
ガムもヒヅメも買ったことなかったけれど
本能的になんとなく、避けていたのかもしれません。

人間より体が小さいのだから
ワンコの方が人間より
気をつけてやらなくてはいけない、ともいえますよね。

勉強になりました。ありがとう!
2008/07/25(金) 01:23:12 | URL | [ 編集]
あが
v-132きゃらめるママさん
やっぱり野生動物でさえ残すものを無理矢理加工して与えるっておかしいですよね。
しかも動物の皮なのに、犬がなめたのを放置しておいてもカビもはえないってねえ。
革靴でさえ放っておくとカビがはえるのに。
でもおやつも全部手作りってなかなかたいへんですよね。
うちの定番おやつのひとつは野菜スティックです。
にんじんや大根、セロリを切ってあたえるだけ。
ま、これもうちのコ達が口に入るものはなんでも食べる簡単な子だからだけど(笑)

v-132bonnyさん
bonnyさん、買いかぶり過ぎです(笑)
これで頭使い過ぎて、翌日はつかいものにならず
記事の中で同じ写真2回使ってゆるさくさんにコソーリ教えて頂きました(爆)
「知る事」って一番大切ですよね。
知らずに危ない事をする、知らないから無闇に怯える、よくある事ですもんね。
代わりのものとしては生骨、とうもろこしやお米のボーン(でも高いのよね)
ナイラボーンのおもちゃ、こんなとこかな。
ローハイドを粉末にして圧縮したおやつもありますが、これなら喉に詰まる心配はないそうです。
グリニーズは死亡事故がたくさん報告されてるので、我が家では与えません。

v-132マルコさん
たまたま雑誌でこの記事が目についたのと、ソフィーちゃんの不調が
同じ時期だったので「ありゃ?」と思っただけなのですよ。
でもそのおかげでこうやって書く事ができたし、私の方が感謝です。
ペットフード業界は調べると絶句するようなことだらけですよね。
去年のフードのリコール問題もその一つだし。
私は日本の犬雑誌を読む事は非常に稀ですが、なんとなくアメリカの雑誌の方が
ズパッと切り込んでいる記事が多いような印象があります。
また目についたものがあればアップして行きたいと思います。

v-132ぬぬ母さん
私もこの雑誌の記事を読むまでは知りませんでした。
ただ「アメリカの牛製品」というので避けていたのですが。
そう言えばルビーちゃんの飼い主さんが公園でよく他の人に
「ローハイドはあげちゃダメよ」とおっしゃっていました。(今思い出した)
ぬぬちゃん、バナーで登場していただきました。
出演料をお支払いしなくちゃいけないですね(笑)

v-132chieさん
そうですよね。人間の食べるものでさえ信用ならない時代ですもんね。
あまり神経質で疑心暗鬼になるのも良くないですが、
明らかに良くないものは避けていきたいですよね。
私は素晴らしいママなんて言って頂けるものじゃないです(汗)
失敗したり反省したりの繰り返し。でもニコニヤのお陰で勉強したり
新しい発見をさせてもらったりすることに感謝しています。

v-132まきさん
うん、みっちゃんがローハイド食べてるの見たことないですもんね。
なにか代わりのものを紹介しようかととうもろこしボーンを検索してみたら
お値段にびっくりしました!あんな高価なものを頂いていたのですね。
改めてありがとうございました。
みっちゃん、とうもろこしは軸ごとかじる?
ニコは軸ごと与えると上手に歯でむしるんですよ(笑)

v-132ふーたままさん
ふーた君に骨ガムやひづめって似合わない気がする(笑)
ふーた君にはやっぱりパピパピおもちゃやハンバーグですね。
ふーたままさんにそんな風に言って頂けてうれしいです。
こちらこそありがとうございます。
2008/07/25(金) 08:01:36 | URL | [ 編集]
ジュンコ
こんばんは。
コメントを頂き、こちらの記事を読みました。。。
「ローハイド」と私が与えていた「ガム」とは違う物でした。
グリニーズは昔、マックに一度だけ与えた事がありました。

でもでも、、、。
内容を知って、まさに絶句。
そして、ヒヅメに関しても。。。
ヒヅメは長くカジカジしていたし、「いいかも!」なんて思っておりました。。。

イカンイカン!!
いつも気にするのは「着色料」「製造国」「保存料」などでしたが、製造工程を知るのも大切ですね。

もう!人間の浅はかな考えで結局、何も知らない犬や猫の事故などにつながっちゃううんだから、イヤんなっちゃいます。。。
だから飼い主がしっかりしなきゃならないんですね!
教えて頂き感謝致します。

2009/11/17(火) 02:36:47 | URL | [ 編集]
あが
わざわざこちらにもコメント下さってありがとうございます。
ローハイドじゃなかったんですね。良かった♪

私も他の方のブログなどをきっかけに教えて頂いたり
勉強したりすることがたくさんあるので
自分が本や雑誌で見聞きしたことはここでみんなでシェアして
ちょっとでも多くの人に知ってもらえたらなと思っています。
ほんと、怖くて与えられないものがいっぱいでいやんなりますよね~。
2009/11/17(火) 23:04:12 | URL | [ 編集]
R&R
こんにちは。先日ドライハーブの事でコメントさせて頂いた者です。過去記事を拝見していてここにたどり着きました。
ローハイドガムの殆どは漂白された物だという事は何かで見たことがありました。しかし唯一CASTOR&POLLUX社の物だけは、漂白剤を使わず、天日干しで作られているというので、ウチではそれだけは与えていましたが・・・。
しかしその皮自体、皮革製品の2次産物なのですね。
全く、何を信じてよいのかわからなくなりますね。
2010/06/14(月) 06:25:30 | URL | [ 編集]
あが
R&Rさん
お返事遅くなって失礼しました。
過去記事まで読んで下さってありがとうございます。
CASTOR&POLLUX社は良い会社だと思うのですよ。
私も忙しい時用に少量買うドライフードはここのものが多いですし
シーザー・ミランドッグフードもこの会社が作っているし(笑)
製造方法などが良心的であれば、やっぱり危険度はグッと減ると思うのですよ。
ただ胃の中で膨れてしまうことについては高品質のものであっても同じだし
ニコやニヤのような胸が深くウエストの細いタイプの犬は胃捻転も起こしやすそうなので
心配性の私はおやつの選択肢から外しています。
R&Rさんのご愛犬はイタグレですよね(まりこさんの所で拝見しました)
体型の条件はうちの犬達と似ていますね。
我が家では歯のためのおやつとしては骨髄入りの生骨を与えていますが
これも決して100%安全なわけではありません。
歯が欠けるリスクもあるし、きちんと観察しておかないと飲み込んでしまって
開腹手術が必要になった子の話も聞きます。
結局はリスクとベネフィットを天秤にかけて飼い主がどこまで許容できるかですね。
あ、歯の為としてはデンタルコングにおやつを詰めたものも使いますが
これは安全度がグーッと高い半面、犬達の喜び度がチと落ちます(笑)

R&Rさんがご愛犬のために真剣に心を砕いていらっしゃる様子、感服いたしました。
> しかしその皮自体、皮革製品の2次産物なのですね。
> 全く、何を信じてよいのかわからなくなりますね。
2010/06/15(火) 06:45:13 | URL | [ 編集]
R&R
わざわざご返答下さってありがとうございます。
愛犬の為に犬の食事やら躾やらの情報を得ようと思ってたくさんの書籍やDVDを買ったりしていますが、本や商業的なサイトなどでは抽象的な事しか書いていない為なかなか本当に知りたい情報が得られません。
こうして、あがさんや、まりこさん、kyokoさんなど本当に愛犬の事を思って、根拠のある実践をされている方の情報の方がずっと為になります。つい図々しくもコメントをさせて頂いたりしますが、皆さんご自分の愛犬の事だけでなく、こうして会ったこともない者の質問にも快く答えて頂き本当に感謝しております。

ローハイドの件、
>胃の中で膨れてしまうことについては高品質のものであっても同じだし
コワイのでやめた方が良さそうですね。
情報、ありがとうございました。
2010/06/15(火) 17:57:54 | URL | [ 編集]
あが
R&Rさん
そうですね、私もしっかりと犬と向き合っていらっしゃる方のブログの方が
役に立つ情報があるなあと思うことが多いです。
ただブログの情報は玉石混淆の部分も多いので取捨選択にはやっぱり責任が伴いますね。

私自身は専門家でもなんでもないただの飼い主ですが
こうして文字にすることで自分自身の理解が深まる部分もありますし
頂いたコメントにお返事するために改めて調べたりして
勉強になる部分もとても多いのです。
ですからこうしてコメントを頂けることが本当にありがたく思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
2010/06/15(火) 23:35:01 | URL | [ 編集]
nutella-la
はじめまして。
こんにちは。
昨日、犬用ガムの記事を自分の犬の実体験を基に
書いてみたいと思い、投稿しました。
あがさんのローハイドの記事は、ガムについての
記事の中で、一番わかりやすく、とても詳しく、
本当にとても勉強になりました。
また、犬のおやつについて、深いところまで
考えるようになるきっかけになりました。
感謝してもしきれないくらい、感謝しています。
本当にありがとうございます!!
より多くの飼い主さんに、犬用ガムのことについて
いろんな認識を深めてもらえるきっかけになれば・・
と思いまして、こちらの記事に、あがさんのブログの
ローハイドの記事のページ、
紹介させていただきました。
だいぶ前の記事にコメントで、大変失礼いたしました。
どうしても一言、御礼を申し上げたくて、
コメント欄に投稿させていただきました。

あがさんのページに出会えなかったら、
ガムの誤嚥事故への認識までは到達したとしても、
ガムの原料のことや製造過程のことまでは、
全く考えないままだったと思います。
本当にありがとうございました(^^)。

2012/03/02(金) 16:49:31 | URL | [ 編集]
あが
nutella-laさん

初めまして!コメントありがとうございます。
nutella-laさんの書かれた記事も拝見いたしました。
とても丁寧にわかりやすくきちんとした文章で書いていらして感服しました。
リンクも貼って頂いてありがとうございます。

ローハイドに関してはnutella-laさんも書いていらした通り、本当に日本語での情報が少ないんですよね。
私も医療関係者でも犬のプロでもないのですが、幸い英語で書かれた犬の情報については
触れる機会がたくさんあるので、犬を愛する皆さんと共有できればいいなと思っています。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
2012/03/03(土) 14:27:52 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.