旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マズルカバー
本日は昨日延期した件。「だいじなこと」というのは10日程前にアップした「100点満点中50点」という、シーザー・ミラン・Incから新しく発売されたファニーマズルというマズルカバーの説明について「それは良くない!」と書いた記事に関すること。


「Cesar's Wayにマズルカバーについての新しい記事がアップされたんだよ〜。」

Muzzles: Three Questionsというタイトルのこの記事、犬にマズルカバーを使う時の3つのだいじなポイントが説明されています。

どうやらファニーマズルを発表した時、Cesar's WayのサイトでもFacebookでもYouTubeでも「散歩や運動の時には絶対にこれを使っちゃダメだ!」というコメントが殺到していたので、それらに応えたもののようですね。
いや〜よかったよかった。ちょっとホッとしましたよ。

IMG_3988_201407081549596ee.jpg
「影響力の大きい人なんだから、だいじなポイントは外しちゃダメよね。」

そうそう、その通り。
じゃ、3つのポイントって何が書いてあったか、ちょっとかいつまんで。

1. どんな時にマズルカバーを使えば良いのか?
ストレスフルな状況に置かれた時に咬んでしまう可能性のある犬にマズルカバーを使うことは悪いアイデアではありません。ストレスフルな状況というのは例えば獣医さんでの診察時、見知らぬ人や犬がたくさんいるような所に行く時です(予防接種の集団接種とかね。)

忘れてはいけないことはマズルカバーはトレーニングや社会化の代わりになるものではないということです。言うまでもなくマズルカバーを使えばトレーニングをしなくても良いというものではありません。
社会化のリハビリが出来ていない犬はドッグパークに連れて行ってはいけません。そういう犬にとっては知らない犬に囲まれること自体がストレスなのに、その上さらにストレスとなるマズルカバーを着けられては犬の攻撃性を強めてしまい、リハビリテーションの邪魔になってしまいます。


IMG_5953.jpg
「頼りになるツールだけど、安易に使っちゃダメってことだよね。」

2. どんなタイプのマズルカバーを着けるべきか?
これはマズルカバーを使う時のシチュエーションによって変わって来ます。病院での診察時や社会化のための訓練をする時にはナイロンタイプのカバーが使えます。ただし心しておかなくてはいけないのは、このタイプは短時間での使用に限ること。最大でも20分までの使用とし、気温や犬の動きによってはもっと短い時間にする必要があります。犬の様子を注意深く観察して、呼吸がしにくいような様子が見られたらすぐに外してください。

マズルカバーを着けている犬の周りにいる人間の気持ちをリラックスさせるためにはファニーマズルのようなデザインが有効です。

犬が走ったり遊んだり運動する時にふさわしいのはバスケットタイプのマズルカバーです。このタイプなら装着したままで体温調節のためのパンティングもできますし、水を飲むこともできます。
バスケットタイプを選ぶ時には皮革と金属製のものよりもプラスチック製のものの方が当たりがソフトです。


IMG_5962_201407081549563f6.jpg
「これよ!これを最初に書いて製品紹介をしなきゃいけなかったのよ!」

3. マズルカバーを使う時の注意点は?
どんなタイプのマズルカバーでも大切なことは正しいサイズのものを選ぶことです。サイズが合わないと皮膚に擦り傷を作ってしまったり、バスケットタイプでもパンティングができなかったり、そもそも咬み付き防止の役目を果たさなかったりします。
ナイロンタイプでは先にも書いた通り、オーバーヒートにならないように細心の注意を払います。犬の呼吸に少しでも異変が見られたらすぐにカバーを外すこと。

そして何よりも大切なことはマズルカバーを使用する時のあなた自身の気持ちの持ちようとエネルギーです。カバーを使うことを犬をコントロールするために仕方なくやっているのだと捉えるのではなく、犬のリハビリのためのステップのひとつだと捉えることが肝心です。犬がマズルカバーに対してネガティブな印象を持たないように、あなた自身のエネルギーをポジティブに保ってください。

マズルカバーも他のあらゆる道具と同じように、正しい態度とエネルギーを持って使ってこそ効果のあるものなのです。


IMG_5973_20140626164526486.jpg
「おかーさん、今回の記事はどうだった?」

今回の記事はとても良かったと思う。先にニヤにも言わせたけど、ファニーマズル発売の時にこの記事が書かれていたら文句なかったんだけどね。
でもまあ、コメント欄で指摘した人達の声も無駄にならなかったようだし、シーザーさんも会社の担当者も今回のことから得るところがあったと思いたい。
シーザーさん自身がいつも言っているように「何か問題行動が有った時はそれを改善するためのチャンス」だからね。

IMG_5965_20140709064652d39.jpg
「おかーさんたらビックリするくらいエラそうな物言いだわ〜。何様って感じよね。」

あ、やっぱり?(笑
まあニヤ様に言われたくないって感じだけどねえ。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-6.png人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
ジョンのママ
良かったですねw
できればそんなの使わない方面が一番なんでしょうけど・・・。

最近、アヒル口の口輪を見かけましたw
http://www.peppynet.com/shop/d409017.html

あまり実用的じゃなさそうですが(;´∀`)
2014/07/09(水) 03:18:02 | URL | [ 編集]
coco.。
口を縛る形(今回のシーザーさんのものもそうですね)のカバーを見る度に口開けへんやん、と不安に思っていたものですが、それは正しかったわけですね。

近所の犬がそのタイプのものをつけられてまして(いたずらが過ぎたときのおしおきのようです)、使い方といい、形といい、違うものに変えたほうがいいと思っていたのですが(大体興奮しているものだからパンティングできるバスケットタイプのほうが良いはず、それにそもそも問題行動への取り組み方が違うような・・・)、そしてその方とは険悪でもおつきあいがないわけでもないのですが、どう話を切り出してよいものか、と悩んでもいます。つまりは私が険のある言い方をしそうだ、という自分自身の問題なのですけれど。

それにしてもシーザーさん、起きたことは仕方ないにしても、こういう初歩的なことでつまづくと、そらみたことかと食いついて批判を繰り広げる人がいまだに居そうなだけに、はらはらしちゃいます~ま、一件落着なのかな。

でもこのマズルカバーのアイデアが「見る人の緊張をほぐす」ことも目的としているのは、さすがという気がしますね。マズルカバーをした犬=怖い、となると事態が改善どころか悪化しそうなので。
2014/07/09(水) 19:09:21 | URL | [ 編集]
あが
ジョンのママさん

使わずに済めば一番なのですが「絶対に間違いがあってはいけない!」と飼い主さんが身も心もガチガチになっているよりも、うまく出来るようになるまで道具を使うというのは良いことですね。

アヒルのマズルガード、ブロ友さんが使ってらっしゃいました。
これも周りの人がリラックスできるという点では良いですよね。
でもおっしゃる通り、強度の面でちょっと不安があったそうです。あらら(笑
2014/07/09(水) 22:22:21 | URL | [ 編集]
あが
coco.。さん

うっわー!たいへん僭越ながら、近所の方の使い方サイアクパターン。
だいたいこういうものをお仕置きに使ってはいけないんですよね。
多分犬はお仕置きの概念もわかってないだろうし、マズルカバーに対してネガティブイメージだけが焼き付けられてしまうだろうし。
カバーを見せてオヤツ、口周りに持って来てオヤツ、カチッと留め具をしめて極小オヤツをひとつというくらい慎重にポジティブイメージを持たせないといけないんだけどなあ。
でも確かに言いにくいですよねえ。難しいですよねえ。

シーザーさんも周りのスタッフも今回の件はかなり軽卒でしたよね。
誰かちゃんとした人は付いてないのか?って不安になってしまいました。
何よりも、誤った使い方で健康に支障の出る犬が出てしまったりしたらと思うと、もう・・・。

せっかくの良いアイデアだったので、できたら可愛いデザインのバスケットタイプを作ってくれたら良かったのになあと思いました。
2014/07/09(水) 22:30:12 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。