旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ハーブのポイント
2週間程前に書いた「ハーブと健康」
これはdog actuallyの講演レポート記事を受けてのものでしたが、今回また講演レポートの後半がアップされましたので、またまたそこに乗っかって書きます(笑

IMG_5942.jpg
「得意の必殺技ウケウリ更新ね!」

あーそーですよ。

dog actuallyの記事はこちら。
「ペットの心と身体の健康のために」(3)ペットのためのハーブ〜ホリスティック・メディカルハーブの世界

Herbs for Pets ペットのためのハーブ大百科 SECOND EDITION (Nanaブックス)Herbs for Pets ペットのためのハーブ大百科 SECOND EDITION (Nanaブックス)
(2010/12/22)
グレゴリー・L・ティルフォード、メアリー・L・ウルフ 他

商品詳細を見る

この本の著者グレゴリー・L・ティルフォード氏の講演ですね。

つい先日書いた「肝臓が弱いと言われたら」にもつながるような内容がたくさん書かれているので、このレポート記事興味の有る方はぜひ読んでみてくださいね。

さて、このdog actuallyの記事を読んで今回初めてハーブを試してみようかなと思われた方。その前にぜひティルフォード氏の著書をしっかりと読んでみるか、ハーブの専門家に相談することをお勧めします。
このレポートはとても良い記事なのですが、レポートは講演ではなく全てを伝えるものでもないからです。

ハーブの専門家というのは理想を言えばホリスティックケアの獣医さんや療法家。
インターネットで調べてみるというのはあんまりお勧めしません。なぜならネットの情報は玉石混淆だから。上手く玉の情報を得ることができればいいけれど、石っころの情報を掴んでしまうことも多々有りますから。きちんとした人が書いたきちんとした情報でもネットで読む場合はどうしても部分的なものになりがちということもあります。系統立てて、しっかりと全体像を理解するにはやはり書籍ですね。

IMG_5955.jpg
「おかーさんのブログもネットの情報じゃないの?」

その通り。まあ自戒を込めて、ということです(笑)

レポート記事で挙げられていたハーブ、今回はダンデライオン、レッドクローバー、マリアアザミ(=ミルクシスル)、リコリス、マシュマロウ(お菓子じゃないよ)エキナシアにアストラガルス。

なんで本を読むとか専門家に相談してからなのか、それはこれらのハーブそれぞれに使用上の注意がたくさんあるからです。前回も書きましたが「自然のものだから安心よね。」と安易に使うと弊害が出ることもあるのです。

ダンデライオンはマイルドで使いやすいハーブですが、利尿作用が強いので夕方以降に摂取するとおねしょをしたり夜中にトイレに起きたりしてしまうので、午前中に使うのがお勧め。まあこの程度のことならばたいした問題ではないですね(笑

レッドクローバーは血液をサラサラにする作用があります。これは各臓器に流れる血量が増え血栓の予防などにもなる作用ですが、同時に出血が止まりにくくなるという作用でもあります。つまり何らかの出血をしている時には使ってはいけないし、これから手術などを受けるという時にも使用を中止しなくてはいけません。また女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを含むので妊娠中や授乳中の使用は禁忌です。

マリアアザミ(ミルクシスル)やリコリスは2週間以上続けて摂取しない方が良いとされています。マリアアザミは肝臓の働きを強力にサポートするのですが、長期にわたって連続摂取していると肝臓が自ら働く機能が弱くなってくる(つまりサボるんですな)ため。リコリスは天然のステロイド剤と呼ばれることもある抗炎症作用の強いハーブですが、長期的に連続摂取しているとステロイド剤同様の副作用が出て来ることもあります。

エキナシアは自己免疫疾患のある場合は使ってはいけないし、アストラガルスも免疫不全がある場合には使ってはいけません。

IMG_5948.jpg
「なんか色々あるんだ〜。使ってもだいじょぶ?」

大丈夫だよ。

「いけない」「禁忌」とかネガティブなことばっかり書いておどかしたいわけじゃないんですよ(笑
ハーブの世界は奥は深いけれど決して複雑怪奇ではないし、ポイントさえ掴めば楽しいものです。

反対にこのポイントをはずしてしまったら「ハーブなんて全然効果がないじゃない」とか「かえって不快な感じになったので止めた」なんてことになってしまって、非常にもったいない。だから始める時にはまず知識の準備をして、しっかりとその恩恵を受けて、人も犬も健康で笑顔で過ごせたらいいなあと思うのです。

IMG_5973_20140626164526486.jpg
「なるほど。ニコはおやつもらったら元気で笑顔になるけど。」

「続きを読む」にもチョコッと・・・。

人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner(1)_20140329144525b40.png人気ブログランキングへ
講演レポートにもあったようにティルフォード氏はキノコのお話に時間を割かれたようですね。
この講演、SMILES顧問ハーバリストであるサラロン先生も聴きに行かれたそうです。
サラロンさん曰く「ティルフォードさんは最近キノコがマイブームみたいだったけど、日本人にとってはキノコっの薬効っておなじみで当たり前ですよね」とのことでした。

IMG_5954.jpg
「ふーん。キノコってお薬になるの?」

確かにサルノコシカケとか冬虫夏草とか霊芝とか、漢方薬とか健康素材として昔っからずーっと使われてて馴染みが深いですもんねえ。

アメリカでもマイタケエキスなどは十数年前から販売されていたのですが、一般的になってきたのはつい最近のこと。動物のガン治療などにもマイタケや霊芝のエキスを使うのがポピュラーになってきたばかりです。

そう言えば、あのピットブルのウォレスも「マッシュルームのエキスを飲んでるんだ」って書いてました。
東洋医学の先人の知恵が新しい地域でも浸透し始めたようですね。そう言えばグリーンドッグさんでもヒメマツタケのエキスを扱ってらしたな。
ハーブの世界も「温故知新」ですね。

IMG_5965_2014062616452770b.jpg
「古きを温め新しきを知る、ね。」

ニヤえらいねえ。どうもありがと。
スポンサーサイト

shioco
ふむふむ。
今回もまた、筆記用具片手に読ませていただきました^^

で、キノコ。
むむむ。。。
またまたこれは、興味深い~~~!

この歳でのお勉強も、楽しいですね。
わが子にかかわることなら、ずんずん入っていける(笑)
まだ、脳も固まってないんやなぁと思います^^
2014/06/27(金) 00:39:49 | URL | [ 編集]
サラロン
うん、うん、ハーブの世界は奥が深い
そして面白いですね~ありがたいですね~
植物のチカラってほんとに素晴らしい♪

キノコってスーパーフードって
言われてるんですよね
日本ではスーパーでごく普通に売ってるから
熱く語るティルフォード氏にちょっとウケちゃって♪

でも素晴らしい食材を気軽に取れる環境の日本は
恵まれてるな~と思い嬉しくなりました

温故知新、そして医食同源
心に響く言葉です
2014/06/27(金) 17:21:21 | URL | [ 編集]
あが
shiocoさん

どうもありがとうございます。
キノコの製品は高価なものが多いけれど
いざと言う時に強力な助っ人になるので、調べておくと重宝です。

わかりますわかります。犬のことだと勉強するのも苦にならないんですよね〜。
私なんて学生の頃はあんなに勉強嫌いだったのに(笑
2014/06/27(金) 20:32:17 | URL | [ 編集]
あが
サラロンさん

ひゃーっサラロン先生!いやいやお恥ずかしいです。
植物のチカラは本当に素晴らしい。
でも時には恐ろしいほどのパワーも持ってますもんね。
命を奪ったり幻覚を見せたりするような、ね。
キノコなんてまさにそうですもんね。
アメリカではこの2〜3年ちょっとしたキノコブームなんですよ。
サプリの多くが東洋人には馴染みの深い冬虫夏草とか霊芝とかなので
「ほ〜、やっと目覚めたのか」と思ってた所です。

温故知新、医食同源、大事なことですよね。
2014/06/27(金) 20:36:07 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。