旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
人としての社会化
dog actuallyの新しい記事更新されています。
「空気を読む犬達と、もうひとつの社会化」

IMG_5498_20140414135033d0a.jpg
「今回はいっぱいニコ達のお話してるんだよ〜。」

IMG_5491_20140414135003211.jpg
「あと、おかーさんの日頃のウップンね、」

IMG_5496.jpg
「え?ウップンってなになに?」

IMG_5492_20140414135002df2.jpg
「も〜ニコちゃんは空気は読めても大人のジジョーは読めないのねえ。ふふん。」

ニヤ止めなさい、ウップンとか大人のジジョーとかそんな誤解を生むような物言いは(笑

「飼い主の社会化」「人間としての社会化」ってかなり前からずーっと引っかかっていたことなんです。
dog actuallyの本文にも書いたような「制止しても聞かない」「挨拶もしない」「スマホに夢中」とか、さらに基本のフンの後始末をしないとか、そういうの全部「幼稚園レベルの社会化からやり直しっ!」って言いたくなる。

IMG_5501_20140414135031d7e.jpg
「そういうのならニコにもわかるよ。おかーさんが時々ムッとしてるのも知ってるし。」

でもね、こういう誰の目から見てもダメダメな人達よりも私がもっと「人として社会化してくださいよ」って切に思うのは、犬のことについて自信満々のある種の人々。

犬への対応は一応ちゃんとしているけれど飼い主への対応がとても失礼で見下したような感じのトレーナー氏。
動物への愛が深過ぎて周りが見えなくなっていて、里親希望者への無礼も気にしない保護関係者。
「命の期限はあと3日!」なんてTwitterやFacebookでの拡散を見て、保健所や愛護センターに抗議の電話をするようなアニマルラバーさん(←センターの人達の仕事の邪魔をしたら、動物達の世話も滞るってーの。)
誰かのトレーニングの方法や食餌の方法が自分の選択と違っていたら、異常なまでに攻撃する人々。

他にも色々あるけれど「常識的に考えて普通の社会ではそんなことしないでしょう?」ということが犬に関わる世界では多々見受けられる。
そんな「社会化ができていない人間」が、犬嫌いの人を生み出す原因にもなるし、動物保護活動の裾野を広げる妨げにもなる。

IMG_5487.jpg
「おかーさんもけっこう色々考えてるのね。」

考えてるわよ。本当はもっと激辛で言いたいところだけど、おかーさんは人として一応の社会化はできているつもりなので、今日はこの辺で止めときます(笑



banner-2_20140414135035e7c.png人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/14(月) 00:02:10 | | [ 編集]
はるり
そのとおぉーり !

ほんっとにそのとおりです。

記事も読みました。

私も日々そう思っとりますし、同様の経験多々あります。

内心もっと言ってもOKよと思いましたが、オトナなので口には出さないことにします。

ところで、オットさんとの勝敗はもちろんあがさん白星先行ですよね。
2014/04/14(月) 01:37:51 | URL | [ 編集]
micky
同じくとっても共感しました〜。
失礼なヒトに限って、あれこれイヌについてうんちくを語ったりも・・
しかし同じようにならないよう、自らを省みることを忘れないようにと改めて思ってます!

ちなみに我が家も大喧嘩はしないけれど、すこーし気分が噛み合ないとき時々あります。
そんな時は、ぽバド揃って私にそっと寄り添うんですょ〜♪^〜^
こっそり心の中でほくそ笑みつつ、
仕方ないなぁ私が折れるかという気分にさせられます。
あら?それってもしかして、
ぽバドは素晴らしく空気を読んでいたのかも??・・^皿^;;
2014/04/14(月) 02:57:45 | URL | [ 編集]
naito
以前、シーザー氏ついて訪ねたトレーナーです。あれから、ブログをよく読ませていただいています。「空気を読む・・・」も今日読みました。膝には、飼い主さんが手放そうかとお悩み中のチワワ(6ヶ月)がいます。飼い始めてから、ず~と悩んでいるそうでかれこれ3カ月になります。その間、問題行動の進展は遅々として進みません。「自分が歓迎されているのかいないのか、この子にはわかるんですよ」と話して「預かるので、飼うか手放すか、決着をつけましょう。今の状態は、この子にとってもお母さんにとっても良いことはありませんよ」と今日お話ししたところでした。
「この飼い主サイテー!」と言いたいところですが・・・
何とも言い難いものですね
2014/04/14(月) 06:10:06 | URL | [ 編集]
sova
こんにちは、お久しぶりのコメントです。
ほんとは日に何度も覗いて「まだかな~♪」としてるくらい毎日更新楽しみにしてます(笑)

今回の話題、全くもって同感です。
私は「犬を助けたいなら、まず人間側をどうにかせんにゃ」と教育を専門にしている人間なので、耳の痛いお話です…。

動物関係の活動(主調)を行ってる人が、つい、忘れてしまいがちなのが「あくまでも相手にしているのは人間なのだ」という実感と意識ですよね。
彼らの状況を根本的に変えるのは、人間への働きかけ以外にあり得ないのに。

自分と違う相手のことも尊重できる、対人間関係能力の柔軟な人だけが、その意見を認められて受け入れられていくんだと思います。
そういう意味でも心から尊敬できる人の典型が、シーザーさんですもんね。(余談ですが、臨床心理学を学んでいると、シーザーさんがいかにカウンセリング基礎論を実践なさっているかがわかります)

ま、ただ、ですね、大人はそう簡単には変わらないと痛感してます(笑)
高校生くらいまでは、まだ紙粘土に水分が残ってるんですけど(笑)

せめてネット上のリテラシー能力だけでも身に付けられるようにしたいものですねぇ。
それだけでも、だいぶ「愛誤」は防げますから…。
2014/04/14(月) 08:01:43 | URL | [ 編集]
ナナセ
そうそうそう!!
ほんっっっっとに そう!!!

もちろん私だって 人間出来てるかって聞かれたら、答えにつまるんだけどさ。
なぜか自信満々で自分こそが正しい、人に迷惑を掛けてるなんて夢にも思わない人の非常識って手に負えない。

それにしても、喧嘩になるとおもちゃを咥えておろおろする茶色い犬!!(笑)
なんて可愛いの (*´艸`*)
ニコちゃんはオットさんの不利を察して、そっと擦り寄ったりはしないんでしょうか?ww
2014/04/14(月) 17:03:19 | URL | [ 編集]
naito
sovaさんのコメント『動物関係の活動(主調)を行ってる人が、つい、忘れてしまいがちなのが「あくまでも相手にしているのは人間なのだ」という実感と意識ですよね。』

考えちゃいます

昨日も 飼い主の不安定な感情で人間不信の犬のことで「サイテー」と書いて「あ!違うな 訂正!」と思ったのですが修正の仕方がわかりませんでした(^_^;)
飼い主は、犬と穏やかな生活が出来ると思っていただけなんですよ 普通の元気な子犬を受け入れられる 色んな意味でのキャパシティを持っていなかっただけなんだけど 犬は 不安なエネルギーを感じてしまいますよね(人も犬も悪循環)

私 BS放送当時のシーザー批判が凄くて「なんでだろう?」と思ったのがトレーナーになるきっかけだった人なもんで
そう言えば 動物の世界に入って思ったのが「憤りやかわいそうと感じている人や、人より動物がいいと思っている人」が多い事でしたね~
なるほど チョークチェーンで首を絞めているように見えるシーザー氏が受け入れがたいのかも・・と思いました
なので、隠れキリシタン状態の私でした<(_ _)> 
しかし、勉強していくと(マッサージ、Tタッチ、バッチ、鍼灸などなど)共通していることが「まず、人が落ち着くこと」「良い精神状態で犬に触れること」「明快な意思」なんですね
結論『なんだ!シーザー氏と同じこと言ってるじゃないか』だから「人に訓練 犬にリハビリ」
「あぁ!」英語ちゃんと勉強しておけば良かったになるんです
今の私ではでは限界が~ (ー_ー)!!
犬の細かなボディランゲージの解釈の仕方や対処法に 違いが結構あるんですよね~  あれ? 話がそれてきてます
2014/04/14(月) 20:49:50 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/14(月) 21:18:08 | | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

あちらの方も読んで下さってありがとうございます。
もちろんMさんはきちんとしていらっしゃいますとも!「自分はどうかな?」と振り返る方って大丈夫なんですよ。
スマホに夢中で目の不自由な方にぶつかってしまうなんて由々しき問題ですよね。
こちらでは歩きながらと言うよりも運転しながらのスマホが大問題です。
運転しながらメールしていての事故って年々増えているそうです。本当に困ったものですよねえ。
2014/04/14(月) 22:35:21 | URL | [ 編集]
あが
はるりさん

こういうことを喋り出したら夜通し語り明かしそうですよね(笑
もっと言ってもOKと言って頂いたので、それはいつの日かお目にかかった時に思う存分!

> ところで、オットさんとの勝敗はもちろんあがさん白星先行ですよね。
あはははは!なんでわかったの〜。
そもそもね、喧嘩になる時ってたいてい向こうが子供っぽいことをして
私が堪り兼ねてというパターンなんですよ。
でも最近はニコの懸命の仲裁でウヤムヤになってしまうことも多いような気が(笑
2014/04/14(月) 22:39:17 | URL | [ 編集]
あが
mickyさん

FBでは早々にシェアもして頂きありがとうございました。
そうなんですよ、失礼な人に限ってうんちくを語るってありがちですよね〜。
思わず「おいおい、それより先にすることがあるだろ」って言いそうになります。
私も日々、自分のことを振り返って気をつけなくては。

ぽバド君は全面的にmickyさんに寄り添ってくれるんですね〜。
そりゃあ心も静まってついつい優しくもなってしまうというものです(笑
ぽバド君、みごとな「犬はカスガイ」っぷり!
2014/04/14(月) 22:42:19 | URL | [ 編集]
あが
naitoさん

コメント2つも頂きありがとうございます。
お返事、ひとつにまとめさせて頂きますね。

チワワの飼い主さん、悩んでいらっしゃるんですね。
でもちゃんとトレーナーさんに相談して、さらに悩んでいらっしゃるということは決して悪い方ではないですよね。本当なら飼い始める前にもっとリサーチして下されば良かったのですが、過去は変えられないし人にも犬にも最善の策が見つかることをお祈りいたします。
「色んな意味でのキャパシティを持っていなかっただけ」ということを分かって下さるnaitoさんで、その方もラッキーだったと思います。

シーザー批判はいろんな理由が複雑に絡み合っていると感じます。
世に出始めたばかりの頃の彼は今よりも世間知らずで使う言葉の選択も洗練されていなかったし、そこを思い切り突っ込まれたんですね。(まあそれだけではないのですが)

> そう言えば 動物の世界に入って思ったのが「憤りやかわいそうと感じている人や、人より動物がいいと思っている人」が多い事でしたね~
それです。私が一番問題だと思う点です。sovaさんもおっしゃっているように「相手は人間なのだ」という意識が欠落しているんですよね。
あちこちで書いていますが私の座右の銘は「Cool Head Warm Heart」なんですが、憤りや可哀想という気持ちだけで行動するとCool Headの部分が大きく抜け落ちてしまって、結果人間に対してWarm Heartでなくなるという悪循環になってしまいますもんね。

> しかし、勉強していくと(マッサージ、Tタッチ、バッチ、鍼灸などなど)共通していることが「まず、人が落ち着くこと」「良い精神状態で犬に触れること」「明快な意思」なんですね
> 結論『なんだ!シーザー氏と同じこと言ってるじゃないか』だから「人に訓練 犬にリハビリ」
全くおっしゃる通りだと思います。

> 犬の細かなボディランゲージの解釈の仕方や対処法に 違いが結構あるんですよね~  
解釈の仕方に違いがあると言うよりも、犬のボディランゲージって形は同じでも意味は決して1つではないですよね。残念ながらそこの部分で誤解されている方も多いなあと思います。
このブログの左側のエリアで「おすすめ」として載せている「ドッグトレーナーに必要な・・・」シリーズでも著者のヴィベケ・リーセさんも「このボディランゲージにはこういう意味があるけれど、決してそれだけではなくて他の意味の時もあるので状況に合わせた判断が必要」とおっしゃっています。
生き物が相手ですので、どこまでも奥が深いですね。
2014/04/14(月) 23:03:03 | URL | [ 編集]
あが
sovaさん
え〜、そんなに言って頂くと調子に乗って頑張って更新します(笑
(このところサボリ気味で反省)

> 私は「犬を助けたいなら、まず人間側をどうにかせんにゃ」と教育を専門にしている人間なので、耳の痛いお話です…。
耳が痛いだなんてとんでもない!そんな風に考えて下さる方が教育を専門にしていらっしゃるというのはたいへん心強いことです。

> 動物関係の活動(主調)を行ってる人が、つい、忘れてしまいがちなのが「あくまでも相手にしているのは人間なのだ」という実感と意識ですよね。
そうなんです。犬よりも社会的な生き物であるはずの人間なのに、人間の社会になじむことを忘れている、もっと言えば拒否していらっしゃる方さえいるように見受けられます。

おっしゃること本当にその通りだと思います。
> 余談ですが、臨床心理学を学んでいると、シーザーさんがいかにカウンセリング基礎論を実践なさっているかがわかります
ああ、やっぱりそうなんですね。
シーザーさん、人間のカウンセリングも勉強なさったんだなあと思いながら見ていましたが、専門に勉強された方の目から見てもそうなんだなあと嬉しくなりました。

頭が凝り固まってしまった大人が変わるのは難しいけれど、世の中にはそういう方々以上に単純に「知らない」だけの方々がたくさんいるので、やっぱり地道な啓蒙活動も大切だなとも感じています。
そしてネット上のリテラシー能力、これもネットを通じての呼びかけを継続していきたいと思います。
sovaさん、色んな面での活躍を心からお祈りしています。
2014/04/14(月) 23:12:50 | URL | [ 編集]
あが
ナナセさん

力強く同意して下さってありがとう(笑

> なぜか自信満々で自分こそが正しい、人に迷惑を掛けてるなんて夢にも思わない人の非常識って手に負えない。
そうそうそう!ほんっっっっとにそう!!!・・・と今度は私が力強く同意。

ニコは私とオットが喧嘩をするとおもちゃを持って来てポトリと足元に落とし「投げて欲しいの?ほら」と投げると、私の所には戻らず今度はそれを持ってオットの所に行って投げてもらい、私のところに持って来るというのを繰り返します。

2〜3回されると、私もオットも笑ってしまって喧嘩はたいていウヤムヤになります。ニコの作戦勝ちですね(笑

> ニコちゃんはオットさんの不利を察して、そっと擦り寄ったりはしないんでしょうか?ww
あはは!なんでオットが不利というのが皆さんの前提になっているのだ。

2014/04/14(月) 23:20:22 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントCさん

ご近所にそういう方がいると困りますよねえ。
犬好きのご主人も、奥様が犬嫌いなら家で飼う代わりに
保護団体のボランティアなどに行って下さればいいのにねえ。
犬は人間の寂しさを紛らわすために生きてるわけじゃないのに。

犬は飼い主を映し出す鏡。本当にそうですよね。シーザーさんもいつも言ってるし。
あ・・・ニコニヤが私の鏡・・・ヤバいかも(笑
Cさんなら大丈夫ですよ〜。怖くて飼えないなんて考える方の方が大丈夫なんです(笑

ドイツは資格試験は特定の犬種だけだったかな?ちょっとうろ覚えですみません。
オーストリアのウィーンは特定犬種の飼育には検定試験があって合格しないと飼えないんですよね。
それを導入してから咬傷事故はかなり減少したそうです。
その結果を受けて行く行くは全犬種に検定試験を適用する予定だそうです。

喧嘩の時の対応、ニコニヤそれぞれに個性が出ているでしょう(笑
暴走だなんてとんでもないですよ。どうもありがとうございました。
2014/04/14(月) 23:32:02 | URL | [ 編集]
まりこ
ワタシも、「ヒトも社会化してください」と背中に貼ってお散歩したいくらいですよ(^^;)

イタグレ連れていると、お口の緩い方々が 大きな声で色々な感想を言ってくれるんです。
「可愛い」ならマシですが、「ガリガリ」「細すぎ」「毛がない」 って、それ、人間に向かって言ったらただの悪口ですから!
それに初対面の相手に向かって「高そうな犬やねぇ。なんぼするん?」もかなり失礼ですよね。

あるイタグレ飼いの方が、「お散歩語録」として 散歩中に言われた言葉を書き出しているのですが・・・ホント、色んなことを言ってくれてますよ(^^;)
2014/04/15(火) 00:20:37 | URL | [ 編集]
タピ
ちょっと出遅れちゃった(≧∇≦)
大、大、大!共感( ̄^ ̄)ゞ

幸せなワンコ=幸せな精神の人間。
だと痛感ですよね。
両方の文を電車で読んでいて、大声だしそうになりましたよ。
ヤバイ!ヤバイ!

己が正義みたいな人の非常識には、ほんと閉口します
そして、この子駄目だから〜…

いや、お前だよ!って喉まででかかります。シーザーさんは対人間も抜群にうまいな〜と感心します。

まだまだ修行です( ̄^ ̄)ゞ
2014/04/15(火) 01:44:52 | URL | [ 編集]
naito
いつもながら 丁寧なフォローありがとうございます
昨年、ヴィベケさんと藤田りかこさん来日された時、講演と勉強会に参加しましたよ~(DVDも買っちゃいました)
ボディランゲージを読み解く「動体視力?」について行けない自分が情けない事・・・
ライフワークと思って気負わず勉強を続けていくしかないですね
2014/04/16(水) 03:20:56 | URL | [ 編集]
あが
まりこさん

「ヒトも社会化してください」もそうなんですが
「社会化不足のヒトも犬も近寄らないで下さい」って背中に貼りたいですよね(笑

まったく人んちの可愛い子に向かって何好き放題言ってんのよって感じですよね。
「あなた、知らない人のご主人に向かって”毛がない”とか言うんですか?」
「お宅の車なんぼしました?」ってすかさず聞き返してやりたいくらい(笑
2014/04/16(水) 13:14:12 | URL | [ 編集]
あが
タピさん

そうですよね〜。人間だからたまに落ち込んだり凹んだりして犬に慰められることもあるけれど
基本は人間の気持ちがしっかりしていないと犬が困ってしまいますもんね。

> 両方の文を電車で読んでいて、大声だしそうになりましたよ。
> ヤバイ!ヤバイ!
あはははは!どうもありがとうございます。光栄です。

「いや、お前だよ」って喉まで出かかるのもよーくわかります。
犬と暮らしてると、自分の犬に対しても「何の修行よ?」ってこともあるし
犬関連の人達にも「あ〜修行だわ〜」と思うことが多々あるし
10年くらい経ったらさぞかし立派な人間になっているはずなんだけど(笑
2014/04/16(水) 13:18:37 | URL | [ 編集]
あが
naitoさん

いえいえ、こちらこそご丁寧にありがとうございます。
ヴィベケさんの講演に行かれたんですね!羨ましいです。
「動体視力」というのわかります!
シーザーさんもそうですが、ほんの一瞬をしっかりキャッチされるんですよね。
気負わず継続、おっしゃる通りですね。ご活躍をお祈り申し上げます。
2014/04/16(水) 13:22:49 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。