旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
色いろいろ形さまざま
《はじめに》
11月23・24日、東京代官山T-SITE GARDEN GALLERYにてCLUB WAGの保護犬写真展が催されます。
CLUB WAG「保護犬写真展」ひとつの命ーそれからー
お近くの方はぜひ!

**********************************

え〜、コホン。最初に申し上げておきます。今日のお話は何か食べながらご覧頂くのはお勧めいたしません。


なにしろタイトルの「色いろいろ形さまざま」というのはウンチョスのことだからでございます。

IMG_3490.jpg
「毎度申し訳ありません。ぺこり。」

定期購読している犬の雑誌The BARKに、獣医さんが書いた犬の便の状態の解説があったので紹介いたしますね。
この雑誌、iTunesでデジタル購読もできるので英語でも構わない、犬のことと英語の勉強両方したい、という方にはとってもお勧めですよ。ちなみにシーザーさんの雑誌Cesar's wayもデジタル購読が可能です。

IMG_4319.jpg
「おかーさん、そんなことより本題お話した方がいいんじゃないの。どーせニコのプライバシーノシンガイもするんでしょ?」

あ、はい確かに。

まずは基本中の基本。愛犬が出すウンチョスは毎回キチンと観察しましょう!
基本的に毎日同じものを食べているなら色、形、ニオイ、量は毎日ほぼ同じであるはず。
手作りの食餌なら食材によって変化はありますが、それも毎日観察していれば、どれくらいなら正常範囲か大体は把握できますね。

それでもストレスや気候の変化によって便の状態が変わることもあるし、消化器官のちょっとした炎症でも影響があるし、深刻な病気や異物の誤飲などではもちろん大きな変化が見られます。

IMG_4164_20131108144848aae.jpg
「じゃ、こういうこと言われる飼い主さんはダメダメなんだ〜。」
(これはうちの前庭に立てた『あなたの犬の後始末はしていって下さいよ』って立て札。ちょっと酷かったので業を煮やして立ててみたら効果絶大だった。やればできるんじゃないか。)

そうだよ。自分の犬のウンチョス拾わないってモラルも酷いけど、愛犬の健康チェック怠ってるって意味でもダメダメなの。

お腹の不調と言えば一番に浮かぶのは下痢。著者の獣医さんは愛犬がお腹を下した時、病院に連れて行くかどうかの見極めを色々と詳しく書いていました。
基本的には、お腹を下していても元気があって食欲があれば、まずは様子見。ただし食べ物や水を拒否する、嘔吐も伴う、いかにも具合が悪そうで元気がないなどの場合は迷わず病院へ。

この獣医さんは下痢をした場合でも絶食ではなく、お粥+カッテージチーズまたはスクランブルエッグなどの柔らかく消化し易いものだけを与えて様子を見ることを勧めています。
腸内細菌の環境も狂っているので、ヨーグルト小さじ1〜大さじ1(犬のサイズによる)もプラスします。
我が家では上に書いたような食餌にほんのひとつまみの塩も加えています。下痢をすると体内の電解質が失われているので、その補給のため。

また、この先生はお腹を下した時はスリッパリーエルムというハーブを与えることを勧めています。

でもね、スリッパリーエルムは樹皮を乾燥させたハーブなのですが、乱獲のためにとても数が減っている樹木なのです。ネバネバした粘液が腸壁などの粘膜を保護し炎症を鎮めるので下痢の時には良いのですが、同様の作用があるものでマシュマロウというハーブの方が個人的にはお勧め。こっちは草木だから簡単に育つのでね。



その他もっとお手軽なところでは、いつも書いていますがカモミール。和風なものでは本葛粉で作った葛湯も粘膜の保護と抗炎症作用が期待できます。

ただしネバネバ系のハーブはお薬の吸収も妨げることがあるので、病院で抗生剤などをもらった時には薬の服用と2時間程度の時間差で与えるようにとのことです。

さて、気になるウンチョスの色と形のバリエーションは「続きを読む」から。

人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-2_20130926153026a76.gif人気ブログランキングへ
The BARKの記事で挙げられていた色と形は8種類。どういうのが出たら即病院に行くべきかも示されているので、参考になると思います。

IMG_3500_201311081425411a5.jpg
「それではどうぞ。」


1. ほぼ普通の色・硬さ・形にごく少量の鮮血が混じっている。または粘膜に覆われている。
これは一般的に大腸で炎症が起こっている症状。緊急で病院に行く必要は無い。
ただし24〜48時間以内に回復が見られない、食欲、行動などに変化が生じた場合は病院へ。


2. ソフトクリーム程度の硬さ〜水様便で色は茶色。少量の鮮血が混じることもある。
1の場合と同様に24〜48時間以内に回復が見られ、食欲や行動に異常がなければ命に別状はない。これも1と同様、少量の鮮血は大腸の腸壁からの出血で1の症状が少し進んだものと考えられる。
24〜48時間以内に回復が見られない、食欲、行動などに変化が生じた場合は病院へ。


3. 大量の血液を伴う水様便
この場合は緊急に病院へ。特に小型犬の場合はすぐに命に関わるので要注意。
HGEと呼ばれる出血性胃腸炎で、このような症状を呈するが、はっきりした原因は判っていない。HGEは最初は2程度の下痢から始まるが数時間後突然血便に変わり、嘔吐も伴うことが多い。
伝染病のパルボでも同様の便の症状が見られるので、必ず病院で検査を受け、輸液点滴などの処置を受けること。


4.  黒いタール状の便
鮮血が大腸からの出血であるのに対し、黒いタール状の便は一般的に胃または小腸からの出血である。この場合も緊急に病院へ。出血性の潰瘍、殺鼠剤の誤飲、熱中症、免疫関連疾患等が考えられる。
黒い色は胃や小腸からの出血が消化された状態なので、大量の血液が失われている可能性がある。血液検査やエコー検査を受けて原因を特定する必要がある。


IMG_3709.jpg
「ふーっ。いつも通りのウンチョスを出すってだいじなことなのね。」


5. 黄色〜オレンジ色のペースト状の便
肝臓または胆嚢の病気が疑われるので、病院で検査を受けること。


6. グレーっぽいドロドロした便
このタイプの便は多くの場合、膵外分泌不全の典型的な症状である。
膵臓から消化酵素が正常に分泌されていないために、消化吸収不良が起こっていることを示す。食べ物からの栄養を体に摂り込むことができないため、病院で適切な処置を受ける必要がある。
膵外分泌不全はジャーマンシェパードとラフコリーに多く見られる疾患である。


7. 緑色の便
グリーニーズのようなクロロフィルを含む食品を食べた場合とは違って鮮やかな緑色の便。
これは殺鼠剤など毒物を誤飲した場合に見られるので、緊急に病院へ。殺鼠剤の誤飲は血便、黒いタール状の便である場合もある。毒物誤飲の可能性がある場合は、その旨を必ず獣医師に伝えること。


8. 虫がついている便
ほとんどの寄生虫は肉眼で確認することはできず、顕微鏡での観察が必要である。ただし白い紐状の形の回虫が便に付いているのを確認できることはある。また便の表面に米粒のようなものがくっついていたり、犬が寝る場所に米粒のようなものが落ちていれば、サナダムシの卵であると考えられる。
便に寄生虫を発見しても救急病院に駆け込む必要はないが、病院に行って検査と処置を受けることは必要である。
  

ザッと以上です。
消化器官の健康はお腹の問題だけでなく、皮膚疾患、自己免疫疾患、果ては問題行動などとも深く関わっている場合が多々あります。 毎日の便の観察は健康管理の第一歩。
また、1〜2程度の下痢であっても、頻繁に繰り返す場合は根本的な原因の追及と治療が必要となります。

犬のお腹の話についてはdog actually過去記事で「緩みがちな愛犬のお腹へ」として京子アルシャーさんが書いていらっしゃるので、こちらもぜひお目通しを。

IMG_3678_20131108142521fa1.jpg
「お腹の中がキレイだとお顔もキレイになるのよ。あたしみたいに。」
「ニコはたくさんごはんが食べたいので、おなかが元気じゃないと困ります。」

参考になれば幸いです。

具体的に異常な便とはどんな風か確認してみたいという方は「dog stool color」などのキーワードで画像検索してみることをお勧めします。日本語だとあんまりちゃんとした画像が出て来ないんですよ。
英語で検索する場合は、googleジャパンやyahooジャパンよりも本家の.comの方で検索するとより多く出て来ます。

【参照記事】
The BARK 「50Shades of Brown」 by Shea Cox, DVM
スポンサーサイト

ゆり
参考になりました!今まで軟便も下痢も経験したことがないのですが二頭ともシニアになりましたので何があるか分かりませんもんね。いつでもすぐ出せるようにブックマークしとこっ。
前回の記事へのコメントが反映されていなかったのでこちらで。
ニコニヤちゃん、ツヤツヤ〜〜〜。健康は被毛から、ですね。あ、あとウ○チ。
2013/11/08(金) 04:08:02 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/11/08(金) 05:11:14 | | [ 編集]
ベックマン
最近、またちゃんとアップデートが見れてないB家地方です(涙)

大切ですね、う○ち観察。バロメーターですからね、犬も人間も(o^-^o)

参考になるかどうかわかりませんが、日本でも馬肉が手に入るので一応。
馬肉+馬のレバーもしくは心臓を調理して食べた場合、黒いタール状になる場合があります。
これは食材によるものなので、知っておくとびっくりしないですむかもしれません。

あがさんの、微妙な色使いに感心しちゃいましたわ、奥さんw
2013/11/08(金) 05:54:51 | URL | [ 編集]
あが
ゆりさん

前回の記事にコメント頂いたのに反映されてなかったんですね!
コメント欄で色々不具合が出ているようで申し訳ありません。

今までお腹を下したことがないって素晴らしいですね。
うちも「鋼鉄の胃腸」なんて呼ぶくらいにお腹が丈夫だったんですが
去年あたりから、たま〜にお腹が緩くなることが出て来ました。
知っておいて邪魔にはならないし、いざと言う時慌てずに済みますもんね!
2013/11/08(金) 18:28:52 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

いえいえ、すぐに具合が良くなってよかったです。
でも、お腹が緩みがちな傾向が見られるようでしたら
軽いアレルギーや何らかの不耐性ということも有り得るので
食べたものとの関連をちょっと注意しておくのがお勧めです。

こういう話題が普通に話題に上るって動物と暮らしてるか
小さい赤ちゃんがいる人達くらいですものね〜(笑)
2013/11/08(金) 18:32:45 | URL | [ 編集]
あが
ベックマンさん

あらら!それは回線の問題かしら、それともサーバー?
すみません、そっち方面が疎くって。

> 馬肉+馬のレバーもしくは心臓を調理して食べた場合、黒いタール状になる場合があります。
> これは食材によるものなので、知っておくとびっくりしないですむかもしれません。
そうなんですね!うちは馬肉なんて入手不可能なので考えたことなかったけど
山羊肉を与えた翌日はかなり黒いのが出るんですよね。
でもタール状のが出たらビックリしちゃいますよね。すごいな馬肉。
どうもありがとうございます。

> あがさんの、微妙な色使いに感心しちゃいましたわ、奥さんw
あはは!目の付けどころがさすがだわ、奥さん。
2013/11/08(金) 18:35:50 | URL | [ 編集]
かほ
先日は相談にのってくださり、ありがとうございました。
少しずつ表面ができてきました。

今回も勉強になりました。
(胃・小腸の出血は特に興味深かったです)

かほのフンの状態は良いですが、なぜか太れません。
獣医数名にも解決できませんでした。そして13年が経ちました。
アレルギー検査も異常なし。
元気で、食欲満点です。
体型はニコニヤちゃんを更に痩せさせた感じです。
長年の観察から、消化吸収に問題があるようです。
栄養が吸収できていません。
半分諦めていますが、できれば解決したい問題です。
2013/11/08(金) 22:09:06 | URL | [ 編集]
ぺこかぁ
定期購読している「犬のきもち」では時々便の色いろいろを写真付きで特集していて、それはとても勉強になりました。
ぺこが下してた時の便とか思い出しながら見てました。
ウンチョスチェックは大事ですよね~。
2013/11/09(土) 01:27:32 | URL | [ 編集]
miniwindi
下痢をしたら絶食は、鉄則でしたが
違う考え方の獣医さんもいらっしゃるんですね。

先日、ブリーダーさんが「私が払うから行きましょ」と
新しいホメオパティーの獣医さんへ連れて行かれたら
注射もされたんですけど、翌朝ちょっと下痢気味。
元気でお腹すいた〜って言うんだけど、心を鬼にして
一食抜いて様子を見てたら、嘔吐も下痢もその後何もなかったので
元に戻しましたけれど、、

京子さんも年齢が進むと1番2番くらいを
繰り返して慢性的になる場合がある、みたいに書いていらしたでしょう?

エニーは、身体も神経も極細で
ウンチョスは、非常に気になりますので
詳しいウンチョス情報、大変うれしいです。
どうもありがとうございます!
2013/11/09(土) 04:37:16 | URL | [ 編集]
タピ
うん、うん!
人間もワンコも大切ですよね?
我が家の蓮華は快便ですが、必ずウンチョスチエックはしています。
周りから見たら変な人?かも?

人間は出ないとイライラしますが、ワンコは逆に出ないとやはりイライラするのかしら?
あんまり、便秘なワンコっていないけど…。

たかがウンチョス!
されどウンチョス!!
勉強になります(^∇^)
2013/11/09(土) 06:01:56 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/11/09(土) 18:45:00 | | [ 編集]
coco.。
犬のうん○は時々写真に撮ろうとして「いや、ブログに載せちゃだめでしょう」とやめちゃうことがあります。

いろんな犬と散歩に行くと、それこそいろんなう○こを拾うので、基本の形(というのか)はそれぞれなのかな~と思いつつ、じゃあどこに気を配ればいいんだろうという疑問は常にありました。

なので、この記事はありがたいです~てかBARKもシーザーさんの雑誌も日本でも読めるんですね!それも嬉しい!!

そして、いつもう○こをしげしげと眺める癖が、恥ずかしいことじゃないと太鼓判を押していただいて救われました(恥)。
2013/11/09(土) 21:38:13 | URL | [ 編集]
あが
かほさん

かほちゃんの足、良くなりつつあるようですね。よかったです。
かほちゃんの体重ですが、13年間その体型で特に問題もなく健康で元気なら
それがかほちゃんの適正体重ということではないでしょうか。
そういう個性だと受け入れて、飼い主さんがゆったりした気持ちでいることも大切かと思います。
うちのニコも3歳くらいまでは今よりももっと痩せていて、時々道行く人から
「虐待されてた犬なの?」と聞かれたりして落ち込むこともありました。
その後、体重が減るパターンがわかるようになって食餌でコントロールできるようになり
今くらいの肉付きになりましたので、お気持ちもよくわかります。

もしドライフードを与えていらっしゃるのでしたら、原材料の中の食物繊維の量が多すぎないかどうかはチェックしても良いと思います。
フィラーと呼ばれる嵩を増やすために入れられる食物繊維は栄養の吸収を妨げる働きがあります。
穀類が何種類も入っていたり、肉類よりもトウモロコシや大豆の方が多いようだと要注意です。

また、フードに消化酵素をプラスするという手もあります。
http://www.green-dog.com/shop/products/detail.php?product_cd=FLGNWMX0-00
http://item.rakuten.co.jp/ka-clover/107901/
ご参考まで!



2013/11/09(土) 22:38:00 | URL | [ 編集]
あが
ぺこかぁさん

お〜!「犬のきもち」は写真付きで特集!それはわかりやすいけど大胆(笑)
The BARKはちょっと前衛アートみたいなイラストでした。
でもやっぱり百聞は一見に如かずですもんね。有り難い特集だと思います。
それではまた毎日のチェックに励みましょう(笑)
2013/11/09(土) 22:40:13 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん

そうなんです。この獣医さんは「絶食が大前提になっている場合が多いけれど
食物が癒すということもありますから」と書かれていました。
でもそれは、飼い主さんが一番安心できる方法を取れば良いと思います。

エニーちゃん、新しい獣医さんで緊張しちゃったんでしょうか。
その後何もなくてよかったです。
でもホメオパティーの獣医さんがたくさんあるというのは羨ましいです。

> 京子さんも年齢が進むと1番2番くらいを
> 繰り返して慢性的になる場合がある、みたいに書いていらしたでしょう?
そうですね。でもminiwindiさんは一回一回ちゃんとケアしてらっしゃるので
ダラダラと慢性的になるということはないと思います。
1番2番が頻繁に起こるようになると、飼い主さんが慣れてしまって
根本的な治療をしないままナアナアになってしまうのが怖いんですよね。

毎日毎日犬のウンチョスに翻弄される私たち、因果ですよね〜(笑)
2013/11/09(土) 22:47:17 | URL | [ 編集]
あが
タピさん

ですよね。人間もワンコも健康の基本ですもんね。
良い飼い主さんなら、チェックしてる他の飼い主さんを見て変だなんて思いません!
あ、でも犬飼ってない人には変と思われるかも(笑)

> 人間は出ないとイライラしますが、ワンコは逆に出ないとやはりイライラするのかしら?
> あんまり、便秘なワンコっていないけど…。
意外とけっこう聞きますよ。下す方が話題になりやすいけれど。
抗生剤などを飲んだ後は便秘になるという犬もいるようですし。

やっぱり規則的に良いのが出るのが理想ですもんね〜。
2013/11/09(土) 22:52:01 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

そうそう。ウンだけでなくオシッコの観察も大切ですよね。
うちは完全に外なので、オシッコしてる時にしゃがんで観察したりして
もう本当に変な人に見えてると思います(笑)

こちらに来られるんですね!アカデミー存じております。
すごいすごい〜!ぜひぜひブログ拝見いたします!
またメールさせて頂きますね。
2013/11/09(土) 22:55:00 | URL | [ 編集]
あが
coco.。さん

わかります、写真に撮りたくなる気持ちも、時々載せちゃいたくなる気持ちも(笑)
私もさすがにやったことはありませんが。

> いろんな犬と散歩に行くと、それこそいろんなう○こを拾うので、基本の形(というのか)はそれぞれなのかな~と思いつつ、じゃあどこに気を配ればいいんだろうという疑問は常にありました。
そうですよね。cocoさんはいろんな犬とお散歩されるから色々目にしてらっしゃいますもんね。
今回書いた色や形は病気や誤飲など、普通ではない状態のことばかりでしたが
普通の状態ではポロポロと小さいのが出るのではなく、プリッと一本で切れが良く
拾った後も地面に何も残らないというのが理想的だそうです。
ポロポロと草食動物のフンみたいな子は水分が不足してるのかも。

coco.。さんならBARKもシーザーさんの雑誌も全然支障無しなので是非是非!
確かバックナンバーなら100円もしなかったと思います。

あ、それからもちろんしげしげと眺めるのは全然恥ずかしいことじゃありません!
コメント欄の皆さんもみんなお仲間です!
2013/11/09(土) 23:05:31 | URL | [ 編集]
micky
遅くなったけど、ニコちゃんうちの子記念おめでと〜♪
どうしてこの記事のときなのだと、フンがいするかもだけど(笑

拾わない人って犬の健康管理をしてない飼主だよねぇとつい最近、
私も友人と話題にしていたところです。

手作り食を始めてから余計にしっかり見るようになったかも。
便の調子を見て水分量や食材を考えたりしてます。
でも基本的に快調です♪

coco.。さんと同じく私も写真に撮りたくなるー
(実際に撮って手元には残してるけどw)
ぽーのがよく立つんですよ〜我が家では縁起物です(笑
昨日は立ったブツの上に、さらにかけらがちょこんと見事に乗ったので大興奮!
いつかブログに載せちゃおうかしら・・・^皿^
2013/11/10(日) 17:08:39 | URL | [ 編集]
珊瑚ママ
同じ食事でもお腹の個性が違うと出るモノも違ったりしますよね。
今のところ特に問題はないと思いますが、珊瑚は時々大量の粘膜に覆われた(胎盤みたいなの)ウンチョスが出ます。ぷるるーんっと。
それこそ牛さんの出産を思い出すような、「なんか産まれた???」みたいな。
炎症かと思えど血は混じっていないんです。ツヤツヤプルプルなだけ。
これを獣医さんに説明したら、難しいこと言われて覚えられず・・・特別問題ないみたいな感じなのですが・・・年に一度くらいのことなのですけど、そんなウンチョス聞いたことありますか?
もしかして古い粘膜を脱皮したとか??


ウチで今預かっている保護犬のウィンターはお散歩の時間が遅いとおうちのトイレでするんですが、全く臭わないので気付かなかったりします。でもティッシュで掴んで持ち上げた瞬間に猛烈に臭いを発する不思議なウンチョス・・・笑)空気に触れると・・・ってことでしょうかね??

あと、先代の預かりっこのお尻からはパイプ枕の中身や布類、果てはぬいぐるみの中のピーピーの残骸(しかもヒモ状に加工)が、腸の中でぐるぐるとアート化されて、クリスマスツリーかっていうくらいの芸術作品として見事に一体化された状態で排出されたのには驚愕いたしました。
あれこそ写真に収めて全世界に公開するべきだったかと未だに思っています・・・爆

口からお尻まで途切れずに粘膜が繋がっているって、当たり前だけど本当に神秘の世界ですよね~
2013/11/10(日) 18:41:46 | URL | [ 編集]
あが
mickyさん

どうもありがとうございます。
> どうしてこの記事のときなのだと、フンがいするかもだけど(笑
わははは!うまいっ!

> 拾わない人って犬の健康管理をしてない飼主だよねぇとつい最近、
> 私も友人と話題にしていたところです。
考えられないですよねえ。どんなのが出たか気にならないなんて。

> 便の調子を見て水分量や食材を考えたりしてます。
すごいっ!素晴らしい!そういう調整がし易いのも手作りの利点でもありますよね。

ぽー君の縁起のいい2段重ね拝見したいです。
だってウンがしっかり立って、おまけまで付いてるなんて本当に縁起物!
2013/11/11(月) 00:08:21 | URL | [ 編集]
あが
珊瑚ママさん

珊瑚ちゃんのその粘膜に覆われた便、それが本文中の1番に該当する便です。
小腸でうまく消化できなかったものが大腸に運ばれて来て、大腸の粘膜が刺激されて粘液を出すのでそういう便になるんだそうです。
鼻にホコリが入ると鼻水が出るのと同じようなものだそうです。
一種の炎症ではあるんですが、便そのものはちゃんとした形で頻繁に起こるのでなければ特に心配はいらないとか。
詳しい説明はこちらをどうぞ。
http://www.dogactually.net/blog/2009/03/post-a7f9.html

持ち上げた瞬間にニオイを発することってありますね。
うちの犬ではないのですが、前庭に時々放置されてたよその犬のフンでありました。
どっちかというと空気に触れている部分よりも、下になっていた部分がニオイを発するような気がしてたんですが、どうなんでしょう(笑

ニコも家に来たばかりの頃はウンチョスに色んなものが混じっていました。
そう言えば、そんなこともなくなったなあと頂いたコメントを読みながら思い出しました。

ほんと、体の中の仕組みって何から何まで神秘ですよね。色々考えるたびに感心します。
2013/11/11(月) 00:19:34 | URL | [ 編集]
珊瑚ママ
ひゃ~~いつもながら即答していただけて感激です。
いやはや聞いてみるもんだなぁっと。
やっぱり何か産まれたわけじゃなかったんですね。(当たり前)勉強になりました。ありがとうございます!

毎日の食事やおやつ、前日以前に何をどれだけ食べたかしっかり思い浮かべながらウンチョス拾いしなくてはいけませんね。
そう思うとウンチ観察が楽しみな今日この頃です!
2013/11/13(水) 22:47:06 | URL | [ 編集]
あが
珊瑚ママさん

お役に立ったようでよかったです。
はい、何も産まれてないのでご安心を(笑)

> 毎日の食事やおやつ、前日以前に何をどれだけ食べたかしっかり思い浮かべながらウンチョス拾いしなくてはいけませんね。
> そう思うとウンチ観察が楽しみな今日この頃です!
素晴らしい!しっかり考えながら観察すると、考えることが増えて
思い当たった時に理解が深まるんですよね〜。
2013/11/14(木) 00:20:59 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。