旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ナショナルピットブルデー
去年も書いたのですが、ここアメリカでは10月はNational Pit Bull Awareness Month=ピットブル認知月間です。
そして中でも昨日10月26日はNational Pit Bull Awareness Dayナショナルピットブルデーでした。

pitbull-123007_640.jpg
(photo by Brigitte Werner)
「それは何をする日ですか?」

何をする日かと言うと、ピットブルに関する偏見や誤解を解いて人々に正しい認識を持ってもらうためにイベントや啓蒙活動をしましょうって日です。

ナショナルピットブルデーは2007年にテネシー州にある小規模なピットブルレスキューグループBless the Bullysによって始められました。ピットブルを愛する多く人から大きく指示され、2011年からは10月の1ヶ月全てをピットブル認知月間とするに至りました。

IMG_3295.jpg
「おかーさんも去年初めて知ったんだよね〜。」

そうそう、その通り。
このブログでもThe LOST DOGSやウォレスなどピットブルのお話を紹介して来ましたが、もちろん彼らのFace Bookなどでもナショナルピットブルデーのことが紹介され、多くの団体が様々なイベントを催していました。

IMG_3863_2013102815333326f.jpg
「でもやっぱりピットブルのイメージアップに大きく貢献したと言えば・・・。」


シーザーさんとダディですよね〜。
Cesar Millan and Daddy
(photo by puck90)


シーザーさんのサイトCesar's Wayは10月に入ってから、ほぼ毎日のように何かしらピットブルに関する記事がアップされています。

少し前にも書いたけれど、最近のシーザーさんは特定犬種規制法の廃止運動にとても力を入れています。危険犬種として規制されると言えば一番にその名が挙がるのがピットブルですし、先代のダディそして現在の相棒ジュニアは文字通りシーザーさんの右腕ですから、ピットブルが不当に扱われることに強く心を痛めている1人ですものね。


「ピットブルを助けるためにあなたにも出来る5つのこと」という記事から要約をご紹介しますね。

1. 責任ある飼い主になること
「問題」が起きる時、原因は犬ではなくて人間にあります。充分に運動して、ルールと規律を教え、人や犬に触れ合って社会化を図る。そしてもちろん深い愛情、そんな飼い主と暮らすピットブルなら世間のイメージをくつがえすことができるはず。

あなたがピットブルの飼い主でなくても、きちんとコントロールされて行儀よくしているピットブルが向こうから来るのを見かけたら、決して怖がったりすることなく、飼い主さんに「良い犬ですね」と一声かけてみて下さい。それが飼い主さんの自信につながり、その自信が責任ある素晴らしいリーダーへと導いてくれるんですから。

<
IMG_3682_20130826105837a8a.jpg
「おかーさん、そーゆーの得意よね。」

うん、得意得意!
先週もニヤの血液検査に獣医さんに行った時。待合室でピットブルのお嬢さんがお静かにオスワリしてたので「可愛いですね〜。いい子ですね〜。」と言ったら、飼い主さんが満面の笑顔になって、それとほぼ同時にピットブルのお嬢さんが私にそっと近づいて膝に頭をすりつけて来てくれたのでした。「うひょーっ!」と思いながらナデナデさせてもらいましたよ。可愛かったな〜、スベスベでムキムキで。

さて、シーザーさんの記事のお話に戻ります。

2. 特定犬種規制法に反対の声をあげましょう。
数ヶ月前ですが、オンライン署名の声を受けてオバマ大統領が正式に特定犬種規制法に反対するという声明を出しました。その後ネバダ州とコロラド州で規制法撤廃が決定されたりと、流れは特定犬種規制法反対の方向になりつつあります。
オンライン署名という手軽な方法でも、変化を作ることに参加することが出来るんですね。

IMG_3950.jpg
「日本の皆さんも、色んな方法で”変化”を作ってみてください。」

おっと!これをリンクするのを忘れてた!
特定犬種規制法〜規制すべきは誰なのか


3. ピットブルの過去の姿を思い出して!
ピットブルが不当に恐れられるようになったのは1970年代後半頃から。
それ以前のことはここで詳しく書いたことがあります。
「元祖アメリカズスイートハート ピットブル」

4. キャンペーンに参加
ナショナルピットブルデーには全米各地で様々なイベントが行われました。こう言うイベントは参加者がいてこそ盛り上がるものですもんね。

5. 啓蒙活動を!
人々が恐怖を感じる時、その大部分は「知らないこと」から来ます。ピットブル認知キャンペーンは「知識は力である」というスローガンのもと、様々な啓蒙活動を行っています。

IMG_4044_20131008145523c4d.jpg
ジョニー・ジャスティスのぬいぐるみも啓蒙活動の1つですね。

どうでしょう?ピットブル認知キャンペーンのお話ではあるのですが、犬と暮らす者として共通することがたくさんあると思います。このところ日本でジャーマンシェパードやダルメシアンなどの咬傷事故の報道が続けてありました。ニュース記事などを読んでいると、どうも「そんな危険な犬種を・・・」という論調が目に付きます。
でも問題は犬種でも犬でもなく、逃げ出して噛み付きたくなるような環境で飼育していた人間の方。

またピットブルでなくても大型犬などを見ると「こわいー」と逃げる人の話もよく聞きます。これも知らないから怖さが増幅されているということもあるでしょう。

ピットブルはもちろんのこと、多くの人が犬に対して正しい知識を持って正当に扱う日が来ますように。


IMG_3915_20131028153334ee2.jpg
「おかーさん、もひとつアレ!」

あ、そうそう。来週の日曜日シーザーさんの特別番組があるんですよ。2組の家族がシェルターから犬をアダプトして、しつけをしていく過程をシーザーさんがアドバイスしていくというもの。
シェルターで犬を選ぶ段階からシーザーさんが付いていてくれるという羨ましさ。番組の内容は見てからまた紹介しますね〜。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-5_20121009145810.gif
スポンサーサイト
たけるっこ
今でも毎日繰り返しシーザーさんの番組を見ています。5つの出来ること、感じるだけじゃなくて実践しなきゃ、とふんどしを締め直した次第でございます。
ピットブルに触れられるなんて^o^あがさんが羨ましいですぅ
うちはダディを毎日見ているので、家族全員ピットブルファンです。日本だと一緒に暮らす事は難しいですが、本物のピットブルに触れてみたいなぁ…
2013/10/28(月) 00:34:39 | URL | [ 編集]
hiko
不適切な飼い主のせいで問題ありと誤解されるワンたちが多く、私も辟易してしまいます。
最近も俳優Sのドーベルマンが近所の人を咬んだとか、大阪のダルメシアンが逃走してかみついたとか。
Dog peopleとしてみれば「あんたのせいで、ワン達が迷惑してるんだ!」と声を大にして言いたいです。
なんて。言えないんですよね、これが。
シーザーさんの番組を見てぇ~とすら言えない私。
いかんなぁ。
2013/10/28(月) 01:33:51 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/28(月) 03:22:48 | | [ 編集]
coco.。
日本でピットブルは珍しいんだと思うのですが(たぶん)、たまに町内で見かけることがあるのです。黒くてぴかぴかのピットブルの女の子。

私はそもそも彼女を見てから、ピットブル好き!って思ったのですが、ほんっとーにフレンドリーな仔で、かといってハイパーでもなく、sweetieと呼ぶにふさわしい子なんです(体型を見ても、十分運動されているのは確実)。

と、実際に知っていても、そして、犬の問題は実は人の問題だ!とわかっていても、別のピットブルに出会ったらちょっと身構えちゃうのかもしれないな、と思っていたりもします。

と、つまりは偏見から自由でいたくても、なんとなく影響されちゃうのかなと感じたということなのですが、だからこそ、こつこつと、「ほんとうのこと」を根気よく伝えつづけることが大切で、そこにシーザーさんのような方が加われば、ほんとうに大きな力になるんだなって思います。

番組のレポートもお待ちしてます~
2013/10/28(月) 05:59:14 | URL | [ 編集]
ゆり
人間がその種を利用しておきながら後に危険だから…と淘汰する。そりゃないよ、生きているのに。だからシーザーさん好き。
相棒(リーダー)で全く変わるんですよね。

…カボチャ、来年またがんばります!
2013/10/28(月) 15:08:31 | URL | [ 編集]
タピ
そんな月間があるなんて素適です!
小さな事からかわると分かっていても難しいものですが、実行しなくては!と思います。
今のところ、しつけに困っている方にシーザーさんを勧める事!
これのみな私…。

うちの近所にもピットブルが二匹ほどいますが、どちらも素晴らしい飼い主さんみたいで、引き締まったボディに、満面の笑みです(^∇^)
いつも疾走してるので触れないのが残念~_~;

シーザーさんの番組情報、楽しみにしてます。
2013/10/28(月) 15:27:08 | URL | [ 編集]
あが
たけるっこさん

毎日繰り返し見ていらっしゃるんですね!
私も再放送を相当繰り返し見ましたが、何度見ても何か発見があるんですよね。

> ピットブルに触れられるなんて^o^あがさんが羨ましいですぅ
こちらではピットブルはすごく多いので、お散歩中などにもたくさん出会うんですよ。
でも散歩中によその子を撫でたりすると了見の狭いうちの犬達が拗ねるので
なかなか撫でたりする機会はないのです。
ピットブルはすごく毛足が短くて(ニコニヤよりもずっと短毛)
筋肉が発達していて独特の撫で心地です〜。
2013/10/28(月) 23:00:39 | URL | [ 編集]
まろちゃぶ母
先日 CSチャンネルで放送してる
シーザーさんの番組観ました~
丁度飼い主の旦那さんが ピットブルは無理と言う回でした

我が家も ちゃぶ、あんちゃんと
避けられること時々あります
好き嫌いハッキリ別れるブル系
歩いてるだけなのにな~って思いますよ・・・
2013/10/28(月) 23:03:09 | URL | [ 編集]
あが
hikoさん

なんだかこのところ立て続けに犬の咬傷事故が報道されていますよね。
ニュースなどでは詳しい飼育方法までは言及されていませんが
脱走して通行人を咬むなんて相当ストレスが溜まってたんだろうなあと思います。
そして犬達がどうなるのかが気になりますよね。

> Dog peopleとしてみれば「あんたのせいで、ワン達が迷惑してるんだ!」と声を大にして言いたいです。
> なんて。言えないんですよね、これが。
でもほら、そういう風に言ったところでそういう人達は自己防衛に走るだけだし。
時間はかかってもコツコツ外堀から埋めていくのが良いのかもしれないですね。
2013/10/28(月) 23:04:10 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

はい、多分飼い主さんのお気持ちがフッと軽くなったので
その子も私の側に来てくれたんだと思います。
声に出して褒めてみてよかった〜と心から思いました。

ピットブルを抱えて山を下りた女性のニュース読みました読みました!
私のことを思い出して下さってうれしいです。
本当にすごくガッツのある素敵な女性ですよね〜。
思わず「私だったら」と脳内妄想シミュレーションしてしまいました(笑)
2013/10/28(月) 23:08:40 | URL | [ 編集]
るーまま
ヴィックの犬達のような過酷な運命を背負わされたということが
よけいピットブルに対する思い入れを深くしたのでしょうが、
はじめはピットブルと言えば[ちびっ子ギャング」の
あのマンガチックな仔のイメージがいりくちでした。
そしていまでは、あがあさんのおかげで様々なことを聞き及び、
ピットブルというだけで無条件に「好き〜」って叫びます!
触りたいなあ..そしてガシガシしたらさいごだなあ。。きっと...
2013/10/28(月) 23:13:06 | URL | [ 編集]
あが
coco.。さん

アメリカでピットブルがやたらと多いのは闇闘犬のための劣悪な素人繁殖がはびこっているのも大きな一因で、こういう理由のない日本ではやっぱりあまり多くはないですよね。
幸いなことに小型犬みたいに「かわいいーっ」と飛びつく人も多くないし。
だから日本でピットブルを飼っている人は、ある程度知識がある人が多いし
無茶な繁殖もそれほど多くはないと思うので日本のピットブル(多分アメリカンスタフォードシャーテリアが多いのだと思いますが)はピット本来のスイートな子が多いと思います。

もし可能なら、そのご近所のスイーティーちゃんの飼い主さんにお話をしてナデナデしてみてくださいな〜。
シーザーさん流のノートークノータッチノーアイコンタクトで距離を縮めていけば、きっと犬の方からすり寄ってくれると思います。あ〜こんなこと書いてたら私がナデナデしたくなってきた(笑)
2013/10/28(月) 23:17:47 | URL | [ 編集]
あが
ゆりさん

本当におっしゃる通り「そりゃないよ」ですよねえ。
私もシーザーさんはしつけやトレーニングと言ったことはもちろんですが
こういう活動の方により感銘を受ける今日この頃です。

カボチャ、ゆりさんは本当に惜しかったです!
はい、来年もぜひお待ち申し上げております!
2013/10/28(月) 23:23:02 | URL | [ 編集]
あが
タピさん

将来はこんな月間なんて無くなって、ピットブルも他の犬種もみんな同じように扱われるようになるのが理想ですね。
不幸な犬を出さないために一番大切なことは、飼い主さんが自分の犬に責任を持って最後まで幸せでいさせてやること。
だからタピさんは一番大切なことはもうクリアしてるも同然ですよ。

> うちの近所にもピットブルが二匹ほどいますが、どちらも素晴らしい飼い主さんみたいで、引き締まったボディに、満面の笑みです(^∇^)
> いつも疾走してるので触れないのが残念~_~;
お〜!いいですねいいですね〜。いつか触れ合える日が来るといいですね〜。
2013/10/28(月) 23:28:27 | URL | [ 編集]
あが
まろちゃぶ母さん

お〜!シーザーさんの番組ご覧になったんですね〜。
もっとたくさん放送されてたくさんの方に観て頂きたい!

ちゃぶさんとか、あんちゃんとか、どっからどうみても可愛いのにねえ。
歩いてるだけのブルちゃんをわざわざ避けたりする人って
他の犬種が好きとか言っても、犬好きとは言えないと思うわ〜。
私はチワワでもテリアでもブルでも雑種でもみんな好きだぞ。
2013/10/28(月) 23:32:28 | URL | [ 編集]
あが
るーままさん

るーままさんも「ちびっこギャング」のピート見てらしたんですね!
私は残念ながら、後になって知ったクチなのですが本当に可愛らしいですよね。

そうですね、確かにピットブルに対する風当たりの強さ故に
余計に思い入れが深くなっているという部分もあります。
でもそれを差し引いても、ピットブルのひたむきな性格とか
キリッとしてるのに愛嬌のある顔とか、筋肉質の体とかが大好きです。

るーままさんもガシガシしちゃったらもう虜ですよ〜。
うちのミニピンなんかよりもずっと一途で可愛いですもん(笑)
2013/10/28(月) 23:41:39 | URL | [ 編集]
びびんば
こんにちは 今朝 日本のTVでミネソタのシェルターから引き取ったテータートットというピットブルがクリスティ・スミスさんの小さい息子さんの体調異変に気付きお母さんに知らせたというニュースをやってました!そういう話は時々聞きますが ピットブルやシェルターや殺処分の事にも短かったけど触れていたニュースだったので 何だか嬉しくなっちゃって…(^-^) 私が勉強不足だったのですが やっぱり日本ではあまりそういう事はあまり知られてない気がするので……。 犬種で差別と云うのがどう考えても納得出来ないです(>_<) どんな犬でも危険な育て方すれば危険な犬になりますよね~人間がやってる事を犬に責任取らせるのは やっぱり変です~
……と 言うだけの私に日々反省……シーザーさんの番組やサイトやあがさんのブログを毎日読ませて頂いてて 色々考えてしまう毎日デス
ニコちゃん、ニヤちゃんの画像も楽しみにしてます!近くに住んでたら絶対会いに行ってます!(笑)

シーザーさんの番組 またレポートお願いしま~す
m(__)m♪
2013/10/29(火) 17:15:35 | URL | [ 編集]
あやここ
家のにさんこ達にピットブルのお友達ができました♪

お散歩中にいつもうちの子達見つけるとぺたーとフセして、しっぽピュンピュンで待っていてくれます(^^) も~も~悶絶する位かわいいのです❤

お鼻とお鼻でこんにちはするんですけどね、にこは小さいからピットちゃんの手に乗っかっちゃたりするのに、全然嫌がらないで、むしろ嬉しそう?に遊んでくれてます。
最初のうちはピットちゃんが動くと怖くてうちの子達、飛びのいたりしてたんですよ。そうしたらピットちゃん うちの子達の遊ぶ時はじっと動かないで「くんくんしていーよ♪」ってさせ放題にしてくれて(>_<)

ほんとに心のでっかい優しいわんちゃんです。

シーザーさんの番組見てなかったら私ピットブル知らなかっただろうな・・
シーザーさんの番組見まくって、うちの子達わんこ友達いっぱいできたんですよ♪
ギャン吠えしてたころから知ってるワン友さん達にも、落ち着いたねーいい子になったねーとほめて下さったり(^^)この間も初めましての柴犬の女の子にお名前は?と聞かれたので、にことさんこですって言ったら、あら。にことさんこちゃんって聞いた事ある!あなた達だったのねー家の子ともお友達になってね♪って言われました。嬉しかったなー(^^ゞ

これも全部シーザーさんと教えてくれたあがさんのおかげ❤ 私、アメリカに足向けて寝れませ~ん(^^ゞ

2013/10/29(火) 18:13:50 | URL | [ 編集]
あが
びびんばさん

お返事遅くなりました。
テータートットのニュースが日本でも紹介されていたんですね!
そのニュース、シーザーさんのサイトでも紹介されていたんですよ。
他にもピットブルが子供や犬の危機を救ったニュースって結構あって
基本的には世話焼き体質(笑)で優しい生き物なんだなあと思います。

ピットブルが法律で差別されている地域があるというのとはちょっと違うけれど
犬種によって色眼鏡で見られることって日本の日常生活の中でも多い気がします。
そしてそのほとんどが無知から来ていると思われるので
どんな犬種であれ「犬」というものに対して正しい知識を持つことって大切ですよね。

言うだけであることに反省なんて不要です!
そうして考えていらっしゃることはまずは大切なんですから。
番組レポート、私も楽しみです〜。
2013/10/30(水) 17:01:46 | URL | [ 編集]
あが
あやここさん

お返事遅くなりました。
わ〜!にさんこちゃんにピットブルのお友達!うらやまし〜!
も〜、詳しく書いて下さったその様子を想像するだけで悶絶するほど可愛いです。
ピットちゃんの手に乗っかっちゃうにこちゃんも可愛い〜。

シーザーさんの番組がきっかけでたくさんのわんこ友達ができて
幸せな犬達が増えたってお聞きするだけで嬉しいです。
私の方こそお礼を言いたい気持ちですので、どうぞ遠慮なく足を向けて寝て下さい(笑)
2013/10/30(水) 17:05:04 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。