旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
アメリカ食品医薬品局からペットトリーツについての警告(またまた)
毎年恒例、カボチャ重さ当てクイズ実施中!
締め切りは25日(米国時間)の記事がアップされるまでなので、この記事がトップにある間はまだ大丈夫!
「10月のアレですよ」

ひとつめのヒントは
「去年のカボチャは肉厚で特別に重かったんです。
つまり去年よりもずーっと軽いってことで!」


2つめのヒント。
「皆さん重過ぎですってば〜!」
↑ただし、このヒントは大半の方が6キロ台でエントリーしてた時のもの。

3つめのヒントの写真はこちら


そして4つ目のヒント!
アメリカでのミニピンの標準的な体重くらいかな。いや、もうちょっと重いかな?
↑ミニピンに限らず、どの犬種でも日本の標準は小さめなので、ね。

まだ間に合いますよ〜!
--------------------------------------------------------------

日本でもあちこちで報道されているのでもうご存知の方も多いかと思いますが、ペット用のジャーキーによる健康被害について米国食品医薬品局が警告を発表しました。

IMG_3668_2013102516304551e.jpg
「もういったい何度目の警告だか思い出せないくらいです。」

そのとおり。去年の3月にもこのブログでも同じことを書いてるしね。

ジャーキーによる健康被害は2007年以降ずっと警告が出され続けています。
今年の5月にdog actuallyでも取り上げたことがあるので、興味のある方はご覧下さいませ。
ドッグフードリコールの背景

↑の記事の中でチキンジャーキーの件について、ずっと原因が判らなかったけれどNYの農業市場管理局がアメリカでは使用が禁止されている抗生剤の残量物質を検出して当該メーカーがジャーキーを自主リコールしたということを書きました。

IMG_2969_20130530154455.jpg
「おかーさん、それは大丈夫なの?」

これはアメリカ産の原料で作ったMade in USAのおやつだから大丈夫だと思うよ。その辺はメーカーを信用するしかないんだけど。

今年の1月以降ジャーキー被害の報告は目に見えて減少はしています。これはネスレピュリナ、デルモンテなどの大手メーカーがリコールによって商品を回収したことによるものが大きいと思われますが、それでも健康被害の報告はその後もずっと続いており、前述の抗生剤残留物質以外で原因がわからないためリコールの強制もできないため、今回また消費者に対して警告が発せられたというわけです。

食品医薬品局のサイトで発表されている警告の要約を書いておきますね。

2007年から2013年9月24日現在の間に食品医薬品局に報告されたジャーキーによる健康被害は約3000件。3600匹以上の犬と10匹の猫で、そのうちの580匹以上が命を落としています。

健康被害の約60%は嘔吐/下痢などの消化器系の症状(肝臓の数値が悪化しているものと、していないもの両方を含む)約30%が腎臓に関連する症状、残り約10%がひきつけ/癲癇、震え、蕁麻疹などを含むその他の症状です。

もしも以下のような症状が確認されたら、すぐに原因と思われる食べ物を与えるのを止めて、獣医師に相談して下さい。
•食欲減退
•活動の低下
•嘔吐
•下痢(血便が出ることもある)
•水を飲む量が増える
•尿の量が増える

ジャーキーのタイプはチキンのささみジャーキーが最も多いのですが、ダックジャーキー、スイートポテトを使ったトリーツ、ドライフルーツなどにチキンまたはダックのジャーキーを巻き付けたものなども含まれます。
前述した大手メーカーでは現在はこのタイプの製品は販売されていませんが、対象と考えられる製品を販売しているメーカーはあまりに多く、メーカーの特定が出来ない状態です。共通しているのは被害が報告されているのはほとんどがMade in Chinaと表記された中国からの輸入品であることです。「ほとんど」というのは、原材料に関しては原産国の表示が義務づけられていないため「米国産」と書かれていても、中国から輸入した原材料を使っている場合などがあるためです。

IMG_3508_20131025163044f47.jpg
「そんな落とし穴があるのね!」

そうなのだよ。今度そういう表記の仕方について、またちゃんと整理して書こうかね。

食品医薬品局は独自機関はもちろんのこと、大学や企業の研究機関と協力し合って、原因の特定のための調査を継続しています。また中国の関係機関とも会談し、ペットフードの安全性の確保、食品医薬品局の調査に協力するための情報の共有などを改めて確認しています。また中国から研究者を招いての調査も予定しています。

長くなったので「続きを読む」で。



人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-1_20131013130413bc5.gif

今回のニュースはアメリカのことですが、中国産の犬猫おやつって日本でもたくさん販売されているので人ごとではないですね。

一番の自衛策は中国産と書かれたものは買わないということですが、上にも書いたように日本で生産しているけれど原材料は中国産なんてのもたくさんあるので油断はできないです。

おやつやフードは信頼できる会社のものを買うというのが大切ですね。
IMG_3317.jpg
「これはブラジル産の牛の耳をアメリカで加工したおやつです。」


チキンジャーキーやクッキーなんかは簡単に手作りもできますが、お忙しい方は人間用の普通の食材をおやつにするのもいいですよね。

IMG_1610_20121011150036.jpg
「バナナとか!」

IMG_1402.jpg
「厚削りのカツオブシとかーっ!」

ニコ、そんなに気合い入れなくていいから。

IMG_4185.jpg
「じゃ、ちょっと落ち着いてセロリとか」

まあ、セロリを喜んで食べる犬がどれくらいいるかはわからないけどねえ。
他には小さく切ったリンゴやニンジン、減塩煮干しに角切りにしたなまり節とか、赤ちゃん用の減塩チーズとか。

イヤなニュースだけれど、知っておかないと困るのでお散歩仲間さんなどにも拡めてあげて下さいね〜。

スポンサーサイト

ジョンのママ
私もつい最近、エゾシカのおやつを購入しました。
国産!国内生産!って歌ってるから購入したのですが、後に塊の一部がそのまま出てきてびっくりしました。
最初人参なんて食べさせたっけ?って思ったぐらい(^_^;)
エゾジカの肉以外にも、添加物とかもはいってるから怖いですね。。
(どうしても、ネットって送料がかかるので躊躇しちゃってお店で買うのも悪いんですが・・・)

この記事、HPに貼り付けさせてもらいますね\(^^)/
2013/10/25(金) 01:36:03 | URL | [ 編集]
sazae
何を信じたらいいのかわからなくなりますね。
ジャーキーといい、ドライフードのリコールといい・・・。
もうご存知かもしれませんが、フード事体の事ではないですが、ヤマト運輸がクール宅急便の荷物を仕分け時常温に置いているとか、クールコンテナのドアを開けっ放しで作業しているとかで、実際のその作業が動画に撮られていました。温度計を入れたクール便の荷物を実際送ってみて箱の中の温度の記録を見たら、27℃まで上がっていたそうです。
私は犬のための肉をネットショップで購入していて、今まで溶けかけていた事や、(猛暑日に冷凍便を常温で運んできた!)一回溶けてまた凍らしたんじゃない?って思えるような状態だったりして不安だったんですが、こんなずさんな事をされていたのだと憤りを隠せません。食品偽装は無くならないし、今回の事といい何を信じたらいいんでしょうかね?
2013/10/25(金) 05:45:15 | URL | [ 編集]
アロハ
うわあー!!笑
ニコさんの食いつきよう!すごいー!笑
大好きなおやつなんですね。

このニュース知ってます!
そうそう、中国のものを使ってても日本で加工されれば国産になるんですよね。
飼い主として、愛犬を守るために知っておくべきだと思います。


あ、あがさんすいません。
ずっと気になってたんですが
胃捻転の話したとき、ご飯台は使わないようにしてる、と聞きました。
よかれと思って私は使ってたんですが、何かデメリットがあるのでしょうか?
参考までに教えて頂けますか?
2013/10/25(金) 15:24:36 | URL | [ 編集]
あが
ジョンのママさん

エゾシカのジャーキーにどんな添加物が使われているか
または使われていないかは、商品をみないとわからないですが
鹿肉は鉄分とタンパク質が多いので、普段食べつけないと
うまく消化できないで出て来ちゃうこともあると思います。
特に悪いものでなくても、体がビックリしちゃうこともありますもんね。
リンクでご紹介ありがとうございます!
2013/10/25(金) 20:07:08 | URL | [ 編集]
あが
sazaeさん

ヤマト運輸さんって信頼できる企業というイメージが強かっただけにショックですねえ。
今後の対応をしっかりと見ておきたいところですね。
せっかく信頼できるショップだと思っても運送会社がそれでは台無しですもんねえ。
何を信じればいいのかという世の中では自分の直感とか嗅覚を信じないと仕方ないのかしら。
困りますよねえ。
2013/10/25(金) 20:11:56 | URL | [ 編集]
あが
アロハさん

ニコはカツオブシ大好きなんですよ。
あ、ニヤもですが(笑)

ごはんの台の件ですが、台を使っていると胃捻転になるというわけではないのですが
胃捻転にかかった犬の生活習慣などの統計を取ると台を使っていた犬が多かったそうです。
確かに食べやすくなるのですが、その分早食いになりやすいとか
食べる時に空気を飲み込みやすいということでリスクが上がるのだろうと推測されます。
2013/10/25(金) 20:14:54 | URL | [ 編集]
shioco
ここ数日、FBでも何度も目にします。
本当に恐ろしいですね。。。

大切な家族のワンコたちの、しかもとっても楽しみにしてるであろう「おやつ」の安全が、こんなにあいまいな基準で流通してるのに憤りを感じます。

コメントされてるほかの方たちもおっしゃってますが、ほんとに何を信じたらいいのか。。。

我が家はジャーキーは手作りしてるのですが、切らしたりするとやはりお店で購入しちゃうし。
国産を選んでますが、怖いです。。。汗。

うふふ^^
ニコちゃんのバックン!!で癒されました~~^^
2013/10/25(金) 22:03:20 | URL | [ 編集]
花奈
「謎のペット大量死~」のニュースを読んでドキッとしました。
先日、出張先のニューヨークのペットショップで買ってきたお土産のSmart Bones。
「ローハイドじゃないから安心ですよ。」と店員さんに勧められて購入。確かに「NO RAWWHIDE」「Made in CHICKEN」とパッケージにデカデカと書いてあります。
すでに完食済みなのですが、残しておいたパッケージの裏をよくよく見ると小さな字でmade in chinaと書かれているではないですか。ローハイドじゃないけど、ジャーキーじゃないけど、made in chinaでした。ペット業界はアメリカの方が成熟しているから、規制も厳しいと思い込んでいましたが、気をつけなくちゃと反省。何を信じればいいのやら。ちなみに、ニューヨークのトレーダージョーズで買ってきたチキンとビーフのジャーキーは、made in USAと書いてありますが、大丈夫なのか心配です。
2013/10/25(金) 22:35:22 | URL | [ 編集]
あが
shiocoさん

日本語のFBやツイッターなどでもよく見かけるのですが
2007年からずっと言われ続けていることなので
必要以上に怖がらず、しっかり自衛して頂きたいと思って書きました。
ジャーキーの手作りも、やっぱり忙しい時なんかは切らしちゃうこともありますもんねえ。
そんな時、このニコのバックンしている厚削りカツオはジャーキー感覚で与えられるので便利です〜!
犬用おやつよりもずっとお手頃価格ですしね(笑)
2013/10/25(金) 22:39:59 | URL | [ 編集]
あが
花奈さん

確かに怖いニュースではあるんですが「謎のペット大量死」って書き方も
不要に不安を煽るようでどうかと思いますねえ。

アメリカのフードなどの表示については過去に書いたこちらなどもご参照下さい。
http://www.dogactually.net/blog/2012/04/post-219.html
http://nikologla.blog27.fc2.com/blog-entry-1860.html
知っていることで不安が少なくなるということもありますものね。

トレーダージョーズは何かあった時はリコールの対処も早いですし
うちでもここのジャーキーはいつも与えているので大丈夫じゃないかと思います。
リコールのあったジャーキーは肉を乾燥させただけのタイプのもので
トレーダージョーズのようなスティックタイプのものではなかったと思います。
ご愛犬が気に入ってくれるといいですね!
2013/10/26(土) 16:52:37 | URL | [ 編集]
珊瑚ママ
私もこのニュースをFBでシェアしましたらすごい反響。まあ友人は皆手作りおやつ派なのですが、私はちょっと油断していました。それはご近所からお散歩中に頂くおやつ。ホームセンターの安いやつなんで、ドキドキなんですよ・・・・今更あげること自体は断れないので、今後は自作のおやつをお渡ししてみようかと。アレルギーを理由にしたらいいかなと思っています。

自作と言えば、今干し肉にハマっております。カッチカチになるのにはびっくり!オーブンで焼くのと違って歯ごたえがあるのでワンズにはとっても好評です。
ベランダでひたすら生のお肉を干してるのですが、果物やお芋もいいですよね。ただ、どんなにどっさり干しても出来上がりがちっさーくなってすぐに消費しちゃうのが残念。
いろいろ面倒くさいけれど、やっぱり家で作ると安心できます。
2013/10/27(日) 03:23:49 | URL | [ 編集]
あが
珊瑚ママさん

このニュースって過去にも同じことがあって何度か書いているので
今回は書く予定をしていなかったんですが、あちこちで目にするし
中にはすごーく不安を煽るような書き方をしてるのもあったので
本家の食品医薬品局のアナウンスを抜粋して書いてみました。

うちも散歩の途中に時々おやつを頂くことがあって
中には「それ、私だったら買わないわ〜」というのもあるのですが
ほんの少しのことだし、あんまり神経質にならないようにしています。

干し肉、良さそうですねえ。干し器なんかもよく売っていますものね。
うちでもやってみたい気はするんですが(何しろカラカラ乾燥気候なので)
野生動物も多いので躊躇しています(笑)
珊瑚ちゃん、おいしい手作りおやつで幸せですね〜。
2013/10/28(月) 22:43:58 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。