旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

CLUB WAG ー犬活ノススメー
《はじめに》

7月27日夕方から行方不明のシーズーのモコちゃん引き続き捜索を続けています。
たくさんの方にご協力頂いて本当にありがとうございます。
皆さんの思いに守られて、必ず無事に帰って来ると信じています。

***************************************

7周年の感謝の気持ち、プレゼント企画実施中。
締め切りは8月最初の記事がアップされるまで。
よろしかったらご参加下さいませ。

***************************************
さて、今日は京都での保護犬写真展のお知らせと、私が普段ツラツラと頭の中で考えていることを少し。

ブログを通じて仲良くして頂いているlottieさんが相棒の島さんと撮影した保護犬達の写真展をされます。

clubwag.jpg
↑バナーをクリックすると詳細ページに飛びます。

2013年9月3日(火)~9月8日(日) 12~19時(日曜のみ12~18時)
会場:GALLERY MARONIE 京都市中京区河原町通四条上る塩屋町332 
入場無料

お近くの方、ぜひ足を運んでみてくださいませ。

IMG_3266.jpg
「あたしの写真は展示されてるのかしら?」

されてないされてない(ノシ・ω・)ナイナイ

lottieさんは先月「CLUB WAG -犬活ノススメ-」というサイトを立ち上げられました。
保護動物に関する情報発信、ウェブ上だけではなく様々なイベントを企画してより多くの人に犬と暮らす素晴らしさを伝えて行きたいというクラブです。

そのイベントの第一弾が「保護犬写真展 ひとつの命ーそれからー」です。

IMG_3265_20130731095043612.jpg
「WAGって尻尾ブンブンって意味だよ!」

私はアメリカに住んでいるので、アメリカでの犬の保護活動やシェルターの仕組み等は見聞きする機会も多くあります。何でもかんでもアメリカが素晴らしいとも思わないし、日本もアメリカ流にするべきだなんて思ってはいません。

けれど日本の保護活動を拝見していて強く思うのは「もっと裾野を広げなくては」ということです。何と言うか、保護動物を迎えることや保護活動に参加することの敷居がとても高い感じがするんですね。
精力的に活動して下さっている方々には本当に頭が下がるし素晴らしいと思うのですが、そういう方々への負担が大きすぎる感じがする。もっと気軽に保護活動に興味を持ってもらってちょっとだけでも参加できる橋渡しをする、そういう存在があればいいのにと常々思っていました。

そのためには保護動物の悲しい一面を強調するだけでなく、楽しくて明るくて心が軽くなるような伝え方も大切です。初めて興味を持った人達は長年活動をしている方々からすれば「甘い」「ずれてる」と見えることもあるかもしれないけれど、そこで叱りつけるのではなくて、しっかりと説明してわかってもらうような場も必要。

今回のCLUB WAGの写真展は京都の河原町四条という一等地のお洒落なギャラリーで開かれます。「そんなチャラチャラしたこと」と眉をひそめる人もいるかもしれない。でも私はそういう「チャラチャラ」は必要不可欠だと思っています。コツコツ地道な活動ももちろん大切、でも一方で保護活動が特別な人達の特別なものではなく気軽に覗いてもらえる窓を開くことも大切なんです。

保護動物のために何かしたい、力になりたいと思っているけれど、どうしたらいいかわからない、時間もないという方。多くの保護団体さんはウェブサイトで必要な物品のリストをあげています。そういう物品をアマゾンや楽天から直接団体宛に送付するというような参加の仕方もあるんです。何万円も寄付できなくても、何百円の物品でもいいんです。そうして参加することでより関心も高まると思います。そこで余力があれば、シェルターにボランティアに行ったり預かりボランティアになったりと、ご自身でハードルを上げていけばいい。

IMG_3561_20130731095045713.jpg

ちょっとずつでもいいから、一人でも多くの人が動物の命を救う事に参加してくれたらいいなあというのが、私とCLUB WAGの願いです。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-13.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/31(水) 00:54:44 | | [ 編集]
coco.。
偏見かもしれませんが、日本でボランティアや社会的活動というと、「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」とか「艱難辛苦を乗り越え」といった渋いイメージがあったり、また、そういうものでなければ邪道、といった風潮があるのかな、と私などは感じます。

そんな中で、街中でふらりと立ち寄れそうなロケーションで写真展開催とのこと、素敵だなって思います。ひょっとしたら、関心もなかった、あるいは犬にまつわる問題(って人間の問題ですが)をご存知なかった方が訪れて、素敵な写真を見て、というのが入り口になるかもしれない。

社会的活動に明るくて楽しい側面があっていいんだと思います。しんどいばっかじゃ犬も辛気臭い気持ちになりそうですし(笑)。

寄付にしても、例えばアークさんでチャリティ販売されているTシャツなんてすっごくかわいい。使いたいと思うものを買って、それが寄付にもなればものすごく嬉しい気持ちになることができます。

と、興奮してしまいました~はは。そして京都市内は近いので、行きたいです!ご紹介をありがとうございました!私もwaggingしちゃいます、心の尻尾で。
2013/07/31(水) 01:21:24 | URL | [ 編集]
はるり
こんにちは

裾野を広げる、もっとラフに楽しく長く。そう思います。
写真展いきたいなぁ~とドイナカにて羨ましく感じています。

一緒に暮らす犬が欲しいと思っている人に出会うと保護犬の話しをするのですが、10人話をして5~6人は保護犬を希望してくれます。でも今のところ現実に迎えた方は2人ぐらいです。

5~6人の内残りの3~4人は、保護団体の方から説教されたり上から教えてあげるという態度だったりと受け取ってしまった結果でした。
活動をしている多くの方々の中で一部の話しなのでしょうけれど、保護初心者を大きく包んで導く技量を持っていただきたいです。

私も元保護犬三頭と暮らしていますし、自分でも保護を経験しています。保護の何たるかとか心構えはとか言おうと思えばこんな私でも色々あります。でも、違うなぁと思うのです。

真面目で一生懸命な良さが、うっかりすると暗く一直線に狭い方向へ突っ込んで行ってしまう時がある、そんな感じを受ける時があります。
私の感覚なのでズレているかもしれませんが。

私は生来のオッチョコチョイ、格調高く言うと粗忽者。
気が短くて結果オーライのちゃらんぽらん、格調高く言うと楽天的。
なので、ラフに楽しく仲良く長ぁ~くが良いです。

追伸:格調、高くなってます?
2013/07/31(水) 16:31:14 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

ありがとうございます。
「今何ができるかな?」と考えて下さることが何よりも嬉しく心強いです。
写真展、できれば他の地方でも開くことができたらと考えていらっしゃるようです。
その時にはまたお知らせいたしますね。
2013/07/31(水) 23:43:27 | URL | [ 編集]
あが
coco.。 さん

ああ、私も全く同じような印象を持っていました。
実際にボランティアに参加され、多くの事を見聞きしていらっしゃるcoco.。さんですから
きっとそれは確かなのだと思います。

今回の写真展はまさに書いて下さったようなことが狙いです。
明るく楽しい面は決して否定されるべきではなく、大切ですよね。
アークさんのチャリティ商品や印刷物などの素敵なデザインもおっしゃる通り!
今回この記事を書きながらアークさんやベストフレンズアニマルソサエティのことを例に出そうかなと
思ったのですが、ちょっと話が膨らみ過ぎるかと思って割愛しました。
でもそうなんです。お洒落でセンスのいいチャリティって絶対必要なんです。
私の方こそ素敵なコメントにwaggingでした!
2013/07/31(水) 23:51:16 | URL | [ 編集]
あが
はるりさん

はるりさん!一字一句全部同意いたします!
せっかく保護犬を迎えようとして下さったのに、そういう経験をされたご友人、残念です。
それこそが、これも私がしつこく書き続けている「保護活動におけるビジネス的視点」の欠落なんですよね。
興味を持って近づいてきた顧客をみすみす追い払ってしまうようなことなく
たとえ条件が合わなかったとしても次回につながる好印象を与えることが大切なのに。
あ〜これを書き始めたら止まらなくなるので今回はやめておきます。

> 真面目で一生懸命な良さが、うっかりすると暗く一直線に狭い方向へ突っ込んで行ってしまう時がある、そんな感じを受ける時があります。
おっしゃる通りだと思います。全くズレてなんかいない的確な視点です。

はるりさん、格調高くていらっしゃいますよ(笑)
ええ、それはもう私が保証いたします!
2013/07/31(水) 23:59:05 | URL | [ 編集]
ひろりん
あがさん、ニコちゃん、ニヤちゃん、こんにちはだいぶ前からいつも楽しくブログ見させてもらっています。ありがとうございます。私は犬は飼っていないです。ただ、昔から犬が大好きで、シーザーさんの番組を見てからシーザーさんのファンになり、あがさんのブログにたどりつきました。こちらのテレビではシーザーさんの番組の再放送中で今はシーズン6まで来たのでもう少しで終わるのかなーとおもっています。(あがさんのブログでわかりました。)こちらでも少しでも殺処分される動物がいなくなるこを願っています。でも、やっていることはペットショップでレジのところの犬の保護活動におつりを少し入れてるだけなのでえらそうなことはいえませんが。こちらではシーザーさんの新番組が放映するのかわかりませんがナショジオにメールしてます。これからも見るだけですがよろしくおねがいします。
2013/08/01(木) 11:50:37 | URL | [ 編集]
あが
ひろりんさん

初めまして。コメント&いつも読んで下さってありがとうございます。
シーザーさんの番組がご縁で来て下さったんですね。
ペットショップでの小銭の募金も大事なことですし
何よりもひろりんさんはまだ犬と暮らしていないけれど知識を蓄えて
犬のために何かを変えていきたいと思っていらっしゃるのが素晴らしいです。
こちらこそこれからもよろしくお願いいたしますね。
2013/08/02(金) 12:36:24 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.