旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
お散歩心得2
お待たせしました。
シーザーさんの会社のジョン・バスティアンさんのコラム、ドッグウォークエチケットの後半です。

IMG_3175.jpg
「お待たせしました〜。待ってた?ホントに?」


前半では犬との散歩の時に「すべき事」をお話ししました。後半では「してはいけない事」のお話をします。

散歩は犬と一緒に行うアクティビティの中でも最も大切なことの1つです。あなたと愛犬の絆を深めること、そしてあなたが「落ち着いて毅然としたリーダーシップ」を会得するための練習の場でもあるからです。

では5つの『Don't=してはいけない事』を紹介していきましょう。


『パニックにならない』
あなたが意識しているか否かに関わらず、あなたのエネルギーはリードを通して愛犬とコミュニケーションを取っています。あなたが緊張すれば犬は瞬く間に警戒モードに陥ります。不安になったり、過剰な防御態勢に入ったりと反応の仕方は犬によって様々ですが、望ましくない事に変わりはありません。
最悪の状況は2組のナーバスで不安だらけの飼い主同士とそれに反応して興奮モードや警戒モードになっている犬が鉢合わせること。わかりますよね?


IMG_2951_20130420054142.jpg
「わかる〜。おかーさんがドキドキしたらニコもドキドキするもん」

『相手の飼い主に断りなしに他の犬に近寄らせない』
これはあまり(または全然)面識のない飼い主と犬に対してのことです。
たとえあなたの犬がとてもフレンドリーで穏やかだとしても、相手はそんなことは知らないし、相手の犬はそうではないかもしれない。突然近づいて来られて相手の人も犬も警戒モードになっては要らぬトラブルにつながるかもしれない。
自分の犬が他の犬に近寄りたい様子を見せたら「挨拶させてもいいですか?」と一声かけて了承を得てからにしましょう。場合によっては「いえ、うちの犬は犬が苦手なんです」という返事が返って来るかもしれない。もちろんそれは尊重しなくてはいけません。
反対に誰かが近づいて来て「撫でてもいいですか?」「犬同士挨拶させてもいいですか?」と聞かれた時に、場合によっては「うちの犬は知らない人が苦手なんです」と答えても全く構わないのだということも忘れずに。


IMG_3176.jpg
「断り無しに近寄ると怪我するわよ!」(ウソです)


『フレキシリード(伸縮式リード)で散歩をさせない』
フレキシリードは元来はトラッキングや呼び戻し訓練のためにデザインされたリードです。もしこれらの訓練をしたことも、する予定もないのなら、フレキシリードが手元にあるのは適切ではないということです。
普通の散歩には決してフレキシリードを使ってはいけません。
第一の理由は安全性の問題。犬がいきなり全速力で走り出した時、長く伸びたリードではコントロールができないですね。犬が何かに襲いかかってしまうかもしれないし、車に撥ねられるかもしれない。
リードが伸びきった時の衝撃も普通の長さのリードよりも大きいですね。
さらにあのプラスチックの持ち手は人間の手から落ちてしまいやすい。その状態で犬が走り出すと落ちた持ち手がガタガタと大きな音を立てて引きずられることになり、犬は何か変な音が追いかけて来ると思ってパニックになります。そういう状態で迷子になってしまう例も多いのです。

そして何と言っても普通の公道で、犬が好きな方向に歩くのを許すことは様々な問題行動につながります。
自治体によっては公道でのフレキシリードの使用を条例で禁止しているところもあります。例えばロサンゼルスでは「オフリードが許可されている場所以外では、飼い主は6フィート(180センチ)を超えないリードや鎖を使用すること」が義務づけられています。


IMG_2961_20130526061545.jpg
「伸び伸びリードはしつけ教室で呼び戻しの練習の時に買ったんだよ〜」


『状況をエスカレートさせない』
もしも他の飼い主や犬と問題が起こった場合に決してしてはいけない最悪のことは、大きな声で怒鳴り合って犬を余計に興奮させることです。(怒鳴らなくても、悲鳴をあげる、泣く、なども同じですね)
もしもあなたの側に非があったのなら、それを認めて謝罪しましょう。相手側に非があって謝罪してきた時にはすぐに受け入れる。相手が謝罪しないからと言って、それを相手に求めない。最良の方法は落ち着いてその場を去ることです。

(補足:問題というのは吠えたとか飛びかかろうとしたとかで、実際に怪我を負うような事故のことはこの限りではありません。)

IMG_2936_20130526061546.jpg
「そんなことが起こりませんように。ドキドキ」「そんな人に出会いませんように。ヒヤヒヤ」


『他のことに夢中にならない』
犬との散歩の時間はお互いの絆を強くする大切な時間です。今この瞬間を楽しんで生きるという犬の素晴らしいスキルを学び身につけることは、犬との関係以外でも私たち人間にとってとても有意義なことのはず。
散歩の時間は携帯メールを書いたり送ったり、誰かと電話で喋ったりする時間ではありません。音楽を聴くイヤホンも外してしまいましょう。
家族や友人と一緒に散歩しながら話をすることはかまいません。けれどその時も犬に対して意識を向けることを忘れずに。


IMG_2959_20130526061545.jpg
「散歩の時に夢中になってもいいのは犬のスンスンだけです」

前後編でお送りした散歩のエチケットは以上です。いかがだったでしょう?


昨日も書いたように、シーザーさんなら「そういうことが起こらないようにするのが肝心」と言われて、シーザーならぬ身の私たちは途方にくれてしまうようなところを、ちょっと力を抜いてもいいんだよってカバーしてもらったようで、私はジョンさんのコラムとてもいいなあと思いました。
さあ、肩の力が抜けたところでニコニヤと夕方の散歩に行って参ります。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-1_20130423084926.gif人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
さざえ
考えさせられることがたくさんありました。気をつけなくてはいけませんね。
以前公園を散歩させていた時、オフリードの犬が私の犬めがけて襲ってきたことがありました。私はフレキシリードを使っていて、咄嗟の操作が間に合わず、ついいつもの通りフレキシリードを手で掴むはめに・・・。しかし、私の手の中をスルスルとリードは伸びていき、摩擦熱によって火傷してしまいました。
相手の飼い主は謝罪なし。しかし、私もフレキシリードを操作出来ず、オンリードだったとはいえ犬達をコントロールできなかったことから、私にも非はあったのだと諦めましたが、非常に嫌な思いをしました。それ以来、フレキシリードは使っていません。
私の住んでいる地区では、「触っていいですか?」なんて聞かれることはほぼなく、むしろ黙って近づけてきた犬を避けると(うちの子は犬が苦手なので)「無視されたねー。感じ悪いねー」などと言われる始末です。「犬が苦手なので、近づけないでください」と言っても、「うちの子は大丈夫だから」などと言ってしつこくされたことも一度や二度ではありません。
「してはいけない事」を読みながら、反省しきりです。
うちの子を守るのは私しかいないのだと、あらためて思い直しました。
2013/05/25(土) 17:52:43 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/25(土) 23:11:31 | | [ 編集]
マダムKenwan
うちのエニーは、他の犬をほぼ嫌いだし、知らない人にも素っ気ない犬で(家族にはべったり)、どうも社会化をうまくやってあげれなかった、と私が負い目を感じているのだけど(特に対犬関係)、それなら、それで無理しなくても良いんだよ、と仰る方と、少しずつ諦めないで慣らしていけ、と言われる方がいて、どっちがよいのかなぁ、と迷います。散歩中は、他の犬を上手く避けようとすれば、ほぼ避けれますし、すれ違ってもサッさと通りすぎれます。
でも、匂いを嗅ぎ合って「ごあいさつ」は出来ません。極稀に鼻をツンツンして挨拶している犬がいるのですが、これが出来る出来ないの見分けが、難しい。何を基準にその犬を選んでいるのか? 観察するのも楽しいですね。
2013/05/25(土) 23:47:12 | URL | [ 編集]
たけるっこ
フレキシリード、よくチワワなどの小型犬を飼われている方が使っていますよね。あれ、すごい勢いでシャーっと伸びて、遥か向こうにいたと思ってた犬が、すぐ近くまで来てビックリという経験が何度かあります。
呼び戻しの訓練に使うものなんですね。またひとつ、いやたくさん勉強になりました。
2013/05/26(日) 01:26:54 | URL | [ 編集]
タピ
なるほど~( ̄^ ̄)ゞ
勉強になります!
蓮華さんは、積極的なこが苦手で逃げちゃうんだよね。あと、駄目な仔と平気な仔がいて…。
判断基準がわからず、困ってますが、エネルギーなんですかね?

勝手に触ろうとする子供が日本は多くてイラっとします。蓮華さんは、子供大好きだからまだいいけど、何かあった場合はワンコのせいですからね。下から触るんだよ~とか一言言ってますが、あんまり無礼な人はスルーしてました。それでOKなんですね(^^;;
毎日ちょっとずつでも、進化できたらって思います( ´ ▽ ` )ノ
2013/05/26(日) 06:21:49 | URL | [ 編集]
あが
さざえさん

そうそう!フレキシリードの摩擦熱で火傷ってわりとよく聞きますよね。
そしてやっぱり一番はとっさの時にコントロールが効かないことが怖いですよね。
こちらには非はなくても何があるかわからないですし。
黙って近づいて来て「感じ悪いねー」って「どっちがやねん!!!」って叫びたくなりますが(笑)
「うちの子は大丈夫だから」って引き下がらない人ってのも困りますよね。
そういう時は笑いながら、でもキッパリと「お互い責任問題になったら困りますもんね〜」と言って
サササッと小走りで去る、これでどうでしょう。
先日の咬みつき防止週間の時にも書きましたが、もしも何かが起こったら犬が悪者になってしまいますし
それを防げるのは飼い主さんしかいないですもんね。私も肝に銘じています。
2013/05/26(日) 21:46:39 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

現在は動物と暮らしていらっしゃらない方がこうやって読んで下さって
「なるほど」とうなずいて下さることって本当に心強いです。
いつもどうもありがとうございます。
お散歩中のメールとか電話でおしゃべりの人って本当に多いんですよ。
もう完全に中毒の域という感じがします。
当然のことながら犬に目なんて行ってないし、やだなあと思って避けています(笑)
2013/05/26(日) 21:50:02 | URL | [ 編集]
ぺこかぁ
タイムリーすぎます!
ここの所、気になることが色々ありましてブログで書くとしても難しいな…と悩んでる所でした。
例によって前後編共にリンクさせてもらいます。
さあて、ちょっと練って書くぞ~。
2013/05/26(日) 21:53:40 | URL | [ 編集]
あが
マダムKenwanさん

あ〜迷われるお気持ちとってもよくわかります。
やっぱり他の犬と楽しそうに遊んでいる姿っていいなあと思うし
少しずつ諦めないでやっていくのが理想なのでしょうが
でも本犬が嫌がってるのに別にいいんじゃないの?とも思うし。
うちはニコが年とともにどんどんよその犬と絡まなくなって
もうそれならそれでいいかなあとも思っています。
だってニコもエニーちゃんも幸せそうですもんねえ。
2013/05/26(日) 21:55:37 | URL | [ 編集]
あが
たけるっこさん

小型犬のフレキシリード多いですね。小型犬だから迷惑かからないと思ってるようだけど
自転車や車に撥ねられたらどうするんだろうって思いますよね。

> 呼び戻しの訓練に使うものなんですね。またひとつ、いやたくさん勉強になりました。
そうなんです。オスワリさせて、その場でマテのままちょっとずつリードを伸ばしていき
いっぱいまで伸びたところで呼び寄せ。
飼い主さんが安心して訓練できるところがいいんですよね。
2013/05/26(日) 22:03:40 | URL | [ 編集]
あが
タピさん

積極的な子って犬同士の礼儀がわかってないって子が多いですもんね。
蓮華ちゃんが苦手な気持ちもわかる気がする(笑)
あと、ダメな子と平気な子っていうのも、よく見たらなるほどってわかる場合と
本当に本犬にしかわからない(ニオイの好みとか?)場合とあって難しいですよね。

そうそうそう。勝手に触ろうとする子供は困りますよね。親も止めないし。
無礼な人はスルーで全然OKですよ!
「怖がりなんですよ〜」とか笑顔でテキトーなこと言ってもいいし。
「汚い手で触らないで下さい」って言った強者も知ってますけどね(笑)
2013/05/26(日) 22:08:45 | URL | [ 編集]
あが
ぺこかぁさん

お〜グッドタイミングだったんですね。
リンクどうもありがとうございます。楽しみにしていますね〜。
私もぺこかぁさんに教えて頂いた食いしん坊犬のこと書いちゃおーっと。
2013/05/26(日) 22:09:57 | URL | [ 編集]
えびし
ご無沙汰でありんした。
ウンウン頷きながら読みました。
私は散歩はオフリーシュが主ですが、向こうから他の犬が来ると、私は犬と飼い主を必ず観察します。
例えばギャンギャン吠えているのに注意もしない飼い主だったら、ろくな事にならないので、とりあえずつるりを近くに呼び寄せておきます。(つるりは他犬の鳴き声で興奮する事があるから。)
相手がリードをつけて歩いている場合は、先方が立ち止まらない限り、つるりにもサラリと通過させます。
当たり前の様だけど、これをしないから、大騒ぎになっちゃてる場面を良く見かけます。
「そりゃ、あんた被害者だけど、事前に予測できたじゃん。」みたいな感じ。
自分の犬は大丈夫だから、と安心しないで、問題は事前に回避できるのが一番ですもんね〜。
2013/05/27(月) 00:28:10 | URL | [ 編集]
あが
えびしさん

いらっしゃいまし、お待ち申し上げておりました。
そうそう!ろくなことにならなそうな飼い主って大体わかりますよね。
サラリと行けばいいのに事を悪化させちゃってる場合もよくあるし。
なんてえらそうに言ってる私も「あの犬と飼い主は避けよう」と思われてたりして(笑)
でもホント避けられるトラブルは避けるに越したことはないですもんね。
根本的な解決も大切だけど、日頃のトラブル回避も大切ということで。
2013/05/28(火) 16:31:10 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。