旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
また1年
<最初に業務連絡>

今年の2月に「ヴィックの犬達カテゴリー」のジョニー・ジャスティスの記事に鍵コメを頂いたLVTさん!
今日、過去記事を見返していてコメント頂いていた事に気がつきました。
すっかり見落としておりました。もう本当に申し訳ありません。
今更ながらですが、お返事アップしております。もしまだ見て下さっていたらご覧下さい。

IMG_3000_20130425104034.jpg
「あ〜あ、おかーさんてホントまぬけ」

はい。ニコの言う通り。私ってそういう間抜けな人間でございます。


さて、ヴィックの犬達の話題に触れたところで・・・。
今日4月25日はあのマイケル・ヴィックの家に立ち入り家宅捜索が行われて、犬達が保護された日です。あれからちょうど6年が経ちました。

IMG_2944_20130420054048.jpg
去年も5年経ちましたって記事を書いて、あれからまた1年」

6年・・・犬にとっては30年分以上の時間に相当しますよね。
もともと多大なストレスと過酷な環境を生き抜いてきた犬達、このところ身体の不調を伝え聞くことが多くなりました。

ヴィックのところから保護された犬達に限らず「神様、動物に試練を与えないでやって下さい」とお願いしたい。
でも今はなんとか罰から逃れているように見えるロクデモナイ人間にもいつか因果は巡ってくると私は信じているぞ。何十年もかかるかもしれないけど、絶対にいつか清算しなくてはいけない時が来るのだ。


IMG_2954_20130420054231.jpg
「おかーさん、それは信仰なのですか?呪いなのですか?」

鋭い質問だね、ニコ。でもこれは信仰でも呪いでもなく真理です。

あ・・・「また1年経った」って感慨に耽っていたのに、なんだか変な方向に行ってしまった。

お口直しにベストフレンズアニマルソサエティがまとめたVicktory Dogsの動画を。




人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner(1)_20130402154636.gif人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/26(金) 02:32:34 | | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/26(金) 03:27:48 | | [ 編集]
たけるっこ
私も、自分の犯した過ちや罪は、巡り巡って必ず返ってくると思って生きてきました。だからロクデモナイ人間が罪を犯したと聞いたら、必ずそれは返ると信じています。

余談ですが、化石ケータイをiPhoneに替えました〜
おまけでiPadミニも付けて頂きまして^_^
Apple様様です。
2013/04/26(金) 06:08:22 | URL | [ 編集]
miniwindi
信仰でも呪いでもなくて、因果応報って真理ですね。
私もそう思います。

私は、我が身を鑑みて好き勝手に生きてきましたから、
偉そうな事は言えないのですけれど
やはり「自分だけ良ければ良い」って考え方は、
結局行き詰まりますね。
ここを乗り越えられないと(改めないと)、人類は滅びると思います。
2013/04/26(金) 07:57:49 | URL | [ 編集]
るーまま
いっぱいの愛情を受けて穏やかな表情の
彼らが見られのはこの上なく嬉しい!!
でもその陰で逝っちゃったたくさんの命を
思うと、やっぱり罰当たりな奴らを呪いたくなります。。
ひとりひとりが学んでゆかなくちゃならないことは
尽きないのですが、 どんなこっとでも
犬たちは受け入れるしか道はないんですもんね。
私たちの責任は重大です。
2013/04/26(金) 20:05:18 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

さりげなくお花まで見て下さってどうもありがとうございます。
その上、カッコいいだなんて〜。
私も実際のところは「呪ってやる〜」って感じの方が強いです(笑

大阪でオサレなお食事のお出かけ!素敵ですね〜。
「カジュアルスマート」ってドレスコードはよくわからんですが(笑
思い切り楽しまれますように!お心遣いもありがとうございます。
2013/04/27(土) 11:42:40 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

なるほどなるほど。お一人の時にカメラで撮影するにはまだちょっとたいへんな状態なんですね。
参考までに、こちらの記事など読んでみられてはいかがでしょうか。
http://www.dogactually.net/blog/2012/04/4-2.html
このdog actuallyの史嶋さんの記事はトレーニングの参考になることがたくさんあると思います。
画面右上の記事検索というウィンドウに「絵と写真で見る訓練」と入れると他のトレーニングもたくさん出て来ますので参考になさってみて下さい。
それからダックスは見た目は愛らしいですが、元々は猟犬ですのでかなりの運動量が必要です。
お散歩中に落ち着きがないとのことですが、運動量が足りているか改めて検討してみて下さいね。
またダックスは猟犬の中でもセントハウンド(セント=匂い)と呼ばれる嗅覚を使って獲物を追いつめるのが仕事の犬達です。
つまり日常生活の中でも嗅覚をしっかり使わせてやることが大切なんですね。
以下のリンクも同じくdog actuallyの過去記事ですが、嗅覚を使ったゲームのやり方です。
http://www.dogactually.net/blog/2012/04/1-7.html
http://www.dogactually.net/blog/2012/05/2-5.html
http://www.dogactually.net/blog/2012/05/post-229.html
特に3番目のリンクは室内でのゲームなので気軽に始められて、雨の日なども重宝します。
嗅覚を使うと脳が良い刺激を受けて、心地よく疲れるようでこのゲームの後はうちの犬達も静かにお昼寝する事が多いようです。

makoさんとラムちゃんが楽しく暮らすのにお役に立てば幸いです。

2013/04/27(土) 12:14:51 | URL | [ 編集]
あが
たけるっこさん

そうですよね〜。そういう巡り合わせって絶対にありますよねっ!!!
短いタームで見ると「なんで?」って思っても最後には絶対帳尻が合うはず。

> おまけでiPadミニも付けて頂きまして^_^
えーっ!すごいすごいー!良かったですねえ。なんと太っ腹な!
いっぱい楽しまれますように〜!
2013/04/27(土) 12:18:44 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん

因果応報って仏教の言葉なので日本でよく耳にしますが
アメリカ人も同じような感じで「カルマだよね」と言うのをよく聞きます。
これも仏教の言葉ですが、アメリカ人の日常生活にもなじんでいる感じです。
だからそういうことって、人間の心になじむんだろうなあと思います。
(例が日本とアメリカだけですが 笑)

miniwindiさんが夢を希望を追求して生きて来られたことは
好き勝手というのとは違うと思います。
でも「自分だけ良ければ」「今さえ良ければ」って最近目に付く気がして
おっしゃる通り人類の未来が気になる感じがしますね。
2013/04/27(土) 12:30:33 | URL | [ 編集]
あが
るーままさん

本当にね。たとえ保護された全ての犬達が幸せになったとしても
それで虐待したりネグレクトした人の罪が消えることはないですしね。
そのしわ寄せが動物に来る事は本当に理不尽だと思うのですが
それを何とかするのも人間の責任と気持ちを引き締めるしかないですね。
2013/04/27(土) 12:32:48 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/28(日) 04:32:10 | | [ 編集]
ぽっぽ
ヴィックの犬達や、テレビの動物番組を観ていて時々思う事があります。
この子達は人間に気付きや、何かメッセージを送るための役割を背負って生まれてきてくれたのではないかと。
動物はただ運命を受け入れ真摯に生きているだけなんですけどね。
時々、人間と動物の不思議な繋がりのようなものを感じます。
2013/04/28(日) 11:36:58 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

お〜早速ゲームやってみられたんですね。
ラムちゃんも楽しんだようで何よりです。
シーザーさんがいつも言う「犬にもチャレンジすることが必要」というやつですね。

脚側歩行などのテクニックに関してはリンクの記事にある通りですが
ちょっとした気持ちの持ち方のコツを。
まず「長くかかりそうだけど、ちょっとずつコツコツと」の気持ちは捨てること。
これは何も焦るとか急ぐとかいうことではないんですよ。
でも「少しずつでも進歩していけばいいよね」って人間の方が思ってると
どうしても「なあなあ」になってしまって進歩が見られないということになりがちなんですね。
(これが長く虐待されてたとかネグレクトされて人間が怖いような犬だったらまた話は別ですけれどね。ラムちゃんの場合は全然そういう例ではないので、ね。)
リンクの記事にあるやり方+「落ち着いた毅然とした態度 byシーザーさん」がポイントです。
そして「私がキリッと決めれば必ずできる」とご自分に言い聞かせてセッションを始めることも大切です。
キリッと決めつつもリラックスして笑顔は忘れずに(難易度高そうですね 笑)
変な言い方だけど「なりきり優秀ドッグトレーナー」の気持ちになってと言うとわかり易いかな(笑
頑張って下さいね〜。落ち着いて安心して散歩できると、犬との暮らしは何倍も楽しくなりますものね。
>
2013/04/28(日) 12:48:39 | URL | [ 編集]
あが
ぽっぽさん

まさにまさに!
ジャスミンの飼い主さんのカタリーナさんがジャスミンのことをそんな風におっしゃっていましたね。
それだけに、余計にどの子も哀しい最期を迎えるようなことはして欲しくないし
メッセージを受け取れず、それを台無しにするような人間は許せないですよね。

>時々、人間と動物の不思議な繋がりのようなものを感じます。
おっしゃることよくわかります。
動物は人間よりも高尚じゃないかと思う事も多々あります。
2013/04/28(日) 12:53:32 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。