旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
家の中にいる「母なる自然」
<はじめに>
昨日ですが、dog actuallyに前回の続きの記事をアップしています。
こちらが2週前の前回の記事
「レスキュー活動におけるビジネス的視点Part2」
これが今回の記事
「レスキュー活動におけるビジネス的視点Part3」
レスキュー活動に携わっていない人は「関係ない」と思われるかもしれませんが
日本のレスキュー活動、ひいては日本のペットを取り巻く環境全てにとって
とても大切なことだと思うので、しつこく何度も書いています。


IMG_2883_20130423084206.jpg
「特に若い人に読んで頂きたいんだって!」

そう、将来レスキュー活動に携わりたいと思っている若い方にぜひ読んで頂きたいです。


*************************************
さて、ここからが今日の本題です。今日はシーザー・ミランカテゴリーですよ。

今日はアースデイです。Earth Day、地球の日ですね。
日本だともう昨日のことになっちゃってるんですが、お許しを(笑)

1970年、アメリカのネルソン上院議員が地球環境のことを考える討論集会を呼びかけ、1990年に世界中で毎年の行事として行われるようになったんだそうです。日本でも各地でいろんなイベントがあったようですね。

シーザーさんがアースデイをテーマにエッセイを書いていたので、本日はその紹介。

IMG_3196.jpg
「毎度おなじみおかーさんがテキトーにまとめてます」

テキトーって、ニコ(笑)ところどころけっこう意訳してます。


この月曜日はアースデイです。元々は地球を守るために環境のことを学ぼうというのがこの日の主旨ですが、創始者である議員氏は「母なる自然」が全ての者の偉大な師であるということには思いが及ばなかったように思えます。

僕が犬や動物のことを教わった最初の先生は祖父だったと常々言っています。そして祖父自身の先生は自然そのものでした。
祖父の教えの根底に常に流れていたのは「母なる自然に耳を傾け、自然に逆らわず、共に働きかけること」というものでした。

もしも南極大陸にバラを植えて育てようとしたら?気候が寒過ぎて無理な話ですね。でも人工的に温室を作ってやれば南極にバラを咲かせることも可能になる。
自然環境が人間にとって快適でなければ、我々は色んな手段でそれを解決してきました。冷房や暖房を使ったり、丈夫な建物を建てたりといったことです。
けれど、その逆のことについては我々はつい忘れがちになります。
人工的に作った環境が我々にとって快適でなくなった時、最初に考えてみるべきことは「我々が見失っている自然からの恵みはなんだろう?どうやったらそれを取り戻すことができるだろう?」ということです。

あなたの犬が困った行動を見せる時、犬は「あなたが見失っているもの」が何なのかをとっくに伝えているはずです。バランスを取り戻すために母なる自然から取り入れるべきものを探り、見つけ出すことはパックリーダーとしてのあなたの仕事です。

僕が一番よく質問を受ける犬の問題行動のひとつは無駄吠えです。理由はいくつもあるけれど、結局はひとつのところに収束します。過度に吠える犬というのは、何か満たされていない部分があるのだということをあなたに伝えようとしているのです。それは退屈から来ているのかもしれないし、エネルギーが有り余っているせいなのかもしれないし、分離不安なのかもしれない。しかし言うまでもなく、犬はあなたにその理由が何なのか言葉で伝える事はできません。

しかし犬達は言葉の代わりに動作で伝えることはできます。犬が発するエネルギーやボディランゲージは、問題が何であるのかを表現する母なる自然のやり方なのです。犬の発するメッセージに耳を傾け、失っているものを補ってやることはあなたの仕事です。
退屈している犬には精神的な刺激を、エネルギーが発散できていないなら運動を、分離不安の犬にはルールと境界をクリアにしてやること。

アースデイのこの日、地球環境を守り支える事を学び、同時にあなたの家庭の中の「母なる自然」について学んでみるのはいかがでしょう。あなたの犬は何を伝えようとしているのか?何か足りないものがあるとしたら、それは何なのか?

安心して下さい。もし足りないものが何もなければ、あなたの犬はそれもちゃんと伝えてくれます。それは落ち着いた従順なエネルギー、行儀のいい振る舞い、そして母なる自然の一部として今を生きる安らかなバランス、といったもので、ね。



IMG_3195.jpg
「あたしはちゃんと伝えてるわよ!」

はい、色々伝えてくれてますね。知ってます。でも時々「なんで?」「どういうこと?」と頭を抱えたりもします。そういう時は「自然に耳を傾ける」気持ちで考えてみろってことですね。

ふーむ、簡単そうに聞こえてたいへん難しいような気がしますが・・・がんばろう・・・。


IMG_2972_20130423084206.jpg
「おかーさんがんばってね!ニコも色々伝えてあげるから!」

んだね、ニコも色々伝えてくれるよね。ちゃんと読み取ってあげられるように修行しないとね。



人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-1_20130423084926.gif人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/23(火) 00:41:21 | | [ 編集]
OLD FRIENDS
あがさんはじめまして!dog actuallyの記事を読ませていただき書き込みをさせていただきました。

私は、シニアやハンディキャップのある犬の保護活動を行いたいため、今現在構想を練っているところで、前回、今回読ませていただきました記事は大変参考になりました。

私の場合は、里親探しが必要な若年犬ではなく、犬生の最終段階に入っているターミナルケアを必要とするシニア犬が対象ですが、ビジネス的視点で視野を広げるとアイデア次第で色々な可能性を追求して行けることがわかりました。

また参考になる記事を沢山紹介して下さいネ!

それから「これ読んでみるとなにかヒントになるかも!?」的な書籍などありましたらご紹介いただけると助かります。
宜しくお願いいたします!
2013/04/23(火) 00:46:12 | URL | [ 編集]
hiko
私にとってはearth dayはゴミ拾いの日、また地球のことを考える日、だけだったんですけど
そっか、こういうふうに考えるともっと身近になります^^/

先日も散歩でであったワンコはレスキュードッグで、そのおうちに来てからまだ1週間たっていなくて表情も硬く、本当に行き場をなくした子どものような顔をしていたのが印象的でした。あんな子が幸せになるような世界にしていかなきゃ!って思います。
2013/04/23(火) 01:17:40 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

えーっ!失礼だなんて全然そんなことないですよ。
しっかりお伝えしましたら、やっぱり喜んでいらっしゃいました。

こちらこそいつも励ましのお言葉ありがとうございます。
そう言って頂けると、おだてられた豚さんになってまた木登りして
張り切って書いちゃいます(笑)
本当に保護された動物を迎えるのが当たり前の世の中になって欲しいですよね。
2013/04/23(火) 23:08:31 | URL | [ 編集]
あが
OLD FRIENDSさん

初めまして!コメントありがとうございます。
シニアやハンディキャップのある犬の保護活動の構想、素敵ですね。
微力ながらもお手伝いができればとても光栄です。

シニアやハンディキャップのある犬となると資金面がより潤沢であることが求められると思います。
日本とアメリカでは寄付の仕組みや考え方なども違うので、同じようにはいかないですが
この本などは参考になる部分もあると思います。
http://www.amazon.co.jp/dp/0974924598/ref=cm_sw_r_tw_dp_qq4Drb19XZASB
Funds to the Rescue101という本で、資金調達方法のハウツーが説明されています。

また、以前にdog actuallyで紹介したことがあるのですが、ハンディキャップのある動物ばかりを保護している施設のサイトも貼っておきますね。
http://www.rollingdogfarm.org/
ブログなどもあるので、参考になる部分もあるかと思います。

それからこれも私がしょっちゅうあちこちで書いているベストフレンズアニマルソサエティ。
ここは老犬やハンディキャップのある犬というわけではないのですが、他のシェルターでは扱いきれないと思われる動物を積極的に引き取っています。
こちらもサイトやブログなど継続して読んでいかれると勉強になるのではないでしょうか。
http://bestfriends.org/

日本ではやはりアニマルレフュージ関西(ARK)さんの運営の仕方は合理的で素晴らしいと思います。
いつか素晴らしい構想が実現する日が来るのを私も楽しみにしています!
2013/04/23(火) 23:23:03 | URL | [ 編集]
あが
hikoさん

ゴミ拾いの日、地球のことを考える日と思われる事自体素晴らしいです!
でも地球=自然=犬って考えると、おっしゃる通りグッと身近ですよね〜。

お散歩で出会ったワンコさん、これからどんどん表情が変わっていくんでしょうね。
そんな状態のコを引き取って下さった事にも感謝ですね。
2013/04/23(火) 23:37:33 | URL | [ 編集]
タピ
う~ん、深いですね。
シンプルな事を実行していくって
かなり難しいですよね(^^;;

シンプルなゆえ、ちょっと違ったりしちゃって…。

でも、やはり人間は自然にふれていないと傲慢になる気がします。
東京に勤務してますが、緑がな〜いびっくりします。
身近にないから考えなくなる気がしています。

私もちっちゃな一歩から頑張ります。そしていつかシーザーさんにあって、心の中で言葉にならない想いを明確にしてくれてありがとうっていいたいなあ。
2013/04/24(水) 02:54:32 | URL | [ 編集]
あが
タピさん

そうなんですよね。
シンプルで簡単そうだけど、ブレずに実行するのは簡単じゃない。

> でも、やはり人間は自然にふれていないと傲慢になる気がします。
あ〜わかります。幸い我が家の辺りは自然がわりと身近にあるのですが
それでも人間本位過ぎないか?と思う事がありますもの。

> 私もちっちゃな一歩から頑張ります。そしていつかシーザーさんにあって、心の中で言葉にならない想いを明確にしてくれてありがとうっていいたいなあ。
私も言いたい(笑
2013/04/24(水) 17:11:38 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。