旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

ミランファンデーションとEl Perrero
昨日アップされたdog actuallyの記事。「犬が子供達に教えること」

イェール大学とノースショアアニマルリーグという有名保護団体、そしてミランファンデーションが軸となってアメリカとカナダで展開しているMutt-i-greesという教育/レスキューカリキュラムのお話です。

本文中でチラッと触れているのですが、ミランファンデーションと言うのはもちろんシーザー・ミラン氏が主催している動物保護基金です。2007年に基金として活動を始め、アニマルシェルターへの援助、避妊去勢処置の大切さの啓蒙活動、動物虐待や飼育放棄を防止するための活動、犬達のリホーミング活動、国境なき獣医師団への支援、そしてdog actuallyの記事にも書いた教育活動など様々な活動を行っています。基金の大きな目標は「犬と人との幸せな社会を築く」というものです。

IMG_1969_20121226163131.jpg
「あ〜シーザーさん有名だから人もお金も集まりやすくなるものね。」

そうそう、その通り。シーザーさんと一緒にドッグウォーキングとか、講演とか様々なイベントで資金を集めたり寄付金を募ったりして、他の団体や活動に振り分けるというわけ。

IMG_2083_20121226163130.jpg
「で、Mutt-i-greesのお話は?」

3年前から、この教育カリキュラムに参加し始めたシーザーさん。彼にとって、このカリキュラムは大きな意味があるそうです。

dog actuallyの本文中にも書きましたが、犬のことを学び犬と触れ合うことで学校内でのいじめが減ったということ。シーザーさん自身が子供の頃はいじめられる側だったので、犬を通していじめを無くしていけるということが彼にとって本当に誇らしく喜ばしいことなんですね。

El Perrero=Dog Boyというあだ名で呼ばれていたシーザー少年。けっして褒め言葉ではありません。その逆。
犬みたいにクサくて、ノミやダニがついているという嘲笑の言葉だったんですね。
貧しい家庭の出身で、背も低く、その上いつも犬と一緒にいて他の子達と違っていた。シーザー少年はいじめっ子達の格好のターゲットだったわけです。

IMG_2772.jpg
「小さいからとか、皆と違うからとかっていじめる子は、自分に自信がないのよね。」

うん、自分というものをきちんと持ってれば、自分と違う外見や価値観のものを見たって「ああ、あの子はあの子でああいう風なんだ。」って納得して終わりだもんね。いじめに走るのは弱さの裏返し。

でもシーザー少年は「大人になったら世界一のドッグトレーナーになる」というしっかりした夢を持っていたし、子供ながらに犬の扱いにかけてはしっかりと自信を持っていたから、いじめられてもあまり苦にすることなく日々を送る事ができました。

それだけに昨今のいじめが原因で自らの命を絶ってしまう子供のニュースを見聞きする度にたいへん心を痛めてもいます。ですから教育カリキュラムに参加することで直接子供達に関わっていくことにとても積極的。
シーザーさん自ら学校に出向いて、子供達にデモンストレーションを見せることもあるんですって。もちろんピットブルのジュニアをお供にして。あ〜羨ましい。私が親だったら学校に押し掛けてるわ(笑

IMG_2815_20121226163127.jpg
「おかーさんのひとり言はおいといても、ラッキーな子供達だね。」

だよね〜。そんなラッキーな子の一人、マシュー・ドミンゴス君という13歳の少年がシーザーさんに語った言葉が素敵だったんですよ。ちょっとぽっちゃりした感じのマシュー君、小学生の頃からずっといじめられて来たそうです。でも彼は4匹の犬と暮らしていて、シーザーさんの番組を見て犬達とのつき合い方を学び、それがマシュー君に大きな自信をつけました。そして将来の夢を描くこともできるようになり、彼は自分の力でいじめを克服することができました。
「僕の夢は、どんな困難にあっても人と犬を助ける立ち場の人間になることだ。
何かうまく行かないことがあるからってだけで自分の人生を台無しにするなんてことしちゃいけないって僕は学んだからね。
実際ね、人生なんて誰にとっても簡単に進んでいくものじゃないんだよ。」

IMG_1971_20121204134817.jpg
「大人ね〜。かっこいいわね〜。」

うん。まさに犬が彼にいろんなことを教えて、精神的に成長させてくれたんだよね。
犬って素晴らしい、とまたいつものように思ったのでした。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-2_20121204135824.gif人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/26(水) 01:18:11 | | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/12/26(水) 01:56:45 | | [ 編集]
アロハ
まぁ、大人な考え!
ほんと、これも犬の力ですね。素敵ですね!その学校いいなーシーザーさんがきてくれるなんて!親やなくても見学行きたいぐらいですね笑。学校でこのようなお勉強は絶対必要だと思います!なにがオリにいれたうさぎ鶏を見て何が命の大切さだ!!もっと教え方を考えてほしいです。あー、シーザーさんの日本人バージョンいないかしら。心強いのに。

と、勝手に言わせて頂きました。気にしないでください。
とてもいいお話ありがとうございました。
2012/12/26(水) 17:04:26 | URL | [ 編集]
ゆり
私も間違いなく押し掛けています(笑) 日本も増えたらいいけどすぐアレルギーの問題とか保護者からのうんぬんとかでまだまだ難しいでしょうね。
動物を大事に出来ない子は人間も大事に出来ない、人間を大事に出来ない子は動物も大事に出来ないと私は考えます。苦手は当然あるからみながみな好きになってほしいと言えないけれど・・・人間を作るのにこれほど素晴らしい先生、教科書、教材はないと思う。
2012/12/26(水) 21:00:58 | URL | [ 編集]
クッキー
マシュー・ドミンゴス君がシーザーさんの番組を見て自信を付けて将来の夢を描けるようになっただなんて、本当に嬉しい話ですよね!

you tubeでシーザーさんの動画見ますが、英語が聞き取りやすいんです。わからないなりにジェスチャーの助けもあって笑えたりします。彼と同じ時代に生まれてよかった!犬にとっても人にとってもヒーローですね彼は。
国境越えて来てくれよかったぁ~!同じ時代に生まれてよかったぁ~!
2012/12/26(水) 21:46:05 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

シーザーさんの基金やノースショアアニマルリーグの基金は規模も大きく資金力もあるので、活動の範囲もとても広いですね。
そして他の団体と協力しあったり援助をしたりという所がまた嬉しいなと思います。
マシュー君、自分が辛い思いをしてきただけに人の痛みもわかるのでしょうね。
教育というのはこうあって欲しいなと心から思わされました。
2012/12/27(木) 00:12:21 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん2

実は私も読んだり書いたりしながら涙ぐみそうになりました。
お子さん方に生き物を通じて大切なことを教えたいとおっしゃるお母さんですから
多分もうお子さん達は言葉ではなくてもちゃんと感じ取っていると思います。
素敵なお母さんだなあと嬉しくなりました。
シーザーさんの授業、羨ましいですよね〜(笑
2012/12/27(木) 00:15:44 | URL | [ 編集]
あが
アロハさん

本当にねえ、こういう教育を日本でも取入れてほしいですよねえ。
シーザーさんのように頑張っている素敵な方は日本にもいるんですよ。
そういうネットワークを広げる術を考えていかないといけないですね。
2012/12/27(木) 00:18:01 | URL | [ 編集]
あが
ゆりさん

ねえ、押し掛けちゃいますよね〜(笑
あ〜そうか。アレルギーとか安全性とか色々いわれるんですね。
でも必ずしも犬がそこにいなくても、お話を聞いたりビデオを見たりするだけでも
子供達に伝わることはあると思うので、色々考えて行きたいですね。

> 動物を大事に出来ない子は人間も大事に出来ない、人間を大事に出来ない子は動物も大事に出来ないと私は考えます。苦手は当然あるからみながみな好きになってほしいと言えないけれど・・・
大いに同意いたします。
苦手でもいいし、好きにならなくてもいい。でも他者の痛みがわかれば虐めたり捨てたりということはできないはずですもんね。
2012/12/27(木) 00:21:29 | URL | [ 編集]
あが
クッキーさん

あちらにもコメント頂いてありがとうございます。
> マシュー・ドミンゴス君がシーザーさんの番組を見て自信を付けて将来の夢を描けるようになっただなんて、本当に嬉しい話ですよね!
私も自分のことのように嬉しかったです!

シーザーさんは表情や声からも人柄が伝わって来ますよね。
本当に国境を越えて来て下さったことに感謝です。
2012/12/27(木) 00:23:02 | URL | [ 編集]
タピ
なんだか心暖まります。
私も学校に勝手に押しかけますよん。いいなあ( ´ ▽ ` )ノ

命の大切さを教えるってこーゆーことよね!とうなづいてしまいました。なかなか日本だと実現が難しいのかなあ?残念ながら。
しつけに関しては、まだまだ行き渡らない感じがします。
私個人では何ができるかわからないけど、いろいろ模索したいなあとシーザーさんに出会って強く思いました。
あがさん、いつもありがとうございます!

あがさんファミリーも、面白く明るく大好きですわ~( ´ ▽ ` )ノ
特に旦那さま、いけてます(`_´)ゞ
2012/12/27(木) 17:14:17 | URL | [ 編集]
あが
タピさん

ふふふ、ここにも「押しかけちゃう派」がお一人♪

> 命の大切さを教えるってこーゆーことよね!とうなづいてしまいました。なかなか日本だと実現が難しいのかなあ?残念ながら。
でも「日本でもぜひ」という声もたくさん頂いたので、気持ちのある方はたくさんいると思うのです。
最初は小さな規模でも、皆さんが何かを始めるきっかけになればいいなあと思います。

> 私個人では何ができるかわからないけど、いろいろ模索したいなあとシーザーさんに出会って強く思いました。
> あがさん、いつもありがとうございます!
こちらこそありがとうございます。まずは身近な方にお話したり、SNSを使って情報を広めたりというところからはいかがでしょう?
インターネットのおかげでそういうことが気軽にできるようになったのは有り難いですよね。

> 特に旦那さま、いけてます(`_´)ゞ
えっ!?・・・・・あ、ありがとうございます。ははははは。
2012/12/27(木) 23:02:08 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.