旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
飼いやすい犬種って何だ?
恒例、カボチャクイズを実施中。ご参加はこちら↓

ハのつくアレのカボチャクイズだよーっ!

今のところヒントは2つ。
このカボチャは肉厚です。

去年のカボチャよりも重いです。
*****************************************

さて、本日の記事。タイトルを見てピンと来られた方もいらっしゃるかもしれません。

うちみたいな小地味なブログじゃない超人気ブログの「サモエドクローカのお気楽日記」
でブログ主のこじこじさんが書かれた「サモエドは飼いやすいか?」という素晴らしい記事と、それを受けて「羊の国のラブラドール絵日記シニア」のゆうさんが書かれた「ラブラドールは飼いやすいか?」にインスパイアされて書いてみました。

IMG_1620.jpg
「ミニピンは飼いやすいかって書くの?あたしは素直で可愛くて誰とでも仲良く暮らせるわよ。」

ウソです。大ウソです。どこがどうウソかは語り尽くせないので省略します。

「○○は飼いやすいか?」と言っても、うちのニコは雑種だし、ミニピンについてだけ書くのもなんだか物足りない。そこでよく言われる「飼いやすい犬種」「初心者向けの犬種」ってなんだ?ってお題にしてみました。

いきなり結論から言いますと・・・・・

「そんなものはない」・・・と私は思います。

IMG_2572.jpg
「いきなり身も蓋もない・・・。」「うちのおかーさんだからね。」

だってどんな犬だって「簡単に飼えるんだ〜」って勉強もせず手間もかけずにいると、手に負えない犬になってしまうのが常だもの。生き物はスマホやデジカメと違ってマニュアル通りには行かないことばかりなんだから。

裏を返せば、腹を括って覚悟を決めて手間暇かけて犬を迎え、それをずっと実行していく人なら犬種にかかわらず「飼いやすい犬」と暮らすことができるってことじゃないかな。
そういう人にとっては「飼いやすい」って言葉は全く適切じゃなくて、犬は家族であり相棒であり親友であるんだと思うけれどね。


じゃ、犬達といっしょにちょっと色々考えてみましょうか。「続きを読む」からね。



人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner_20121011150104.gif
小さいから簡単に飼えるだろうと思われがちなチワワ。
IMG_9992.jpg
「小さいチワワだって毎日散歩に行って運動したいし、体が小さい分怪我もしやすいし、歯磨きなんかもたいへんなんだから。ちゃんと覚悟して家族に迎えてよね。」

他に小さい犬と言えばトイプードルやミニチュアダックスフントは元来は猟犬種。それなりの運動量を確保してやらないといけないし、ダックスなんかは吠えて獲物を追いつめるのが仕事だったのですから吠えて当たり前。そういうことも知っておかないとね。


賢い犬の代表みたいに言われがちなジャーマンシェパード。
IMG_1310.jpg
「だからって家に連れて帰って来ていきなり人間の思い通りに動いたりするわけないのよ。私達はいつも働いていたいし、仕事がないとストレスが溜まる。そうなったら力が強い分人間なんか敵わないんだから。私達がしっかり満足できるだけの仕事と規律を与えてくれる人じゃないとダメよ。」

ラブラドールなんかも「何の訓練もしなくても盲導犬並みに賢い」と思っている人も時々いるそうですが、それこそ「そんな犬はいない!」ですからね(笑)


賢いと言えば、ボーダーコリーやオーストラリアンシェパードなどの牧羊犬もよくその名があがりますが・・・。
IMG_5671_20121015143252.jpg
「牧羊犬って羊を追いかけて集める犬なんだよ。本来どれくらい運動するかそれでわかるよね?それだけの運動をさせてくれるお家に行かないと、僕たちも家族の人も幸せになれないんだよ。」

猟犬種や牧羊犬種に十分な運動をさせないで「この犬種は太りやすい」って本末転倒なことを言われてしまうのも犬達にとっては迷惑な話です。


じゃあ、たまに聞く「雑種は純血種よりも体が丈夫で飼いやすい」っていうのは?
確かにそういう傾向はあるかもしれない。でもそれはあくまで健康面だけのことだし「雑種は病気にならない」ってことでないのは言うまでもないこと。そして気質や運動量の傾向が推測しにくい分、よりいっそう「個」としての犬と向かい合うことが求められる。


「わたしは和犬タイプ。ニコちゃんみたいにやたら愛想振りまいたりはしないけど、家族のことをよーく観察して忠実なの。だからわたしのこともよーく観察して微妙な表情を読み取って欲しい。」


IMG_2497.jpg
「ニコは多分ドーベルマン系だから、おとーさんやおかーさんの言うことをよく聞きます。でも運動はしっかりしないと機嫌が悪くなります。あと何か痩せた犬の血が入ってるらしいので、しっかりごはんを食べないとドンドン痩せていきます。」


犬種のエネルギーレベル、気質や体質の傾向をしっかり把握した上で、さらに個々の犬としっかり向き合って自分のエネルギーレベルと合っているか、ライフスタイルに無理はないかを見極め、犬のニーズを満たしてやることができるなら、それはその人にとっての飼いやすい犬なのではないでしょうか。

ただし「飼いやすい犬種」「初心者向けの犬種」なんてものは無いと思う私ですが「飼いにくい犬種」「初心者は手を出しちゃいかん犬種」というのはあると思っています。

例えばアフガンハウンドやサルーキに代表されるサイトハウンド。彼らは古来、野に放たれて自分で狩りをしてくるように育てられた猟犬です。合図や命令に従うよりも自分の判断が優先するということ。そしてそのスピードを満足させられるだけの運動量。初めて犬を飼う人には全く向かないタイプです。

それからテリア系の犬達。彼らもまた独立心旺盛なタイプの犬達です。多くの小型のテリアはネズミ捕りの目的で改良された犬達。つまりサイトハウンドと同じく自分で判断して狩りを行って来た犬達です。シュナウザーやミニピンも同じ系統ですね。小さくて可愛らしい容姿と裏腹に一筋縄ではいかないタイプが多いのがテリア達。
その最たる者はジャックラッセルテリア。肉食獣であるキツネを狩るために改良された犬なので、アゴの力、筋力、体力、気の強さ、どれもピカイチ。

そしてシーザーさんが言う所の「パワフルな犬種達」私が深く愛するピットブルもそうですね。ピットブルへの偏見を持たないで欲しいと書き続けている私ですが、それだけに知識と覚悟と体力のある人に迎えてもらいたいなと思うのです。小型犬だって飼い主次第でモンスターにもなりますが、パワフルな犬種は飼い主が制御できないと取り返しのつかないことにもなり兼ねませんから。

先日「ピットブル認知月間」の記事にコメントを下さったまほさんが連載していらっしゃるコラムで「ピットブルの魅力」(クリック!)について語っていらっしゃいます。
私などよりもずっと深く、実際の体験に基づいたお話を読んで頂けますのでぜひご一読を。


IMG_1639_20121015143250.jpg
「長々と書いたけど、結局のところおかーさんが言いたいのは・・・。」


覚悟を決めて、しっかり勉強して、犬のニーズを満たしてやること。
命ある者を迎えて一緒に暮らすってそういうことじゃないかなってことです。
スポンサーサイト

満月
こんにちわ!
まったくその通りですねぇ。
飼いやすい犬種なんていませんよね。

私もよく聞かれます。
「飼いやすい犬種はなに?」って聞かれると大人げなくイラっとして
「飼いやすい犬種って言ってる時点で無理だと思うよ。アイボとかでいいんじゃない?」って言ってしまいます(苦笑)
でも
「我が家に合った子ってどんな子?」って聞いてくれれば
力になるんですけどね~
この違い分からない人が多いです。
2012/10/15(月) 01:04:59 | URL | [ 編集]
MIRA
本当に、その通りですね。
よく考えてみれば(考えなくてもですが)『飼いやすい』の意味が良くわかりませんね。
ワタシはただの犬好きなだけで、今のデルガレを迎えるときも、
勉強して自分にあった犬を探すということさえ知らなかった人ですが、
この子を一生面倒見られるか?という自問はしました。
ただそれだけ。これからは違いますが。
先日テレビで、シュナウザーがとっても飼いやすいです!
とペットショップの方がおっしゃってました。
非常に違和感のある言葉だったんですが、この記事を読んでスッキリしました。
ワタシが感じたのはこういうことだったんだなーと。
デルガレの前にいた子は、アフガンだったのですが、
犬の知識なんて微塵もなかった我が家に来てしまったけど、
まさに奇跡的な子でした。
初めて犬を飼うには向かない子が来たんで!(笑)
更に長くなりそうなんで、やめときまーす(^^;)
失礼しましたー
2012/10/15(月) 01:45:45 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/15(月) 02:31:09 | | [ 編集]
ベックマン
犬種云々の前に、「犬」って生き物がどういう生き物であるのかを知る+理解する・・・のが一番最初で一番大事。
知って、理解した上でそれでもなお一緒に暮らしたいと思ったら、次はどういうタイプがその家庭に会うのかな?って考えて行ってくれればいいなぁ。

これを全部すっとばして、見た目だとか、名前だとかだけで犬を「買って」しまわれるのが一番ダメね。
と・・・思う今日この頃。
2012/10/15(月) 03:12:37 | URL | [ 編集]
みちろん
飼いやすさを、性別や大きさで考える人もいますよね。
犬を飼う前の私がそうでした。

15年近く犬の飼い主をやってきて
満月さんのおっしゃっているように
「その家庭にあった犬」というのが少し分ってきました。

そして「犬を飼うことに合った家庭」ということも考えます。息子二人は独立、夫婦とも50歳代の私と夫。
高齢になり認知症状が出現したロンの世話を夫と二人でしていますが、ちょっと大変。今6歳のポチが14歳になっても世話はできるとは思うけど、その次は・・・う~ん。
犬を『飼わない』という選択も、犬を選ぶ時の選択の中のひとつのように思います。


2012/10/15(月) 03:56:55 | URL | [ 編集]
みちろん
ちょっと時間をおいて気がつきました。
犬を飼おうと思っている方たちの記事なのに
否定的なことを書いてしまってごめんなさい。
考えてみれば、自分達が高齢ならその状態にあった
犬がいるはずですよね。

あがさん、そしてあがさんのブログを読んでいる方へ
もし、私のコメントを読んでお気にさわってしまった方がいらしたらどうかお許しください。


2012/10/15(月) 04:32:32 | URL | [ 編集]
ちーとまる
ほんとほんと!犬種って基本的なところ(大きさ、運動量、遺伝の病気など)は知っていて役に立つことだと思うけど、同じ犬種でも性格がま~ったく違うこともあるし、体質もま~ったく違うことだってある。うちだってドラとガルがそうだし。だから、犬種だけで決めるっていうのはやっぱり良くないですよね~。
チワワは散歩がいらないしお留守番も上手です、ってよく聞く言葉だけど、ガルなんかは一日4回のご飯をあげないと吐いちゃうめんどくさい体質。
だからもしお留守番が上手だとしても、お昼ご飯も夜食もちゃんとあげられるおうちで暮らさないとダメ。
こういうのを考えると、話しはちょっとずれますが、シェルターにいる里親募集の成犬を飼うというのが一番良いと思うんです。仔犬からだと、どういう体質かとか性格かわからないことが多いでしょうから。

そういえば、たまに散歩であうラブラドールとおじいさんがいるんですが。
その子、攻撃的なのか、ただ遊びたくて暴れてるだけなのか、よその犬とすれ違うたびにぐいぐいおじいさんを引っ張って吠えて大変そうなんです。
大きな通りを歩いているときも。
飼い主は既におじいさんだし、今後どうするんだろう・・・・と心配しています。。
事故にあったりしなければいいけど。
2012/10/15(月) 05:24:17 | URL | [ 編集]
かおちゃん
私はノーブルを迎える時、一目惚れで迎えました(^^;
ブリーダーから犬を迎えるなんてことも考えませんでした。
ペットショップの段ボール箱の中でブルブル震えてる手のひらサイズ(1か月半)の黒犬が可哀想で「この子、このままだと死んじゃうかも・・」と思い、連れて帰りたいのを一晩だけ考える時間をとり、この犬種は何か、どんな犬か、一生この子の面倒をみられるか、今のマンションで大丈夫かなどを考え、次の日の夜に引き取りに行きました。
それから数か月してから心臓病が発覚しましたが、もう手放す意思はなかったです。
ノーブル既に我が子でした。
ミニピンは愛くるしくて手放せません(^^)

ただ、犬初心者の人が飼う犬種ではなかったかもしれないですね(^^; 
私的にはミニピンの躾の大変さより、一緒に何かをする楽しさの方が上で、飼い主に忠実、何より何に対しても一生懸命で、楽しそうで、一緒に運動もできる!今はミニピンでよかったな~と思いますねけど♪

犬と共に生活をするって楽しいですが、それが出来なくなった場合、私はみちろんさんと同じ考えで、犬を飼わないという選択肢もあると思います。
高齢で自分では世話をしきれなくなり、手放さなきゃならなくなる。その状態になった時、自分で里親を探すのも出来ないような気がします。
何倍も寂しい思いをするのは犬の方だと思うのです。
犬にも気持ちがあるから。。
長文失礼しました!
2012/10/15(月) 06:51:23 | URL | [ 編集]
さゆま
私も思います。
飼う方の(一家)の家族構成や住まい、ライフスタイルそしてエネルギー等々、、シーザーさんが一般的に自分のエネルギー低めの犬を選びましょう。番組で言ってるのを聞いて首を必死に縦に振って同調しておりました。

私は今の子を選んだとき、住まいがマンションで単身なので小型犬でグルーミングなどのお世話の容易なスムースを考えました。でも、エネルギーは、私より高い子でした。あまりの活発さに実は毎日ヘトヘトですのよ(笑)

でも、気持ちが鬱ぎ気味だった私を引っ張り出してくれ出来るだけの人とのコミュニケーションの場に連れ出してくれました。と、考えると気分が楽です。もしかしたら私のエネルギーをあげてくれたのかもしれません。結果的には私に合っていたのね。

でも、もし、次新しく犬を迎える機会が出来たならば、間違いなくエネルギーやその時の年齢やライフスタイルに沿った犬を選ぶでしょう。ただ、今のところ予定はありません。

かつて、Bijouの遊び相手に。と、もう1匹探候補まで見つけたとこまでいきましたが、一人で活発な2匹のミニピンさんを見る体力面や経済面など考えた末に…諦めました(チョット寂しかったけど)。

探しているときは気持ちが高まるものす。でも一度冷静になって今おかれている現実も見るべきです。その結果迎えられない結論に至っても。それは選択肢のひとつで全然構わないと私は思うのです。


2012/10/15(月) 07:23:10 | URL | [ 編集]
ユキエ
15年前、犬を飼おうとしたときは、転勤・やんちゃな人間の息子・アウトドア等々我が家のライフスタイルに合った犬種はと考えてコーギーを選び、ウチにはピッタリでした。
ローラを迎えたときは、ペットロスの中で犬に恩返しをしたいと、どんな子でもと思いながら、たくさんいた犬の中からローラを連れて帰ってきたのは、一目惚れもありますが心の中では選んで連れてきたんだろうなぁと思っています。
そうでなければ、一番最初に見た犬を連れてきたはずですから。

人生の最後まで犬といたいと思いますが、次に犬を迎えるかもしれないときには、老犬か迎えないという選択になると思っています。

最近では、飼育放棄されたコーギーをよく見かけ、難しい犬種扱いされていて悲しいです。

2012/10/15(月) 13:40:25 | URL | [ 編集]
アロハ
そうだそうだ!もう、その通り!しつけやすいとか、飼いやすいとか、散歩いかなくていい犬種とか、もーばかみたいな話ですよね!ペットショップのやつも、そこまでしっかり説明して本気で向き合って売れや!!って思います!てかペットショップなんてなくなればいいのに。
あがさんのブログ、全国放送で訴えたい内容ばかりです!もしくわ学校の授業にいれてほしい!笑
子供にしっかりしっててほしいですね!
2012/10/15(月) 17:01:51 | URL | [ 編集]
Baby Buffalo
今日も「そうだよね~」とつぶやきながら拝読しました。

ペットショップで売られているのと同じくらいの数の犬達が(猫も)
里親探しのサイトに毎日情報掲載されているような気がします。
いろいろやむを得ない事情がある方もいるかもしれませんが
そもそも犬を飼う前に考えなかったのかな、と。

かわいいだけじゃ犬は飼えないですよね。
飼い主が責任を持って、犬がハッピーな生活を送れるように
しつけと十分な運動をして飼うべきだと思います。
動物を飼う前に、飼い主さん向けにそういった指導が
きちんと義務付けられればいいのに。

私もできれば犬と一緒の暮らしをしたいのですが
今の生活状況では犬が幸せに暮らせないので諦めています。
は~・・・早くアムスタフィー・ニッキーの元へ行きたい。
あ、「彼の元へ」って言わないとダメかな(笑)。
2012/10/15(月) 17:05:37 | URL | [ 編集]
ゆり
「ちょっと裏話的な…」でコメントさせていただきましたゆりと申します。
飼いやすい犬種……そんな犬はいませんし、飼いやすさを求めるなら迎えるべきではないと思います。いや、絶~っ対迎えるな!です。
ご近所の高齢の女性のお宅に「娘が飼えなくなったからと私のところに連れて来た」と犬がいます。最初はダックス、次はトイプー……そういうことでしょう。トイプーは「子ども(孫)がほしい」と言ったそうです。
何も考えず、かわいいから流行りだからと迎えた末 飼いきれず高齢の母親へ。おばあちゃんは愛情を持って一緒におられるから良かったものの……
動物はブランドものでも宝石でもないですよね?
話しが逸れてすみません。

犬は家族、パートナー、人間を色んな意味で守って助けてくれる存在なはずなのにね。だからこそ、飼いやすさではなく、こうしてああしてとかその子のことを考え自分がその子(犬種)に合わせるべきだと。
……人間側が選ぶ資格はないと思うけど。
2012/10/15(月) 18:26:03 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/15(月) 23:59:44 | | [ 編集]
あが
皆さんたくさんの素敵なコメントありがとうございます。

本文中に書こうかなどうしようかな、と思ったのですが
「犬と暮らしたい」という出発点から色々と考えて検討して
「諦める」という選択肢は絶対にあるべきなのです。
犬の幸せを真剣に考える人であれば尚のこと。
諦める強さ、それは時に素晴らしいものであると思います。
だから、みちろんさん。気にさわるだなんてとんでもない!
むしろ素敵なコメントに心からお礼申し上げたい気持ちです。

個別のお返事、少しお待ち下さいね。
2012/10/16(火) 00:05:37 | URL | [ 編集]
miniwindi
ホント、そうですよねぇ。
いっつも思いますけれど、
相手は生き物なんだから
そこのところ真剣に考えてやって下さいよ。

命を預かるんだぞって覚悟をした上で

万人に共通の「飼いやすい犬種」なんてないので
自分や家族のライフスタイルに合う、
エネルギーレベルの合う犬を選ぶように
お勧めしたいです。

体力的な事も経済的な事も考慮しないと
いけないですから、私も当然
「飼わないでおこう」って選択も
有りだと思います。
2012/10/16(火) 01:47:07 | URL | [ 編集]
はたはた
どんなに学んで飼ったとしても、
こんなはずじゃなかったって思うし、
人間の勝手な欲や希望にあてはまるのなんて
ないですよね。

もちろん、飼い主と家族のエネルギーレベルや
状況に合った犬種、性格の子がいいに決まってます。

でも、ひとめぼれや出会ってしまったとか、拾ったとか
縁があった子なら、その出会いを大切に、
そこからちゃんと向き合って、最後まで
家族でいてって思いますのです!
2012/10/16(火) 02:15:50 | URL | [ 編集]
サラロン
ザッシュ代表にサラを載せてくれて
ありがとうございます
ザッシュ一族の極みでございます(笑)

じゃなくて~
犬種の特徴を理解した上で、個性も見極めて、、
教科書通りの犬なんて、どこにもいないですものね!

あと最初は何も知らなくても
出会ってから学べることもたくさんあると思います
私はこっちのタイプかな?
行きあたりばったりで犬に出会い
その都度、問題に出くわし(汗)
すったーもんだーしながら
知識と体験と、愛が増えていく感じ?(笑)

犬を諦めない(捨てないという意)ためにも
犬種の特徴を考慮することはとても大切だと思います
そしてあとは出会いの神様にまかせる、、と♪

多くの人が、多くの犬と出会い、、
教科書を超える実経験を重ねていってもらいたいです
2012/10/16(火) 05:48:35 | URL | [ 編集]
アロハ
度々すいません。

私もみちろんさんの、諦める!の選択肢にとても強く共感します!!現に保健所には飼い主の持ち込みというバカな事が起こってます!こんなことに繋がってくるのですから、みちろんさんは何も間違ってない、謝ることも全くないあって当たり前の選択肢だと私も思っております!!命を迎えるとは、それぐらい大きなことだと思ってます!
すいません、失礼しました。苦笑
2012/10/16(火) 17:43:01 | URL | [ 編集]
るーまま
これは永久保存版にしてより多くの人にみてほしいなあ。。
はじめに犬を飼われる方のほとんどは、あとから『あらあら...」と
いろんな問題にぶちあたり とまどい、そのつど学びながら
飼い主としての自信や,喜びを手に入れてゆくんですね!
それはきっと終わりのない試みになるだろうし、
犬をどれだけ愛し、理解してゆけるのか〜
責任も重大なんだけど、
それぞれ個性の異なったわんちゃんがわんさかいて、
じぶん家へ来た仔の事をいっぱい知って、
へっとへとになりながら育てる..でも
苦労の何倍もの充実があること、
思っただけでもワクワクしますもんね〜♪
2012/10/16(火) 21:30:03 | URL | [ 編集]
あが
満月さん

お気持ちとーってもよくわかります。
「我が家に合った子」なら力になりたいですよね(笑
アイボ、残念ながらもう無くなっちゃいましたもんね〜。
あれは生き物を飼えない人のペットとしてすごく優秀だったと思うのに。
SONYさん、また考え直してくれないかしら。
2012/10/16(火) 23:15:33 | URL | [ 編集]
あが
MIRAさん

ホント「飼いやすい」って意味わからないですよね。
グルーミングの手間がかからないとか言うならまだわかるけど。

MIRAさんの先代犬のアスカさんが奇跡的というのは、アスカさんはMIRAさんのお家に来るべきして来たからじゃないでしょうか。
そして迎える方もちゃんと覚悟と心構えができていたから。
デルガレちゃんの場合も同じだと思います。幸せな出会いですよね。

シュナウザーが飼いやすいって・・・ねえ(笑
確かに可愛らしいけれど、シュナも一筋縄ではいかない子が多いのに。
テレビでそう言う情報が流れるって本当に罪深いです。
2012/10/16(火) 23:20:14 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん1

いや〜、そんな風に思って頂いてたなんて照れくさい(笑
うちのランタナは1年の4分の3は開花しています。
でももうそろそろ終わりかな。そう思うとちょっと寂しいですね。
2012/10/16(火) 23:24:12 | URL | [ 編集]
あが
ベックマンさん

ですよね〜。おっしゃる通りその通り!
その辺のことをね、ちょっと掘り下げて書こうかと思っておるところですよ。

> これを全部すっとばして、見た目だとか、名前だとかだけで犬を「買って」しまわれるのが一番ダメね。
でも全部すっとばされてる例の多いことと言ったら。何とかしないとね。
2012/10/16(火) 23:35:13 | URL | [ 編集]
あが
みちろんさん

性別や大きさで考える・・・私もそうでした。
でもそれは、犬の快適さのためでもあるし考慮すべき点だと思います。
マンション住まいでグレートデーンとか、無茶ですもんね(笑

> そして「犬を飼うことに合った家庭」ということも考えます。
そう、その視点が欠けている人が多くて悲劇になるんですよね。

>犬を『飼わない』という選択も、犬を選ぶ時の選択の中のひとつのように思います。
まさにその通りだと思います。本当に犬を愛してるからこそ「飼わない」選択をするというのはとても有りですよね。
ある保護団体さんは高齢の方のみのご家庭は里親としてはお断りしているけれど、預かりボランティアをお願いすることはあるそうです。犬と人がお互いに助け合えるこの仕組み、もっと広まればいいのになと思います。
2012/10/16(火) 23:42:01 | URL | [ 編集]
あが
ちーとまるさん

知っていて役に立つということと、実際の生活のなかでわかっていくことはまた別ですもんね。
ホントにドラちゃんとガル君なんて全然違う犬種みたいですもんね〜。
初めて犬と暮らす人には、成犬から飼うのすごく良いのにね。
子犬からじゃないと懐かないなんてこと全然なくて皆かわいいのにね。

ラブラドールとご高齢の方の組み合わせたいへんですね。
多分運動が全然足りてなくて欲求不満なんでしょうね。
元々攻撃的でなくても、そういう状態では攻撃的になってしまうこともあるし
すごく危険ですよね。気の毒だけどあまり近寄らないようにね。
ドラガルちゃん達に何かあるとたいへんだから。
2012/10/16(火) 23:47:08 | URL | [ 編集]
あが
かおちゃんさん

ノーブル君、持病があったんですね。
でもかおちゃんさんのお家に来ることができてラッキーでしたね。
ノーブル君の性格、なんとなくミニピンっぽくない感じ(笑
かおちゃんさんもラッキーだったと思います。


> 高齢で自分では世話をしきれなくなり、手放さなきゃならなくなる。その状態になった時、自分で里親を探すのも出来ないような気がします。
> 何倍も寂しい思いをするのは犬の方だと思うのです。
そうですよね。長年一緒に暮らした飼い主に見捨てられるような気持ちになるだろうし
そういうこともあるから、暮らし始める時に自分の年齢を見越しておかないといけないですよね。
2012/10/16(火) 23:50:14 | URL | [ 編集]
あが
さゆまさん

そうそう、エネルギーレベルが合うっていうのはとても大切。
低めと言うよりも、レベルがマッチする犬ですね。

Bijou君がさゆまさんのエネルギーレベルを引き上げてくれたって素敵ですね。
そうやって自分を変えることの出来る人だと犬も人も幸せになれますね。

> でも、もし、次新しく犬を迎える機会が出来たならば、間違いなくエネルギーやその時の年齢やライフスタイルに沿った犬を選ぶでしょう。
私は年取ったら猫と暮らしたいなあと思ってるんですけれどね(笑

> 探しているときは気持ちが高まるものす。でも一度冷静になって今おかれている現実も見るべきです。その結果迎えられない結論に至っても。それは選択肢のひとつで全然構わないと私は思うのです。
そうそうそうそう!首ブンブン振ってうなずきますよ。
そういう選択ができるというのは犬への愛故ですよね。
2012/10/16(火) 23:55:45 | URL | [ 編集]
あが
ユキエさん

コーギーのぺろちゃん、しっかり考えた末にピッタリのお家に迎えられて幸せでしたね。
コーギーはあの小さい体で牛を追ったりする犬ですから、生半可な気持ちで飼うと「難しい」という結論になってしまいますよね。
悪いのは犬じゃなくて人間の方なのねえ。
ローラちゃんは赤い糸がしっかりとユキエさんのお家につながっていたんですね。
心の中で何かがカチッと合う感じってありますもんね。
うちもニコもニヤもそういう感じでした。
2012/10/17(水) 00:00:53 | URL | [ 編集]
あが
アロハさん

散歩行かなくていい犬種とか言われたら、その場でケンカしちゃいますよ、私(笑

> あがさんのブログ、全国放送で訴えたい内容ばかりです!もしくわ学校の授業にいれてほしい!笑
> 子供にしっかりしっててほしいですね!
そうなんですよ。子供には特に知って欲しいですね。
学校でこういう授業があればいいのにね。
2012/10/17(水) 00:04:19 | URL | [ 編集]
あが
Baby Buffaloさん

今日もつぶやきながら読んで下さってありがとうございます(笑
里親探ししてくれる人はまだマシな方で、何にも努力せずに保健所や山に捨てたりする人も相当いますから、そう思うと目眩がしそうですよね。

> かわいいだけじゃ犬は飼えないですよね。
本当にその通り。粗相もすれば病気もする。
信じられないようなイタズラもしてくれるし躾はたいへん。
でもそういうこと全部がんばっていくと、本当にかわいいと思えるんですよね。
>
> 私もできれば犬と一緒の暮らしをしたいのですが
> 今の生活状況では犬が幸せに暮らせないので諦めています。
そういう選択が出来るBabyBuffaloさんは立派だと思います。

> は~・・・早くアムスタフィー・ニッキーの元へ行きたい。
> あ、「彼の元へ」って言わないとダメかな(笑)。
はい(笑)「彼の元へ」って言ってあげて下さい。
お気持ちはわかりますが(笑
2012/10/17(水) 00:12:55 | URL | [ 編集]
あが
ゆりさん

はい、覚えておりますよ〜。またお越し下さってありがとうございます。
ご近所の女性、素敵な方で犬達はラッキーでしたが「犬はおもちゃじゃない!」ってその娘さんに言いたいですよね。
そのお子さん達もどんな風に育っていくんだろうと思うと心が痛みます。
せめて大人になった時「あの時のあれは酷いことだったんだな」と気付いて欲しいと思います。
2012/10/17(水) 00:16:21 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん2

生き物を家に迎えたら生活パターンが変わるのは当たり前。
犬の都合に合わせて自分がなんとかしようと思える方なら犬も幸せですよね。
みちろんさんのコメントは本当に誠実で素晴らしいですよね。
私も全く同じ気持ちでした。
2012/10/17(水) 00:20:07 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん

そうそう。そうなんです。相手は生き物なんだから!
ケイタイやカメラじゃないんですもんね〜。

> 命を預かるんだぞって覚悟をした上で
そう、これが一番大事。
覚悟さえあればライフスタイルくらいは変えられる。
でも体力や経済的なことはやっぱり限りもあるし
しっかりと考慮しないといけないですよね。
皆さんが「飼わない選択」をおっしゃって下さることも嬉しいです。
2012/10/17(水) 00:26:47 | URL | [ 編集]
あが
はたはたさん

学んで思い通りになるもんじゃないですもんね。生き物だもん。
子育てが育児書通りにいかないのと同じですよね。

> でも、ひとめぼれや出会ってしまったとか、拾ったとか
> 縁があった子なら、その出会いを大切に、
> そこからちゃんと向き合って、最後まで
> 家族でいてって思いますのです!
腹を括って覚悟を決めれば、そこから向き合うことも出来るんですよね。
極端な話、知識なんかは後からでもついてくる。
結局は「覚悟」なんですよね。
2012/10/17(水) 00:29:37 | URL | [ 編集]
あが
サラロンさん

雑種と言えば、サラニコですよ!VIVA雑種!

> 教科書通りの犬なんて、どこにもいないですものね!
そうそうそうそう!言ってやって言ってやって!

> あと最初は何も知らなくても
> 出会ってから学べることもたくさんあると思います
はたはたさんへのお返事にも書いたけど覚悟さえあれば学べるんですよね。
知識と体験と愛が増えていく、素敵な言葉です。

私もまだまだまだまだ勉強することばっかり。
でもいろいろと頭を使わせてくれる犬に感謝です。
2012/10/17(水) 00:35:02 | URL | [ 編集]
あが
アロハさん

何度もありがとうございます。
ですよね〜みちろんさんのコメントで気を悪くする方なんていないですよね。
それくらい素晴らしいコメントでしたよね〜!
2012/10/17(水) 00:36:14 | URL | [ 編集]
あが
るーままさん

もったいないお言葉ありがとうございます(笑

そうそう、犬を育てるってヘットヘトになるんですよね。
泣きたくなることもあるし、何の修行だよ?って思うことも多々。
でもその苦労があるからこそ、ちょっとした可愛らしさが余計に嬉しい。
もう何があっても手放さないと思えるんですよね。
2012/10/17(水) 00:38:47 | URL | [ 編集]
micky
一文毎にそうだ、そうだ!と、頷きながら読みました〜
そして皆さんのコメントにも共感しまくりです!

そもそも生き物を飼うわけですもの。
「飼いやすい」という表現そのものに違和感を覚えています。
使いやすい鍋だったりの、道具じゃあるまいし。

我が家のウィペット達を見て、
「飼いやすい?」と聞かれることがよくあります。
その度に「飼主次第だと思います」と答えています。
感じ悪いと思うかもなーと知りつつも。^^;
短毛だからシャンプーが楽なのか、
などの具体的な質問なら答えられるのですけどねぇ。

実はそう聞かれることが続いたりしたので、
ブログに書こうかなと考えていたところだったのです。
そんな時にあがさんのこの記事でついつい熱くなっちゃいました^^;
長文コメントで失礼しましたー
2012/10/17(水) 19:35:42 | URL | [ 編集]
あが
mickyさん

どうもありがとうございます。共感頂けて嬉しいです。
ホントはもっとグワーッと書きたいことがあるのですが
だいぶ控えめにしてみました(笑

> 使いやすい鍋だったりの、道具じゃあるまいし。
そうそうそう!まさにその通り!
>
> 我が家のウィペット達を見て、
> 「飼いやすい?」と聞かれることがよくあります。
> その度に「飼主次第だと思います」と答えています。
でもそうとしか答えようがないですよね。
きちんと運動させてあげられて、気質も理解して適切に躾ける覚悟があれば
ウィペットは飼いやすい犬ですよね。(あ、それを言ったらどの犬でもか 笑)

> 実はそう聞かれることが続いたりしたので、
> ブログに書こうかなと考えていたところだったのです。
実際にそんな風に聞かれると困ってしまいますよね。
私もごくごくたまに聞かれることがありますが
特にミニピンに関しては大きくNO!と答えています。
もちろん「それでもすごく可愛いけどね」と付け加えて(笑
2012/10/17(水) 21:22:38 | URL | [ 編集]
こじこじ
あがさん、コメントご無沙汰しまくりで申し訳ありません。
いつもこっそり覗かせていただいてますが、
ちょっとまとめ読みになってしまい、
このエントリーを見つけて、うひゃ~!でした(笑)。
単犬種にとどまらず、さすがあがさんの視点で書かれた記事、
とても参考になります。

本当に思うのは、飼いやすい犬などいない!ですし、
飼い主の心(覚悟や思い入れ愛情その他)と体力と環境次第なのだと思います。

サモエドは、日本ではよく知られていない犬種だけに、
無責任ブリーダーから「ビーグル大くらいにしかなりませんよ」と聞いて
飼いはじめた老夫婦が手に負えなくなり、
レスキューに出されたことも実際にあったんです。
にわか人気で、そんなことが増えないように…との思いで
あの記事を書かせていただきましたが、
犬を愛するみなさん、これから犬と暮らそうとするみなさんが、
改めて考える機会になったのでしたら、
思いもしないうれしい反響です。

舌足らずな記事でしたが、リンクをありがとうございました。
クイズにも、参加させていただきますね~♪ U^ェ^U
2012/10/21(日) 08:30:48 | URL | [ 編集]
Shamu
クローカ君のブログからきました。
ピットブル飼ってましたよ。
ものすごく甘えん坊でした。
公園に一緒に飼っていたミニピンと行くと
皆ミニピンに触りたがるけど、
近づくと必ず吠えられるという… 笑
で犬触るんなら、ピットブルのほうが
喜んで触らせてくれますよと言うと
皆びっくりして恐る恐る触ってまた驚くという。 爆
今は犬飼う余裕がないので
友達のピットブルさわりまくってストレス解消してます。
その子もすぐお腹なでてとリクエストする甘えん坊です。 笑い
2012/10/21(日) 19:19:22 | URL | [ 編集]
あが
こじこじさん

いえいえ、こちらこそ読み逃げ常習犯で失礼しております。
その上勝手に「インスパイアされた」とか言って紹介させて頂いて
私もコメント頂いて、うひゃ〜!でした(笑

> 無責任ブリーダーから「ビーグル大くらいにしかなりませんよ」と聞いて
> 飼いはじめた老夫婦が手に負えなくなり、
> レスキューに出されたことも実際にあったんです。
えええっ!なんちゅう酷い話!
ビーグルサイズならサモエドじゃなくてスピッツじゃないですかねえ。
こじこじさんがあの記事を書いて下さったことは本当に大きな意味があったと思います。
改めてお礼申し上げます。
カボチャクイズ、参加お待ちしておりますね〜!

2012/10/21(日) 19:51:45 | URL | [ 編集]
あが
Shamuさん

初めまして。クローカ君の所から来て下さってありがとうございます。
ピットブルと暮らしていらしたんですね。
そして強気なミニピンも!もう勝手に親近感湧きまくりです(笑
甘えん坊のピットブル可愛いですよね。
あの強面顔とのギャップがまたたまりません。
2012/10/21(日) 19:53:48 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。