旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

テレビの中の動物達 アメリカでは
昨日書いたチンパンジーのパン君のニュースは衝撃的であっただけにツイッターなどでも、取り上げている人が大勢いました。

その1つに「ペット法学会」の会員でいらっしゃる細川敦史弁護士のツイートがありました。内容は動物が登場するテレビ番組の舞台裏がどんなに酷いかを書いた情報サイトの記事に対して「動物の映像利用に対して規制が必要かも」と書かれたものでした。情報サイトの記事というのは「画面には絶対に映ることはないけれど言うことを聞かせるために動物に暴行を加えるようなこともよくある」というものですが、正直な所その真偽のほどはわかりません。

ただ、読んだ限りでは「ああ、そういう酷いことがあってもちっとも驚かないな。」と感じました。サモエドのジッペイ君も本番中に吠えると困るので声帯を切除されていたわけですもんね。

IMG_1291.jpg
「マジ!?」

うんニヤ、マジ。


さて、アメリカで動物が登場するドラマや映画を撮影する場合の動物の扱いについて紹介しましょう。

以前にdog actuallyでも少し書いたことがある件です。「映画賞の季節、スクリーンの中の犬達」

IMG_2423_20120829143159.jpg
「ジャックラッセルのアギーのお話書いた時だね。」


アメリカではドラマや映画、CM、ミュージックビデオ等は全て映画俳優組合を通しての契約で製作されます。作品の中に動物が登場する場合はアメリカ人道協会(AHA)が動物福祉の監督をすることが映画俳優組合との契約書に定められています。
つまり、動物が登場する映像作品を作る場合はAHAの監督無しには契約のGOサインが出ないということ。

AHAは非常に細かい「動物の安全のためのガイドライン」を設定しています。これは獣医師やトレーナーなど専門家のチェックを受けて監修されたもので、動物の種類ごとに安全確保の方法や医療体制などが決められています。
その上で動物を使った撮影の際にはAHAの専門家が来て立ち会い監督をすることが契約で義務づけられています。

IMG_1079.jpg
「あたしが映画に出るとしても契約で守られてるってわけね。」

まあそういうことだわね。映画出ないけどね。


つまり番組収録中に犬が吠えたら素人のスタッフが殴って静かにさせるなんてことはあり得ないわけで(そんなことしたら速攻で通報されて動物虐待罪で逮捕です。)犬には必ず専属のトレーナーが付いています。トレーナーによっては出演する犬以外に「犬を落ち着かせる担当犬」を連れて来て、出演シーンまで犬ができるだけ普段と変わらぬ状態でいられるような工夫をすることもあります。


いつも書いていますがアメリカって決して動物福祉の先進国と言うわけではないんですよ。まだまだ改善しなくてはいけない点が山ほどあります。そのアメリカでさえテレビや映画に出演する動物に対して行き過ぎた行為がないように監督する仕組みがある(法律ではありません。映画俳優組合の規定なので、言わばタレント動物の組合ですね。)

IMG_0995.jpg
「動物だって怖い思いや痛い思いはしたくないよ。」

そうだよね。たとえ直接に暴力を振るわないとしても、無闇に不快な思いをさせることは虐待だと言える。

私はね、決して「アメリカってこんなに進んでるでしょ?日本って遅れてる〜」ってことが言いたくてこんなことを書いてるわけじゃないんです。
日本の酷い現状を知る為に、よそではどんな風にしているのかを知らなくては改善の道筋さえわからないですからね。だから私の知っている日本の外の状態をお伝えしているわけです。

一人一人の力は小さくても社会を変えるのは世論です。世論を作るのは一人一人の意識です。
IMG_2333.jpg
「皆さん心に留めておいて下さいね。」


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-1_20120509053507.gif
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
えびし
反対の反対は賛成なのだ~!!!
業者とは別の監視する機関は絶~対に必要です!

チンパンジーの事件、知りませんでした~。パン君はどうなったのでしょう?
しむら動物園は産まれたての子犬等、動物の「赤ちゃん」ばっかり出てる番組です。成長しちゃった動物には全然興味ない様です。スポンサーはパピーミル?って感じです。

最近特に「動物の赤ちゃん」番組、妙に多い気がしてなりません。
TVの為だか何だか、動物園で生まれる哺乳類も、み~んな人工保育。
某所の猿軍団の訓練なんて、まるで軍隊。
そりゃ人間側は「やりがいのある仕事」だろうけど。
どれも一方的な人間の目線で「感動ドラマ」にされちゃうのは、とても危険に思います。
根性とか忍耐とか癒しとか。泣いたり怒ったり。
勝手な「感動」に付き合わされる動物はタマりません。
2012/09/09(日) 00:07:38 | URL | [ 編集]
ジャック
お久しぶりです。パンくんの件 私も気になってました。
えびしさんと同じことわたしも思ってましたが
あの番組は赤ちゃんばかりを紹介してます。
動物のお母さんに愛されるための可愛さなのにいつも人間優先な感じが嫌でした。
パン君も動物です。嫌なこともあるでしょう。
好きで人間と暮してるわけじゃない。
2012/09/09(日) 06:15:57 | URL | [ 編集]
ちゃあ
スポンサー、パピーミルなんじゃ?って。でもハイジさんはすきで、彼女のコーナーみたさになんじゃこりゃ〜と他のコーナーもみてたり。
ウチの近所にも声帯除去された豆柴ちゃんがいまして。吠えがすごく、家族も悩み抜いた末の決断だったそーですが。ほかの選択、ほんっとーになかったわけ⁉とイカリに震えておりました…。担当獣医師もしつけ教室とかインストラクター紹介するとかさ…!いや、詳しい事情がわからないのに、いろいろいえませんが、そんな手術が存在すること自体衝撃でした。
犬が犬らしくいられる世界は、人が人らしくいられる世界。お互いがお互いをうつしだす鏡のようなものですよね。まずは自分自身から、ですね!
2012/09/09(日) 06:21:49 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/09(日) 09:50:23 | | [ 編集]
ふく
はじめまして!コーギーを飼っています。
デンタルゴングを検索していましてこちらのサイトを訪問しました。

2010年4月5日のブログでボール型の赤いコングを見たのですがテトラの製品一覧には載っていないのですが、どちらのメーカーのものでしょうか?テトラデンタルコングの棒の形は持っています。ボールの製品とてもいいですね!ぜひどちらで買えるかよろしかったら教えて下さい!
2012/09/09(日) 18:43:50 | URL | [ 編集]
ぺこかぁ
最近、この手の良くないニュースを耳にする機会が増えたなと感じています。
動物番組に限らず何かヒットがあれば2匹目のドジョウよろしく右へ習えが多すぎて辟易してます。

色々と思う事がありすぎて上手くまとめられません。
何か書けた時は、あがさんの記事にリンクしてもよいでしょうか?
2012/09/09(日) 18:55:21 | URL | [ 編集]
あが
えびしさん

監視機関が全く無いって、先進国じゃないよね。
チンパンジーのパン君は処分されたりすることはなく
ただショーやテレビからは引退することが決まったようです。

スポンサー企業調べてみたら誰でも知ってるような大企業ばっかりだったけど
それだけ「赤ちゃん」が出てるってことはパピーミルと繋がってるショップから
契約して出演させてるってことなんでしょうね。

> 業者とは別の監視する機関は絶~対に必要です!
>
> チンパンジーの事件、知りませんでした~。パン君はどうなったのでしょう?
> しむら動物園は産まれたての子犬等、動物の「赤ちゃん」ばっかり出てる番組です。成長しちゃった動物には全然興味ない様です。スポンサーはパピーミル?って感じです。

> どれも一方的な人間の目線で「感動ドラマ」にされちゃうのは、とても危険に思います。
> 根性とか忍耐とか癒しとか。泣いたり怒ったり。
> 勝手な「感動」に付き合わされる動物はタマりません。
も〜!一字一句全部同意しますわ〜!ホントにその通り。
動物は人間を感動させたり癒したり成長させるためにいるんじゃないっての。
そういうのは全部、動物のことを第一に考えて行動した結果として伴うものなの!
2012/09/09(日) 21:11:53 | URL | [ 編集]
あが
ジャックさん

お久しぶりです〜!コメントありがとうございます。
そうなんですね。やっぱり皆さん同じように感じてらっしゃるんだ。

> 動物のお母さんに愛されるための可愛さなのにいつも人間優先な感じが嫌でした。
本当にそうですよね。子犬や子猫は確かに可愛いけれど、ちゃんと冷静に考えてその可愛さを愛でてほしいものだと思います。

2012/09/09(日) 21:14:50 | URL | [ 編集]
あが
ちゃあさん

直接のスポンサーではなくても、番組に出る子犬や子猫を提供しているんでしょうね。
デザイナーズドッグをよく取り上げてるとのことなので、パピーミルまたはそのつながりのペットショップですね。

声帯切除した豆柴か〜。そういうの見聞きすると辛いですよね。
吠えたいのに吠えられないって余計にストレスがたまって問題行動になりそうで怖い気がします。

> 犬が犬らしくいられる世界は、人が人らしくいられる世界。お互いがお互いをうつしだす鏡のようなものですよね。まずは自分自身から、ですね!
まったくおっしゃる通りですね。犬が犬でいられる世界を作らなくては。
2012/09/09(日) 21:35:26 | URL | [ 編集]
まろちゃぶ母
お茶の間(古い?)で かわいい~って行って貰える為に
色んなことしてるんでしょうね・・・・
全て人間の都合が良いように・・・
以前ムツゴロウさんの番組があった頃
ライオンだったか(?)に指を取られた瞬間の映像を 
ムツゴロウさん本人が
是非流して欲しいとの要望で放映され
衝撃的でしたがこれが動物なんですよね・・・
そして ムツさん(友達か?)は ライオンを攻めないで!って
悪いのは驚かせた人間の方なんだから
ライオン(だったか?)に ゴメンネ~君は悪くないんだよ~って言ってたのが印象的でした。
2012/09/09(日) 21:47:50 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

麻酔は色々心配になりますよね。
飼い主さんがきちんと管理出来るなら未去勢でも構わないと思うんです。
吠え方や吠える頻度って犬種によるものもありますよね。
猟犬種なんかだと獲物を見つけたら吠えるように作られている犬種もあるし。
サモエドなんかは元々がソリを引く犬ですから、何か仕事をさせてやらないと吠えることが多くなるそうですね。仕事ってテレビのタレントのことじゃないですけどね。

パン君は実際に指示を出していたのはベテランのトレーナーだったようですが
ちょっとした隙に舞台袖にいた研修生に襲いかかったようですね。
研修生は指示を出したりは何もしておらず、ただそこに居ただけのようです。
彼女には非は全くなくて、悪いのはチンパンジーの性質を踏まえての危機管理ができていなかった主催者側ですね。被害者の方が本当にお気の毒です。
2012/09/09(日) 21:52:47 | URL | [ 編集]
あが
ふくさん

初めまして。コメントありがとうございます。
ボール型のコングもテトラ社のものですが日本では販売していないようですね。
Harts社から円盤型で似たようなものが出ているので、それも良いと思います。
どうしてもボール型のコングをという場合はamazon.comが日本向けに発送してくれるようです。
kong dog toyなどで検索すると出て来ると思います。
2012/09/09(日) 21:57:57 | URL | [ 編集]
あが
ぺこかぁさん

不景気のせいで番組の制作費も削られ、二番煎じに走るのでしょうね。
低予算で上質の番組を作ってこそプロなのにね。情けないですね。

> 何か書けた時は、あがさんの記事にリンクしてもよいでしょうか?
もちろんです。よろしくお願いいたします。
2012/09/09(日) 22:40:50 | URL | [ 編集]
あが
まろちゃぶ母さん

ホントに何やってるかわかったもんじゃないですよね。
でもやっぱり安易に「かわい〜」って喜ぶお茶の間の方にも
責任はあるわけで、考え直さないといけないですよね。
ライオンに指をかまれたムツゴロウさんか〜。
そりゃ確かに「お前が悪い!」ですよね。
あれ、確か金網越しだったんですよね。
まあ放送させて、動物は悪くないと言えることは立派だけど・・・。
2012/09/09(日) 22:44:16 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.