旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
テレビの中の動物達
昨日また心の痛むニュースがありましたね。
人気テレビ番組に出演していたチンパンジーのパン君が研修生の女性に襲いかかって重傷を負わせたというもの。被害に遭われた女性の一日も早い心身の回復をお祈り申し上げます。

IMG_1159.jpg

少し前には、猛暑の中で車内に置き去りにされたサモエド達が命を落とすというニュースもありました。
これもテレビ番組の看板犬で、過去にも声帯切除の件や番組の行き過ぎた企画などで問題があったようですね。
私はこの番組も「志村どうぶつ園」も見たことがないので、記事にするのはどうしようかなと思ったのですが、ニュース等で読む限りでもどう考えてもおかしいので書くことにしました。

今年の2月にアメリカで凍った湖に落ちて救助された犬がニュース番組に出演した際、キャスターの女性を咬んでしまったという事故がありました。
その時にシーザー・ミラン氏が「異常に明るいライト、緊張でピリピリしているスタッフや出演者、妙な形の機材、テレビの現場というのは動物に取って異様なエネルギーの充満した非常に特異な世界です。そこに連れて来られた犬のストレスたるや、想像するに余り有ります。」とコメントを寄せていました。

そんなことを日常的に行っていた動物に相当のストレスがたまっていたとしても不思議ではないですね。そう言えば、ラブラドールのまさお君やだいすけ君もまだ若いうちに病気で命を落としましたね。あれもそういったストレスと無縁とは思えないのです。

IMG_2248.jpg

10歳にもなった大人の雄のチンパンジーをショーやテレビ番組に使うという危機意識の甘さなど、管理側の問題はもちろんあるのですが、こうした動物を使ったバラエティ番組が無くならない一番の原因は喜んで観る人がいるからです。

パピーミルから犬を仕入れて来るペットショップで喜んで犬を買う人がいるからパピーミルが無くならないのと根本的な問題は同じです。
どうか、スタジオに動物を連れて来て人間のタレントのように仕事をさせる番組を見たら、しっかりと考えてみて下さい。「これはこの動物のあるべき姿なのか?」と。

そしておかしいと思ったら見るのをストップして下さい。その上でもし余力があればテレビ局のサイトなどから抗議のメールを送って下さい(あくまでも冷静に、ね)

可愛い動物の姿が観たいなら、youtubeに行けばいくらでも可愛い動画が溢れていますからね。

人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-1_20120528144508.gif
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
とり
こんにちは。いつも読み逃げしてました。コメ失礼します。


「志村どうぶつ園」見るに耐えない番組です。なにもかもがひどいです。もうずっと見てませんが、たまに目に入るCM(番組予告のような)ですらひどすぎです。

でも・・こんな番組でも楽しみにしている人がいるから続いてるんでしょうね。高齢の方でしたが、この番組が好きだと言ってる人がいました。

もう・・ガッカリとゆうかなんとゆうか。。
ジッペイの事を含め、こうゆう話題を取り上げてくださってありがとうございます。
2012/09/08(土) 02:17:27 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/08(土) 02:35:14 | | [ 編集]
嘆きの犬好き
dog actually SMILES@LA いつも拝見しています。

今回の記事、全く同感です。
この記事を読まれた多くの方が、「そうそう その通り」っておっしゃっていると思います。
盲導犬のことにしてもお涙頂戴のような事ばかりを切り取って放送するのではなく、もっと現実を見て問題視して欲しいと思いますし、パピーミル・生体展示販売・ペットの殺処分など、もっと大事な問題を扱って欲しいと思います。
日本のテレビ業界も政界も見るに耐えなくなってしまいました。
 
2012/09/08(土) 04:23:45 | URL | [ 編集]
マイマ
今朝新聞で知りました。。パン君のこと。。
びっくりもしましたが・・あまりに擬人化されて扱われていた気がして・・パン君も大変だろうな~~。。
と思ってはいました。。

2012/09/08(土) 06:14:09 | URL | [ 編集]
ちゃあ
そんな事件があったのですね…アメリカにいらっしゃるあがさまに教えられる私っていったい…(汗)
「志村〜」はやたら子犬をとりあげたり、いわゆるハーフ犬をプッシュ(しているようにみえる)したり、かーなーり動物福祉のふのじも無い劣悪な番組。ただ私、自分があまりTVみない、みてもま、しょせんTVでいっていることだから、話半分できいとこーな人間なもので、スルーしていましたが…。
そういえばウチの母は私が言っても聞かないことも、TVでやってるとアッサリ信用してますねー…ネットとか出来ませんし。TV信仰の強い年代ってありますね。
以前アメリカで???な動物の扱いをTVで放映すると、苦情が殺到する、というような記事があったように思うのですが、日本でも愛護団体何かが声あげて行った方がいいなあ、と思いました。あ、モチロン個人でもですが。
取り上げてくださって、ありがとうございます‼
2012/09/08(土) 07:40:42 | URL | [ 編集]
あが
とりさん

初めまして。コメントありがとうございます。
志村どうぶつ園って噂には本当によく聞きます。皆さん同じようにおっしゃいますね。

> でも・・こんな番組でも楽しみにしている人がいるから続いてるんでしょうね。高齢の方でしたが、この番組が好きだと言ってる人がいました。
>
そうですね、高齢の方だとテレビの表で見えていることが全てと思う方が多いでしょうし、動物福祉なんていう考え方も新しいものですしね。(それでも昔の日本人は生き物に対しての情がある人々だったと思うのですが。)
テレビに動物を登場させるにしてもスタジオで不自然なことをさせるのではなくて制作側も工夫して欲しいですよね。
うちの母は鉄腕ダッシュが大好きで特にダッシュ村が大好きでした。
村はとても残念なことになってしまいましたが、あそこの柴犬の北斗やヤギのヤギハシ君達は動物として自然な形で愛されていましたよね。やれば出来るのにね。
2012/09/08(土) 22:16:16 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

腹立たしいですよね。
そうか、ソフトバンクのお父さんもそんな風なんだ。

松本君の個人的な活動はとても良いことだと思うし
きっと良い人なんだろうなあと思うけれど・・・ねえ。

自分の犬をタレント犬にしたい、か〜。
前に1回シーザーさんカテゴリーでそういうの書いたことがあるけど
ホントに表面しか見てなくて深く考えてないんだろうね。

動物の番組を作りたいならドキュメンタリーを作ればいいのに。
作る予算がないなら外国の良質のドキュメンタリーをどんどん買って
どんどん放送してほしいですよ。
2012/09/08(土) 22:21:18 | URL | [ 編集]
あが
嘆きの犬好きさん

初めまして。コメントありがとうございます。
いつも読んで下さってるとのこと、とても嬉しいです。

> 今回の記事、全く同感です。
本当は心のうちを全部書くともっと過激になってしまうので(笑
ものすごーく抑えて抑えて控えめに書きました。
盲導犬や介助犬のことも、おっしゃる通り現実的な問題を伝えないといけないですよね。
深刻な問題を取り上げるのでなく、可愛らしい心和むものが作りたいとしても
何もスタジオで動物に不自然を強いる必要はないわけで
良質のドキュメンタリーを作れば多くのことを伝えられると言うのに。
でも視聴者が黙っていては決して良い方向には行きませんもんね。
がんばって声をあげ続けなくてはと思います。
2012/09/08(土) 22:29:19 | URL | [ 編集]
あが
マイマさん

やっぱり見るからに不自然だったわけですね。
10歳のチンパンジーなんて体は人間の大人と変わらない大きさだし
力はもっと強いし、猛獣と言って良いくらいですよね。
アメリカでも2年くらいまえにペットのチンパンジーが人を襲う事件がありました。
危機管理の甘さに心底怒りを感じます。
2012/09/08(土) 22:34:14 | URL | [ 編集]
あが
ちゃあさん

今はネットでニュースをチェックすれば国境はないですからね(笑
志村どうぶつ園は本当にいい噂を聞きませんね。
私がよく日本のテレビを観ていた頃は「動物奇想天外」とか
動物バラエティでもVTR主体のクイズ形式でこんなに酷くなかったのに。
もっと昔は「野生の王国」なんて良質のドキュメンタリーもありましたよね。
ネットを使わない世代はテレビが絶対というのはありますね。
みのもんた氏が根強い人気なのもその世代のおかげでしょうし。

アメリカのテレビでの動物の扱いは本日の記事にもしました。
酷い扱いをすると確かにアメリカの保護団体は黙っていませんね。
SPCAやHumane Societyは警察と同等の権限も持っていますから
保護団体の地位自体が日本とはかなり違うと言うのもありますね。
2012/09/08(土) 22:49:47 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。