旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
War Horse とお留守番
今日は昼間ニコニヤを置いてお芝居を観に行きました。
IMG_1061_20120709140014.jpg
「可愛いあたしを置いてどこに行ったのよ〜!」


IMG_1062_20120709140014.jpg
「おとーさんもおかーさんも早く帰って来なさいよ〜!」

観に行ったのはWar Horse。
去年の年末辺りにスピルバーグ監督が映画化した「戦火の馬」のオリジナルです。

基本的に戦争の映画は観ないし、馬が辛い思いをしたり命を落としたりするのを映像で見るのは絶対に無理と思ってたから映画は全然観る気がなかったんですが、このお芝居は馬が実物大のパペットというので、ブロードウェイで上演が始まった時から観たいなあと思ってたんです。
元々は原作の小説があって、それがロンドンでお芝居になって上演されて、ブロードウェイでも上演され、それが期間限定でLAにも来たというわけ。

そのパペットの動きがもう本当に素晴らしくて、最初から目が釘付けになりました。
舞台のセットもとてもシンプルで、照明や役者さんの演技で表現される部分が多くてとても良かった。

どんな感じだったかは百聞は一見に如かず。どうぞ。


馬のパペットを操る人は一頭につき3人いるのですが、黒子的な衣装ではなくて、時代考証がなされた他の登場人物と同じような衣装を着て、特に隠れるわけでもなく操作します。
でも観ているうちに彼らの存在は全く気にならなくなって、パペットの馬に真剣に感情移入して笑ったり泣いたりしてしまいました。

この馬のパペットは南アフリカのパペット劇団が起用されて制作されたそうです。
や〜ホントいいものを観たなあとしみじみ感動。


IMG_2258_20120709140013.jpg
「ニコは感動して泣いてるんじゃありません。長いことオルスバンして寂しかったからです。
おとーさんとおかーさんのバカ。くすん。」


IMG_2254_20120709140013.jpg
「これくらいやったら、ゴメンねニコ〜ってオヤツたくさんくれるかな。」


いんや、そのピーンと立った耳がちっとも悲しそうでも寂しそうでもないからバレバレだよ、ニコ。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-1_20120509053507.gif
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/09(月) 00:09:08 | | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/09(月) 05:34:49 | | [ 編集]
きんたろう
戦火の馬は、劇場の予告編を観ただけで、胸が締め付けられてしまいました。ので、本編は観る勇気が出ず。
舞台の馬達の動き、リアルですね。
前肢のちょっとした動きや、耳の動き。
乗馬をしているので、人よりも馬に目がいっちゃいました。

2012/07/09(月) 05:41:36 | URL | [ 編集]
えびし
わぁ~、そちらにも来たんですね~。いいなぁ。
あの馬の動き、何度見ても見事ですよね。
私も結局、映画は怖くて見れませんでした~。
代わりと言っちゃなんですが、Rock of Ages見てきました。(全然代わりにならないですが。)
まったく期待せずに渋々行ったのにとても楽しめました。トム・クルーズさえも面白かった。

コラァ、誰だ留守中にニコちゃんに猿芝居を教えたのは!
・・・あのコだわね。
2012/07/09(月) 14:27:48 | URL | [ 編集]
ケンケン
「戦火の馬」は観に行くと多分号泣しそうなので 映画館へ行く勇気がなかったです。
パペットと聞いて 手につけるぬいぐるみを連想したんですが
紹介のYoutubeみて びっくりしました。
リアルな馬の動きや生き生きした感じやら 悲しそうにうなだれた首の動きをみて感動しました。
ニコちゃんの寂しそうな演技にも拍手~~^^
2012/07/09(月) 20:34:01 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

そうなんですよ。お芝居がオリジナルで去年のトニー賞で最優秀監督賞を始め
5部門で賞を獲った素晴らしいものなんです。
ストーリー、演出、演技、そしてなんと言ってもパペット達、全てが素晴らしくて、良い時間を過ごす事ができました。
2012/07/09(月) 22:55:05 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

無事にお手元に着いてよかったです〜。
時間がかかってちょっとハラハラしていました。
そんな風に言っていただくと照れくさくも嬉しいです。
またお邪魔しますね〜。
2012/07/09(月) 22:56:34 | URL | [ 編集]
あが
きんたろうさん

きんたろうさんも乗馬をしていらっしゃるんですね。
馬好きな人は皆さんあの映画は観る勇気がなかったとおっしゃいますね。
私はこのお芝居でも胸が痛くて目を閉じてしまうシーンがあったので
リアルな映像の映画なんて絶対無理と改めて思いました。

おっしゃる通りパペットの馬のちょっとした動きが本当に素晴らしいんですよ。
さすが、よく見ていらっしゃいますね!
2012/07/09(月) 22:59:20 | URL | [ 編集]
あが
えびしさん

カナダではトロントで上演されているようですね。
地元に来たらぜひご覧になって下さいね。
えびしさんなら絶対に楽しまれると思います。
馬の動きは本当に感動ものでした。
映画は無理ですよね〜。私、舞台でさえ目を閉じるシーンがありましたもん。

> 代わりと言っちゃなんですが、Rock of Ages見てきました。(全然代わりにならないですが。)
あははは!オリジナルが舞台で映画化されたってところは同じ!
ところでこの夏の映画ならやっぱりMagic Mikeですよ。
ガールズナイトでヒューヒュー言いながら観に行って下さいよ!
眼福満載で最高ですよ。映画としてもよくできてるし。

> ・・・あのコだわね。
あのコ以外にあり得ません(笑
2012/07/09(月) 23:03:33 | URL | [ 編集]
あが
ケンケンさん

戦火の馬、私も号泣する自信大有りです(笑
舞台でさえ泣いてしまいましたよ(オットも泣いてた 笑)

> 紹介のYoutubeみて びっくりしました。
すごいでしょ〜!こういうのもパペットって言うんだ〜って感じですよね。
youtubeの関連動画で本物の馬とご対面しているのもありましたが
並んでも全然遜色が無くて本当にすごいなあと思いましたよ。

> ニコちゃんの寂しそうな演技にも拍手~~^^
ふふふ、本当は帰宅した時にはニコは爆裂歓迎でニヤは嬉ション炸裂でした(笑
2012/07/09(月) 23:07:38 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。