旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ペット事情
昨日びびさんから「アメリカでは純血種と雑種の比率は?」などのコメントを頂いたので
今日はそれについて。

って、えらそうに書いてみたものの自分の周りで見た感じだけなんですけどね。へへへ。

ドッグパークや近所で見かける犬達は純血種と雑種半々くらいかなあという感じでしょうか。
見かける犬種は日本と少し違います。やはり住宅事情のせいか大型犬が多いです。
日本ではプードルと言えばほとんどトイプードルですが、こちらに来てから見るのは
ほとんどがスタンダードプードル。とても立派な大型犬です。dogs8/7
ここにも一頭いらっしゃいます。

あと日本であまり見なかったけどこちらではやたら見かけるのはジャーマンシェパード。
昨日のズーマちゃんもそうですがシェパードのミックスもすごく多いです。

アメリカに来てから初めて見たのはピットブル。
カリフォルニアでは闘犬は違法なのですが
それでも隠れて闘犬用のピットブルを取引している不届者もたくさんいて
犬による死亡事故や怪我の原因はピットブルが一番多いそうです。
顔も怖いしそんな理由で悪名高いのですが、賢くていい犬なんですよ。
そういう違法に飼育されている犬が摘発、保護されるケースも多く
シェルターはどこもピットブルがいっぱい居ます。

ピットブル8.7
この茶色いコがピットブル。
残念ながらお顔が見えません。筋肉質でとてもがっちりしています。

雑種を飼っている人のほとんどはシェルターから引き取ってきていると思います。
でもシェルターにも純血種の犬もいるし、犬種別のシェルターもたくさんあって
(チワワシェルターとかコリーシェルターとか)血統書などにこだわらないのであれば
純血種でもシェルターから引き取って来る人もたくさんいます。

犬を購入する場合はブリーダーさんから直接購入という人が多いです。
と言うか、ペットショップってものすごーく少ないのですよ。ペット用品の店とか
ペットのグルーミングの店はものすっごくたくさんあるんですけどね。

dogs28/7
シェルター出身だろうが、血統書付きだろうが、ここでは皆幸せそうで何より。

シェルターもピンキリで、衛生状態が悪くて皮膚病になっているような犬がたくさん居る所、
反対に清潔で運動場もあって犬達も幸せそうな所、いろいろです。
ニコは幸いとてもいいシェルターに預けられて、シェルターに入って1ヶ月後に家に来ました。

おやすみニコ8/7
この様子では何の心配もなく幸せなようですね。

最後になりましたがもう一つ。

先日お邪魔したわんこのかあさん様のブログで、引退した盲導犬を引き取って一緒に暮らしている
ボランティアの方々のことを知りました。
しかし何ぶん引退した老犬達ですから医療費もかさみます。そういう方々を援助しようという
引退犬の部屋というサイトがあります。
そこで来年のカレンダー(売り上げは引退犬の為に使われます)を予約販売されています。
興味のある方はぜひ行ってみて下さい。






ブログランキング参加中。よかったらポチッとお願いします。

スポンサーサイト
びび
詳しい記事をありがとうございます。最近の日本のペット事情は、かなり酷いので、他の国では一体どうなっているのか、知りたかったのです。日本の場合ですと、ペットショップから迎えるという方が多いように感じます。保健所、愛護センターは「可哀想・・・」「選べない」という理由であまり居ないのかもしれません。やはり、すぐ向こうに「死」と言うものを見つめなければならないからでしょうか。私の従姉妹はミニチュア・シュナウザーを飼っていますが、元々「犬ならどんな子でも」と思って愛護センターへ問い合わせたようなのですが、結構条件が厳しく諦めて閉店してしまうペットショップから迎えたようです。これに関しては色々な意見や考え方があると思いますが、保健所、センターがもう少し明るく、開かれた感じになれば足を運びやすいのかもしれませんね。アメリカのセンターでもやはり色々あるようですが、ニコちゃんは良いご家族を持って、本当に幸せそうですよね(*・∀・*)ピットブルも最近では日本でも時々見かけます。ドッグランのお写真、みんなとても楽しそうで、見ていて嬉しくなってしまいました。
2006/08/09(水) 02:39:56 | URL | [ 編集]
あが
>びび様
日本を離れて改めて日本の良さがわかることもたくさんあるのですが
ペット事情については酷いですよね。
昨日も他の方のブログで処分される犬達の現状を見て
胸がつぶれるような思いをしました。
アメリカでは動物の虐待も立派な犯罪で警察に逮捕されるし
いい加減な飼い方をする飼い主は法律で
「もう動物を飼ってはいけない」と規制することもできます。
(まあそれは、それでも虐待や放置は存在するという事ですが)
また機会があったらペット事情書いていきますね。
2006/08/09(水) 20:45:00 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
ブリーダーブリーダー(英語:breeder)とは、動物などを繁殖させている人たちのこと。生産者。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
2007/07/30(月) 19:47:07 | ペットあれこれ

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。