旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ちょっと裏話的な・・・
毎度おなじみdog actually。
昨日更新分で私が書いたものがアップされています。「助けられたのは誰?」

IMG_0824_20120605142447.jpg
「どーしてニコちゃんとよその子ばっかりであたしの写真がないの?」

えっと・・・それはニヤって「私が飼い主さんのこと守ってあげる。」とか言うタイプじゃないし・・・。とにかくほらイメージ合わなさ過ぎでさ。ニコはまだ使う写真によっては「アリ」かなって・・・。

IMG_2029.jpg
「えへへ、ニコはアリ〜♪ニヤはナシ〜♪うふふ〜。」

IMG_1985_20120605142448.jpg
「ああ、あたしは小さい小型犬で可愛過ぎるからってことね。」

いや・・・違うんだけど。って誰が小さい小型犬だって???

あちらの記事に使った写真はうちのブログの準レギュラーのぬぬちゃんとズーマちゃん、そして今は天国にいるジャーマンシェパードのサブーちゃんです。
みんな優しい穏やかな瞳で記事で紹介した散文詩のイメージにぴったりでしょう。

IMG_2025.jpg
「ニコは?ニコもぴったりでしょ?」

ニコは・・・黙ってればね。あはは・・・ははは。

ま、写真のイメージはさておき、高飛車ニヤもハイパーニコも私やオットを助けてくれていることは間違いがない。

そしてここでもう一度無粋なことを繰り返しておこう。

犬は確かに私達を助けてくれる。だけどそれを理由に犬を求めてはいけない。
人間は自分で自分の生活を変えることができるのだから、第一義的には人間は犬を救う存在でなくてはいけない。
だけどその結果、犬が人間を助けてくれることはきちんと見つめて感謝しないとね。

犬に限らずね、人間が自分勝手に動物に「癒し」(実は私はこの言葉が好きじゃない)を求めるから「猫カフェ」とか「ふれあい動物園」とか不自然な商売が成り立って動物が犠牲になるんですよね。
動物に癒しを求めるなら、そんなところに行かずyoutubeで可愛い動画をガンガン見まくった方がいい。
間違いなく気持ちは和むし、誰にも迷惑がかからない。
嫌みで言ってるんじゃなくて本当にそう思います。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-2_20120517151332.gif
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
きんたろう
詩の訳、とっても良かったです
2012/06/04(月) 23:30:47 | URL | [ 編集]
るーまま
ほんとにそうですねえ。
犬って生まれながらにして、
人を癒したり救う力が備わっていて、
ちょっと前までの自分でもありますが,
人間の思い上がりが招く、
犬たちに対する不自然な仕組みやうそっぱちの親切。。
いつも彼らの味方でいるつもりなのに
結果的に「ああ,彼らにたすけられてた〜」って気ずくんですよねえ
「dog actually」の記事、とってもすてきでした。。
ほんとにかれらの無垢なちからって素晴らしい!
彼らの事を思ってれば道をはずすことはないよなあ
2012/06/05(火) 01:04:04 | URL | [ 編集]
るーまま
*↑に入らなかったので、PS.二コちゃん、ズーマちゃん、
サブーちゃんすてきです!!
 ニヤちゃんも入れてほしかったわ〜♪

2012/06/05(火) 01:09:22 | URL | [ 編集]
hiko
Amazing!
I don't know what to say.
ってなんで英語で書いたんやろう?^^
興奮してしまいました。。。
特に最後の行のコメントがいいですね。気づけばそうなっていた、的な。
おごるべからず、ですね。いい文章を教えてくださってありがとうございます。
2012/06/05(火) 01:58:03 | URL | [ 編集]
えびし
そうそう、そうなのよ、あがさん!と叫びそうでした。
癒しを求めて動物飼うな!といつも思います。
癒してくれない犬だって居るんだぞ!(ウチに。)と言いたい!

私はシーザーさんが何度か言ってた言葉が好きです。
あなたの人生で最も必要な時に、最も必要なタイプの犬が現れるものだ・・・
とか、そんな感じの事。(←いい加減ね。)
それは必ずしも自分が欲しかったタイプの犬ではなくて、問題を持った犬かもしれないけど、
それに立ち向かう事がその時の自分に必要な事なんだ・・・とか、そんな事も言ってたかも。
(更にいい加減になった・・・。)

つるりの問題に向き合う事は、あの時の私に一番必要な事だったんだ・・・と心から思うのです。
ま、そう考えないとやってられないし~。

さ、dog actually読んできま~す。
2012/06/05(火) 02:03:59 | URL | [ 編集]
ユキエ
読んできました。
そうですね。
私はぺろにたくさん助けられたから、
犬に恩返しをしたくてローラを引き取ったのに、
ローラにもたくさん幸せもらって、いつまでも犬に恩返しできません。

保護活動してる人にも?な人はいて、
人間の欲と身勝手さに心曇る時もありますが、
そんな人間をも許して信じる動物たちには
本当に安らかな生活をして欲しいと願います。
2012/06/05(火) 02:06:26 | URL | [ 編集]
サラロン
癒してくれないやさぐれが我が家にも一匹(笑)

I Rescued A Human Today
もし彼らにそんな風に思われてたら?
現実は命がかかった切実な問題だけど
でも、そんなこともあり得るかもって思えるだけで
世界がひっくりかえった謙虚な気分になれちゃいますね♪

だけど犬は人がいなくちゃ生きていけないし
自分たちでは何も選べない
やっぱ救ってあげなくちゃね!

やさぐれでも、十分すぎるほど救われてますから
(痛いけど、、泣笑)
2012/06/05(火) 03:42:36 | URL | [ 編集]
ちゃあ
癒しって好きじゃないですねー。
癒しがテーマでコメントを求められたことがあって、すっごく悩んだ覚えが…(笑)好き嫌いというより、癒されたいってことがよくわからない、です。和むならわかるんですがー。
犬猫に癒しを求めるなんて、動物飼ったコトない人の意見だなあ、と思います。
男性にもいますねえ、あなたといると癒されるとかのたまう方が。
自分のストレスは自分で解消、が信条の私はいらっときます。
あ、なんだか話が脱線してしまいました(汗)
2012/06/05(火) 05:37:41 | URL | [ 編集]
ちーとまる子
私はドラをうちに迎えた時は「助けたい」なんて意識はゼロで「かわいいから犬飼いたい!!」という理由だけでした。
「癒されたい」ていうのとたいして変わらない。
反省・・・・。
今は、ドラを通していろんなことを勉強させてもらっています。
これからはこげまるを通して猫についてもたくさん勉強させてもらうんだろうな~、と思います。
動物それぞれが一つの大切な命。
人間の勝手な気持ちに振りまわされて犠牲にならないよう、
こうして動物を愛しているものたちで現状を変えて行きましょうね!!
2012/06/05(火) 08:25:28 | URL | [ 編集]
せい
dog actuallyお邪魔しました。
文字を読みながら、泣けてしまう私。
年を取ったのかも知れないけど、気持ちが分かる(気がする)こんな自分、嫌いじゃないです。
素敵なページ見れました。

家の王子もどき、年に数回は(2回位にしとこうか。笑)やんちゃして、私の両腕アザやら傷やら・・出来る事あります。
その傷を見せると、気のせいか?顔をそらします。
でも毎日、可愛い優しい瞳で私を見てくれる。
感謝してるから、年に数回やんちゃしても許す!
あ、ダメな私かも??
2012/06/05(火) 10:56:55 | URL | [ 編集]
あが
きんたろうさん

そう言って頂けるととても嬉しいです。どうもありがとうございます。
2012/06/05(火) 14:55:23 | URL | [ 編集]
あが
るーままさん

人間が犬のことを思って犬のためにしてやれることは
「犬を犬として犬らしく過ごさせてやること」だと思います。
それさえいつも頭に置いておけば大きく間違うことはないですもんね。
でもそんなシンプルなことが忘れられがちで歪みが起きている。
だからシンプルなことを何度も何度も呼びかけようと思います。

あの写真の犬達の中にニヤが入ったら・・・ダメ、やっぱりダメ(爆
2012/06/05(火) 15:00:21 | URL | [ 編集]
あが
hikoさん

思わず英語でのコメント、ありがとうございます(笑

> 特に最後の行のコメントがいいですね。気づけばそうなっていた、的な。
いや〜照れますが、またまたありがとうございます。
肩に力を入れず、お互いに助け合う関係でいられたらいいなあと思います。

2012/06/05(火) 15:06:39 | URL | [ 編集]
riko
あがさん お久しぶりです<(_ _)>
読ませていただいて「そうよ、そうなのよ!」となりました
自分自身でも『なんだかな~?』って思いがあったんだけど それが何なのか分からなかったんですけど あがさんが教えてくれました 
あぁスッキリした(笑)
2012/06/05(火) 15:12:48 | URL | [ 編集]
ゆり
散文詩を読ませていただき、犬は確かに助けてくれていると改めて感じました。だから私もこの子たちを助けたいと思うのです。私も「癒やし」「癒される」というのは好きではありません。生き物と暮らす上で幸せはあるけれどそれ以上に心配があるからです。
「愛してる」「愛されてる」 それで十分だと思うのです。
2012/06/05(火) 15:16:35 | URL | [ 編集]
あが
えびしさん

そーだそーだ〜!癒してくれない犬はうちにもいるぞーっ!(笑
シーザーさんの言葉、私も大好きです。
何度もいろんな人に同じ意味のことを言ってるのでいろんな言い方をしてますよね。
だからえびしさんいい加減じゃないです。
以前に「一言シーザー」というタイトルでシーザーさんがツイッターで書いていた言葉を紹介したことがあります。
Think of your dog as having come into your life for a reason
– to make you a stronger, confident, more assertive person.
今改めて読んでもグッと来ますわ〜(笑

> つるりの問題に向き合う事は、あの時の私に一番必要な事だったんだ・・・と心から思うのです。
つるりんはそんな風に考えてくれるえびしさんの所に来て本当にラッキーですよね。
お互いが必要としていて結ばれた縁。まさに赤い糸。
え?赤い糸で結ばれてるのがつるりんだけじゃイヤ?そんなことないですよね〜(笑
2012/06/05(火) 15:19:44 | URL | [ 編集]
あが
ユキエさん

大丈夫ですよ。ユキエさんはぺろちゃんにもしっかり恩返しなさったはずだし
ローラちゃんのことを幸せにして、そのことをたくさんの人に伝えることで
犬達への恩返しもきっちりなさってると私は思います。

> 保護活動してる人にも?な人はいて、
> 人間の欲と身勝手さに心曇る時もありますが、
ですよね。保護される団体によって犬の運命は大きく変わってしまう。
結局のところ犬の幸せを決めるのは人間なんですよね。
一匹でも多くの動物が幸せになれるよう、微力ながら頑張りたいものです。
2012/06/05(火) 15:25:45 | URL | [ 編集]
あが
サラロンさん

やさぐれピーは癒しはくれないとしても
とてつもない達成感はくれたからオッケーよね(笑

> 現実は命がかかった切実な問題だけど
うん、実際にはそんなセンチメンタリズムだけではないんだけど
あの作者さんもレスキューに携わっている人だし
そんなことは誰よりもわかっている上でのあの文章だから沁みるんでしょうね。
レスキューのことなんて知らない人が字面だけで同じようなものを書いたら
きっとこんな気持ちにはなれなかったと思います。

> だけど犬は人がいなくちゃ生きていけないし
> 自分たちでは何も選べない
> やっぱ救ってあげなくちゃね!
そうそうそう!そこですよね!
物理的に救う力があるのは人間だけなんですから。

ピーちゃん、もうそろそろ痛いのは打ち止めに(笑
2012/06/05(火) 15:30:21 | URL | [ 編集]
あが
ちゃあさん

いや〜、ちゃあさんの両手を握って握手したいくらいです(笑
そうそうそう。動物に限らず女性のことも癒し系とかいうのもダメなんです。
「自分のストレスは自分で解消」名言ですね。その通りだと思います。
会社帰りに「癒されたい」なら猫カフェなんか行かずに
足裏マッサージでも行きなさいと私は言いたい。脱線しまくり(笑
2012/06/05(火) 15:36:53 | URL | [ 編集]
あが
ちーとまる子さん

今思い返すとあの頃は何にもわかってなかったなあってことってありますよね。私も同じ。
でもね、それを教えるためにドラちゃんやニコが来てくれたんですよ、きっと。
だから反省しなくても大丈夫〜。頑張って行きましょう。
こげまるちゃんも理由があってちーとまる子さんのお家に来たんですよね。
どんな試練を与えてくれるか(笑)今からコワ楽しみですね。
2012/06/05(火) 15:40:04 | URL | [ 編集]
あが
せいさん

どうもありがとうございます。
> 年を取ったのかも知れないけど、気持ちが分かる(気がする)こんな自分、嫌いじゃないです。
うん、そんな風に言って頂けるのが何より嬉しいです。

テディ君、年に数回のヤンチャですか?やっぱり王子様だ!
その上傷を見せると顔をそらすですって〜!?かわいい!
ニヤなんて週に数回のヤンチャで私にアザやら切り傷やらくれますよ。
ニコは盗み食いの証拠を見せて「これニコでしょ?ニコがやったでしょ」と言うと
背中の毛を逆立てるんですよ。それに比べてテディ君の王子様なこと。
せいさん、幸せ者ですよ。
2012/06/05(火) 15:44:14 | URL | [ 編集]
あが
rikoさん

お久しぶりです〜!こちらこそご無沙汰失礼しています。
スッキリしていただけました?それはよかった(笑
そういうことありますよね。
でも何か違和感を感じるってことはどこか歪んでるってことですもんね。
少しだけどお手伝いできて嬉しいです。
2012/06/05(火) 15:54:07 | URL | [ 編集]
あが
ゆりさん

初めまして。コメントありがとうございます。
そうですよね、助ければ助けてくれるし、それに対してまた救いの手を差し伸べたい。
それが自然な姿ですよね。

> 「愛してる」「愛されてる」 それで十分だと思うのです。
あ〜シンプルだけどズーンとくるお言葉です。
愛してるからこそ心配したり哀しくなったりすることもあって
「ホンワカ癒される」ことばかりなはずがないですもんね。
どうもありがとうございます。
2012/06/05(火) 15:59:07 | URL | [ 編集]
さゆま
I Rescued A Human Today
読ませていただきました。
人ではなく動物の視点で詠まれる詩は、いつも心打たれ考えさせられてしまいます。

TV等で保護施設の動物達をみると、ほとんどの子達の瞳が家族にしてもらえる人を必死で探しているようにみえてしまいます。此処から出してもらえなかったら次連れていかれるところを知っているかのよう。いえ、本能的に気付いてるんだろうね。
犬がもし話せたら…。詩のようにはいかなくても、、、心が痛い。

私が、人に犬と暮らしてることを話すとよく「癒されるね。」と、言われますけど、、
違うんです(確かに癒されてるのは事実ですが。)。

私も「癒される。」とか「かわいそう。」という表現を極力使わないことにしています。

あえて表現するなら、私はBijouからpowerをもらってます。

シーザーさんの存在を知ってから犬達に対する捉え方が変わっていきましたね。
「犬は過去にくよくよせず、未来に不安を抱かず、今を生きている。」
私がハッとしたのは「未来に不安を抱かず。」

なんか人間って過去にも現在にも未来にもとらわれて生きてるなーって。それでストレスを感じふと、癒しを求める先が「猫カフェ」や「ふれあい動物園」だったりして、、、。

でも、あがさん、ペットが飼いたいけど住居や家族等のやむを得ない理由で飼えない人が生き物に触れたり抱いてみたりして得る暖かみにはYouTubeでは叶わないかなーって考えています。

そういえば、この前Twitterで呟きましたが、近所に捨てられてた3匹の仔猫達、無事新しい家族を見つけて超!ハッピーエンドでしたが、決まるまでは、救わなきゃ!救わなきゃ!の思いでいっぱいでしたね。

生き物を飼うことは、その子の命を預かることになるわけだから、シェルター出身でなくても、「助ける。」「守る。」気持ちは不可欠ですよ。そして色々学ぶんでしょうねー。Bijouには本当感謝してますよ。シーザーさんも私は感謝してます。

だらだら書き込みながら、うんうんと学習いたしました(*^^*)


追伸:スイカ食べました。Bijouも気に入ったみたい:-)また買いましたよ(カットサイズですが。)。




2012/06/05(火) 16:16:25 | URL | [ 編集]
はたはた
ズーマちゃんとぬぬちゃんがいたから、うれしかった~。
ニヤちゃんの、UMA顔で、あの文章もいいかも~。

癒されるとか助けられてるとかって、必死な時は
感じるひまなく、毎日過ごしてるけど、ふとした時とか
別れる時とか、次の子が来た時に、押し寄せて来るかなぁ。

私も、人間の楽しみや癒しのために動物を使うのは
もうそろそろ、やめにしよって思います。
そういうことに使われたすべての子が、最後の時まで、
大切にされるならいいけど、そうじゃないからね・・。
2012/06/05(火) 17:27:10 | URL | [ 編集]
ケンケン
ほんとそうですよねぇ。
癒しを求めるなら 写真やらYouTubeで一杯かわいい画像で
癒してもらうのが一番ですよ。
犬がかすがいな我が家だけど 犬が原因で夫婦喧嘩になる事もしばしば(笑)
疲れてても 犬達の仕草や寝顔みて「にへらぁ~」な顔にもなるし おばぁちゃん宅に行く時はいつも同伴してもらって助けて貰ってます^^
家の場合 獅子丸が来てから朝晩の散歩が日課になり健康的。
散歩中 ご近所さんとの会話が出来だした。
犬達に助けられてばっかりの 我が家なのでした(笑)
2012/06/05(火) 19:18:17 | URL | [ 編集]
あが
さゆまさん

保護施設の動物達は人間が思っている以上にいろんなことを感じ取っていると思います。
理屈で理解しているのではなく、あくまで感じ取っているということですが。
犬と暮らしていることを「癒されるね」と言われると違和感がありますよね。
手間もお金もかかるし心配事は増えるし、それでもそういうことを乗り越えた所には
確かに疲れた時悲しい時にこの子達がいてくれてよかったと感謝することはあるけれど
それはあくまでも結果であって、目的ではないですもんね。

人間はストレスを感じた時、動物と違ってとても多様なそれを和らげる方法を持っています。
人間のストレスを和らげる為に利用されている動物のストレスは誰が面倒を見るのでしょう。

生き物に触れて得る暖かみはyoutubeでは叶わないというのもある種のエゴではないでしょうか。
どうしても生き物に触れたいのであれば、それを商売にしている所になど行かなくても
週末の里親募集会に行ってみるとか、そういう所でのボランティアをしてみるとか方法は色々あると思うんです。
今すぐ里親になることはできなくても、そう言う場で人に撫でられることがリハビリになる動物もいます。
決してさゆまさんを責めているわけでも、言い負かそうとしているわけでもないのですよ。
これを読んで気が付いて下さる方もいるかもしれないと思って書いています。

3匹の捨て猫のことでは奔走して下さってありがとうございました。
皆家族が見つかって本当に良かったです。

Bijou君もスイカ気に入ったんですね。これから夏本番、今年はたくさんスイカを楽しんで下さいね〜。
2012/06/05(火) 22:09:22 | URL | [ 編集]
あが
はたはたさん

ズーマちゃんとぬぬちゃんってホント心和む感じの子達ですよね。
ニヤが入るとお笑い系になってしまうので(笑

そうですよね、はたはたさんの状態では毎日息つく暇もないですもんね。
でもうらヴィキちゃんが新入りを指導してくれたり
ナナココちゃんが黙って寄り添ったり、なずなちゃんが笑わせたり
そんなパワーははたはたさんが一番ご存知ですよね。

> そういうことに使われたすべての子が、最後の時まで、
> 大切にされるならいいけど、そうじゃないからね・・。
そう。少し古いけど広島のドッグパークとかね。
小規模でも似たような例はたくさんあるし。
考えてたら腹立って来た。まずい!(笑
2012/06/05(火) 22:18:42 | URL | [ 編集]
あが
ケンケンさん

私のストレス解消法はyoutubeで片っ端から可愛い動物動画を見ることですからね(笑

> 犬がかすがいな我が家だけど 犬が原因で夫婦喧嘩になる事もしばしば(笑)
あるあるあるある!同じくですよ〜。
> 疲れてても 犬達の仕草や寝顔みて「にへらぁ~」な顔にもなるし おばぁちゃん宅に行く時はいつも同伴してもらって助けて貰ってます^^
これも全く同じ。うちも義母がいた時には本当に文字通りニヤに助けてもらいました。
ニヤがいなかったら介護生活はもっとキツかっただろうなと思います。

> 家の場合 獅子丸が来てから朝晩の散歩が日課になり健康的。
それは獅子丸君からの恩返しですね、きっと。
犬が縁で近所の人と仲良くなるってありますよね。
いや〜ホント犬はすごいわ。
2012/06/05(火) 22:25:15 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。