旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

NKLA
今までにもこのブログで何度も紹介しているアメリカで一番大きな動物保護団体のひとつBest Friends Animal Society。
マイケル・ヴィックのところで保護された犬達を一番多く引き取った施設として、先日ロサンゼルスにオープンした市営シェルターを生まれ変わらせた施設のこととか。

そのベストフレンズが今週LAで新しい活動を始めました。
その名もNKLA

IMG_1849_20120420170113.jpg
「どういう意味?どういう活動?」

NKLAはNO KILL LOS ANGELESの頭文字。
ロサンゼルスを動物の殺処分ゼロの街にしようというキャンペーンです。
すごくかっこいいウェブサイトも出来ています。

http://nkla.org/

IMG_1850_20120420170113.jpg
「No More Homeless Petね。」


これはNKLAの所信表明のビデオ。

「私達は動物達のベストフレンド。私達はムーブメント。
 そして私達はLAをNo-killの街にするために専心する強く結びついた組織であり、想いを秘めた一人一人の人間です。
昨年LAのシェルターでは17000頭の健康で治療が可能な動物達が殺処分されました。
それぞれがかけがえのない命です。それぞれが愛されるペットとして救われるべきでした。
17000。この数字はゼロであるべきです。そして私達はそれを実現することができます。
皆が手を取り協力しあってこそそれは可能になるのです。
あなたも参加して下さい。力を貸して下さい。LAをNKLAにするために。」



そしてこちらは17日にLAの老舗ライブハウス「House of Blues」で開かれたオープニングイベントの模様。

ハウスオブブルースでパーティー、しかもセレブがいっぱい♪
こういう格好良さって、私はとってもいいことだと思う。
レスキュー活動って熱心な人だけが必死になってやるんじゃなくて、薄くても広ーくたくさんの人が気軽に参加出来る方が絶対に成果があがるはず。(もちろん熱心な人はとてもとても大切です。)

NKLA、私もちょっとずつ参加していきます。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner.gif
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
yukico
>レスキュー活動って熱心な人だけが必死になってやるんじゃ なくて、薄くても広ーくたくさんの人が気軽に参加出来る方 が絶対に成果があがるはず。

この言葉、ガルシアさんのセクシースマイル以上に
ぐっときました!いや、ほんとうに!

日本はお国柄なのかあんまり熱心だと、
冷めた目で見られるし、かといって、無関心でもなく
なにかと関わりたいっていうひとはたくさんいるはず。

ほんと「啓蒙活動、おっしゃ!」とかじゃなくて
いろ~んなタイプの「波」で広がってゆくことをまず、
認める社会であってほしいなあ!と思います。

あがさんも、楽しみつつ!

いつも素敵な情報発信、感謝です^-^*



2012/04/20(金) 02:01:44 | URL | [ 編集]
あが
yukicoさん

ガルシアさんのスマイル以上だなんて、身に余る光栄。
熱心に身を粉にして活動して下さってる方々には本当に頭が下がります。
でもそういう人達を遠巻きに見るだけで何もしない人が多いのは悲しいこと。

このNKLAみたいに「へ〜ちょっとかっこいいじゃない」って感じで
気軽にたくさんの人が参加できるようなものがあればいいなあと思います。
2012/04/20(金) 21:41:18 | URL | [ 編集]
えびし
スゴロバラシイ!
カリフォルニア州はキルシェルターに収容される犬の数が大分多い様で、カナダの団体も必死でレスキュー活動をしていますが、全然間に合わない様です。
こんな大規模なノンキルのシェルターが出来るのは素晴らしいですよね。

盛大なパーティするならそのお金で犬を救って、という声もあった様ですが、このセレブ達はきっと大きな額を寄付しているだろうし、他のお金持ちな人々へのアピールにもなるし、私も大賛成です。
他の地域では真似できない、ロスという土地柄を上手に利用して賢いやり方だと思います。
(ただ気をつけないと、これで大儲けする人なんかが出ちゃうと困りますが!)
これを第一歩に、こんな動きがどんどん広がってくれるといいですね~。
2012/04/21(土) 03:29:01 | URL | [ 編集]
あが
えびしさん

スゴロバラシイでしょ?(笑
カリフォルニアは地方自治体によってものすごく差があるんですよね。
SFなんかはかなりNo Killに近いところまで実現できているし
LAも公営のシェルターはキルシェルターだけど、プライベートシェルターへの引き渡しはかなり多く実施されている。
やっぱり大都市は人もお金も集まりやすいというのもあるのでしょうが。

> 盛大なパーティするならそのお金で犬を救って、という声もあった様ですが、このセレブ達はきっと大きな額を寄付しているだろうし、他のお金持ちな人々へのアピールにもなるし、私も大賛成です。
そうなんです。派手なことをすると必ずそういう声はあがります。
でも地味に禁欲的にやることだけが近道ではないと思うんですよね。
一見無駄に見えることが実はより大きな収穫に結びつくこともありますもんね。
本当にこの動きが広がって行ってほしいと心から思います。
2012/04/21(土) 18:45:46 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.