旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

犬ごはん復習 野菜編
ふと気がつくと前回食餌のことを書いてから2週間も経っている!
遅くなりましたが、犬の食餌と野菜の復習です。

私もそうだったのですが、犬の食餌を作る時どうしても人間がおちいりがちなのが
「体のために野菜をしっかり摂らなきゃね!」と思ってしまうこと。

IMG_9481.jpg
「野菜しっかりとるよ!ニンジンとか大好き!」

しかし犬は肉食寄りの雑食性。人間ほどたくさんの野菜は摂らなくても大丈夫。
まずそこのところを押さえておきましょう。

手作りの食餌を始めた頃は私もついつい「あれもこれも」と色んな野菜を足していっていましたが、今は5種類ほどの野菜を煮てフードプロセッサーでペーストにしたものを朝の食餌に加え、夕食には1種類の野菜とハーブだけという感じです。

IMG_2574.jpg
古い画像だけど、ボウルの中の右の方が野菜ペースト。肉は山羊肉。
ブツ切りのスイートポテトとセロリを煮込んで冷凍ミックスベジタブルを加えて一煮立ち。
それをフードプロセッサーにかけただけ。以前に比べるとすごく簡単に作っています。
(5種類ほどの野菜というのはミックスベジタブルを使ってるからなんですね~。)
野菜は季節によってカブになったりゴボウが入ったり、色々変わります。
上にかかってる緑色のは乾燥ハーブのネトルとダンデライオン。



IMG_1665.jpg
これは今日の夕ごはん。オートミールに圧力鍋で煮た骨付き鶏胸肉。
シュレッドしたズッキーニに昆布粉とブレンドハーブをトッピング。



と、まあ我が家の犬ごはんの野菜の一例はこんな感じです。


さて、手作りの食餌を作る時にもうひとつ多くの人が頭を悩ませること。
それは「犬に食べさせてはいけない食材」のことではないでしょうか。

誰でも知っているのは玉ねぎやネギを食べさせてはいけないということ。
これはネギ類の成分が血中のヘモグロビンを働けない状態にして溶血性貧血になってしまうから。

でも他にも犬にトマトはダメとか、キャベツなどアブラナ科の野菜はダメとか、色々な説を聞いて混乱してしまう人もいるかと思います。

そこで、私なりの整理を記録しておきます。

まず「犬にトマトはダメ」に代表されるナス科の野菜。
ナス、トマト、ピーマン、ジャガイモなどのナス科の野菜は植物毒の一種アルカロイド系成分を含むので与えてはいけないという説です。
確かにこれらの野菜にはアルカロイド系成分が含まれますが、その大部分は葉っぱや茎など普通は食べない部分に含まれています。
有名なところではジャガイモの芽にはソラニンという有毒物質が含まれるので、取り除かなくてはいけないと言われますね。その他のナス科の野菜も葉や茎に同じ系統の成分がありますが、可食部分ではないので普段あまり耳にしないわけです。

IMG_1667.jpg
こういうジャガイモの芽は本当に体に悪いのでしっかり取り除きます。
またポロリと落ちて気づかずにいると、犬や子供が口に入れてしまうこともあるかもしれないので取り扱いにもご注意を。
知人の愛犬は家庭菜園のジャガイモの芽を食べて吐血してたいへんなことになりました。
幸い今は回復していますけれどね。



我が家ではトマトもピーマンもジャガイモも犬達の食餌に使っています。
お腹を壊したり、具合が悪くなったことは1度もないので、これからも使っていくでしょう。
ただナス科の野菜は関節炎を悪化させることも稀にあるというので、ニコやニヤが関節炎を患ったら使うことは控えるかもしれません。
また何だかわからないけど少し体調が悪い、お腹が緩い、なんていう時にも与えることは避けます。

つまり「ナス科の野菜はアルカロイド系の成分を微量ながら含んでいるので、体調によっては影響があるかもしれない。」と知っておけば、何かあった時の心当たりにもなるし、あらかじめ避けることもできるということです。
だから「昨日のごはんにトマト入れちゃった!どうしよう!」と心配になる必要はないんです。
反対に「いや私は少しでも可能性があるなら使いたくない」という場合もそれはそれで正しいと思います。

どんな食品であっても、飼い主さんが不安に思いながら与える価値のあるものなどないと思うからです。


長くなったので「続きを読む」から。



人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-6.gif
人気ブログランキングへ
次はキャベツなどアブラナ科の野菜。
IMG_0272_20120314145501.jpg
「キャベツキャベツ~、ニコにも下さい。」


よく言われるのは甲状腺機能低下症の犬にはキャベツやブロッコリーなどアブラナ科の野菜を与えてはいけないというもの。
それはアブラナ科の野菜に含まれるゴイトリンという成分が、甲状腺のヨウ素を取り込む働きを邪魔するから。
しかしこのゴイトリンという成分は野菜にそのまんま含まれているのではなくて、他の物質から変換されてゴイトリンになります。変換するには「抽出」「粉砕」などの手順が必要で、野菜をそのまま食べてもゴイトリンには変換されません。
また最近の野菜は品種改良でゴイトリンに変換される物質が少なくなっていることもあり、ほとんど心配する必要は無さそうです。
(ただ「粉砕」「抽出」のプロセスを経る菜種油は甲状腺機能低下症には避けましょう。)

IMG_6032.jpg
これも古い画像ですが アジの干物(犬用)とブロッコリー、煮こごりスープの食餌。


ただし、甲状腺機能低下症とは関係がなくても、アブラナ科の野菜は犬によっては胃腸に刺激を与える場合もあります。
例えば大根の辛味成分。生の大根をポリポリ食べるのが好きな犬は多いですが、この辛味成分が胃腸を刺激してお腹が緩くなってしまうこともたまにあります。
ブロッコリーも同様で、犬によってはお腹が張ったり緩くなったりすることも。

これもだから与えてはいけないというわけではなくて、知っておけば、いざお腹が緩くなった時に「あ、大根が多過ぎたかな。」とか「この子はブロッコリー合わないみたいね。」と判断ができるわけです。
知らなければ「手作りで体にいいもの食べさせてるのになんで?」と途方に暮れてしまいますしね。


あんまり色々心配しないで与えられる野菜と言えば、ニンジン、セロリ、サツマイモ、カボチャ、サヤインゲン、ズッキーニ、そんなところでしょうか。
ただしこれらの野菜はどれも不溶性の食物繊維であるセルロースが豊富に含まれるので、量が多過ぎると胃腸に負担がかかってお腹が緩くなることもあります。

「なんだ!今日はやたらとお腹が緩くなるかもばかり言ってるな!」って思われたかもしれないですね。
そうなんです。なんだかうちの犬はお腹が緩いなあという原因が野菜の摂り過ぎという場合もけっこうあるんです。
これはドライフードの場合でも同じ。フードによってはフィラーと呼ばれる嵩増しのための食物繊維の量がとても多い物があります。ダイエット用のライトフードなどはそうですね。
犬によってはフードに含まれる食物繊維が多過ぎで負担になってお腹が緩む場合もあります。


お腹に優しい食物繊維と言えば水溶性のペクチン。果物に多く含まれます。
IMG_0347_20120314165034.jpg
今年の初イチゴ。ヘタのデカさがアメリカン「おかーさん早く下さい。」

イチゴやリンゴ、バナナは犬のオヤツにも最適です。
ちょっとお腹が緩い時にはすり下ろしリンゴに少し火を通してヨーグルトと混ぜたものを与えたりもします。
面倒な時には赤ちゃん用の離乳食を使うと言う手もありますよ。

私が一回の食餌にあまり多くの種類の野菜を使わないのは、何か問題があった時に原因を特定しやすくするためというのもあります。
まあ幸いニコもニヤも胃腸が鋼鉄のように丈夫なので、そんなことはほとんどないんですけれどね。


今回の参考サイトは
dog actually 「野菜と犬」

獣医師KONTANIの手作り食一問一答アブラナ科の野菜について

過去記事ではこちらもご参照下さい。
お腹のお掃除対策
ハーブとターキーとニヤのお腹


IMG_0290.jpg
「さ、やっと説明が終わったからごはんかな。」
スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/14(水) 00:46:33 | | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/14(水) 02:03:46 | | [ 編集]
えびし
ほぉ~、勉強になります。
ウチも飼い始めた頃はいつもユルユルでしたが、いつの間にか鋼鉄のお腹になりました。
何を食べても大丈夫なのはあり難いですよね~。
食事全体量からすると野菜はほんの少しだけど、トマトも大根もブロッコリーも普通に食べてます。

我が家は主食がナマ肉ですが、本格的なナマ肉派は野菜もナマらしいっす。
ウチの子は食いしん坊のクセに、私の作る「ミックス生野菜&フルーツ」にイヤな顔をするので、現在は調理した野菜を与えてます。
でも最近、市販の冷凍生野菜ペーストなら食べる事を発見し、しばらく生(野菜)に移行しようかな~なんて考えてました。
「生野菜 VS 調理済み(ゆで)野菜」そんなに変わらないのかしら?

ニコちゃんは生キャベツも調理済み野菜も喜んで食べるのね~。いい子ちゃんねぇ。
2012/03/14(水) 02:56:07 | URL | [ 編集]
riko
フムフムそうかフムフム 
学生時代に真剣に勉強しとくんだったな
そしたら今でももっと覚えがいいはずだよなー(^_^;)
ナス科の物は母の関節痛で知ったんですけど犬にも同じなんですね
ブロッコリーは気にも留めてなかったので量も適当でした(汗)
なんだか緩いって時に理由がわからない事あったりしました
もしかしたらって思い当たる物が分かると次回から気をつけてあげられます(*^_^*)
その野菜の何がどう影響するのかがよく分かりました!
2012/03/14(水) 05:27:01 | URL | [ 編集]
cherryslice
今日も勉強になりました。ありがとうございます。
しっかり量もあげているつもりなんですが、うん○の量がぐっと減ったんですよね…。とくに小さいこの方が…。回数は同じなんですが、ころころっとしたのが数個って日もあります。ドライフードをあげていた時も、フードによって左右していました。

こういう場合は、野菜を増やした方がいいのか、穀物類をふやしていいのかがわかりません(たんぱく質系のものは計算してしっかりとっていると思います)。日本米だと便秘になりやすいのかしら?(ヨーロッパの時はタイ米が主食だったのでそれをあげていたのですが、こういうことはありませんでした)最近はパスタか、オートミールを中心にあげてます。

便秘にはオオバコをお薦めしてましたが、でないものを出すっていう風でもないしな…ってカンジです。ほんと、毎日わんこと私とうん○の三者面談です。
2012/03/14(水) 06:04:31 | URL | [ 編集]
ユキエ
野菜はアク抜きのつもりで茹でたものを少量ご飯にまぜていましたが、草をむしゃむしゃ食べるので時々生の豆苗をあげてます。
でも、やっぱり草食べます。
雪の下の昨シーズン物の草を・・・

過去記事読んで、サイリウム注文します。
ローラにも私にも必要です。

ローラは野菜も果物も食べたことがなかったみたいで、まったく興味もなく、最近りんごを少し食べるようになりました。

欲しがらないんだから放っておけばいいのに、ついつい私たちが果物を食べるとき、少しあげたくなっちゃうんです。



2012/03/14(水) 07:51:39 | URL | [ 編集]
あやここ
うちの子達は、ほぼ毎日何かしらのアブラナ科の野菜食べてます。一応気にはしてますが、
にこもカンピロバクター退治してから一度もお腹がゆるくならないので、まあいいかと(~_~;)

他の野菜も好き嫌いなく食べてくれるので、その時ある
野菜を4~5種類で作ってます。

生野菜はご飯作りの時に切れ端をあげる程度で、基本は加熱に。なんとなくですが、
茹でるより炒めた方がうんPに未消化物が少ない気がします。(生は別として)
ただ、回数が多いんですよ・・日に3回位。繊維質が多いのかなー。栄養が吸収されず、出てたら嫌だな・・。

あ・あと前回のお話のカルシウム!!やっぱりサプリメントをプラスする事にしました。
キッチンドックさんのサプリです(^.^)
何でも食べる子達なので、錠剤のままポリポリ食べてます・・。

お野菜復讐編も勉強になりました。
あがさん、ありがとうございまーす!!











2012/03/14(水) 08:02:36 | URL | [ 編集]
ケンケン
じゃが芋などの芽は牛でさえ死んじゃうくらいの猛毒が含まれてるそうです。
私の実家は但馬牛の産地で子供頃から
近所の牛飼いのおじさん所の牛がじゃが芋食べて命を
落としたのが鮮明な記憶に残ってます。
17歳の高齢犬になってくると 生の野菜だとお腹が緩くなりやすいから 食後にキャベツの芯とか大根を歯磨きかわりにあげてます。今の所いいうんPです^^
2012/03/14(水) 16:53:07 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントMさん

興味深いと言って頂けてよかったです。
特定の野菜や果物にアレルギーの出る人というのも多いので
植物の成分ってあなどれないんですよね。
でも体に良い成分ももちろんあるので、知っておけば賢く選択できますもんね。
面倒くさがりとおっしゃるのは、何も支障のない良い状態だからこそ。
本当はそれが一番ですよね~。
2012/03/14(水) 22:42:11 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントYさん

ハーブや精油のプロでいらしたんですね。
アロマ精油は猫には危険ですが、犬の場合は便利に使えますよ。
ダンデライオンコーヒーはフリーズドライとかではなくて
ローストしただけのものなら、食餌にパラパラふりかけて使えますよ。
でも利尿作用が高いので、朝だけの使用がお勧めですが。

ほうれん草は灰汁が気になるなら、小松菜や白菜にしてはどうでしょう。
気になりながら与え続けなくても他に選択肢はたくさんありますからね。
スキムミルクは、乳糖不耐性の場合お腹が緩くなったりオナラが多くなったりすることもあるのでよく観察して下さいね。
それから冷凍にして保存していらっしゃるペースト、それだけで十分に水分が含まれますので
そこにお湯をかけると水分多過ぎではないでしょうか?その辺りは調整してみて下さい。
2012/03/14(水) 22:48:46 | URL | [ 編集]
あが
えびしさん

鋼鉄のお腹はありがたいですよね~。
つるりんはグリーントライプなんかも定期的にもらってるから
腸内環境が理想的な状態になってるんだと思います。

本格的な生肉派で野菜も全部生の食餌見たことあります!
なんかすごいワイルドで笑ってしまうほどでした。
つるりん生野菜やフルーツは嫌いなんだ~。
うちは生のサヤインゲンとかニンジン大好きです。
いい子と言うよりも単なる食欲魔神です。

生野菜は酵素などが破壊されずに摂れるのが良い所ですよね。
でも嫌がって食べないなら仕方ないし、その辺緩くてもいいんじゃないかな~と思ってます。
> ウチも飼い始めた頃はいつもユルユルでしたが、いつの間にか鋼鉄のお腹になりました。
> 何を食べても大丈夫なのはあり難いですよね~。
> 食事全体量からすると野菜はほんの少しだけど、トマトも大根もブロッコリーも普通に食べてます。
>
> 我が家は主食がナマ肉ですが、本格的なナマ肉派は野菜もナマらしいっす。
> ウチの子は食いしん坊のクセに、私の作る「ミックス生野菜&フルーツ」にイヤな顔をするので、現在は調理した野菜を与えてます。
> でも最近、市販の冷凍生野菜ペーストなら食べる事を発見し、しばらく生(野菜)に移行しようかな~なんて考えてました。
> 「生野菜 VS 調理済み(ゆで)野菜」そんなに変わらないのかしら?
>
> ニコちゃんは生キャベツも調理済み野菜も喜んで食べるのね~。いい子ちゃんねぇ。
2012/03/14(水) 22:52:14 | URL | [ 編集]
あが
rikoさん

そうなんですよ、ナス科と関節炎は犬でも同じだそうです。
必ず悪いというわけではないし、ナス科を止めたら必ず改善するというわけでもないようですが。
ブロッコリーも一度にそんなに大量にあげる人もいないだろうし(笑
そんなに気にしなくていいと思うのですが、

> もしかしたらって思い当たる物が分かると次回から気をつけてあげられます(*^_^*)
ここがポイントですね!
2012/03/14(水) 22:54:54 | URL | [ 編集]
あが
cherrysliceさん

手作り、特に生肉を食べさせると便の量が減るというのは皆さん言われますね。
便秘というわけでなければ、しっかり消化吸収されてるということで
良いことなんだと思います。

> こういう場合は、野菜を増やした方がいいのか、穀物類をふやしていいのかがわかりません
増やさなくてもいいと思うんですよ。
食物繊維と犬に関してはこちらをご覧下さい。
http://www.dogactually.net/blog/2009/03/1-04c7.html

>日本米だと便秘になりやすいのかしら?
多分便秘というわけではないと思うのですが、確かに粘りの強い日本米は
食べ慣れない人や犬にとってはお腹の調子が狂うみたいですね。
これも今度書こうと思っているのですが、その犬が元々の産地で
先祖代々食べて来た食材というのが一番体に合っているはずなので
パスタやオートミールというのは良い選択だと思います。
2012/03/14(水) 23:01:18 | URL | [ 編集]
あが
ユキエさん

ローラちゃんは草が好きなんですね(笑
うちのニコも好きですよ。除草剤や殺虫剤のまかれてない所だけと気をつけていますが。
草の好きな子にはペットショップで売ってる猫草もいいみたいですよ。

> 欲しがらないんだから放っておけばいいのに、ついつい私たちが果物を食べるとき、少しあげたくなっちゃうんです。
わかりますわかります。これから暖かくなると果物の種類も増えるので楽しみですね。

サイリウムはローラちゃんなら小さじ4分の1くらいから始めると良いと思います。
本当に気持ちよく効果が出ますよ~(笑)
2012/03/14(水) 23:06:54 | URL | [ 編集]
あが
あやここさん

実はこんな記事を書きながら私が一番気にしてないかもしれない(笑
アブラナ科もナス科もセルロースもバンバン食べてます。

> ただ、回数が多いんですよ・・日に3回位。繊維質が多いのかなー。
ニヤは1日に5回くらいしますよ。
ニコも1歳半くらいまで1日5回くらいしてました。
にさんこちゃんまだ1歳だし、変わって来るかもしれないですよ。
ニヤは今でも5回だけど。でもまあ栄養は採れてるみたいだし。

> 何でも食べる子達なので、錠剤のままポリポリ食べてます・・。
えらいですね!いい子いい子~。
2012/03/14(水) 23:11:06 | URL | [ 編集]
あが
ケンケンさん

えええっ!そうなんですか!牛も死んじゃうの!?
こわ~。ますますジャガイモの芽の取り扱いに注意しよう。
子供の頃に見たらそれは鮮明な記憶になりますよねえ。

> 17歳の高齢犬になってくると 生の野菜だとお腹が緩くなりやすいから 食後にキャベツの芯とか大根を歯磨きかわりにあげてます。今の所いいうんPです^^
ベル様ご立派♪ベン君も元気だし、やっぱり日頃の良いごはんのおかげですね。

2012/03/14(水) 23:13:21 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.