旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
猫と話ができる男
最近アニマルプラネットチャンネルでチラリと観て釘付けになった番組があります。
その名も「My Cat from Hell(地獄から来たうちの猫)」

IMG_4042_20101006111704.jpg
「どんな番組やねん」

はい、猫さま、今ご説明いたします。

一言で云えば、猫の躾悩み相談番組。
1時間の枠の中で2~3組の家族が登場して飼い猫の行動がいかにたいへんかを訴え
そこにジャクソン・ギャラクシーさんという、猫版シーザーさんのような人が現れて
問題を解決するという趣向です。

IMG_6791.jpg
「なんだ猫の話か。じゃ、今日はあたしは関係ないわね。」

from Hellなどと呼ばれるだけあって、どの猫もツワモノぞろい。
たいていの飼い主さんが噛まれたり引っ掻かれたりの目に遭っています。

ジャクソンさんは夜はミュージシャンとして、昼は猫コンサルタントとして活動中。
両腕にいっぱいタトゥーの入った彼が、凶暴で飼い主さんの手に負えない猫を
あっと云う間に変身させてしまうのはなかなかの見物です。

IMG_7299.jpg
「ふ~ん」


例えば、一緒に暮らし始めたカップルと猫。ご主人が連れて来た猫と奥さんの相性がどうにも悪い。
奥さんを見ればギャーと唸り、手を出せば引っ掻く猫を奥さんは「どこかにやってほしい」と言う。
そこに現れたジャクソンさんがしばらく猫を観察して、奥さんに言った言葉は
「あなたはこの猫と接する時、ナーバスになっていて最初から悪い印象しか持っていない。
猫はそれを感じ取っているんです。」
あらら?なんだ、シーザーさんがいつも犬のことを言ってるのと全く同じじゃない。
さらにご主人にも「あなたは猫を愛するあまり、いつも興奮気味のハイテンションで接している。猫にとってはそれも心地よくないのです。」
「猫が部屋に入って来たら、目を合わせず、触らず、声もかけない。」
お~!これもシーザーさんのNo Talk No Touch No Eye contactと同じ!
「こちらから猫に触るのではなくて、猫に触れさせる。
猫はあなたに体を押し付けてマーキングを始めますから、黙ってそれをさせて下さい。」

IMG_6792.jpg
「そりゃ、この猫どっかにやってなんて思ってたら猫だってわかるわよ。」


その奥さんはヨガのインストラクターをしている人でした。
そこでジャクソンさんは「ヨガに大切なのは呼吸とエネルギーですよね。猫と接する時、クラスでヨガを教える時のように呼吸を整えてみて下さい。」
飼い主2人が言われた通りに気持ちを整えて猫に接すると、いきなり猫の態度も変わりました。

さらに、ジャクソンさんがどの飼い主にもいつも言うのは「きちんとエネルギー発散させてやること」
「こちらが猫のニーズを満たしてやって、初めて猫もこちらの望むように行動する」

なんだ、犬と猫ってずいぶん違うと思ってたけど基本は全く同じじゃないの。
もちろん、そこは違う生き物ですから具体的な対策は違うけれど、考え方は同じ。

猫は犬と違って毎日散歩に行くわけではないので、家の中でエネルギーを発散させてやらなくてはいけません。そのために絶対に必要なのが上下運動ができる環境だそうです。
キャットタワーは絶対に必須。タワーから飛び移れる足場を猫の動線に沿って作ってやることが大切。
棚の上などは猫が通れるように小物などは置かないように。
そしてさらに紐のついた猫おもちゃなどで、猫の狩り行動を満足させるべく遊びの時間を作る。
猫が外の世界を見られるように猫が窓際に座れる場所を作ってやる。

前述のご主人は、なかなかブラッシングさせてくれない猫に手を焼いて
おもちゃで遊びながら隙を見てはブラシをかけるということをしていたのですが
それも「おもちゃで遊んでいる楽しい時間がいきなり中断されてそんなことをされたら、猫はブラッシングに対して悪い印象しか持たなくなります。
膝の上でリラックスしている時に最初は手で撫でてやり、ブラッシングをしてその都度オヤツを与える。そうすることで、ブラッシングの後には良いことがあると印象づけるのが大切です。」

IMG_7301.jpg
「ブラッシングのあとはおやつ・・・でもブラッシングはヤだ。」


ジャクソンさんの言うことが、いちいちシーザーさんがいつも言うことと重なって「なるほどねえ」の連続です。

そうそう。「自分の猫のエネルギーレベルを理解してやること」というのも言われていましたよ。
猫にもまったりするのが大好きな子もいれば、年中どこかに飛び乗ったり走っているのが好きな子もいる。
以前に飼っていた猫がまったりタイプだったからといって、猫が全てそういうものだと思わないこと。
なんだ~、やっぱり犬と同じじゃないの~。


結局のところ、犬であれ、猫であれ、はたまた馬であれ、動物はあなたのエネルギーを感じ取っているということ。そして相手に望むことがあるならば、まずは動物のニーズを満たしてやることが大切なのね、と当たり前の原点に気づかされたのでした。
いろんなトレーニングの流儀があるけれど、大切な基本はどれも同じはず。
反対にこの大切なことを忘れていると、どんな立派なトレーニング方法も意味がないんだな。


では最後ですが、My Cat from Hellの番組宣伝動画です。
ジャクソンさんのちょっとタフな外見とパパイヤ鈴木チックな可愛い瞳に注目。







人気ブログランキング参加中。ポチッとクリックお願いいたします。
br_decobanner_20110623164417.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
スポンサーサイト
ベックマン
ほんとだ!猫版シーザーさんだ。番組の構成も同じように見える(笑)

動物と一緒に暮らす原点は、動物がなんであっても同じ。相手を知ること、相手が何を伝えたいのかを見る・感じること・・・人間同士だって、いやだなって思っている相手と一緒に住むなんて無理なんだし(笑)

まぁ、人間、犬、猫、鳥、馬・・・それぞれ表現の仕方が違うのでこれがまたむずかしいぃ。でも解った時の喜びはまたひとしお・・・ですかね。

みんな、気持ちよく一緒に暮らしたいですよね♪
2011/06/23(木) 00:21:00 | URL | [ 編集]
ちーとまる子
これって、シーザーさんの教えそのものじゃないですか!!
基本はやはり同じなんですね~。
ネコってイメージとしては犬よりも扱いにくいっていう勝手な思い込みがあるんですが、毅然とした態度で相手のエネルギーを感じ取って接すれば、ちゃんと通じるんですね。

強面のカレ・・・。確かに目がくりくりでかわい♪笑
カレよりも、キレているネコちゃんが怖い・・・!!
引っ掻かれたくない~!!!汗
2011/06/23(木) 05:10:15 | URL | [ 編集]
ケイ
うちはTVが映らないので知りませんでした…(映っていた頃はよく観ていたチャンネル)シーザーさん猫版、全くもってその通りですね!!!

日本の「志村動物園」という番組に、動物の気持ちが解かるというアメリカ人のハイジ(日本語発音)という女性が、猫の気持ちを落ち着けるためにゆっくりと瞬きをするシーンがありました。
UPして頂いている宣伝を拝見して、ジャクソンさんが似たようなことしていて、「やっぱり同じなんだ~」と感動してしまいました。

動物を飼うならその生態を理解することからまず始めないと、ですよね。人間自分本位に押し付けても、分かり合えない。言葉が通じないのですから。
でもだからこそ、とても単純なことで通じ合える。

たくさんの動物達が幸せに人間と共存出来るといいですね。
2011/06/23(木) 10:27:35 | URL | [ 編集]
高見沢琴乃
猫は気まぐれ犬より扱いにくいとはよく言いますが、
基本のスタンスは全く同じなんですね。
わが家の旦那に言ってやりたい。猫を預かりするたびに「猫と犬と扱いが違う。犬と違って猫は構いすぎては
いけない」なんて言っておりますので。
2011/06/23(木) 14:58:31 | URL | [ 編集]
ちゃあ
今回のお話、私にはけっこうショックでした…!

そう、私は猫と接するときは、自然と心で話せていたのです。それって私が最初から「猫、大好き!」だったせいもあると思うのですが。

くらべてむうは、「犬はちゃんとしつけなきゃ!」という思いが強すぎて、なにより大切な心を通わすことをおろそかにしていた気がします…。

私にとって、猫は「愛」そのもの、対して犬は「責任」と「理性(感情のコントロール)」をそれぞれ教えてくれる存在です。(もちろんそれだけ、ではないですけれど)

犬って猫に比べたら「何を考えているか」はすごくよく分かります。でも「どうしてそう考えるか」が、猫は苦もなく分かったのですが、犬はまったく分かりませんでした。今でも理屈ではわかるのですが、猫ほどしっくりこないのです。それが私が猫派たるゆえんなのでしょう。(犬派の母は猫が死んだとき、「十年以上飼ってきたけど、結局猫が何を考えているのか分からなかった」と言っていて、心底驚いた憶えがあります、やはりそうはいっても犬と猫は「ちがう」とは感じます)

なので一生懸命「イヌ」という種についてベンキョーしたのですが、どうも頭でっかちになっていたな…と最近反省していたところでした。

もちろん、とうぜんベンキョーは必要だったと思うのですが、これからはヒトである私といういきもの、対イヌであるむうといういきもの、という基本に還りたい深く思いました!


※毎回、時差を無視した長文書き込み、申し訳ないです。お返事は無理しないでくださいませ!

2011/06/23(木) 18:59:37 | URL | [ 編集]
あが
ベックマンさん
番組の構成、ホントによく似てるんですよ。
アニマルプラネット、ちょっと手抜いてないか?って感じで(笑

> 動物と一緒に暮らす原点は、動物がなんであっても同じ。相手を知ること、相手が何を伝えたいのかを見る・感じること・・・人間同士だって、いやだなって思っている相手と一緒に住むなんて無理なんだし(笑)
そう、それが全てですよね。
動物の方はこっちの感情もエネルギーも感じ取ってるんだから
こっちも相手のことをちゃんとわかってやらないと。

一緒に住むのに一番難しい相手は人間かも~(笑
2011/06/23(木) 20:41:02 | URL | [ 編集]
あが
ちーとまる子さん
笑っちゃうくらい一緒でしょ?

> ネコってイメージとしては犬よりも扱いにくいっていう勝手な思い込みがあるんですが、毅然とした態度で相手のエネルギーを感じ取って接すれば、ちゃんと通じるんですね。
ポイントは落ち着いて、平静な気持ちでいることみたいですね。
ドアを開けるとすぐに脱走しようとする猫ちゃんの飼い主さんは
いつもドアを開ける時に緊張してガチガチになってたんです。
それをジャクソンさんに「あなたはガチガチの緊張エネルギーを部屋に持ち込んでいる」と
指摘していました。その時も「あ~同じなんだなあ」と納得。


> カレよりも、キレているネコちゃんが怖い・・・!!
ははははは!だって地獄から来たネコちゃん達ですからね~(笑
でもこの子達もみーんな可愛い良い子に変身しましたよ~。
2011/06/23(木) 20:46:27 | URL | [ 編集]
あが
ケイさん
「志村動物園」のハイジさんという女性のお話は聞いたことがあります。
猫でも犬でも目って人間が思っている以上に大切なコミュニケーションツールですよね。
またジャクソンさんの目は大きくて印象的だし(笑

> 動物を飼うならその生態を理解することからまず始めないと、ですよね。
そう、その基本からできていない場合も多いですもんね。
言葉は通じないけれど、エネルギーは通じ合える。これがキーですね。
2011/06/23(木) 20:54:53 | URL | [ 編集]
あが
高見沢琴乃さん
基本は犬でも猫でも馬でも熊でも同じみたいですね。
他の動物を扱うテレビ番組等を見ているとそう思います。

> わが家の旦那に言ってやりたい。猫を預かりするたびに「猫と犬と扱いが違う。犬と違って猫は構いすぎては
> いけない」なんて言っておりますので。
あ、でもご主人のおっしゃることもその通りかもしれません。
基本の心構えは同じだけれど、具体的なアクションはやはり動物によって違う。
猫はこちらから構うというよりも、あちらに構わせるという感じみたいに思えます。
いつか猫とも暮らしてみたいなあと思っている私です。
2011/06/23(木) 20:57:44 | URL | [ 編集]
あが
ちゃあさん
なるほど~。猫派のちゃあさんのお言葉、興味深いです。
犬と猫の違い、具体的にそういう感じなんですねえ。
我が家の犬達は何を考えているか、笑っちゃうくらいにわかりやすいけれど
どうしてそう考えるか、とあんまり考えたことがなかったかも。
逆に言えば考える必要もないくらいにシンプルでわかりやすい。

何はともあれ、ちゃあさんとむうちゃんのお役に立てたならこんなに嬉しいことはありません。


> ※毎回、時差を無視した長文書き込み、申し訳ないです。
申し訳ないだなんてとんでもないですよ!長文で書き込み頂けるのも嬉しいですし
いつも興味深いお話を読ませて頂いています。いつもありがとうございます。
2011/06/23(木) 21:04:49 | URL | [ 編集]
はたはた
種の違いはあるけど、動物との関わり方って
大切な事は同じですね。
・・・っていうか、人間が上から目線というか
エラソー過ぎだすな。

ちゃんと敬意を払って、あいさつして。
犬とか猫とかひとくくりじゃなくて、
みんなそれぞれ違って、個性あるひとりだし。

人間がダメにしてることたくさんありますよねぇ。
2011/06/23(木) 21:06:38 | URL | [ 編集]
あが
はたはたさん
まったくだすな。人間が一番ダメ。
相手の空気=エネルギーを読めばわかることいっぱいあるのにね。

>犬とか猫とかひとくくりじゃなくて、
>みんなそれぞれ違って、個性あるひとりだし。
そうそうそう!ジャクソンさんもまーったく同じことおっしゃってましたよ!

人間同士でもそうですよね。
日本人は、アメリカ人は、男は、女は、一括りにできるわけないのに。

2011/06/23(木) 21:35:55 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/25(土) 00:23:16 | | [ 編集]
あが
秘密コメントさん
そう言って頂けるととっても嬉しいです。
シーザーさんがいつも言うのですが「犬はあなたの鏡」
犬に限らず、自分が向き合う動物のことをバカ呼ばわりするのは
すなわち自分がバカだと公言してるってことですねえ(笑

せっかくの機会ですもの、落ち着いてお話聞けてよかったですね。
他のお話聞かれた時など、もしよろしかったらシェアして下さいませ。
コメントありがとうございました。
コメントがあった記事を読む
2011/06/25(土) 22:02:40 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。