旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
The LOST DOGS ジョニー、ファイナル
The Lost Dogs: Michael Vick\'s Dogs and Their Tale of Rescue and RedemptionThe Lost Dogs: Michael Vick\'s Dogs and Their Tale of Rescue and Redemption
(2010/09/16)
Jim Gorant

商品詳細を見る


1月にスタートしたThe LOST DOGSシリーズ、いよいよ今日が最後です。
今日も含めて全16回、お付き合いありがとうございました。
さて、先週の記事の最後で再会したクリスさんとジョニーのお話の続きです。


捜査から保護まで


シェルターそして査定

査定から選別へ

新しい世界、ローズとジョージア

人間達


リトルレッド


リトルレッドとボーイフレンド達

クライマックスの前に


ジャスミン


ジャスミンとカタリーナさん


ジャスミンの家

バウンサー

レオ

ジョニー・ロットン

ジョニー・ジャスティス


どうしてもジョニーのことが忘れられなかったボランティアのクリスさん、一時預かりのヘクターを新しい飼い主さんの元に送り出した、その翌日にジョニーを迎えに行きました。

感動の再会!と思うでしょう?それがちょっと違っていたんですよ。
ジョニーはどことなくよそよそしくて、以前に興味を持っていたものに無関心になっていました。

IMG_6519.jpg
「そりゃしょうがないわよ。あたしはジョニーの気持ちわかるわ。」


クリスさんはもちろんちょっと悲しかったけれど。我慢強く以前と同じルーティーンを繰り返すことにしました。ほどなくして、ジョニーは元の彼に戻りました(ほっ。よかった。)クリスさんとジョニーの絆もまた強く結ばれ、ヘクターが合格した検定試験にも挑戦し、合格することができました。

クリスさんはただテストに合格するだけではなくて、ジョニーのために何かもっと大きなゴールを用意してやりたいと考え始めていました。それが何か、良いアイデアは浮かばなかったのですが。


IMG_6438.jpg
「なんだろ?どんなゴールだろ?」

ジョニーがクリスさんのもとに戻って来て2ヶ月ほど経った、ある8月の週末。クリスさんとジェンさんは先住犬のリリーとジョニー、そしてもう一頭BAD RAPで預かっているヴィックの犬ウバを連れて公園に散歩に行きました。
公園では何か子供のイベントが行われていたようで、たくさんの子供達の姿が見えました。
子供達はジョニーを見つけるなり、大喜びで走って来てあっと言う間に10人以上の子供がジョニーを取り囲んでしまいました。
クリスさんは少しばかり慌てていました。こんな状況は経験したことがなかったし、どう対処していいものかわからなかったのです。
しかしジョニーは子供達に囲まれて気持ちが高揚してはいたものの、とても嬉しそうで落ち着いていました。クリスさんは、改めて子供達に犬の撫で方や遊び方、どこを掻いてやると喜ぶかなどを教え始めました。

この経験がクリスさんにあることを思いつかせました。

IMG_6520.jpg
「ふふふ、いよいよね。」



では、その「いよいよ」は<続きを読む>から。



クリスさんはジョニーをセラピードッグに挑戦させようと考えました。
彼は先住犬のリリーもセラピードッグの試験に合格させています。
(関節炎で手術の経験もあるリリーに無理をさせないために、実際の仕事をさせることはしていません。)
でも若くて元気で、その上子供が大好きなジョニーなら!

クリスさんはリサーチを重ねて、本の音読が苦手な子供のためのセラピードッグがあることを知りました。人前で本を読む事が苦手な子でも、じっと我慢強く聞いてくれて、決して笑ったり批判したりしない犬の前でなら、伸び伸びと本を読む練習ができる。そうして子供達に自信をつけていこうというセラピーです

IMG_0489_20110503143446.jpg
「ニコも本読めるよ。」

クリスさんはPaws for Tales(肉球お話クラブとでも訳しましょうか。笑)というプログラムを運営する団体に連絡を取りました。規定では、セラピードッグの訓練を受ける条件としてAKCの検定試験合格が義務づけられていました。ジョニーはもう既に合格済み!

約3ヶ月のクリスさんとの二人三脚(いや、五脚か)の訓練を経て、ジョニーは正式にセラピードッグとして合格しました。

2008年の11月、クリスさんの所に来てから約13ヶ月後、ジョニーはサンマテオ市の公営図書館でセラピードッグとしてのデビューを飾りました。
ヴィックの所から保護されてから、たったの1年7ヶ月の間の進歩です。
Jonny+.jpg

正式にクリスさんとジェンさんのお家の子として迎えられたジョニー。
もう、何にも心配する事は無くて、ずっとずーっと幸せですね。


こちらはCBSの番組で紹介されたヴィックの犬達のエピソードの動画。
1分57秒の所で登場するのが、本の著者ジム・ゴーラント氏です。(なかなかカッコいい)
そして3分くらいの所で登場するのが我らがジョニー。図書館でのお仕事の様子も紹介されているので必見ですよ。
後半、スタジオにゲストとして登場しているのは前回紹介したヘクターと飼い主さんです。
胸の傷跡が痛々しいけれど、とても落ち着いてお行儀良くしていますよ。





The LOST DOGS、これでおしまいです。なんだか自分でもちょっと寂しいです。
でも、ずいぶん長くおつきあい頂いたけれど、実際の本の内容はもっと濃くて厚みがあります。
もしも機会があったら「この話は知ってるからいいわ~」と言わずにぜひ実際の本を手に取ってみて頂きたいと思います。わざと紹介していないエピソードなどもたくさんあるんですよ。

こちらはBAD RAPから幸せな家庭へ送り出された犬達のブログです。それぞれの飼い主さんが交代で更新されているようです。写真を見るだけでもとても楽しいですよ。

Vick Dog Blog


来週はちょこっとおまけを紹介しようかな。
スポンサーサイト

ジュンコ
あがさん、ありがとうございました。
ヴィックの犬たちの事(悪い事もいい事も)を知ることが出来て良かったです。

沢山の方々の努力と手厚いサポート、犬たちには幸せになって欲しいです。




2011/05/02(月) 22:58:40 | URL | [ 編集]
ハせ姉
本当に終わってしまうのが寂しいですね。
ありがとうございました。
いろいろと勉強になりました。

2枚目のニコちゃんの写真、やっぱりハンナにそっくりですね~
2011/05/03(火) 01:44:20 | URL | [ 編集]
ベックマン
元の本のニュアンスを崩さずに要約してお伝えするの、とても大変だろうなぁっと毎回感動してましたわ。
ほんとにお疲れさまでした。そしてありがとう♪♪

いやぁ、ほんとに?おわっちゃうの?うーん・・・さびしぃ。(笑)

あがさんに感謝、感謝です。

PS:応援団長のお仕事がなくなってしまうわ・・・(笑)
2011/05/03(火) 04:55:59 | URL | [ 編集]
miniwindi
あがさん、どうもありがとうございます。
毎回毎回、本当に楽しみに読ませて頂きました。

クリスさんとジョニーの再会、ジョニーがよそよそしかったって、
「どうせ、また、他所へ行かされるなら。。」って気持ちだったんでしょうね。不憫です。だから、クリスさん達「自分達の犬は一頭」って決め事を覆しても、ジョニーを迎えたのですね。ハッピーエンドで良かった!
2011/05/03(火) 06:26:01 | URL | [ 編集]
るーまま
リトルレッド、ジャスミン、そしてジョニーたち各々の表情が
活き々々とよみがえってきます!
まるで自分もその都度随行していたかのように。。

お忙しい中、あがさん ほんとうに愛情を込めて伝えて下さって
ありがとうございました。
表情ゆたかなピットブルの素敵さもしっかりインプットされました!
これまでの大勢の人たちの大変なご尽力には感謝しかありませんね。

 ジョニーのセラピードッグはぴったりですね♪ 

いろんなことを学ばせていただきました。。ありがとう^^*
2011/05/03(火) 07:03:27 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/05(木) 04:13:47 | | [ 編集]
ミカ
CBSのビデオフテッジのなかで言われた”forgiveness"。

本当に、
ワンコちゃん達は私達の愚かさをただただ受け入れ許してくれますよね。

そして、
こんな、一途でピュアな愛を裏切る様な行為だけは人として、
また、彼らのバディとしてしてはいけないなと、思いますよね。
2011/05/05(木) 22:46:00 | URL | [ 編集]
あが
ジュンコさん
早々にコメント頂いていたのにお返事遅くなってごめんなさい。
こちらこそ、読んで下さってありがとうございました。
ヴィックの犬達だけでなく、1頭でも多くの犬が続いて欲しいですよね~。
2011/05/05(木) 23:58:30 | URL | [ 編集]
あが
ハせ姉さん
お返事遅くなってごめんなさい。
寂しいと言って頂けて本当に嬉しいです。ありがとうございます。

> 2枚目のニコちゃんの写真、やっぱりハンナにそっくりですね~
あら!そうなんですか!ハンナちゃんはキリリとした印象が強いので
こんなちょっと情けない顔ってあまり見ない気がしていました。
ニコの眉毛を消して色を薄くして想像してみます(笑
2011/05/06(金) 00:00:38 | URL | [ 編集]
あが
ベックマンさん
お返事遅くなってごめんなさい。
実際に本を読んでいらっしゃるベックマンさんがいらした事は
気持ち的にとても大きなバックアップでした。ありがとうございます。

> PS:応援団長のお仕事がなくなってしまうわ・・・(笑)
いえいえ、引き続き応援お願いいたします~!団長様。
2011/05/06(金) 00:03:32 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん
お返事遅くなってごめんなさい。
毎回コメントを頂いて本当にありがとうございました。
>
> クリスさんとジョニーの再会、ジョニーがよそよそしかったって、
> 「どうせ、また、他所へ行かされるなら。。」って気持ちだったんでしょうね。不憫です。
そうですよね。犬にしてみたら「なんでまた?」って思いますよね。
でもジョニーは今最高に幸せな犬の1頭です。
やっぱり最後はハッピーエンドがいいですよね~。
2011/05/06(金) 00:06:17 | URL | [ 編集]
あが
るーままさん
お返事遅くなってごめんなさい!

> まるで自分もその都度随行していたかのように。。
あ~なんて嬉しいお言葉を!本当にありがとうございます。

> 表情ゆたかなピットブルの素敵さもしっかりインプットされました!
> これまでの大勢の人たちの大変なご尽力には感謝しかありませんね。
ふっふっふ、来週のおまけをお楽しみになさって下さいね。
2011/05/06(金) 00:09:25 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん
お返事遅くなってごめんなさい。
確かに時間もかかったし、普通のブログの記事のようにはいかなかったのですが
たいへんという思いは全くなかったのですよ。むしろ楽しい気持ちの方が勝っていました。
でもそれも、読んで下さる方がいてこそのこと。
優しいお言葉をどうもありがとうございます。
2011/05/06(金) 00:14:41 | URL | [ 編集]
あが
ミカさん
おっしゃる通り、犬達のforgivenessとunconditionalloveは驚異的ですよね。
「なんでそこまで?」と胸が痛くなる事しばしばです。
そして、どうしてそんな者を裏切る人間がいるのかということにも。
2011/05/06(金) 00:20:47 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。