旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
お願いします!
以前から何度か紹介させて頂いている社団法人のFree Petsさんが、福島原発20キロ圏内に取り残された動物達の救済に関して、関係各所への提言書を書かれています。

この主旨に賛同される方は「賛同人」として署名をすることができます。
一人でも多くの声を集めて、大きな世論とできるように、ぜひご署名お願いします。

賛同人署名はこちらから。
Free Pets 緊急提言 画面下の方に署名フォームがあります。

Twitterのアカウントを持っていらっしゃる方は、ハッシュタグ「#hisaipets」を付けて
@freepetsjpに賛同の旨をtweetしてください。


20キロ圏内で起きていることは本当に酷いです。正視するのは本当に辛いです。
人間のことでも精一杯なのに動物までなどという人がいれば、私はこう言いたい。
酷い状態で残されている動物は、ペットであれ家畜であれ、全て人間に属している者達です。
彼らを見捨てることは、オーナーである人間を心理的にも経済的に傷つけることになる。
それはすなわち、復興の大きな妨げになることです。
経済的な損得勘定などしたくはないけれど、見捨てることはあらゆる面から見て大きな損失です。


一人一人の力は微力だけれど、無力ではありません。
どうぞお願いいたします。

IMG_2146_20110501042859.jpg
「名前書きに行かなくっちゃ~!」「急げ急げーっ」
スポンサーサイト
はたはた
本当にいつも人間の都合で犠牲になるのは
動物たち。
どうしてもっと早く、国として手を打たないのかと
思います。

ニコニヤちゃんの写真、最高ですね!!
2011/04/30(土) 15:21:15 | URL | [ 編集]
あが
はたはたさん
このことは考え始めるともうあんまり辛くて腹が立って
昨日なんて吐き気までしてきてたんですが
それでもやっぱり諦めたらそこで終わりですもんね。
微力でもがんばらなくてはと自分に言い聞かせています。
2011/04/30(土) 21:33:41 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/01(日) 00:48:25 | | [ 編集]
高見沢琴乃
微々たるものですが、早速署名させていただきました。
人間の都合で犠牲になるのは動物たち。
このような状態だったらアメリカや欧米だったら即国が動いてくれるのに、日本は国として動いてくれないのでしょうか?ほんと悲しくて仕方がないです。
2011/05/01(日) 02:47:59 | URL | [ 編集]
きんたろう
私も署名をいたしました。
立ち入り禁止区域となってしまった地区で動物救済の活動していらっしゃる方々のブログなどでは、息絶えた動物たちの姿を見ることが増え、本当に心が痛みます。

何の力も持たないですが、私に出来る事を見つけ、ちっぽけな事かもしれませんがコツコツ続けていこうと思ってます。
2011/05/01(日) 03:55:54 | URL | [ 編集]
miniwindi
署名しました!

改善されますように、祈るのみです。

2011/05/01(日) 10:19:14 | URL | [ 編集]
ケンケン
署名してきました。
ニュースとかで流れてる立ち入り禁止区域の動物達の映像は まだ正視できますが救済ボランティアさんのブログなどの写真をみると 胸がが痛くなります。
餓死で死んでいくんですよ
考えただけで 涙です。 私の実家の西のほうでは後継者がいないので畜産を諦めた方達が沢山居て牛舎もそのままあったりとかしてるし 過疎地になってる所も沢山ある 一時的でもどうにかならないもんなんでしょうかねぇ。 畜産農家の方にとって家畜は財産であって生活の糧ですもん。
2011/05/01(日) 16:35:27 | URL | [ 編集]
あが
秘密コメントさん
お~!初めてのパソコン署名をして下さったのですね!ありがとうございます。
本当にもどかしいですよね。私も同じ気持ちです。
それでも希望は捨てずにいたいと思っています。
2011/05/01(日) 23:35:21 | URL | [ 編集]
あが
高見沢琴乃さん
ありがとうございます。微力でも無力じゃないですもんね!

アメリカは決して動物保護の先進国ではないですが、この状態はさすがにないと思います。
先日dog actuallyでも書いたように、カリフォルニアは緊急災害時の家畜動物の避難についても
あらかじめ決めているようですし、他州でも似たような状況だと思います。
なんでこんなに危機管理能力が欠落しているのか、本当に情けなくなります。
しかし絶望ばかりしててもしょうがないので、光の射す方に目を向けるように努力しています。
2011/05/01(日) 23:39:08 | URL | [ 編集]
あが
きんたろうさん
ありがとうございます。私も救済活動なさっている方のレポートなど拝見して
もうあまりにも辛くて辛くて居ても立ってもいられませんでした。
とりあえずSPCAに現状を知ってもらうべく、メールをしました。
国内だけでなく、国外からの圧力がある方が政府も動くかもしれないですもんね。
2011/05/01(日) 23:43:01 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん
ありがとうございます。
もしもウィーンの動物愛護団体などに相談できるようなら
この状態を知ってもらって下さい。
ドイツ語版を京子さんが書いてくださっているので
お借りして来ることもできると思います。
2011/05/01(日) 23:45:46 | URL | [ 編集]
あが
ケンケンさん
ありがとうございます!
「胸が痛む」というのが比喩ではなくて本当に心臓が締め付けられるように苦しくなりますよね。
一時的にでもどうにかするのが行政の役割なのに、平常時にきちんと考えてこなかったツケが来て
しかもその支払いを踏み倒そうとしている。
こんなこと、国民として許しちゃいかんですよね。
2011/05/01(日) 23:48:01 | URL | [ 編集]
miniwindi
京子さんへ電話しました。
感情を抜きにして、今回起こった事を淡々と綴ったもののようです。
大学の担当教授へ報告したく提出されたそうですが、
やはり、多くの人に知って欲しいことなので、と京子さんは仰るので、
私も、送って頂いて、あちこちバラマキます。
2011/05/02(月) 11:41:01 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん
さっそく連絡して下さったんですね。ありがとうございます。
京子さんに頂いた日本語バージョンを英訳中なのですが
文字で読んでいるだけでも辛いですね。
でも動物達の辛さに比べたら、そんなこと言ってる場合じゃないと
自分を奮い立たせています。ご協力、本当にありがとうございます。
2011/05/02(月) 19:19:58 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。