旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ひと味違うシェルター
今日は写真も文章も多いです。お覚悟を。

先週の木曜日から遊びに来ていたオット友人は今日、ニューハンプシャーへと帰って行きました。
今日は土曜日に、彼とオットと一緒に出かけたLAのカルバーシティという所にあるエキゾチックアニマル専門のレスキューシェルターのご紹介。

シェルターの名前はSTAR ECO Station.
エコの名前の通り動物の保護だけでなく、環境保護やリサイクル運動についての教育施設も兼ねています。

IMG_5558.jpg
「今日はあたし達の出番ないみたいね。失礼だわ。」「ニコのブログなのに~。」

シェルターで飼育されている動物は、鳥、魚、爬虫類、チンチラやハムスター、サーベルキャットなど。
訪れた日の前日がEARTH DAYだったので、小学校の遠足などで満員だったそう。そのせいでサーベルキャットやハムスターは疲れてしまったので、この日は彼らに会うことはできませんでした。残念だけど、動物優先が当然だものね。

ここの動物達は飼い主が放棄したり、密輸の摘発で保護されたりしたものだそうです。

動物達の写真を紹介していきましょうか。

IMG_6559.jpg
鳥類の部屋に入るといきなり「ハロー」と挨拶してくれたのがこの子。

飼い主が亡くなって、ここに連れて来られたそうです。


IMG_6561.jpg
この青い子はオウムの中で最大の種類だそうです。
写真ではわかりませんが、胸からお腹にかけて羽毛が全く無くて、完全に禿げています。

飼い主さんが重い病気で寝たきりになり、この子はそのストレスで自分の羽根を抜き始めたんだそうです。その後飼い主さんは亡くなってしまい、ストレスがさらに酷くなってしまいました。
今はだいぶ落ち着いたようですが、羽毛はもう生えてこないのだそうです。


この子は人気者のオジー君。
IMG_6635.jpg
オット友人の松葉杖に興味津々で、脚を伸ばしてしっかりと掴んだところです。

IMG_6564.jpg
これはオジー君の得意技の大車輪。足でバーを掴んで何度も回転します。


IMG_6637.jpg
この子はヨウムという種類で、最も頭のいい鳥として知られているそうです。
約3800の言葉を覚えることができ、訓練次第でかなり高度な会話ができるので人気が高いそう。
家に帰ったら「お疲れさま。今日はどんな日だった?お腹すいたでしょ?」とか言ってくれるんですってよ。そりゃ確かに可愛いわ。

これらの大型のインコやオウムは寿命が非常に長くて、70年から100年は生きるのだそうです。
つまり大人の飼い主が飼い始めたら、まず間違いなく鳥の方が長生きしてしまうわけ。
親が飼っていた鳥を子供が引き継いで飼う人も多いらしいのですが、インコやオウムというのは非常に愛情深くて、ひとりの飼い主さんにしか懐かないケースが非常に多いのだそう。
それに大型のオウムの鳴き声というのは、犬の吠える声の比じゃないくらいに凄い!
耳をつんざくというのは、まさにこの事かという感じの声で絶叫します。それで結局飼い切れなくて、こういう所に連れて来られるわけです。
元々は熱帯のジャングルに住んでいる野鳥を連れて来て、ペットにしているのですから、どう考えても無理がありますよね。

犬の寿命が長くても20年前後というのが「なんでそんなに短いんだろう」といつも思っていたのですが、やはり最期は飼い主が見送ってやれるのが最良なんだなあと改めて感じました。



IMG_6588_20110427154059.jpg
これはDog Faced fishという魚。犬の顔した魚ですってよ。確かにこういう犬いるなあ。



IMG_6568.jpg
こんな子もいます。この鳥は密輸が摘発されて保護されたもの。
とりあえず命は取り留めたものの、犯罪者の為に一生を狂わされて可哀想でなりません。


IMG_6592.jpg
この日唯一会う事が出来たほ乳類のチンチラちゃん。

IMG_6593.jpg
きゃ~かわいい~!好奇心いっぱいです。写真はボケてるけど。


<続きを読む>には爬虫類の写真を集めています。
一応、苦手な方の為に別にしたんだけど、爬虫類達もとても可愛らしいんですよ。




<お知らせ>
福島の原発の20km圏内に残された家畜達を救済してほしいと言う旨の嘆願の署名です。
賛同される方、ぜひお願いいたします。
http://www.thepetitionsite.com/43/please-save-fukushima-farm-animals/


政府の最低な対応に対して国際世論を呼びかけたいので、これは英語のサイトですが日本からでも署名に参加できます。



被災された方の犬・猫の救援情報特設掲示板です。保護された動物の情報リンクなどもあります。

東北地震犬猫レスキュー.com



こちらのリンクでも役に立つ情報が掲載されています。ご参照下さい。
緊急災害時動物救援本部

FreePets

dog actually



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援してやって下さい。
br_decobanner_20110411135432.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
ワニです。
IMG_6591.jpg
それほど大きくはないのですが(と言っても1.5mくらい)どう考えてもペットにしちゃいけません。

ワニは全部で4頭いました。そう言えばワニ達の詳しいエピソードは聞かなかったなあ。


ビーズみたいな模様が美しいトカゲ
IMG_6574.jpg
プリッとした体型が愛らしい。


IMG_6576.jpg
案内の方が「小型のコモドドラゴンみたいでしょ~」と言ってたトカゲ。
もちろんコモドドラゴンではありません。

この子は賃貸アパートをルームシェアしていた若い飼い主が、部屋の中で放し飼いにしていたらしいのですが、ルームメイトから苦情が出たので、ここに連れて来たそう。
ルームメイトとアパートをシェアしなくちゃいけない分際で、動物を飼うな!


これはミドリガメですね。
IMG_6557.jpg
たくさんいた中で、なぜかこの子だけすごく爪が長かった。なぜだろう?


IMG_6602.jpg
立派なイグアナ。

アメリカでは、イグアナは犬や猫についで3番目に人気のあるペットだそうです。意外!
ペットショップで売っている小さいグリーンイグアナはとても可愛らしいので、気軽に買って行く人が多いのですが、イグアナの寿命は約20年。大きいものだと、尻尾の先までいれると180cmくらいになることもあるので飼育放棄が非常に多いのだそうです。ロサンゼルス郡だけでも年間3~4万匹のイグアナが殺処分になっているそう。売る方と買う方、両方の無責任さの結果ですね。


このトカゲはマレーシアから密輸しようとしていたのを空港で摘発されたもの。
IMG_6606.jpg
寝顔が可愛い。


飼育放棄されたニシキヘビ。大きくならないとでも思ってたんだろうか?
IMG_6615.jpg
物陰からこっそり覗いてたんですよ。めちゃくちゃ可愛かった~!


これはまだ若いイグアナ。
IMG_6624.jpg
これからまだまだ大きくなります。


写真を撮るのに夢中で全然説明を聞いてなかったトカゲ。
IMG_6622_20110427154221.jpg
でも写真は気に入ってるんです。


IMG_6625.jpg
この子のことも覚えてないなあ。ダメダメだね。


おとなしい子はこうやって、案内の方が抱っこして触らせてもらえるんですよ。
IMG_6613_20110427154142.jpg
IMG_6612_20110427154143.jpg
なんともたまらん顔。味のある可愛さです。

IMG_6618.jpg
この子も綺麗でしょう?


触った感じは乾いてザラザラしています。
ライトを当てて温められているので、まるでほ乳類みたいに温かかったんですよ。

以前にトラやライオンの大型猫科動物のシェルターに行った時と同じ種類の怒りとやるせなさを感じましたが、運営して下さっている方々には感謝の気持ちを感じました。
ここは入場料が1人8ドル。もちろん動物達の飼育の費用に充てられます。


これはSTAR ECO Staitonの紹介ビデオです。
今回は会えなかったサーベルキャットも登場しています。



犬であれ、鳥であれ、トカゲであれ、動物と暮らすということは命を預かるということ。
それなりの覚悟を持って、居住まい正して向き合って欲しいと心から思いました。

スポンサーサイト

ベニカ(yao)
わあ!なんてタイムリーなんでしょう!
つい最近、用を足したら『ウ○○した・・・』とちゃんと申告するヨウムの動画を見て、かわいい~!と思っていたところでした。
かわいいのでいろいろ調べたのですが、寿命がとても長いこと、反抗期(!?)があることなどを知り、『う~ん私には難易度が高そうだ・・・』とあきらめたところです。
きっとヨウムさんも、この飼い主はヤダ、と思っちゃうかもしれないですね。
密輸はもってのほかですが、よく調べもしないで飼ってしまい、無責任に手放す人がいるんですね・・・。私も立派な人間ではありませんが、興味を持ったものをなんにせよよく調べて知るということは大事だと思います。
それに、難易度の高い動物がペットショップで簡単に売られているのも問題ですよね。
早速近所のペットショップに行ってみると(行くとつらくなるのについ行ってみてしまうのです・・・買いませんが・・・)、田舎の小さいペットショップでもやっぱり大型のインコさんたちが売られているんですね・・・。
鳥の鳴き声や犬、ネコの声まねをしている姿に売り場生活の長さが見え隠れして悲しくなってしまいました。
そして結局何もできない自分・・・。
署名や募金など、小さいことでもできることをやるしかないなと思います。
でも爬虫類は、ちょっとコワイ・・・



2011/04/27(水) 04:24:45 | URL | [ 編集]
♪ももんが♪
あがさんの最後の言葉に同感です!!
命を預かると言う事をよくよく考えてから飼う事をスタートさせるべきですよね。
その種の生態や寿命、性格を勉強してから飼うべきです。
可愛いだけでは駄目です。

特に今の日本では売る側も買う側もゆるゆる過ぎて、そのしわ寄せが動物たちの命を奪う事になってるという情け無い状況。
飼いきれなくて、外来種を放棄してしまう馬鹿のおかげで生態系も壊れちゃってる。
物珍しかったり、小さくて可愛かったりするものを手に入れたがるのは強欲だと思う。
本当のその子の幸せは、その子のいるべき所にいる事だと思う。

...なんだかいっぱい書いちゃったけど、ちょっと支離滅裂?ごめんなさい。
2011/04/27(水) 17:49:55 | URL | [ 編集]
tacobell
エキゾチックアニマルのシェルターもあるんですね...
見学ができて 料金は寄附になる
子どもたちがアースデイに見学に行くとか
そういう社会教育はやはりアメリカは進んでいますね

珍しく 美しく 魅力的な彼ら
だけど その美しさ 奇特さがゆえに
生態には合わない環境に連れてこられて
挙句の果てには 放棄される...
人間って本当に身勝手
おっしゃる通り!命を預かることの重み しっかりと
覚悟をもってほしいですね

大型のオウムさんたちがそんなに長生きとは
知りませんでした 大切な我が子を残しながら
先に逝くのは いやですね...

イグアナ 人気があるのですね
180cmかぁ...それはほんとに飼い始める前に
知っておく必要がありますね...(汗)

発見 あがさん ハチュールイ系もいけるんだぁ!
そのうち ニコニヤに妹ができました~!
なんつって トカゲでもアダプトしてたりして?

2011/04/27(水) 19:04:56 | URL | [ 編集]
あが
ベニカさん
何もできないことはないですよ。
ちゃんとリサーチして「諦める」という選択をして
売り場にいる鳥達の背景にもちゃんと想像力を働かせて下さっている。
もっと多くの人がベニカさんと同じように行動してくれたら
不幸な動物は確実に減るはずなんですから。

「ウ○コした」っていうヨウムちゃん、可愛いですね。ナイストレーニング(笑
オウムは相性が合わなければ一生反抗期ということもあるそうですね。
頭がいいだけに、イヤだと思ったらとことんイヤらしい。
シーザーさんの番組では、犬達のリーダーになってるオウムが登場したこともありますよ。
番組に登場するということは、その犬達も当然問題があるわけで
その家では人間がオウムと犬の下に位置づけられていました(笑

> でも爬虫類は、ちょっとコワイ・・・
爬虫類や両生類はダメという方の気持ちもわかる。
私はなぜか結構好きだけど。なかなか味わい深いんですよ♪
2011/04/27(水) 22:13:30 | URL | [ 編集]
あが
ももんがさん
そうですよね。どんな動物でも勉強してから飼わないとね。
それにどんなに勉強しても、相手は生き物だから不測の事態もあるし。
そういうことも全て受け入れた上で、スタートしないといけないですよね。

> 特に今の日本では売る側も買う側もゆるゆる過ぎて、そのしわ寄せが動物たちの命を奪う事になってるという情け無い状況。
残念ながら、アメリカも似たようなものです。
ただ、このようなシェルターがあることは少しばかり救いですね。

> 飼いきれなくて、外来種を放棄してしまう馬鹿のおかげで生態系も壊れちゃってる。
> 物珍しかったり、小さくて可愛かったりするものを手に入れたがるのは強欲だと思う。
> 本当のその子の幸せは、その子のいるべき所にいる事だと思う。
そうですよね。犬や猫は何千年もかけて人間と一緒に暮らすように変化してきたけれど
野生動物をペットにするなんて根本的に間違っていると思います。
ももんがさんのおっしゃる通りです。
全然支離滅裂なんかじゃないです。ありがとうございました。
2011/04/27(水) 22:25:04 | URL | [ 編集]
あが
tacobellさん
爬虫類専門、うさぎ専門、馬専門、ヤギや豚などファーム動物専門と
ありとあらゆるシェルターがあって、たいていの所が一般に譲渡をしています。

> 子どもたちがアースデイに見学に行くとか
> そういう社会教育はやはりアメリカは進んでいますね
進んでいる部分では進んでいるんです、アメリカ。
でも貧困地域とか犯罪多発地域だと、社会教育どころか
普通の教育さえちゃんと受けていない層も相当数いるのもアメリカ。
日本とはまた違う根の深い問題があるんですねえ。


> 大型のオウムさんたちがそんなに長生きとは
> 知りませんでした 大切な我が子を残しながら
> 先に逝くのは いやですね...
そうなんですよ~。それにオウムさん達と飼い主さんの絆はすごく強いようで
残されたオウムはたいていすごく落ち込むそうです。
そういうことを聞くと、ニコやニヤをしっかりと見送ってやるのは
大切な大切な仕事の総仕上げだと少しばかり腹を括れました。


> 発見 あがさん ハチュールイ系もいけるんだぁ!
ハチュールイ、けっこう好きですよ。
昔から動物番組がすごく好きで、蛇やトカゲの生態を見るの楽しみだったんです。
イグアナなんかはとても人に懐いて、犬みたいに付いて歩いたりするんですよ。
でも、しっかり考えるとやっぱり一緒に暮らすというチョイスはないですが(笑
2011/04/27(水) 22:41:41 | URL | [ 編集]
ベックマン
うーん、なかなかタイムリーに話題についていっていない読者です。ごめんなさい(笑)

うちのダンナ結婚前にオウム(小さいの)をつがいで飼ってたんですよ。かわいいんですけど、声の音量がただものではない(笑)。犬のほえ声なんてかわいいもんっす。
もともと、ダンナの元彼女のオウム達だったので、今は元彼女のところで幸せに暮らしております。

オウムをちゃんと幸せな状態で飼ってあげようと思うと、ちょーお金もちでないと無理だと勉強させてもらいましたわ。

哺乳類だろうが、爬虫類だろが、鳥類だろうが全ては「命」!全世界がそう思ってくれますように(祈)
2011/04/28(木) 04:45:19 | URL | [ 編集]
あが
ベックマンさん
とんでもない!お忙しい中読んで下さってコメントまで頂いてありがとうございます。

ご主人はオウム経験者でいらっしゃいましたか!
ホンットに凄まじい声ですよね。私もびっくりしました。
でもご主人のオウムはつがいだからまだ良かったですよね。
最悪なパターンは雌のオウムが男性の飼い主に恋をするパターンらしくて
こうなるともう絶対に他の人は入り込めないそうです。
つがいなら、興味はお互いに向きますもんね。


> 哺乳類だろうが、爬虫類だろが、鳥類だろうが全ては「命」!全世界がそう思ってくれますように(祈)
同意!特に日本政府!
2011/04/28(木) 23:09:43 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。