旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

The LOST DOGS ジョニー・ジャスティス
The Lost Dogs: Michael Vick\'s Dogs and Their Tale of Rescue and RedemptionThe Lost Dogs: Michael Vick\'s Dogs and Their Tale of Rescue and Redemption
(2010/09/16)
Jim Gorant

商品詳細を見る


違法闘犬と動物虐待で服役したNFLのスター選手マイケル・ヴィックの犬達のリハビリの軌跡。
本日は第15回目で、先週からの続きでジョニーのお話です。


捜査から保護まで


シェルターそして査定

査定から選別へ

新しい世界、ローズとジョージア

人間達


リトルレッド


リトルレッドとボーイフレンド達

クライマックスの前に


ジャスミン


ジャスミンとカタリーナさん


ジャスミンの家

バウンサー

レオ

ジョニー・ロットン


先週は、ジョニーを初めてのトレーニング教室に連れて行くのに張り切っているクリスさんのお話で終わりました。クリスさんの家に来て、だいぶ色々なことができるようになっていたジョニー。
さて、教室での結果は?

結論から言うと、初めてのトレーニング教室は散々な結果でした。
ジョニーは犬に対しての社会化が全くできていなかったので、たくさんの知らない犬に会ってすっかり落ち着きを失ってしまったのです。
けれどジョニーは教室で他の犬達のすることをちゃんと観察していました。
1回目はちゃんと振る舞うことはできなかったけれど、他の犬を見て、ここは何をするところなのか、何をするように求められているのかをちゃんと学んで帰って来たのです。
2回目は初回に比べてずっと上出来でした。回を重ねるに連れて、ジョニーは目覚ましい進歩を見せて行きました。


これはベッドの上でレスリングをするジョニーとオーディー。なかなかの迫力ですよ。



ジョニーがクリスさんの所に来てちょうど1ヶ月の頃、サンクスギビングの休暇で婚約者のジェンさんは東海岸の実家に戻っていました。クリスさんは仕事の休みが取れなかったのと、ジョニーのことがあったので家で留守番です。
その頃はまだクリスさんの家の先住犬のリリーとジョニーは別々に隔離して暮らしていました。食餌も散歩も別です。ジョニーは一番最初にフォスターファミリーに預けられたグループの犬なので、この頃はまだ関係者もかなり慎重だったわけです。何しろ、もしも先住犬とトラブルでもあれば「やっぱり闘犬だから」と言うので、ココまでの苦労が全て水の泡になってしまうと、皆ピリピリしていたのです。
(ジャスミンやレオは、この後のグループなので関係者の皆さんもだいぶ様子がわかって来ていたのですね)

IMG_6521.jpg
「みんなシンパイショーだったんだね。」


ジェンさんのいない休暇はクリスさんにとって、とても寂しかったけれど、ジョニーの無邪気な寝姿と可愛らしいいびきはクリスさんの心を大いに和ませてくれました。たくさんの犬と接して来たクリスさんでしたが、ジョニーには特別な絆を感じ始めていました。

恒例のトレーニング教室では、BADRAP責任者のティムさんやドナさんをもうならせるほど、ジョニーは素晴らしい成果を見せていました。
ティムさんなどは「アメリカンケンネルクラブ(AKC)の検定試験だって受かるんじゃないか?」とまで言い出すほど。
その時は冗談で言っていたのですが、これがもし実現すれば、ヴィックの犬達に対する世間の目、ひいてはピットブル全体に対するイメージも変えることができるかもしれない。それはピットプルのレスキューに携わっている人達の夢でもありました。(実はその後、ジョニーはもちろんのこと、以前に紹介したハンサム・ダンやチェリー・ガルシアなど、多くのヴィックの犬達がこの検定試験に合格しています。)

そしてティムさんは「ジョニーのことはもうジョニー・ロットンとは呼べないなあ。そうだ、ジョニー・ジャスティス(正義)はどうだろう?ヴィックから正義を勝ち取り、ピットブル達のために正義の象徴になるんだ!」こうしてジョニーは正式にジョニー・ジャスティスになったのでした。
ところで正義の味方のジョニーは、この頃まだ家のあちこちで(クリスさんの膝の上も含め)おしっこをしてたんですけれどね。

そしてさらに1ヶ月が経ったクリスマスには、ジョニーはBAD RAPのお墨付きで先住犬のリリーとの隔離は解除されていました。2匹は穏やかに過ごし、ジョニーはとても紳士的に振る舞えるようになっていました。
クリスさんとジョニーはAKCの試験に向けて確実に進歩を遂げていました。

次の年の3月、クリスさんはBAD RAPのドナさんから相談を持ちかけられます。
「もう一頭家庭犬になるための訓練が必要な犬がいるんだけど、その子を預かっている人と一緒に訓練をしてもらえないかしら?あなたがジョニーにしてくれたように」
クリスさんは悩みました。彼がジョニーにしたことは特別なノウハウがあったわけではなくて、毎日の生活の積み重ねの上に出来上がったもので、誰かに説明したり指導したりという類いのものではないと思っていたからです。
それでも、その訓練の必要な犬は既に何回かフォスターファミリーが変わっていて、クリスさんはそれを見捨てることはできませんでした。

IMG_6533.jpg
「えっ!どうするの?」


悩んだ彼が口にしたのは「もしも誰かジョニーを預かってくれる人を見つけてくれたら、僕がその犬を預かります。」
フルタイムで仕事をしているクリスさんとジェンさんは自分達の犬は一頭だけ、その他に預かり犬を一頭とルールを決めていました。預かった犬達と別れるのはいつも辛かったけれど、彼はいつもそれを乗り越えて来ました。ジョニーの場合は少し時間がかかるかもしれないけれど、乗り越えられないわけがない、助けが必要な犬が他にいるんだからと彼は自分に言い聞かせました。

そして3月の29日、ジョニーは新しいフォスターファミリーの家に移り、その次の週にヴィックの犬の1頭ヘクターがクリスさんの元にやって来ました。


さらに<続きを読む>からどうぞ


ヘクターという名前、覚えている方もいらっしゃるでしょうか。
このシリーズを書き始めて、まだ2回目の「シェルター、そして査定」の回に動画で紹介した犬です。
ちょうどシェルターの様子なども映っていたので、犬達が居た所の雰囲気もわかっていただけるかなと選んだ動画でした。

ヘクターは査定の結果、警察犬などの訓練を受けさせてはどうかと評価されて、1度は専門の施設に行ったほどの優秀な犬でした。しかし、施設での査定で「どうやら職業犬の訓練をするには年齢が高すぎるようだ」と判断されてBAD RAPに戻って来たのでした。

IMG_6550.jpg
「あら残念。」


ヘクターを家に迎えたクリスさんはジョニーの時と同じように、毎日のルーティーンを作り、こなして行きました。
ヘクターは黄褐色のコートに大きな体躯、アイラインと黒い鼻先という容貌で、レオの兄弟犬ではないかと考えられています。胸と前後の脚、鼻先にいくつかの大きな傷跡があり、明らかに実際に闘犬として使われていた犬でした。
訓練を始めてすぐに、クリスさんはヘクターが並外れて頭の良い犬だと気づきました。
それはもちろん良いことなのですが、同時に訓練する側の力量も試されるということでもあります。
いたずら好きで、エネルギーを持て余し気味だったヘクターですが、毎日のルーティーンを繰り返すうちに、ちゃんと落ち着いてくることができました。
その後のヘクターは目覚ましい進歩を見せました。AKCの検定試験にも合格し、6月の半ばにはミネソタ州の家庭に正式に家族として迎えられました。
ヘクターの新しい飼い主さんはピットブル界の超有名人で、ディスクドッグのチャンピオン犬(もちろんピットブル)のオーナーです。先住犬が3頭、そのうちの一頭は公式のセラピードッグという、理想的なお家。
ヘクターも今では正式に試験に合格しセラピードッグとして仕事をしています。

幸せなヘクターの様子です。ちょっと長めの動画ですが。



クリスさんはもちろんヘクターのこの素晴らしい活躍を誇らしく嬉しく思っていましたが、同時にほろ苦い思いも味わっていました。
ヘクターが実現した全てのこと、それはかつてクリスさんがジョニーと一緒に夢見ていたことでもあったからです。
今までに預かった犬達との別れは悲しかったけれど、いつも時間が癒してくれていました。
けれどジョニーは特別でした。時間が経つほどにジョニーのことがクリスさんの頭から離れなくなっていたのです。

IMG_6518.jpg
「どうするの?クリスさん、どうするの?」


そしてある日、彼は思いあまって電話を手に取りました。BAD RAPのドナさんに電話をして「ジョニーをここに戻すことはできないでしょうか?」続く沈黙は長く長く感じられました「ああ・・・ジョニーはもう誰かに正式に家族に迎えられたんだ・・・。」
絶望しかけた時にドナさんの声が響きました。「おばかさんねえ。」

ジョニーはクリスさんの所に戻って来ることになりました。



その後のジョニーは?続きはまた来週。



スポンサーサイト

ベックマン
ジョニーは私の中では一番「かわいい♪」っていうか「おちゃめ♪」な犬として記録されてます(笑)
どの子もそうですけど、新しいチャンスを与えられた時点で、レベルに差はあるけれどとても一生懸命な感じがひしひしと伝わってきます。

続きも楽しみ♪

PS:いつもVicDogsの動画を見ると思うんですが・・・うちの犬ぜったいピット・ブルの血がどっかに入っている(笑)・・・
2011/04/26(火) 00:33:44 | URL | [ 編集]
るーまま
とっても愛嬌のあるジョニー、積極的でお利口さん..きっと外の世界に対する興味をちゃんと感じとっていたんですね!
だから次々段階をスムースに会得できたんだわ~!
クリスさんのところに戻れてよかった!!
ほんとにお互いが断ち難い絆で結ばれてたんですね。
つぎがよけい楽しみです♪
過酷でもいろんな経験をして来た子たちってやはり時々の事に
対処出来る能力が自然と備わりやすいのかなあ。。
切ないけど自分を守る術でもあるんですものね!
 *「正義の味方」ジョニーしあわせにね~!!
2011/04/26(火) 07:56:58 | URL | [ 編集]
あが
ベックマンさん
そうそう!ジョニーはホントお茶目で可愛いですよね。
私は初めて写真を見た時、余りに可愛くて悶絶しました。


> PS:いつもVicDogsの動画を見ると思うんですが・・・うちの犬ぜったいピット・ブルの血がどっかに入っている(笑)・・・
ははは!先日のレオや今回のレスリングの動きですね。
ニコやニヤの動きとは全然違うなあと思っていたのですよ。
そうか~、アラゴン君はこんな風に動くんだ~。萌え♪
2011/04/27(水) 00:09:58 | URL | [ 編集]
あが
るーままさん
そうですよね。犬でも人間でも好奇心の強い子は学ぶのが早いですよね。
カタリーナさんとジャスミンは母と娘という感じの絆でしたが
クリスさんとジョニーは親友同士という感じで、これまた素敵なんですよね。

> 過酷でもいろんな経験をして来た子たちってやはり時々の事に
> 対処出来る能力が自然と備わりやすいのかなあ。。
いろんな経験をすることはたしかに対処能力につながるとは思うのですが
過酷すぎる体験は心と体を破壊してしまうこともありますもんねえ。
あの処分されてしまった黒い子や、ローズのことを思うと、ねえ。
2011/04/27(水) 00:13:41 | URL | [ 編集]
miniwindi
今更ながら、ですが、
ホントに犬にとって人との関わり合いって大きいですよね。
キチンと飼ってくれる人に出合えば、どんどん社会に受け入れられるように変わっていく。
ヴィックの犬達の中でも、そうやって幸せになった犬が何頭も居るのは、お話読むだけでも嬉しいです。

ジョニーとクリスさんは、再会したのですね。
毎回、続きが楽しみです!
2011/04/28(木) 13:50:27 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん
おっしゃること、とても同意します。
頭ではわかっていても、こうして具体的な実例を見ていると
犬と人との関わり合いの大きさをひしひしと感じますね。

> ジョニーとクリスさんは、再会したのですね。
そうなんですよ~。次回が最終回になります。お楽しみに~。
2011/04/28(木) 23:06:42 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/20(水) 09:24:21 | | [ 編集]
あが
秘密コメントさん

初めまして!コメントありがとうございます。
ヴィックのあの場所に実際に行かれたのですか!
確かリハブセンターになった後も、責任者の女性が逮捕されましたよね。

私は本で当時の状態を読んだだけでも話を出来ない状態になったので
実際にその場に行かれた時のそのお気持ち、わかる気がします。
もちろん私がわかるつもりでいるよりもずっと重く深いものだと思いますが。

ヴィックの犬達のその後のお話で少しお気持ちが晴れたならこんなに嬉しい事はありません。
実は近いうちにまたヴィックの犬達の同窓会が企画されているそうなので
その時にはまた記事にしようかなと思っています。
こちらこそありがとうございました。
2013/02/20(水) 22:41:38 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/22(金) 05:38:04 | | [ 編集]
あが
秘密コメントLさん

ごめんなさい!2ヶ月以上も前に頂いたコメントなのに、今日たまたま初めて気がつきました!
本当に申し訳ないです。見て下さっているといいのですが。

現地の詳しい事情など教えて頂いてとてもありがたいです。
メルアド、お伝えしたいのですがここに書くと公開になってしまうので
(神経質ですみません。時々「ちょっと・・・」な方が来られるのでメルアドは非公開にしておきたくて)
もしよろしければ、鍵コメでLさんのアドレスを教えて頂ければメールさせて頂きます。

失礼のほど、重ね重ねお詫び申し上げます。
2013/04/25(木) 18:19:40 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.