旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
The LOST DOGS レオ
The Lost Dogs: Michael Vick\'s Dogs and Their Tale of Rescue and RedemptionThe Lost Dogs: Michael Vick\'s Dogs and Their Tale of Rescue and Redemption
(2010/09/16)
Jim Gorant

商品詳細を見る


違法闘犬と動物虐待で服役したNFLのスター選手マイケル・ヴィックの犬達のリハビリの軌跡。
本日は第13回目です。今日は先週のバウンサーのお話の続きです。



捜査から保護まで


シェルターそして査定

査定から選別へ

新しい世界、ローズとジョージア

人間達


リトルレッド


リトルレッドとボーイフレンド達

クライマックスの前に


ジャスミン


ジャスミンとカタリーナさん


ジャスミンの家

バウンサー



ヴィックの所から保護された後、ホープウェルのシェルターで他の犬と離れて暮らし
その後、サンフランシスコのマーシナ・マックレーさんのお宅にリハビリのためにやって来たバウンサー。
飛び跳ね屋の名前の通り、休みなく動き続けてマーシナさんを途方に暮れさせたのが前回です。

マーシナさんとバウンサー(クリックすると、トップにある写真です。)


バウンサーはマーシナさんの家に来て2~3日は「ここはどこ?僕どうすればいいの?」と呆然としたような状態でした。
食べ物には一切興味を示さず、クレートに入れればキュンキュン泣いておもらしをしました。
クレートから出せば家の端から端までを何度も何度も延々と行ったり来たりを繰り返し。
しかしそのウロウロ歩きが彼の緊張を少し和らげたようでした。

IMG_6301.jpg
「そうそう、体動かすとちょっと落ち着くんだよ。」


夕方にはバウンサーはまたクレートに入れられ、照明を落として音楽をかけて
マーシナさんはバウンサーの隣に腰を下ろしました。
バウンサーがクレートから出てマーシナさんの隣に座るまで5日かかりました。
(ジャスミンのことを思えば、簡単に聞こえてしまいますが
この何も知らない大きな子犬の世話をするのは、ジャスミンとはまた違ったたいへんさがあったのは容易に想像出来ます。)
マーシナさんはバウンサーを撫で、マッサージしてやると、彼はなかなか気に入った様子でした。

マーシナさんの家には3頭の先住ピットブル達がいました。
バウンサーは彼らに対して怯えたり攻撃的ではなかったのですが、どこか犬達を信用していないような空気がありました。バウンサーの体にはそれほど目立たないものの傷跡がありましたし、他のピットブルの存在は歓迎すべきものではなかったのでしょう。
マーシナさんはすぐにバウンサーのトレーニングを始めることにしました。

IMG_6284.jpg
「どんなふうに?」


マーシナさんは「群れの力」を信じていました。
バウンサーのトレーニングに、いつも他の犬達も参加させて一緒に行動させることでバウンサーが彼らから「犬でいること」を学べるように。
幸い、バウンサーはすぐに群れに受け入れられました。
30キロ超えの大きな体のながら中身は子犬のままだったバウンサーはして良いこと悪いことの境界線、他の犬に対してどう振る舞うべきかを犬達から教えられ、度が過ぎた時には適度に叱られもしました。

マックレー家に来て10日目にはバウンサーは落ち着き始め、2週間が経った頃には全員で裏庭で遊べるようにまでなりました。
デクスターという名の先住犬のうちの一頭が「遊ぼうよ!」と誘った時バウンサーはすぐに応じてプレイバウの姿勢さえとれました。
それはマーシナさんとデクスターが今まで見た中で一番不格好でみっともないプレイバウではありましたが。

IMG_6299_20110412144613.jpg
「バウンサー、かっこわる~」


マーシナさんはバウンサーの性格をしっかりと把握していきました。
ちょっとヌケていて、お調子者で、元気でやんちゃな、みんなの弟。
先住の兄達に「ウザイな~」と言われつつも遊んでもらい、時々「いい加減にしろっ!」と叱られてシュンとなる。
バウンサーには全くアルファ気質は見られませんでした。彼は生まれついてのフォロワーでした。

立派な筋肉質の体躯を持ったタフガイな外見の中には
優しいスイートなハートが隠されている。
マーシナさんはバウンサーを見ていると「オズの魔法使い」に出て来る臆病者のライオンを思い出しました。
バウンサーのコートの色はライオンそのものでしたしね。
そしてマーシナさんは彼に「レオ」という名を与えることに決めたのです。


短い動画ですが、レオと兄貴達です。



レオのその後は<続きを読む>で

長年犬のレスキュー活動に携わり、とりわけピットブルと長く過ごして来たマーシナさんは、ピットブル達のサービス精神と楽天的で明るい性格を知り尽くしていました。
しかし、一般のシェルターなどでピットブルの査定を行う時、査定担当者の多くが
「これはピットブルだから、何か問題があるに違いない」という先入観を持って臨むことも
マーシナさんは気づいていました。
人は「問題があるに違いない」と思っていれば、何かしらそこに問題を見つけ出すものです。
マーシナさんはどうにかして、そのピットブルに対する先入観を取り除きたいと思っていました。
それが、彼女が「ピットブルをセラピードッグにしてみよう」と思い立ったきっかけでした。
2004年、シェルターから引き取った雌のピットブルを病院や老人ホームを訪問する正式なセラピードッグとして訓練してから、マーシナさんの団体OUR PACKでは多くのセラピードッグを誕生させてきました。

IMG_6310.jpg
「レオもそのセラピードッグっていうのになるの?」

群れに落ち着いてからのレオはとても訓練しやすい犬でした。
彼は人間の側にいて、人間を喜ばせることが何よりも好きな犬だったからです。
マーシナさんはレオの中にセラピードッグ向きの特性をはっきりと見出し訓練を始めました。

なんとも驚いたことに、レオが正式にセラピードッグのテストに合格したのは
彼がマーシナさんの家に来てから6週間にも満たない2008年の1月下旬のことでした。

レオの訓練中に訪れた施設に、アルツハイマーの女性がいました。
いつも窓の外を見つめるだけで、何の感情も表さなかった彼女がレオを見た途端に、にっこりと微笑んだということもありました。

ある心臓病の男性はレオと一緒にいると、かつての愛犬のことを機関銃のように話し出し、ついには酸素吸入のマスクを自分で外してしまったことさえありました。

マーシナさんは似たような例は過去にも何度も見て来ましたが、レオは何かが違うと感じていました。
とにかく周りの人間を明るくオープンにしてしまう不思議な力がレオにはありました。

「なんだろう?」と考え続けたマーシナさんは気づきました。
「あのちょっと間の抜けた陽気さだわ」
立派な体躯にお気楽な笑顔「ハ~イ、僕レオ」と部屋に入っていくと
誰もが笑顔にならざるを得ないオープンさがレオの魅力でした。

IMG_5995_20110304165605.jpg
「ヴィックの元闘犬が、病院でセラピードッグ!やったね~♪」

レオは現在、病院、老人ホーム、学校、少年更生施設などを訪れるセラピードッグとして
人々に笑顔を振りまき、ピットブルのイメージを変える大きな助けになっています。

ヴィックの犬の中でもひときわ目を惹く変身を遂げた犬として
メディア等でもいつもとりあげられる大スター。

でもレオにとってはそんなことは別にどうだっていいのです。
仕事が済んだら、大好きな「兄貴達」と遊んだり駆けっこしたりするのが彼の一番の楽しみ。
「マイケル・ヴィックのところにいた闘犬」は今や完璧な正しい姿の「犬」となって生まれ変わったのです。


ちょっと長いけれど、抗がん剤治療をしている患者さんのところに訪問するレオの動画です。
少し音が出ますのでご注意を!

スポンサーサイト

るーまま
2カ月ほどでセラピードッグとして立派に人々を癒してあげられる
なんて、性格はいいしほんとに優秀なレオ!

マーシナさんと仲間の理想的なサポートあって成果ですが、
ヴィックのところのような環境にいる犬たち素べてはかたちは
少しずつ違えどちゃんと導いてあげられれば ほんとに幸せなこが
この世にどれだけ増える事でしょう。。

dog actually の記事読ませていただきました。
嬉しかったです!
これからのあがさん流活動の広がりの予感が...

お忙しい最中だったのに「エンジェルズ」に関するお返事ありがとう
ございました。しっかり伝えてもらいました。 感謝!!
2011/04/12(火) 01:02:07 | URL | [ 編集]
ベックマン
レオのでっかい笑顔がいいですねぇ。すごくいい。

でも、レオ。そのピエロの首飾りはどうだろね?? マーシナさんと話あったほうがいいよ・・・(笑)
2011/04/12(火) 01:40:49 | URL | [ 編集]
ちーとまる子
レオは愛くるし~性格の男の子なんですね~!
話を聞いているだけで抱きしめたくなっちゃいます!
それは、哀れだからとか同情の抱きしめじゃなくて、
かわい~!!って飛び付きたくなるような意味で!

同時に、審査も受けることなく安楽死させられた
犬を思い出しました。
同じ場所にいて虐待を受けながら、たどった運命は
天と地の差・・・・。

だけど、今日は明るいお話ですもんね!
前向きに考えなくっちゃ!

前回のコメントでみなさん書いてらっしゃいましたが、
私もピットブルという犬が大好きになってしまいました。闘犬のイメージが先にあって確かに怖いなぁ、という思いがありましたけど、ちゃ~んとしつけて愛情を与えれば、赤ちゃんのお世話さえしてくれる心やさしい犬なんだって知ることができました!
ありがとうございます!
2011/04/12(火) 09:16:35 | URL | [ 編集]
あが
るーままさん
レオは確かにいい子なんですけれどね
多分この場合優秀なのは「人」の方だと思うんです。
レオの特性を見抜いて、それに合わせた訓練をしたマーシナさん。


> 少しずつ違えどちゃんと導いてあげられれば ほんとに幸せなこが
> この世にどれだけ増える事でしょう。。
そうそう!そうなんです。犬ってみんなそれぞれに素晴らしい。
それを引き出すも殺すも人間次第。責任重大ですよね。

> dog actually の記事読ませていただきました。
> 嬉しかったです!
ありがとうございます。まだまだ勉強しなくてはいけないことばかりですが
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2011/04/12(火) 21:13:19 | URL | [ 編集]
あが
ベックマンさん
本当に屈託のない顔で笑いますよねえ。

> でも、レオ。そのピエロの首飾りはどうだろね?? マーシナさんと話あったほうがいいよ・・・(笑)
あはははは!多分このマヌケっぽさがまた良いのですよ。
ちょっと強面系の顔とのギャップで相手が笑っちゃうというのが。
2011/04/12(火) 21:27:42 | URL | [ 編集]
あが
ちーとまる子さん
レオ、本当に抱きしめたくなりますよね。
訪問してもらった皆さんもみんな思い切りナデナデしたり
キスしたりして、可愛くてたまらないという感じですもんね。

> 同じ場所にいて虐待を受けながら、たどった運命は
> 天と地の差・・・・。
私も同じようなことを考えていました。
レオもそうだし、以前に書いた元チャンピオン犬のジョージアも
タイプは違うけれど、心も体も強い犬だったんでしょうね。
ジャスミンや安楽死処分になった子は繊細で弱かった。
強いことは素晴らしいけれど、弱いことは悪いことじゃない。
犬は野生動物じゃないんだから、そんなことで淘汰されるべきではない。
結局のところ悪いのは虐待した人間なんだけど、それとは別に
やっぱり過酷な条件を生き延びるには強さが必要なんだなあと
しみじみと考え込んだり。
ちょうど人間もたいへんな思いをしている方がたくさんいて
そんな時期だけに心と体の強さのことをあれこれと考えています。
>
> 前回のコメントでみなさん書いてらっしゃいましたが、
> 私もピットブルという犬が大好きになってしまいました。
イェ~イ!そう思って頂けると本当に嬉しいです。
結局犬種の先入観なんて人間が作り上げたものですもんね。
もちろん特性は理解しておかなくてはいけないけれど
犬って本来みんな可愛くて素晴らしいもんですよね。
2011/04/12(火) 21:35:45 | URL | [ 編集]
miniwindi
ピョンピョン飛び跳ねていたくせに、
マーシナさんのお宅へ来たら、キュンキュン泣いていたのですね。
何か可愛いですね。

でも、犬の持っている性質を上手く引き出してあげるって、
なかなか難しいのでしょうね。
それにしても、大変身だわ。
素晴らしい!の一言につきます。
2011/04/14(木) 06:05:02 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん
そうなんですよ。本当に、体は大きいのに子犬のままでしょう。
キリリとアイラインの入った凛々しい顔なのにねえ(笑

> でも、犬の持っている性質を上手く引き出してあげるって、
> なかなか難しいのでしょうね。
そうですね。レオとマーシナさんは一番理想的だったのでしょうね。
セラピードッグなんていうのはちょっと特殊な例ですが
普通の家庭犬で問題なく穏やかに暮らしている犬と飼い主さんなら
無意識のうちにちゃんと性質を引き出していると思います。
もちろんエニーちゃんも、ね。
2011/04/14(木) 14:50:02 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。