旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
The LOST DOGS ジャスミン
The Lost Dogs: Michael Vick\'s Dogs and Their Tale of Rescue and RedemptionThe Lost Dogs: Michael Vick\'s Dogs and Their Tale of Rescue and Redemption
(2010/09/16)
Jim Gorant

商品詳細を見る


違法闘犬と動物虐待で服役したNFLのスター選手マイケル・ヴィックの犬達のリハビリの軌跡。
本日は第9回目です。前回少し書いたように、今日からは本の表紙になっているジャスミンのお話。

前8回の記事はこちら。


捜査から保護まで


シェルターそして査定

査定から選別へ

新しい世界、ローズとジョージア

人間達


リトルレッド


リトルレッドとボーイフレンド達

クライマックスの前に


さて、話は少しさかのぼりまして、第2回目に書いた「シェルター、そして査定」の所まで戻ります。
ヴィックの家から保護されて、各公営シェルターに振り分けられた犬達。
ジャスミンはサシックス郡アニマルシェルターに行く事になりました。
このシェルターは新築で、ヴィックの犬達19頭が最初の入居者でした。
清潔で、屋外への行き来もできる犬舎など、施設としての機能は優れていましたが
世話をする人間の数が少なくて、行き届かない状態でした。

IMG_2877.jpg
「人手の少ないシェルターは辛いのよ。あたし知ってる。」


それでもサシックスシェルターの犬達はたまには散歩にも連れ出してもらっていました。
しかし、知らない人間が何よりも怖かったジャスミンは誰かが犬舎に入って来ると
床にペッタリと這いつくばって息を殺し、微動だにしませんでした。
そうしていると人間は諦めてその場を去って行く・・・ジャスミンが必死の思いで編み出した恐怖との折り合いのつけ方でした。
正確にはこの頃は彼女はまだジャスミンではありませんでした。
犬達に名前が付けられたのは査定が終わり、レベッカ・ハス氏が責任者に就任した後のことですからね。
その頃の彼女は「サシックス2602」と呼ばれていて、彼女自身もまるでその呼び名の通りにシェルターの一部に同化してしまいたいと思っているかのように壁や床にぴったりと身を寄せていました。
査定の時にもジャスミンは地面にぺったりと這いつくばってしまって全く動こうとしませんでした。
こうした周囲の世界を完全にシャットアウトしてしまう犬はジャスミンの他にもたくさんいて、彼らがどれほどの恐怖をくぐり抜けて来たのかを物語っていました。
しかし、おもしろいことにこのタイプの犬達は先に書いたリトルレッドと違って、犬同士でいる時にはリラックスし落ち着いた反応を見せるのでした。
つまり彼ら自身は試合や練習には使われたことがない犬だったと推測されます。
けれど、ヴィックを始め人間達による虐待は日常的に行われていましたし
自分自身が傷つけられなくても、周囲の犬達が経験した恐怖を彼らは我がことのように感じ取っていたのでしょう。
(シーザーさんがいつも言うように、動物はエネルギーを感じ取るエキスパートですから)

その後ハス氏が就任し、犬達の環境が改善されていったことは上にリンクを貼った「新しい世界、ローズとジョージア」の中で触れています。

IMG_2881.jpg
「そして彼女は晴れてジャスミンになりました。あたしのバックもジャスミンです。」

他の公営シェルターに比べて犬達の世話が行き届いていなかったサシックス郡アニマルシェルターの犬達は、ワシントンアニマルリーグという私設のシェルターへと移されました。
「犬のためのリッツカールトン」と呼ばれる素晴らしい施設です。
冷たいコンクリートの床で寝起きしていた犬達は床暖房と柔らかいベッドと毛布とおもちゃに囲まれて生活するようになりました。


長くなりますので<続きを読む>で
ワシントンアニマルリーグでの生活は公営シェルターに比べると夢のように快適でした。
世話をしてくれる人達もみんな優しい声で話しかけてくれて、そっと撫でたり
おもちゃで遊んだり、散歩に連れ出してくれたりします。

でもジャスミンはここでも誰にも触られたくなかったし、散歩にも行きたくありませんでした。
相変わらず誰かが犬舎に来ると起き上がる事も歩く事も断固拒否していました。
ジャスミンを外に出すには誰かが彼女を抱き上げて運んでいかなくてはいけなかったのです。

しかし彼女はいったん外に出て人間達が側を離れると、ややリラックスして風の匂いをかいだり樹の上の鳥を眺めて楽しんだりすることもできました。
ジャスミンは毎日彼女を抱き上げて外に連れ出してくれる男の人、ユージンさんがだんだん好きになりました。
彼は決して大きな声を出したり、急な動きで彼女を怖がらせたりしなかったからです。
この施設に来て数日は恐怖と緊張で何も食べる事さえしなかったジャスミンが初めて食べ物を口にしたのもユージンさんの手からでした。

IMG_5973.jpg
「何日もごはん食べないなんて体に悪いもんね。ニコなら死んじゃう。」


ワシントンアニマルリーグのローゼン獣医師はジャスミンが外部からの刺激を極端に怖れる様子を見て、彼女の犬舎にロープと毛布で即席のテントを作ってやりました。
何か怖いことが見えたり聞こえたりしたら、すぐにそこに隠れられるように。
これはジャスミンにとって大きな助けとなりました。
また、ジャスミンはスタッフ達が「この犬とこの犬は一緒に遊んでも大丈夫」と注意深く選別した他のヴィックの犬達と遊んだりもしました。
犬達と一緒にいる時のジャスミンは幸せそうで活発でさえあったのです。
ジャスミンが一番仲良く過ごしたのは、彼女と同じ色のコートでよく似た背格好のスイートピーでした。
スイートピーは多分ジャスミンの母親であろうと推測されています。

そんな風にしてワシントンアニマルリーグのスタッフやボランティアの人達に助けられながら
ジャスミンはじれったくなるほどゆっくりと少しずつ落ち着いていきました。


これがジャスミンを始め、ヴィックの犬達の典型的な姿勢の1つ。(クリックでご覧頂けます。)
耳を倒し、尻尾を脚の間に入れて恐怖に固まっています。


IMG_5971.jpg
これは遠くで聞こえた電車の音にビビっているニコ。
でもこうして写真で見ると耳も倒れていないし、尻尾も脚の間に入っていないし
たいして怖がっていないようですね。盗み食いを見つかった時の方がおののいている感じです。
結局のところ、ジャスミン達の恐怖とニコの怖がりを比べる事自体ナンセンスなんですね。



そしてそれぞれの犬達の受け入れ先が正式に決まった時、ジャスミンとスイートピーの引受先はボルチモアにあるリサイクルドラブという小規模な保護団体でした。
ジャスミンはリサイクルドラブの預かりボランティアの家に行く事になりました。

預かりボランティアのカタリーナ・スターリングさんは実際にジャスミンを引き取る前にワシントンアニマルリーグに行ってジャスミンと対面していました。
当然ながら恐怖におののき、毛布のテントの下に隠れたジャスミンをカタリーナさんは辛抱強く待ち、ずっと静かに座っていました。
その様子は、あのリトルレッドの心を開かせたBAD RAPのボランティアのニコールさんを心から感嘆させました。
カタリーナさんとジャスミンの初対面に立ち会ったニコールさんは「カタリーナさんならできる」と感じたと言います。

そして2007年の12月中旬のある晴れた朝、ジャスミンはカタリーナさんとご主人のデイヴァーさんに連れられて、お家へとやってきたのでした。


カタリーナさんとジャスミンのお話は次週に続きます。


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いします。
br_decobanner_20110108164503.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
スポンサーサイト

ベックマン
この、ヴィックの犬達の典型的な姿勢の写真を始めて見たとき、心臓がきゅうっとわしづかみにされたように感じたのが今でもどうしても忘れられません。

犬達をここまでおいやったのも人間なら、ジャスミンや他の犬達に、他の部類の人間もいるんだと教えたのも人間・・・うれしいけれど、どこかにやりきれなさがあったのも正直な気持ちです。

せめての救いはジャスミンをはじめ、最終的には虹の橋を渡っていった犬たちが、少なくとも「愛される感覚」を知ってから行ってくれた事でしょうか。
個人的には、カタリーナさんとジャスミンのお話が一番好きでした。次回も楽しみにしています。
2011/03/08(火) 08:34:35 | URL | [ 編集]
ちーとまる子
恐怖の姿、本当に心が痛みますね。
どれだけの間こんなに怖い思いをし続けてきたのか
想像もできませんが、こんな姿になってしまう犬たちを見て何とも思わず、さらに虐待を続ける人間がいるということに恐ろしくなります。

ジャスミン、カタリーナさんのおうちでどう変わっていったのか、次回楽しみにしています!

それにしてもニヤちゃん、歩く宝石ですね!
本当につやつや輝いてますよね~!
もちろんニコちゃんも!
2011/03/08(火) 14:17:21 | URL | [ 編集]
ハせ姉
ヴィックの犬達の典型的な姿勢の写真を見て、どきっとしました。
うちに来た頃のせつの姿勢がそうだったから。
足をあげてゲートをまたいだり、撫でようとしたりすると床に身体をびったりつけたり、首をすくめて目をつぶったりしていたのです。
ああ、どんな生活を・・・と思いました。

今でもびびりのせつですが、手足を怖がることはなくなりました。
なでられると気持ち良さそうです。
散歩のときに怖がることがあっても、散歩は張り切って出かけます。すぐ帰りたがりますが(笑)

ヴィックの犬達もきっとそれぞれのスピードでどんどん変わっていったんでしょうねえ。
2011/03/08(火) 20:22:05 | URL | [ 編集]
はたはた
恐怖で固まる姿勢は悲しいですよね。
あ~、今までどんなだったの?と苦しくなります。
更に近づくと、漏らしちゃったり牙をむいたり。
そして牙をむくと、処分ですからね・・。

家族のなかにいて、何かに怖がるのと
何も信じられないなかでの恐怖はほんとに
比べようがないです。
じれったくなるほどゆっくりですねぇ。
一歩進んで二歩下がるみたいな。

なんか、続き!への持って行き方がプロっぽい。
早くって思いますよん。

ところであがさんって死体のように寝るんですね。
そこにひとりで、大ウケ~。
2011/03/08(火) 21:25:29 | URL | [ 編集]
あが
ベックマンさん
わかります。私も全く同じように感じました。
心臓がつかまれるような感じも、やりきれない気持ちも。

> せめての救いはジャスミンをはじめ、最終的には虹の橋を渡っていった犬たちが、少なくとも「愛される感覚」を知ってから行ってくれた事でしょうか。
そうですね。愛し愛されて、暖かい気持ちいい思いをしてくれたことが嬉しいです。

> 個人的には、カタリーナさんとジャスミンのお話が一番好きでした。次回も楽しみにしています。
今回も「書けるのか?」と思いながら何とかアップしたのですが
次回は本当に心配(笑)ジョニーやレオなら楽なんだけど。
2011/03/08(火) 22:41:16 | URL | [ 編集]
あが
ちーとまる子さん
ジャスミンはこの時推定2歳でした。
物心ついた頃からずっと怖い思いをしていたのでしょうね。
でもジャスミンがお母さんと思われるスイートピーとずっと一緒だったことは
せめてもの救いだなあと思っています。
スイートピーも怖がりの臆病な子だったんですよ。

> それにしてもニヤちゃん、歩く宝石ですね!
あ~あ~、ニヤのことそんな風に言うと調子に乗りますよ(笑
ニヤ、間違いなくちーとまる子さんに「好き好き大好き攻撃」するわ。
2011/03/08(火) 22:52:21 | URL | [ 編集]
あが
ハせ姉さん
せつちゃん、そうだったんですね。
今は幸せで本当に良かった。ハせ姉さんありがとうございます。

よく、手を上にあげると怯える犬の話を聞くので
1度ニコの前でゲンコツを振り上げてみたことがあります。
そしたらニコは私がおやつを握って遊びに誘っているのだと思い
満面の笑顔で勝手に色んな芸を披露して、おやつの催促をしました。
その姿を見て「絶対にニコのこの態度を崩させない」と心に誓ったのを覚えています。

> ヴィックの犬達もきっとそれぞれのスピードでどんどん変わっていったんでしょうねえ。
本当に「それぞれのスピード」という表現がぴったりなんですよ。どうぞお楽しみに!
2011/03/08(火) 22:58:31 | URL | [ 編集]
あが
はたはたさん
以前にdogactuallyで犬の欲求階層のお話があった時に
一番ベーシックな欲求は「生命の安全」というのを読んだ時に
「この犬達は一番基本的な部分からグラグラだったんだなあ」と
改めて不憫で悲しくなったのでした。

> そして牙をむくと、処分ですからね・・。
牙もむきたくなるよね。ニコだってそんな状況ならきっと牙を剝く。

> じれったくなるほどゆっくりですねぇ。
> 一歩進んで二歩下がるみたいな。
本当にそうなんですよ。
来週はもっとたいへん。私もたいへん。書けるのか?(笑

> ところであがさんって死体のように寝るんですね。
> そこにひとりで、大ウケ~。
はははは!オットが言ってたんですよ。私はゾンビか。
2011/03/08(火) 23:05:46 | URL | [ 編集]
ぷーまま
ミクシィで
>安楽死させられた捨て犬、ゴミ捨て場で生き返り「奇跡のサバイバー犬」として話題に。(オクラホマ)
と言うニュースが話題になっています。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=103&id=1527642
この子を引き取りたいという申し出が遠くカナダからもあるそうな。

なんだか、この子を引き取りたい人たちって、流行の犬に飛びついて飽きたら捨ててしまう人たちと同じ人種のような気がしてしょうがないのは私だけでしょうか。

日本にも崖っぷち犬と言うのがいましたが、そういう子だけでなくシェルターにはたくさんのワンコがいて、みんな新しい飼い主を探していることを知らないのでしょうかね。
2011/03/09(水) 00:09:42 | URL | [ 編集]
miniwindi
ニコちゃん、ニヤちゃんと「恐怖の姿勢」の写真の対照的な事!
でも、うちのエニーが、こんなカッコするときがあります。
ちょっと考え込んでしまいました。(何か間違っているのかな、私達?)
手を挙げたり、怒鳴ったり、今まで一度も、家族の誰もしませんが、
イヤなこと(散歩の後の足ふきとか)される時に、こんな風です。
エニーが、歯を剥いたり、唸る事はありませんが。。

スミマセン、お話の主題とズレてしまいました。

ハズレついでと言っては何ですが、
「夜は死体のように寝る」って、可笑しいですよ~ 私も大ウケしました。



2011/03/09(水) 08:07:48 | URL | [ 編集]
あが
ぷーままさん
ニュース、こちらで報道されていたものも読みました。
>
> なんだか、この子を引き取りたい人たちって、流行の犬に飛びついて飽きたら捨ててしまう人たちと同じ人種のような気がしてしょうがないのは私だけでしょうか。
mixiのニュースが読めないので、日本語でどんなニュアンスで書かれているのかわからないのですが
流行の犬に飛びついて飽きたら捨てる人とは微妙に違うカテゴリーかもしれない。
まあ確かに思慮浅薄であることは間違いないですけれどね。
>
> 日本にも崖っぷち犬と言うのがいましたが、そういう子だけでなくシェルターにはたくさんのワンコがいて、みんな新しい飼い主を探していることを知らないのでしょうかね。
アメリカやカナダでそういうことを知らない人はまずいないと思うのです。
だから本当にこの犬の場合は「あまりにも心が痛んだから名乗り出た」と言う人が
たまたまたくさんいたというような気がします。

日本の崖っぷち犬に名乗り出た人々はおっしゃるようなカテゴリーだと思うのですけれどね。
あの崖っぷち犬、抽選で飼い主が決まったけれど結局愛護センターに戻されたのでしょう?
いい加減に名乗り出る方も方なら、野良犬出身で難しいのが目に見えているのに
安直に抽選で(物じゃないって言うの)決める行政も行政。

このヴィックの犬達が預けられたり、もらわれて行った家庭は厳重なスクリーニングで選ばれました。
その辺りのこともまた書いて行けたらなと思っています。
2011/03/09(水) 20:26:08 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん
エニーちゃんもこういう姿勢になる時があるんですね。
この写真のニコは違うけれど、キッチンでカウンターに手をかけて
「何かないかな?」と探している時に私に「コラ」と言われた時のニコは
このジャスミンととてもよく似た格好になります。
背中の毛を逆立てて尻尾も入って。でもその後はキスしてご機嫌とりをしますが。

> ちょっと考え込んでしまいました。(何か間違っているのかな、私達?)
miniwindiさんのご家庭で何か間違っているなんてことないと思います。
ニコもそうですが、エニーちゃんももともとの体型のせいで
背中を丸めるとすごくおおげさな感じになるというのもあるでしょうしね。


> ハズレついでと言っては何ですが、
> 「夜は死体のように寝る」って、可笑しいですよ~ 私も大ウケしました。
ははははは!ウケて頂いてよかった~。ゾンビあがです。
2011/03/09(水) 20:30:24 | URL | [ 編集]
miniwindi
>miniwindiさんのご家庭で何か間違っているなんてことないと思います。

慰めて頂いて、どうも有り難うございます。
昨日も「散歩」と聞くと、ハウスへピュ~っと走っていくエニーがいて、もう超ヘタレなんです。

最初この写真を見たとき、ピット・ブルのジャスミンが、うちのイタグレに見えちゃって、皆さんとあまりに違う反応で....でも、ジャスミンの過酷な前半生を思うと、エニーのヘタレとは質の違うもので、一緒にしてはいけませんでした。
2011/03/10(木) 00:17:00 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん
散歩と言うと逃げるの、ニコも同じですよ。
散歩がイヤなんじゃなくて寒いのがイヤなんですよね?
ニコなんてLAの寒さで嫌がるんですからヘタレ度はエニーちゃんの比じゃないです(笑

> 最初この写真を見たとき、ピット・ブルのジャスミンが、うちのイタグレに見えちゃって、皆さんとあまりに違う反応で....
いや、私も「この姿勢の犬・・・うちにもいる」と思っちゃいました。
でもエニーちゃんもニコもジャスミンのような思いをしていないことは良い事です。
どんな犬もあんな思いをしてはならないですもんね。
2011/03/10(木) 22:46:36 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。