旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
天国、来世、生まれ変わり。
先日雑誌で見かけたドッグフードの広告の一部です。
IMG_5911.jpg
これは天国の門。下の方にドギードアが付いてます。

イラストの隣には「あなたが天国の門の前にたどり着いた時、下の方を見るのを忘れないように。
なぜなら全ての犬達は天国に行くのだから。」と書いてありました。

私が天国の門の前まで行ったらニコが
IMG_3568.jpg
「おかーさん待ってたよ~」
ってこのちっちゃいドアから迎えに来てくれて

IMG_3569.jpg
「さあ、こっちだよ~」
って中に案内してくれるのかなあ、なんて考えるとクスッと笑ってしまいました。
(ニヤはドギードアが嫌いなので、きっと向こう側で「早く来なさいよ!」とえらそうに呼んでる。)
そして「そうか、全ての犬は天国に行くのか。嬉しいな。」と心が和みました。

IMG_5892.jpg
「あたしのことを無精者みたいに言って失礼な。」

ホントのことじゃないのさ。


最近The LOST DOGSの記事を書いているので天国に行った犬達のことをよく考えるのですよ。
今までに書いた中でもシェルターで原因不明のまま命を落とした2頭とか
トラウマから来る攻撃性が強過ぎて殺処分になってしまった雌の黒犬とか
愛らしかったローズのことを紹介して来ました。

来週書くつもりをしているのも、今は天国で暮らしている子の話なんです。
そんな彼らのことを考える時「絶対の絶対に今は痛みも苦しみもない世界で楽しく幸せに暮らしてるよな。うん、絶対そうだ、そうに決まってる!」と自分に言い聞かせるように思っていたので、この広告がことさらに心にスーッと沁み入って来るような感じがしました。

IMG_5888.jpg


そんなことを考えていたら、いつもコメントを下さるminiwindiさんがご自身のブログでとても素敵な記事を紹介して下さいました。

miniwindiさんはご家族でウィーンにお住まいなのですが、オーストリアの獣医師の方のブログをわざわざ日本語に訳して紹介して下さっています。
miniwindiさんがそこまで心を動かされたそのお話、ぜひ読んでみて下さい。
「グレーハウンド 不思議な話」


天国に行った犬が生まれ変わって自分のところに戻って来てくれる。
「ああ!そうなんだ~!気づいていなくてもきっとそういうことって起こってるんだ!」とこのminiwindiさんのブログを拝読した時に心が軽くなった気がしました。

IMG_5891.jpg
「おかーさん読んだ後すごいため息ついてたんだよ。」


つい先日も書いたシーザーさんのダディのことや、ブログを通じて仲良くして頂いている方々の天国に行ったご愛犬達、そして愛されることなく寂しく旅立って行った犬達、そんなことを考える時「この世を旅立った後も、また違う世界で逢えるよね」と苦しいくらいに願う自分に気づきます。

バカバカしい、非科学的だと笑う人がいてもかまわない。
私は天国とか来世とか生まれ変わりとか、そういうことを真剣に信じています。

だって、この子達にまた逢わなくちゃいけないからね。

IMG_5881_20110223150528.jpg
IMG_5885.jpg
後ろ姿を見ると、いつもほんの少しだけ胸が締め付けられる。



古くてあまり有名じゃない映画ですが、お勧めの一本。
ロビン・ウィリアムズ主演の死後の世界や生まれ変わりのことを描いた映画です。
奇蹟の輝き [DVD]奇蹟の輝き [DVD]
(2003/06/18)
ロビン・ウィリアムス、キューバ・グッディング・Jr. 他

商品詳細を見る

写真が小さくてわかりにくいのですが、パッケージの写真で主人公に寄り添っているのはダルメシアン。

この犬は年老いて旅立った時関節炎でうまく歩けなかったのですが
主人公が天国に行った時、お花畑の向こうからすごい勢いで走って来て
飛びついて来てくれるのです。私の大好きなシーンです。
機会があったらご覧になってみて下さいな。



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いします。
br_decobanner_20110223150931.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル

スポンサーサイト
ハニフラ
あがさん、素敵なお話をご紹介下さってありがとうございます!
この広告も・・・

天国って(名前はいろいろだろうけど)あるんですよ。
そこでは、自分がもっともお気に入りの時の姿で過ごしてるんです。
ものすごく胡散臭いやつみたいだけど、そう確信する経験をしましたから。

だから、自分もちゃんと天国に行けさえすれば、また愛する者たちと会えるんです、必ず。
自分も行ければ^^;

ダディの記事も何度も読んだのですが、思いが多すぎて言葉にできませんでした。
2011/02/23(水) 00:05:18 | URL | [ 編集]
tacobell
(T_T)

みんな~
あの世で 笑顔で 会おう!!!

わたしも天国行くぞ~!
2011/02/23(水) 01:40:42 | URL | [ 編集]
るーまま
悲しいかな人間は たいていの場合、物事を決めつけてしまい紋切り型
に片付けてしまうのがほとんどですよね!
だから、どんなことでもいろんな場合を想定、対処出来るか否かが
信じられる人であるか、そうでないかのバロメーターになると思い
ます。
邪念、雑念だらけの人間には見えない,感じられないものが純粋無垢
な動物たちには見えたり感じられたりしているな,って薄々思って
いましたが、ほんとうにそうなんだと確信できますね。。
あがさんに紹介いただいた「The LOSTDOGS」など悲しい運命を
背負った犬たちの数々のエピソードをたくさん見てきて、過酷な
状況からしあわせの日々を勝ち取った例のうしろには何万倍ほどの
不幸のまま死んでいった子たちがいるんですもの..やり切れない
ですが,だからこそ,旅立った犬たち全てが天国なのね!がほんと
に救われたような気持ちになりますもの。
人間の魂胆なんてとおに見透かされてるって気付かなくっちゃ!

野生を突き詰めるほど神に近ずくのかなあ。。
自分を選んでくれたるーくに今さらながら感謝です!
リトルレッドたちのことを考えると幸せだったよね.
でもあちらに行っても もたついてナカナか目的地にたどり着けず,
あたふたしてるような気がしてなりません^^;

犬たちの後ろ姿って、ほんとに頼りな気で,無防備で愛おしくて、 抱きしめたくなりますね!  
  そして「奇蹟の輝き」ぜったい観たいです♪
2011/02/23(水) 02:10:39 | URL | [ 編集]
miniwindi
まあ、こんなに大々的にご紹介くださって、どうも有り難うございます。
このお話を読んで、受け取るものは人それぞれだと思いますが、
犬を飼っていらっしゃる方には、大変興味深いのではないかと思います。

私も輪廻転生とかスっと入ってくるので「袖触れ合うも他生の縁」って思っています。

それにしても、上の記事を読んでいると、あがさんのニコちゃん二ヤちゃん、それから他の犬達に対する切々とした想いが伝わってきて、思わず目頭が熱くなりました。
2011/02/23(水) 03:54:05 | URL | [ 編集]
ケンケン
よいお話をありがとうございます。
The LOST DOGSの旅立った犬達も 天国で私達の事をみてるのでしょうね。
私も天国へいける様に努力しなくちゃ・・
じゃないと 我が子達にも逢えないもんね。
2011/02/23(水) 06:22:03 | URL | [ 編集]
ブルーグラス
素敵なお話です。
サードが前立腺肥大で苦しんでいた時も
ブンが白血病と戦っている今も
(本当に発症しているのかは疑問ですが)
天国で会ったときにお互い笑顔で会いたいから
それぞれの気持ちや苦しみを考えつつ看病しているつもりなのですが
彼らはどう感じているのでしょうね。
神様の元へサードとブンを返さない私は悪い子だから
天国には迎えてもらえないかな?
2011/02/23(水) 06:50:49 | URL | [ 編集]
サラロン
不思議な話ですね。
科学では解明できない話って、実は
9割以上あるんじゃないかな。
私も輪廻転生って昔から興味あります。

昔、Qさんと前世が見えるって言う人に
見てもらったら、私は16世紀にフランスで
生まれたって言われた。
で、Qさんの前世は、西部劇に出てくる
ころころ回る草のタンブリングウィードって
言われてたよ。
妙に納得しちゃったけど(笑)

なんで草やねん!
2011/02/23(水) 07:14:28 | URL | [ 編集]
chatokibi
あがさん、素敵なお話ありがとうございます。

私も全ての動物はこの世で使者としてのお役目終えたら創造主のもと、天国へ戻っていくのだと心から信じています。
ご存知だと思いますが、作者不明の詩が全てを語っています。長くなりますが、へたな訳はしないで原文そのままで。

Rainbow Bridge
Just this side of heaven is a place called Rainbow Bridge. When an animal dies that has been especially close to someone here, that pet goes to Rainbow Bridge. There are meadow s and hills for all of our special friends so they can ran and play together. There is plenty of food, water and sunshine, and our friends are warm and comfortable.

The animals who had been ill and old are restored to health and vigor. Those who are hurt or maimed are madewhole and strong again, just as we remember them in our dreams of days and times gone by. The animals are happy and content, except for one small thing; they each miss someone very special to them, who had to be left behind. They all run and play together, but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance. His bright eyes are intent. His eager body quivers. Suddenly he begins to run from the group, flying over the green grass, his legs carrying him faster and faster.

You have been spotted, and when you and your special friend finally meet, you cling together in joyous reunion, never to be parted again. The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head, and you look once more into the trusting eyes of your pet, so long gone from your life but never absent from your heart.

Then you cross Rainbow Bridge together....

Author unknown...
2011/02/23(水) 09:14:45 | URL | [ 編集]
まろちゃぶ母
そうなんだみんな天国に行けるんだ(私が行けるかが問題

残念ながらメンテ中でそのblog読めませんでしたが いつか読むぞ


信じてもらえないかもしれませんが私少なからず霊感があり長女は更に上行く強さで感度の良い時は会話出来ます


で まろんはお母さんの本当の息子だよとよく言います


実は私今入院生活してます
腰に金具入れボルトで固定する手術しましたまろんは実家に預けてるのですが 父も母も孫以上に可愛がっていて まろんも大好きなじぃちゃんとずっと一緒でパラダイスなんだとか
姿形違えど 魂ってあるな…と思う

先日旦那が「久々にまろん見かけた」って言ってた(笑
2011/02/23(水) 13:17:23 | URL | [ 編集]
はたはた
こういうことってありますよねぇ。
保護した子の家族が見つかって、後からいろいろ聞くと
前の子とそっくりで、その子の寝てた場所で寝るとか。
そういう、縁というのも不思議を感じます。
犬たちとたくさん過ごすようになって
ますます、感じるようになったかも。

↓の記事・・文章を読んでいると、順調に進んだように
つい思ってしまうけれど、いろいろダメかと思うような
こともあったんですよねぇ。
こっちが試されていると思うこと多々あり・・です。

2011/02/23(水) 15:14:05 | URL | [ 編集]
pixie
心がほっこり、涙腺がうるっとしてしまいました。
以前、私の家族犬事情を知らない知人に「黒っぽい犬飼ってるOR飼ってた?」と突然聞かれ「実はね、、」と伝えたら「だからか~、いるんだよ!」って。ほかにも伝えてきたメッセージ教えてもらいCAFEだったのにもかかわらず人目気にせずメイクもボロボロになる位うれし泣きしたことがあります。
こういうの信じない人は信じなくていい!私は信じます。
もう一度大好きだったワンコに会えるようにがんばっていいことして天国に行かなきゃですね☆
2011/02/23(水) 17:00:09 | URL | [ 編集]
ちーとまる子
天国でドラガル再会する様子を想像しました。
愛おしくてたまらなくなりました。
でもなんだかせつないような不思議な気分です。
この世でつらい思いをした犬たちが天国でたくさんの楽しい経験をしてるといいですね!!!
笑顔で走り回っていてほしい!!
2011/02/23(水) 19:47:01 | URL | [ 編集]
まりこ
わー、ワタシも一昨日、同じような本を読んで、あがさんと同じような記事を書こうと思っていた所でしたっ。

日本では、スピリチュアルな世界の第一人者(?)として有名な 江原啓之さんの本で「ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー」っていうのを読んだのですが、
そこでも、死後 あの世に戻れば、必ず再開する事が出来ます、と書かれていました♪

しかも、一緒に遊んだ思い出や楽しかった出来事など、色々話をする事も出来るそうです。

そう思うと、ちょっと楽しみですねっ♪
2011/02/23(水) 21:13:57 | URL | [ 編集]
あが
ハニフラさん

この広告、なかなか粋でいい感じでしょう?


> ものすごく胡散臭いやつみたいだけど、そう確信する経験をしましたから。
ぜんぜん胡散臭くなんかないです。
そう言っていただけると「そうなんだ~」と気持ちがホッとします。
でも、そうでした!大前提として自分も天国に行けなくちゃいけないんだ!
どうだろう?今のところ地獄に堕ちるような悪事はしてないと思うんだけど。
これから修行したら間に合うかしら、天国。

> ダディの記事も何度も読んだのですが、思いが多すぎて言葉にできませんでした。
私もダディのことを考える時、いつもガディさんがセットで頭に浮かびます。
渋い会話をしているのか、それともパピーダディとチビガディになってお相撲してるのか。
いろいろと思いを巡らせています。
2011/02/23(水) 22:57:49 | URL | [ 編集]
あが
tacobellさん

いいですね。 素敵ですね♪

> あの世で 笑顔で 会おう!!!
> わたしも天国行くぞ~!

ちょっとアメリカ横断ウルトラクイズを思い出した(笑
2011/02/23(水) 22:59:44 | URL | [ 編集]
あが
るーままさん

miniwindiさんのブログで紹介されていた言葉
「ありえないことを受け入れられること」って素敵ですよね。
科学でわかっていることが全てだと決めつけるのは人間の驕りですよね。


> 状況からしあわせの日々を勝ち取った例のうしろには何万倍ほどの
> 不幸のまま死んでいった子たちがいるんですもの..やり切れない
> ですが,だからこそ,旅立った犬たち全てが天国なのね!がほんと
> に救われたような気持ちになりますもの。
そうなんです。どんなに頑張っても全ての犬を救う事はできない。
でも犬はみんながみんな天国に行けるんです。イエ~ィ!!

> 自分を選んでくれたるーくに今さらながら感謝です!
> リトルレッドたちのことを考えると幸せだったよね.
> でもあちらに行っても もたついてナカナか目的地にたどり着けず,
> あたふたしてるような気がしてなりません^^;
るーく君は間違いなく世界一幸せな犬のうちの一頭でしたよ。
大丈夫、あちらの世界では誰もあたふたすることなんてないんですよ。
るーく君もお友達と遊びながら、のんびりといつか皆さんと再会出来る日を
待っているんでしょうね。

>   そして「奇蹟の輝き」ぜったい観たいです♪
アマゾンのリンクを貼ったけれど、アマゾンでは入荷予定がないようですね。
レンタルなどで見つけられたら、ぜひご覧になって下さい。
色んな事を考えさせられますが、映像の美しさも見所のひとつです。
2011/02/23(水) 23:05:32 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん

こちらこそ、ありがとうございました。
ちょうどこの広告のことを書こうと思っていたら
miniwindiさんの素敵な記事にお誘い頂いて、ピッタリでした。
そしてこの記事を書いたことで、次のThe LOST DOGSの記事を書くのが
心情的にとても楽になりました。本当に感謝するとともに
なんだか不思議なご縁まで感じます。


> 私も輪廻転生とかスっと入ってくるので「袖触れ合うも他生の縁」って思っています。
素敵な言葉ですよね。私もその言葉大好きです。
こうしてブログを通じて言葉を交わさせて頂くのも何かのご縁。
大切にしていきたいなあと思います。


> それにしても、上の記事を読んでいると、あがさんのニコちゃん二ヤちゃん、それから他の犬達に対する切々とした想いが伝わってきて、思わず目頭が熱くなりました。
ありがとうございます。
笑ってしまうほどの犬バカですよね。ちょっと照れくさいです。
2011/02/23(水) 23:09:34 | URL | [ 編集]
あが
ケンケンさん

天国で見ていてくれたり、時には降りて来てくれたり
また時には生まれ変わって来てくれたりしているんですね。嬉しいな。

自分が天国に行けるようにしなくては!
これってあらゆる宗教の根本ですよね。
その思いのために自分を律し、他者を尊重する。
本来の宗教って素晴らしいものなんだなと、改めて実感。
2011/02/23(水) 23:12:22 | URL | [ 編集]
あが
ブルーグラスさん
サード君もブンちゃんもまだ「その時」じゃないんですよ。
だから神様がブルーグラスさんに「できることをしなさい」と
おっしゃっているような気がします。

大丈夫、遠い未来だけどきっと天国で全員集合できますから!
2011/02/23(水) 23:41:28 | URL | [ 編集]
あが
サラロンさん

この世の中のこと、解明できてないことの方が多いですよね。
もちろん研究者の方々には敬意を表したいと思いますが
それが全てだと思う事は人間の驕りですよね。
また優れた研究者や科学者ほどそんな風に思わない気がします。

って、真面目なことを書いた後で!!!

> で、Qさんの前世は、西部劇に出てくる
> ころころ回る草のタンブリングウィードって
> 言われてたよ。
> なんで草やねん!

そんなんアリ!?
だって草やん!しかも枯れ草やん!無生物やん!
草からいきなり人間に生まれ変わるの?
いや~それは・・・う~ん。
でも笑い過ぎてお腹痛い。
2011/02/23(水) 23:47:20 | URL | [ 編集]
あが
chatokibiさん

「虹の橋」の詩、どうもありがとうございます。
作者不詳のこの詩は本当に素晴らしいですよね。
愛していた動物達のその後のことも、心を鎮めてくれるし
愛される苦しい一生だった動物達にも言及してくれている。
何度読んでも涙が出ます。
2011/02/23(水) 23:49:58 | URL | [ 編集]
あが
まろちゃぶ母さん

まろちゃぶ母さんも娘さんも霊感の人なんだ!
もちろん信じますとも。
まんちゃんのお話、素敵だな。とてもとても納得します。

> 実は私今入院生活してます
やっぱりそうでしたか。
でも手術もされて後は回復するだけですね。
どうか周りの皆さんに思い切り甘えてゆっくりなさって下さいね。

まんちゃんはプリンちゃんに対抗しながらお父様に甘えているのかな(笑
でもパラダイスなんて言っても、絶対に心配してますよ、まんちゃん。
ちゃぶさんも寂しいだろうし、早くお家でのんびりできますように。
2011/02/23(水) 23:54:46 | URL | [ 編集]
あが
はたはたさん

はたはたさんみたいにたくさんの事例を見ていらっしゃる方から
そういうお話を聞くと「やっぱりそうなんだなあ」と思いますね。
そう思う事で私自身が救われた気持ちです。

> ↓の記事・・文章を読んでいると、順調に進んだように
> つい思ってしまうけれど、いろいろダメかと思うような
> こともあったんですよねぇ。
> こっちが試されていると思うこと多々あり・・です。
うん、私の拙文では伝え切れないほどの苦労や涙があったと思います。
はたはたさんが試されているとしたら
それはかなり高いハードルを設定されてるんだなあ。
いつもいつも本当にありがとうございます。
2011/02/23(水) 23:57:47 | URL | [ 編集]
あが
pixieさん

私も信じます!素敵なお知り合いがいらっしゃるのですね。
そばについていてくれるのはBちゃんかな?
メッセージを持って側にいてくれるんですねえ。いじらしいなあ。

> もう一度大好きだったワンコに会えるようにがんばっていいことして天国に行かなきゃですね☆
本当にそうですよねえ。これ、どんなお説教よりも効きますね(笑
2011/02/24(木) 00:00:04 | URL | [ 編集]
あが
ちーとまる子さん

あ~わかりますわかります!
私も同じように想像して同じように愛しくなります。

> この世でつらい思いをした犬たちが天国でたくさんの楽しい経験をしてるといいですね!!!
> 笑顔で走り回っていてほしい!!
きっと楽しく笑顔で走り回っていますよ!
ほら他の方達も皆さんそうおっしゃっているし!
2011/02/24(木) 00:01:37 | URL | [ 編集]
あが
まりこさん
おっ!私もその本読んだことがあります!
> 日本では、スピリチュアルな世界の第一人者(?)として有名な 江原啓之さんの本で「ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー」っていうのを読んだのですが、
記事にもしたことがあるんですよ。
http://nikologla.blog27.fc2.com/blog-entry-792.html

> そう思うと、ちょっと楽しみですねっ♪
そうなんですよ、あの本を読んでいろいろ楽しみなことができました。
江原さんありがと~。
2011/02/24(木) 00:05:16 | URL | [ 編集]
ゆずゆきん
しばらく読み逃げばっかりしててごめんなさい~

今回の記事もコメントも、読みながらなんだか涙が…
私もなんとしても天国へ行かなくちゃ!
今まで見送ったコたちに、謝りたいことや伝えたいこと
いーっぱいあるので…

でもね、天国のドギードアがこんなにちっちゃかったら
私の場合、みんないっぺんに出てこようとして
つっかえちゃうんじゃないかと心配(笑
譲り合いの精神があればいいけど「私が!」「僕が!」っていうコばっかりのような~
2011/02/24(木) 04:25:01 | URL | [ 編集]
みるく♪
私も読み逃げてて…
年末~今年は、次女が高校受験でバタバタしています。
(推薦入学が決まりましたが…)

犬の事
以前、Cesar Millan氏が出演した、Bones 観ましたか?
そこで、人間を噛み殺した犬を安楽死させる場面があって・・・
その時に「犬は、亡くなると神になるんだよ」と言う言葉がありました。
DOG=GOD って事でしょう。
この回は、何回観ても涙が出ます。
2011/02/24(木) 16:42:11 | URL | [ 編集]
あが
ゆずゆきんさん
いえいえ、そんなお気になさらずに。

> 今まで見送ったコたちに、謝りたいことや伝えたいこと
> いーっぱいあるので…
ジェームス・ヴァン・プラグ氏というサイキックの方の本を読んだ時
天国の動物達に飼い主さんのごめんねを伝えると
みんな同様に「そんな事全然かまわない。それよりありがとう。」と言うと
書いてあって涙した事があります。
ゆずゆきんさんに見送られた子達も絶対に同じ事を言うと言いきれます、私。

> 私の場合、みんないっぺんに出てこようとして
> つっかえちゃうんじゃないかと心配(笑
あはははは!
それじゃ私が書いたニヤのようにドアの向こうで大騒ぎの声が聞こえるのも
また一興ということで(笑)考えるとにやけちゃいますね。
2011/02/25(金) 18:26:36 | URL | [ 編集]
あが
みるくさん
お嬢さんの推薦入学おめでとうございます。
お母さんもお嬢さんもお疲れさまでした。

> 以前、Cesar Millan氏が出演した、Bones 観ましたか?
もちろん観ましたよ~。
キリスト教でGODというと絶対唯一神なので
GODは自分の分身としてDOGを人に遣わしたという言葉がよく言われます。
闘犬の話はどれも悲しいですね。
2011/02/25(金) 18:34:33 | URL | [ 編集]
みるく♪
>GODは自分の分身としてDOGを人に遣わしたという言葉がよく言われます。
>
その言葉、知りたいです。

最近、収容所で殺処分のカウントダウン中の犬の事をTwitterで書いてます。
MIXもですが… 純血統で、リボンや洋服を着てたり、リードが着てて収容され、
「後、数日で期限」と言う犬が多いです。




2011/02/25(金) 19:21:08 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/26(土) 05:01:53 | | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。