旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
The LOST DOGS リトルレッド
The Lost Dogs: Michael Vick\'s Dogs and Their Tale of Rescue and RedemptionThe Lost Dogs: Michael Vick\'s Dogs and Their Tale of Rescue and Redemption
(2010/09/16)
Jim Gorant

商品詳細を見る


違法闘犬と動物虐待で服役したNFLのスター選手マイケル・ヴィックの犬達のリハビリの軌跡。
本日は第6回目です。

前5回の記事はこちら。


捜査から保護まで


シェルターそして査定

査定から選別へ

新しい世界、ローズとジョージア


人間達




今回はリトルレッドと名付けられた犬と、彼女が現在暮らしている「ベストフレンズ」という施設のことを書きたいと思います。

前回登場したボランティアのニコールさんがシェルターに通って世話をした犬達のうち、ひときわ臆病で神経質な犬がいました。
犬の名前はリトルレッド。その名の通り小柄な赤いコートの雌犬です。
リトルレッドの顔にはたくさんの傷跡が残っており、犬歯はヤスリで削り落とされていました。
それらのことから彼女は「かませ犬」と呼ばれるリングに出る犬達の練習台であったと推測されています。

Little Redoriginal update by purple dog_3
この子がリトルレッド。この写真ではまだ表情がこわばっています。


07年11月上旬のある日、ニコールさんが犬舎に入っていった時リトルレッドはクレートの後ろに隠れていました。
隣の犬舎の犬を世話していると少し興味を持って姿を現したものの、声をかけるとまた一目散に逃げて隠れてしまいました。
ニコールさんはリトルレッドの犬舎に手作りのミートボールを置いて立ち去りました。次の日も、その次の日も。3日目には少し進歩がありました。リトルレッドは誰もいなくなってからミートボールを食べに出て来ました。
そして翌日の4日目、リトルレッドは自ら姿を現しニコールさんの手からおやつを食べるところまでこぎ着けました!

IMG_5685.jpg
「リトルレッドさん、怖がりだけど食いしん坊なんだ!ニコと一緒だね。」


その後すぐにリトルレッドは犬舎から自由に出入りできるドッグランに出て、ニコールさんに近付いて来ました。その時はまだニコールさんに体を触らせることはなかったのですが、ニコールさんが黙って少し離れた所に座りじっとしていると、リトルレッドはニコールさんの後ろに来て立っていました。
ニコールさんはそっと手を伸ばし犬を撫でてやることができました。


それから約1ヶ月後の12月1日には、おやつの入ったコングを持って犬舎に来たニコールさんに、犬舎のドアを「開けて!」と催促するまでになったのです。
実際のところリトルレッドのリハビリテーションは「三歩進んで二歩下がる」といった感じのペースでしたが、彼女は確実にニコールさんとの絆を築いていきました。ニコールさんの後をついて歩き、ニコールさんがしゃがめば体を預けて黙って撫でられるようになり、ニコールさん以外のボランティアの人達にも心を許していきました。
その後、全ての犬の行き先が正式に決定され、リトルレッドはユタ州にある全米最大のNo Kill動物保護施設ベストフレンズへと行くことになりました。
(No Killというのは手の施しようのない病気や怪我のための安楽死以外には殺処分を行わない施設を指します。)

ベストフレンズという施設について改めて説明しておきましょうね。
前々回ジョージアのことを書いた時に少し触れましたが、ベストフレンズはユタ州の国立公園内にある東京ディズニーランド260個分以上の敷地を持つ施設です。
犬や猫の他、野生動物や馬、ヤギなど約2000匹の動物が常時暮らしています。
施設の運営は全て民間からの寄付によってまかなわれており、高度な医療施設とケアプログラムを持っています。
ベストフレンズでは一般の動物シェルターではリハビリが困難と思われる動物達を受け入れていて(ヴィックの犬達のような)常に全米から問い合わせや相談が引きも切らない状態です。
ベストフレンズの中で犬達が暮らすエリアは「ドッグタウン」と呼ばれています。
この「ドッグタウン」はナショナルジオグラフィックチャンネルで施設のことを紹介したドキュメンタリー番組のタイトルにもなりました。

IMG_5678.jpg
「知ってる。おかーさんが好きで、おとーさんは“可哀想で見られない”って言ってた番組だ!」


ベストフレンズでは心身ともに傷ついた動物のために、様々なリハビリプログラムを用意しています。
そしてそれぞれの動物に最も適した方法を時間をかけて模索していきます。
伝統的な運動・ご褒美・愛情をベースにした我慢強いアプローチ方法はもちろん、時にはアロマセラピーを用いたり、母犬が子犬の気持ちを鎮めるために乳腺のあたりから出すフェロモンの一種を用いるような科学的な方法も取られます。

ベストフレンズに来た犬達は総勢22頭。最も多くの犬を受け入れたのがこの施設でした。
ヴィックの犬達はベストフレンズにおいて「勝利」や「克服」を意味するVictoryという言葉とVickの名前に引っ掛けてVicktory Dogsと呼ばれることになりました。


IMG_5683.jpg
「ヴィックトリードッグズ!良い名前ね!」


ベストフレンズでのリハビリの様子は<続きを読む>から

さて、22頭の犬達はユタ州へと移動し新しい生活を始めることになったのですが、臆病なリトルレッドにとってこれは辛い経験でした。
リトルレッドは食餌や散歩といった日々のルーティーンの時以外はいつもクレートに隠れるような状態に逆戻りしてしまいました。
リトルレッドの担当になったキャリッサさんは無理強いをせず、淡々と世話をこなしリトルレッドの不安を和らげることに努めました。
逆戻りしたように見えたリトルレッドでしたが、ヴァージニアのシェルターで学んだ「人間は怖い人ばかりじゃない。信頼出来る人もいる。」ということを忘れてはいませんでした。
リトルレッドはキャリッサさんを始め、ベストフレンズの人達にも徐々に心を許していきました。ニコールさんの努力は無駄ではなかったのです。

IMG_5686.jpg
「知らない所で知らない人に会うのドキドキするもんね。ニコはその気持ちわかるよ。」


キャリッサさんはリトルレッドにいくつかのコマンドを教え始めることにしました。
まずは基本中の基本のSit座れのコマンドからです。最初リトルレッドにコマンドは全く通用しませんでした。
しかしそんなことは想定の範囲内。キャリッサさんはおやつを犬の頭の上にかざし、犬がおやつに気を取られて自然とお座りの姿勢になるように促しました。リトルレッドは全く反応しませんでした。
他のトレーナーが朝の空腹時にボウルいっぱいのフードで同じことを試してみてもダメ。
フードの入ったボウルを持ったまま30分待ってもダメでした。
ようやくリトルレッドが「座れ」のコマンドができるまでに、なんと2ヶ月の時間がかかりました!
リトルレッドはその時初めて人間達が自分に何かをするように頼んでいるのだと理解したのです。ひとたびそれを理解すると、リトルレッドは次々に新しいコマンドを覚えていきました。
また昼間はベストフレンズの広い広い敷地の中にあるドッグランやアジリティコースで登ったりもぐったりする運動を通じて、リトルレッドは徐々に自信をつけていきました。

IMG_5665_20110213043350.jpg
「そうそう!自信をつけることは何より大切ね。」


ヴィックの犬達が来て最初の6ヶ月間、ベストフレンズのスタッフ達は必ず誰かが泊まりこんで夜も犬達と過ごすようにしていました。
その時、1回につき1頭の犬がスタッフと一緒に毛布にくるまれて一緒に寝ることになっていました。
これも犬達が人間を信頼することができるようになるためのプログラムの一環だったのですが、初めてキャリッサさんと一緒に眠った日からこれはリトルレッドの大のお気に入りになりました。
そしてリトルレッドだけでなく、スタッフ達にとってもリトルレッドは快適な眠りのパートナーとして人気になりました。


スタッフの一人と一緒に眠るリトルレッド。(クリックでご覧頂けます)


ベストフレンズでは犬達の行動や態度を、いくつかの項目に分け10段階評価で日々の記録をつけています。
リトルレッドの「自信」「幸せ度」のレベルは徐々に上がって行き、「怯え」のレベルは少しずつ下がって行っていました。

人間達に対する信頼を回復し、世話をしてくれる人達のそばで安心して過ごせるようになったリトルレッド。
しかし彼女にはもう一つ大きな課題がありました。
それは他の犬達と仲良く共同生活ができるようになることです。
リトルレッドには攻撃性はなかったものの、他の犬に対する恐怖が克服できていませんでした。
「かませ犬」だった彼女にとって、顔を合わせる犬は彼女を咬み傷つける存在だったのですから、その恐怖は当然のことでしょう。


IMG_5676.jpg
「いつも誰かに咬まれてたなんて・・・。」


リトルレッドがどうやって犬への気持ちを克服していったか、それは次回のお話といたします。


これは世話をしてもらっているリトルレッドの動画です。
特に何の説明もないビデオなのですが、幸せそうなリトルレッドの姿が見られます。
スポンサーサイト

ハニフラ
動画見ました!
このリトルレッドは笑顔ですね。そして幸せそう。
でも、動きがなんだかパピーみたいに不器用な感じですね。

Beefcakeと取っ組み合いして遊んでるのも見ました!
かませ犬だったなんて想像できない姿。彼らは素晴らしいです。
2011/02/14(月) 20:07:30 | URL | [ 編集]
むつき
私も動画見ました。
笑顔ですね、笑顔ですよね~、なんて幸せそうな。
一緒に寝るってすてきですね。
まいろがまだ2、3ヶ月の頃、同じ場所に寝ることで
群れ意識が強くなるってトレーナーさんに教わりました。
そして、一緒に寝ることで安心感も覚えるんでしょうね。

噛ませ犬、って言葉がある事自体、人間の残酷さが
伝わってくるな、と思ってしまいます。

犬と会うと噛まれる、痛い、怖い、としか感じなかった
リトルレッドが自分よりずっと大きなコと一緒に
楽しそうにトリートを食べている姿に、胸が熱くなりました。
2011/02/15(火) 01:34:44 | URL | [ 編集]
はたはた
かませ犬ってイヤな言葉。
動物を戦わせて、喜ぶのって最低ですね。

一緒に寝るようになると、もうゴールは近いですね。
なんかこう変わってきたなと思う時があって
それからはどんどん馴染んでくるというか。

ほんとパピーのような表情。
パピーからやり直して、人を信じるようになって
幸せになるんですよね。
2011/02/15(火) 04:39:14 | URL | [ 編集]
るーまま
ほんとにリトルレッドの笑顔にほっとしました。
こんなにきめ細かなリハビリプログラムをスタッフの方達が
愛情深く、根気強くゆっくりとそれぞれのワンちゃんに合った
方法で実践されていて.. もう頭の下がる思いですね!
その度に我が国のペット事情を思うと絶望的になりますが、
ひとつひとつ知ること、そしてそれを沢山の人に知らしめることが
まず一歩なんですね! 人間同士の信頼関係も危うい昨今。。
2011/02/15(火) 06:21:19 | URL | [ 編集]
ちーとまる子
想像できないほどの恐怖の毎日を過ごしてきたのに、
今ではこうして嬉しそうにおやつを食べたり、人間と一緒に眠ったりしているのですね。
恐怖を克服するまでとてもとても苦しい日々だったと思うけど、たくさんの人の愛情で今幸せにしていられることが素晴らしいですね!!!
ひどい人間がいなければ、みんなこうして幸せな顔で生きられるのに・・と思うとまた怒りが・・・。
ドッグタウンは私も見てましたけど、すばらしい施設ですよね。
自分が犬ならここに住んでもいい、って思いました。
でもやっぱり理想は自分だけの家族と暮らすことなんでしょうね。。
2011/02/15(火) 06:32:58 | URL | [ 編集]
ベックマン
あがさんの応援団長のはずなのに・・・コメントに書く言葉がみつかりませんわ・・・こまった。
毎回同じコメント「犬ってすごい!えらい!」になっちゃう(笑)
文才のなさ・・・ですね(涙)
2011/02/15(火) 06:56:43 | URL | [ 編集]
まろちゃぶ母
人間の勝手でこんなにまでなってしまうなんて…

噛ませ犬…どんな気持ちで生きてきたのか考えただけでも恐ろしい…

この世には 温かい人間も要ることを知って これからもっと幸せになれますように…
2011/02/15(火) 09:25:01 | URL | [ 編集]
miniwindi
かませ犬って言葉を読んだだけでゾっとしました。
本当に酷い!
とても想像できないような経験をしてきたのでしょうね。
それが、笑顔で他の犬と一緒におやつを貰っていて、
ここへ至るまでのリハビリに携わった方々も素晴らしいし、
何よりも、その困難を克服したリトルレッドに拍手を送りたいです。

2011/02/15(火) 14:34:48 | URL | [ 編集]
あが
ハニフラさん
ちょっと画質が粗いのですが、リトルレッドの笑顔はよくわかりますよね。

> でも、動きがなんだかパピーみたいに不器用な感じですね。
ハニフラさん、さすがに鋭い!もしかしてこの本読まれました?
リトルレッドだけでなく、ヴィックの犬達の多くは生まれてからずっと
重い鎖でつながれて暮らしていたので基本的な運動能力が未発達なんです。
だから普通に歩いていてもつまずいたりするし
何をするにも不器用でドンくさい子が多いらしいのです。

> Beefcakeと取っ組み合いして遊んでるのも見ました!
おっ、もう一つの動画もご覧になったのですね。
次回はこの詳しいお話を書きますね~。
2011/02/15(火) 20:54:20 | URL | [ 編集]
tacobell
ニコールさん すごい方ですね
リトルレッドを信じて そして自分を信じて...
ただならぬ 忍耐力 でもその背後には
不遇な運命にさらされた犬たちのチャンスを
絶対に無駄にしてはいけないという強い心が
あったんでしょうね...
素晴らしい出会い 本当に良かったです

それにしても ベストフレンズという場所...
訪問してみたいです
一頭一頭と一緒に眠るなんて...ただただ感心です...

LOST DOGSの連載 いつもありがとうございます
本当に毎回一生懸命読んでいます
コメントしたいと思いながら
あふれる思いをなかなかうまくまとめられず...
そして他の方々のコメントを読んで そうそう!と
うなずいたりして...読み逃げでほんとすんません!
2011/02/15(火) 21:08:29 | URL | [ 編集]
あが
むつきさん

動画の彼女の笑顔を見るとつられて笑顔になりますよね。

> まいろがまだ2、3ヶ月の頃、同じ場所に寝ることで
> 群れ意識が強くなるってトレーナーさんに教わりました。
素敵なトレーナーさん!むつきさんが選ばれただけのことはありますね。
一緒に寝るのは躾け上良くないとか、衛生上良くないとか
否定的な意見もよく聞くけれど、私にとってはプラス面の方が
はるかに上回ると毎日肌で感じています。
一緒に寝ることの効果はリトルレッドには特に目覚ましかったそうです。

> 犬と会うと噛まれる、痛い、怖い、としか感じなかった
> リトルレッドが自分よりずっと大きなコと一緒に
> 楽しそうにトリートを食べている姿に、胸が熱くなりました。
今まで悲しいことばかり書いて来ましたもんね。
リトルレッドのこの姿の詳しい経緯は来週詳しく書きますね。
2011/02/15(火) 21:17:00 | URL | [ 編集]
あが
はたはたさん

動物を戦わせて娯楽にしていたのって古代ローマのことが頭に浮かびますが
21世紀になってもそういうことしている人間って全然進化してないですよね。

> 一緒に寝るようになると、もうゴールは近いですね。
> なんかこう変わってきたなと思う時があって
> それからはどんどん馴染んでくるというか。
はたはたさんがおっしゃると言葉に重みがありますわ。
うちはニヤをクレートから出して一緒に寝始めて3日目に
ジラルジアに感染してるのが発覚したので
クレート生活に逆戻りで人も犬も辛かったのをよく覚えています。

> パピーからやり直して、人を信じるようになって
> 幸せになるんですよね。
ヴィックの犬達の多くは文字通りパピー時代のやり直しをしたみたいです。
でもリトルレッドみたいな小柄な子ばかりじゃなくて
体の大きな雄犬なんかを預かった方はかなり苦労もされたようですが(笑
そのあたりのこともまた追々と~。
2011/02/15(火) 21:32:28 | URL | [ 編集]
あが
るーままさん

ベストフレンズのスタッフの方々の技術と努力は本当にすごいです。
トレーニングやリハビリ、医療、施設の充実ぶりも素晴らしいです。
もしかしたらナショナルジオグラフィックからDVDが出ているかも
しれませんので、機会があったらご覧になってみて下さいね。

> ひとつひとつ知ること、そしてそれを沢山の人に知らしめることが
> まず一歩なんですね! 
そうです!そして絶望せずに、良い意味で楽天的でいること!
これが大切だと思っています。
2011/02/15(火) 21:37:13 | URL | [ 編集]
あが
ちーとまる子さん

リトルレッドみたいな犬を見ていると本当に
「犬は今を生きているんだなあ。」というのを実感しますよね。

> ドッグタウンは私も見てましたけど、すばらしい施設ですよね。
> 自分が犬ならここに住んでもいい、って思いました。
そうそうそう!私も全く同じことを思っていました。
広い敷地の中で大好きな人と思いっきり運動して
仲良しの犬達と走り回って、病気や怪我の時には至れり尽くせりで
下手な家族と一緒にいるよりいいんじゃないの?って。

> でもやっぱり理想は自分だけの家族と暮らすことなんでしょうね。。
そう思ってもらえるような家族でいないといけないなあって
しみじみと考えてしまいます。
2011/02/15(火) 21:42:27 | URL | [ 編集]
あが
ベック応援団長様

いえいえ、いつもコメント頂き本当に励まして頂いています。
犬って本当にすごくてえらいですもん、その言葉に尽きますよね。
先日図書館でドッグタウンの本を見つけたので
今回と次回はThe Lost Dogsの中には書いていなかったことも
少しばかり付け加えています。
1冊の本ではおさまりきらないドラマがいっぱいですものね。
2011/02/15(火) 21:46:56 | URL | [ 編集]
あが
まろちゃぶ母さん

人間の酷い仕打ちでとことん傷ついてしまったけれど
その傷を癒して、幸せに導いたのもまた人間。
犬達もそのことを知ってくれて本当に良かったと思います。

そして傷つく動物がどうか1頭でも少なくなりますように。
幸せに暮らせる動物が増えて行きますように。
2011/02/15(火) 22:03:39 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん

本当に文字を見ただけでぞっとする言葉ですよね。
それを実際に行う人間の心の闇もまた恐ろしい。

> それが、笑顔で他の犬と一緒におやつを貰っていて、
> ここへ至るまでのリハビリに携わった方々も素晴らしいし、
> 何よりも、その困難を克服したリトルレッドに拍手を送りたいです。
最初に本を読んだ時にももちろん感動したのですが
こうして文章にするために改めてじっくりと内容を咀嚼すると
数々の奇跡に何とも言えない気持ちになります。
来週はリトルレッドの他にも犬達に登場してもらう予定です。
2011/02/15(火) 22:08:33 | URL | [ 編集]
あが
tacobellさん

ニコールさんも素晴らしいし、彼女を影で支えたご主人も素晴らしいし
ニコールさんのボスにあたるティムさんとドナさんも素晴らしいし
そのまたボスのレベッカ・ハスさんも素晴らしいし、
そしてもちろんベストフレンズのスタッフの皆さんも素晴らしい。
犬達の運命を支えて下さった人々の素晴らしさを思うと
「人間って捨てたもんじゃないな」って思えますよね。
これからもまだまだ素晴らしい人々が登場しますよ~。

> それにしても ベストフレンズという場所...
> 訪問してみたいです
ベストフレンズは一般の方の見学も受け入れています。
これは多分有料で「寄付」という扱いになり
施設の運営費に当てられているのだと思います。
アメリカのNPO団体はそういう仕組みが多いのですよ。
社会の中にそういう機能が整っているのはアメリカの良い所ですね。

座れのコマンドを覚えるのに2ヶ月かかったリトルレッドは
今やこの見学客の人々に数々の芸を披露する人気者だそうです。
でもこれも見学客がリトルレッドに近付き過ぎたり触ったりしないように
細心の注意を払いながら、リトルレッドが初めての人達に慣れることが
できるようにというリハビリの一環だそうです。

> LOST DOGSの連載 いつもありがとうございます
> 本当に毎回一生懸命読んでいます
そう言って頂くと本当に大きな励みになります。
読み逃げだなんてとんでもないですよ。
本当にどうもありがとうございます。
2011/02/15(火) 22:22:28 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。