旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
The LOST DOGS 査定から選別へ
The Lost Dogs: Michael Vick\'s Dogs and Their Tale of Rescue and RedemptionThe Lost Dogs: Michael Vick\'s Dogs and Their Tale of Rescue and Redemption
(2010/09/16)
Jim Gorant

商品詳細を見る


NFLのスター選手マイケル・ヴィックが違法闘犬で逮捕され、保護された犬達のその後を描いたこの本、今日は第3回目の紹介です。


前2回はこちらです。

The Lost Dogs 捜査から保護まで

The Lost Dogs シェルターそして査定


先週書いたASPCA(全米動物虐待防止協会)の動物行動学者ドクターZによる犬達の査定チームが編成されました。
ASPCAの動物行動学者や獣医師を中心とした10名編成のチーム、ここには北カリフォルニアでピットブルのレスキュー団体を主催しているティム・レイサー氏とドナ・レイノルズ氏も含まれていました。

IMG_5404.jpg
「どうなるのかな。ドキドキ。」


査定の手順はASPCAで行われているテストをもとに実施されることになっていました。

1 まず単純に犬達の行動を観察します。
  犬達は一頭ずつ査定の場に連れて来られ「落ち着いている」「緊張している」「攻撃的」などの評価を受けます。

2 次に担当者が犬を撫でます。最初は優しく、だんだんと強めに。
  それが全部うまく出来たならもう少し踏み込んだ(指の間をつまむなど)ことをして反応を見ます。

3 次のテストでは担当者はおもちゃを手にして、はしゃいだ声で犬を遊びに誘います。
  おもちゃはロープやリングなど引っ張りっこ用のもので、うまく遊び始めることができるか
  最後に速やかに遊びを止めることができるかが観察されます。

4 テストは難易度を増して行きます。犬達にボウルに入れたフードを与え、
  食べている最中にボウルに手を伸ばして反応を見るというものです。
  使用されるのはゴムで作られた人工の手の形をした道具です。

5 4のテストと同じく、次はもっと嗜好性の高い豚耳などを与え、それに手を出した時の反応を見ます。

6 犬のぬいぐるみと、幼児の等身大の人形を近づけ攻撃性を示すかどうかを観察します。


IMG_5450.jpg
「ごはんやオヤツを持って行っちゃうテストなんてヤだーっ!」


しかしティムさんとドナさんは彼らが独自に行っているテストも組み入れて欲しいと主張しました。

それは、まず犬達のケージの金網越しに人間が近づき、その反応を見る事。
犬のぬいぐるみではなくて、生きている実際の犬を近づけて反応を見る事。
犬の顔に優しく息を吹きかけて反応を見る事(ほとんどのピットブルはこれが好きで
これで人間に対して友好的にできるかどうかが判断できるそうです。)

ティムさんとドナさんの主張は受け入れられ、査定は2つの案を併せて行われることとなりました。

査定を行うにあたって、責任者であるドクターZは全49頭のピットブル達のうちの10%を救うことを目標にしていました。それはティムさんとドナさんが考えていた数字とも一致していました。
49頭のうちの10%、つまり5頭のピットブルをリハビリして里親を見つけること。
これが彼らが現実的に考えていた数字だったのです。


犬達の査定の様子は<続きを読む>から

いよいよ、最初の犬の査定のスタートです。
査定チームが見守る中、連れて来られた犬は人間に対して全く攻撃性を見せませんでした。
・・・正確には、全く何の反応も示さなかったのですが。
おもちゃを見せても反応は無し。(多分生まれて初めて見るものでそれが何かわかっていなかったのでしょう)
食べ物に手を出しても攻撃性は見られませんでした。

しかし犬舎から他の犬を連れて来て対面させた時、その犬は嬉しそうに尻尾を振り礼儀正しく匂いを嗅ぎ合うことができました。合格です!

「1戦1勝だ!」嬉しそうに叫ぶティムさん。
その後査定は「勝ち」を続けて行き、あっと言う間に目標の5頭を追い抜きました。

IMG_5454.jpg
「やった~!ワクワク」


犬達が収容されている全てのシェルターで同じ査定が行われ、犬達は様々な反応を示しました。
犬達を犬舎から出して、実際のテストを行うのはいつもたいていティムさんでした。
ティムさんの呼びかけや優しく吹きかける息に嬉しそうに反応する犬、怯えるあまり全ての思考と行動が停止してしまい地面にペッタリと這いつくばってしまう犬。
そしてもちろん攻撃的な犬達もいました。

49頭の犬達のうち、2頭だけ名前がつけられている犬がいました。
雄のルーカスと雌のジェーン、彼らは複数回の勝利を修めたヴィックのチャンピオン犬達でした。
ルーカスは自信に溢れた態度で、人間に対しては全く従順に振る舞うことができました。
対犬のテストでは、ルーカスが一瞥しただけで、相手の犬が引き下がってしまい攻撃性を見せる必要さえありませんでした。合格です。

ジェーンの方は少し勝手が違いました。
ヴィックの犬達の中でも最強だったジェーンはその強さゆえに、何度にも渡って繁殖に使われ多数回の出産を強いられていました。無理矢理交配させる際に人間や相手の犬を傷つけないように、ジェーンの歯はほとんど抜かれていました。
そんな風にしか扱われた事のないジェーンが攻撃性を示したところで誰も彼女を責められないでしょう。
とにかく、ジェーンは査定において強い攻撃性を示したという結果が出ました。

IMG_5427.jpg
「ジェーンはどうなるの・・・」


しかしもっと悲しい犬がもう1頭いました。ジェーンの隣の犬舎にいた黒い雌犬。
彼女もジェーン同様に残酷な繁殖の道具に使われていました。
体も精神も強かったジェーンと違って、その黒い犬は完全に正気を失っていました。
とにかく目につくもの全てを攻撃しようとするその犬は、唯一ティムさんが制御できない犬でした。
悲しいけれど、査定の必要はありませんでした。

こうして全ての犬の査定が終わった時点で、ドクターZは犬達の選別基準を決めました。
全ての犬は5つの基準のどれかに当てはめられます。

1 フォスターファミリー(一時預かりまたは里親)のもとへ行く
2 警察犬など法執行機関で働く犬となる
3 保護施設へ行き、そこでリハビリ後里親を探す
4 終生保護施設で暮らす
5 殺処分

カテゴリー1はもっとも成績の良かった犬達で、16頭が当てはまりました。
カテゴリー2は成績の良かった犬達のうち、適性があると思われる者。2頭。
(ただし結局最終的にはその2頭も普通の家庭に引き取られることになりました)
カテゴリー3は問題行動はあるものの、適切な施設でリハビリが可能と思われる犬達。20頭。
カテゴリー4は攻撃性などが強くて、一般家庭に適さない犬達。10頭。
そして、カテゴリー5。これは先に書いた黒い雌犬でした。

彼女はペントバルビタールナトリウムの点滴で眠りにつきました。
苦痛しか知らなかった彼女の一生に訪れた安らぎは「死」でした。

IMG_5451_2.jpg
「・・・・・・・。」

攻撃性を示したジェーンを始め他の犬達が殺処分を免れ、終生保護施設で暮らすという選択肢があったことは本当に嬉しい事です。
これは全米各地の保護施設やレスキュー団体から「力になりたい」という申し出があり
それぞれの施設の規模や受け入れ能力を吟味して、複数の施設の協力を得られたおかげでした。
当初5頭だけでも救えたらと考えられていたピットブル達49頭のうち、48頭に新しい未来が開かれたのです。

********************************************

さて、前にも書いた通り、この犬達の所有権は連邦政府にありました。
しかし闘犬が連邦政府の管轄で裁かれた前例はゼロで、実のところ彼らも犬達の扱いに頭を悩ませていたのです。
連邦検事局はドクターZに誰かしかるべき知識と能力のある人物を責任者として推薦するように依頼しました。悩んだ末にドクターZが選んだのはインディアナの大学の法学部で教鞭を取るレベッカ・ハス教授でした。
ハス氏は大学院で法律の修士号を取得した後、動物関連の法律のエキスパートとして製薬会社で働き、その後自身の知識と情熱を動物達のために役立てたいと、現在の地位に就いた人です。
動物に関連する法律に精通し、動物をこよなく愛する彼女はうってつけの人材でした。


犬達と触れ合うハス氏。(クリックで画像がご覧頂けます。)
これも彼女の大切な業務の1つでした。


ヴィックの犬達の管理責任者として任命されたハス氏。
とてつもない重圧と多忙な日々の始まりに、彼女が何よりも最初にしたこと。
それはそれぞれの犬達に名前をつけることでした。

それまでチェサピーク54902とかハノーバー29と言った風に、シェルターの地名と番号だけで識別されていた犬達はその日から「オスカー」であり「ローズ」であり「アーニー」「チャーリー」・・・・になりました。

でもこの時のことを振り返って、BAD RAP主宰のドナさんは今も後悔していることがあると言います。
それはあの1頭だけ殺処分になってしまった黒い雌犬。
彼女に名前をつけてやれなかったこと。
彼女の魂が天国というところにいるのならば(私はいると信じています)
辛く苦しかった一生の後に、彼女のことを思い涙した人間達がいたことが
その魂の慰めになりますようにと、心から祈ります。

ハス氏の胸を打つような活躍は、また次週以降に。


最後にスライドショーを1つ。
これはティムさんとドナさんのレスキューグループBAD RAPが制作したものです。
先週の記事で書いた動物愛護団体のPETAが「全てのヴィックの犬達は殺処分にするべきだ」と公式にコメントしたことに対する抗議のビデオです。
登場している犬達はみんな元ヴィックの犬達。
PETAに対するコメントがなかなか胸のすく内容なのですが
それを別にしても、犬達の輝く表情をご覧頂きたいと思います。

※音楽が鳴りますのでご注意!



人気ブログランキング参加中。ユニフォームの名前?もちろん。
br_decobanner_20110111143153.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
スポンサーサイト

ちーとまる子
なんか、もう、辛すぎます。
苦痛しかない一生の唯一の安らぎが「死」だったなんて。言葉がありません。。。
2011/01/24(月) 22:11:22 | URL | [ 編集]
ゆり子母
いつもいつも人間という動物が一番残虐なことをする‥と心に念じ、改めて自戒し動物達に尊厳を感じ接していきたいと思うばかりです。
この事件の経緯と結果を分かりやすく教えて頂き本当にありがとうございました。
ボディランゲージ(カーミングシグナル)を用いる犬は本来無駄な摩擦は好まないはずなのに。人間よりもスマートな生き物なのに。
本当に悔しいと思います。
黒い犬も無名のまま殺処分を受けましたが、この事実を知った私達が冥福を祈り自戒の為忘れないようにしていきたいと願ってます。
2011/01/25(火) 05:04:54 | URL | [ 編集]
るーまま
素晴らしい査定プログラムでカテゴリー5の彼女以外の子たちに
未来が開かれたことはせめてもの救いですが、ほんとに辛いですね。
「PETAからピットを救え!」ヴィックの犬たちの表情から,体から
すごく強いメッセージが発せられているように感じます。
あがさん、ニヤちゃんに負けない悪態の限りをぶちまけて下さい!!
みんなで叫びましょう「なにが愛護団体やねん!!!」
あがさん、「The Lost Dogs」のこと、ご自分のlife workのように
..大変なのにていねいに教えて下さってありがとうございます。
2011/01/25(火) 07:38:44 | URL | [ 編集]
ベックマン
あがさん、すごいすごい素晴らしいです。本読んだ私でもなんだかどきどきしながら毎週あがさんの紹介文読ませていただいてます。
がんばれー♪
2011/01/25(火) 11:57:01 | URL | [ 編集]
はたはた
名前つけるってほんとそう思います。
番号とか地名のまま処分って悲しすぎます・・
そういう子がたくさんいる。
名前つけて、呼んでこっち向くと
そこから始まる気がするし。

あ~、何だかセンターにいる子たちの目が浮かんで
・・しまって・・・。

2011/01/25(火) 14:52:33 | URL | [ 編集]
サラロン
まずは抗議の動画に「ヤッタネ」と大拍手!
どーよ、殺処分って言ったのは誰?みたいな♪
最高の笑顔がそろってる♪

どっちの個性を引き出すかも人間次第
すべて人間にかかってるんですね(涙)
救えなかった黒い雌犬さん
その尊い命が人間たちにさらなる勇気を
与えてくれることに感謝です(涙)

早く続きを~♪
2011/01/25(火) 17:58:16 | URL | [ 編集]
あが
ちーとまる子さん
ごめんなさいね。辛過ぎたかな。
でもね、確かに辛くて悲しいし目をそらしてはいけないんだけど
辛い面だけにフォーカスしないで、新しい未来をもらった犬達にも
思いを馳せてやって下さいな。
48頭の犬を救うためにとてつもない努力をした人々がいるんですもん。
暗い部分だけに留まってしまうと思考停止になってしまうからね。
2011/01/25(火) 21:13:08 | URL | [ 編集]
あが
ゆり子母さん
犬達に想像も及ばないような残虐なことをしたのも人間だけれど
同じ犬達を自分の生活を犠牲にしてまで助けようとしたのもまた人間。
おっしゃる通り、動物達への尊厳を常に持っていないといけないですね。

> 黒い犬も無名のまま殺処分を受けましたが、この事実を知った私達が冥福を祈り自戒の為忘れないようにしていきたいと願ってます。
そう言って頂けると少し救われた気持ちになります。
私がこうして書いている事は日本のことではないし
様々な背景が日本とはずいぶんと違うけれど
動物を助けようと日々奔走している人達や
辛い過去を持ちながらも、笑顔を取り戻した犬達からは
国を越えて、何かを感じ取って頂けると思うのです。
そういう思いで、しばらくは書き綴っていきますね。
2011/01/25(火) 21:18:52 | URL | [ 編集]
あが
るーままさん
そうなのです。この査定プログラムがもっと冷徹なものであったら
カテゴリー1の犬以外は全て殺処分になっていた可能性が高いですものね。
それでもやはり、この黒い犬のことを思うと胸がつぶれそうになります。

> 「PETAからピットを救え!」ヴィックの犬たちの表情から,体から
> すごく強いメッセージが発せられているように感じます。
強くて明るくて素敵なメッセージでしょう?

> あがさん、ニヤちゃんに負けない悪態の限りをぶちまけて下さい!!
> みんなで叫びましょう「なにが愛護団体やねん!!!」
あははは!ダメですよ~、そんなに焚き付けたら。
私が悪態つき始めたら、読者が激減なんてことになったら哀しいですもん。
それに何よりも誰が間違っていたのか、結果は一目瞭然ですものね。
2011/01/25(火) 21:23:06 | URL | [ 編集]
あが
ベックマンさん
お~!励ましのお言葉ありがとうございます。
実際に本を読まれたベックマンさんがこうしてコメントを下さることで
とてもモチベーションを保てています。
まだ先は長いですが、がんばりますね~。
2011/01/25(火) 21:25:32 | URL | [ 編集]
あが
はたはたさん
私もこのハス氏が名前をつけられた部分を読んだ時
はたはたさんと同じだなあと思っていました。
以前にシーザーさんの記事で名前のことを書いたこともありますが
名前って本当に大切ですよね。

> 名前つけて、呼んでこっち向くと
> そこから始まる気がするし。
いい言葉だなあ。


> あ~、何だかセンターにいる子たちの目が浮かんで
> ・・しまって・・・。
そうですよね。哀しい目の犬達のことを思うと胸が痛いです。
でも最後のスライドショーの犬達ははたはたさんのもとから巣立って行った子達と
同じ目、同じ笑顔で過ごしていますから!
2011/01/25(火) 21:29:08 | URL | [ 編集]
あが
サラロンさん
そうそう!笑顔の抗議、最強ですよね。

犬を幸せにするのも不幸にするのも人間次第。
動物と暮らそうと思う人全てがそれを心してから
家族に迎えてくれたらと思うのですが。

> 救えなかった黒い雌犬さん
> その尊い命が人間たちにさらなる勇気を
> 与えてくれることに感謝です(涙)
彼女の存在を知り、心に刻んだ人がたくさんいる。
それで救われた思いになるのもエゴなのかもしれないけれど
それでもやはり無駄にしてはいけないですよね。ありがとうございます。

>
> 早く続きを~♪
ははは、チミ鬼やね、鬼。
2011/01/25(火) 21:32:31 | URL | [ 編集]
ゆずゆきん
「全てのヴィックの犬達は殺処分にするべきだ」などと言われたりもしながら
49頭中48頭が救われたというのは奇跡みたい!
救いたいと思う人たちの熱意の結晶ですよね。

スライドショーの犬たち、どの子もみんないい顔してて
とても闘犬のイメージはないですね。
名前の無い黒い女の子も、本当はこんなふうに笑って人と暮したかったはず…

環境によってこれだけ犬もかわれるってこと
もっとたくさんの人に知ってもらいたいです。
そしたら「強暴だから」なんて理由で飼い犬を保健所へ持ち込むなんてことが
どれだけ間違っていて飼い主として恥ずかしいことか
わかると思うんですけどね。
2011/01/26(水) 04:12:09 | URL | [ 編集]
miniwindi
ホント涙なしには読めません。
昨日拝読したのですが、すぐにコメント書けませんでした。

>49頭の犬達のうち、2頭だけ名前がつけられている犬がいました。

ここを読んだ時「ああ、名前もなかったんだ」って思ったんですが、
私の認識は甘すぎますね。

黒い雌犬については、感情的になってしまって、何をどう書いていいのか分かりません。

それでも、「犬は当然刹処分」から「10%救えたら」になって、最終的には、最初に死んだ2頭を入れて51頭のうち48頭を救えたのは、そこへ至るまで沢山の方達の色々なご苦労があったと思うのですが、本当に素晴らしい! アメリカやるじゃないか! ステキな人たちが沢山いるんだねって感動します。

あがさん、毎回どうも有り難うございます。




2011/01/26(水) 06:12:03 | URL | [ 編集]
hanadaiji
また読ませて戴きました。
いつもありがとうございます。

48頭が救われたのはとても喜ばしいことですが、
黒い犬のことは残念でなりません。
抱きしめられることも
名前を呼ばれることも生涯なかったなんて・・・。
今生きている犬達にはずっとずっと幸せに暮らして欲しいです~!

今日、久しぶりに我が家のムートと通った家の犬小屋が
跡形もなく片付けられていました。
もとは白いであろう毛はグレーになり、
飼い主が外に出てきても目も合わさず撫でることもなく、
炎天下でも飲み水が見当たらない・・・。
私の暮らしている地域では結構見る風景です。
保健所の犬猫達も悲しく辛いですが、
こういう飼われ方をしている犬を見るのも辛いです。
2011/01/26(水) 21:10:28 | URL | [ 編集]
あが
ゆずゆきんさん
そうなんですよ。全て処分すべきと言った人に「どうよ?」と聞いてみたいですよね。

> スライドショーの犬たち、どの子もみんないい顔してて
> とても闘犬のイメージはないですね。
もう何度も何度も見てしまうんですよ。どの子もみんな本当に可愛くて。

> 名前の無い黒い女の子も、本当はこんなふうに笑って人と暮したかったはず…
何度考えても無念で悔しくて悲しくてやりきれません。
今は彼女の魂が生まれ変わって幸せな犬として暮らしているようにと願います。
>
> 環境によってこれだけ犬もかわれるってこと
> もっとたくさんの人に知ってもらいたいです。
そこなんです!私が伝えたい事!
もちろんこの本に感動したということもあるのですが
抽象的に「犬は飼い主次第で変わる」とか
「犬を変えるのはあなた次第」とか言うよりも
実際にあった例で具体的に語った方がより心に届くだろうと。
The LOST DOGSやシーザーさんの事例を何度も何度も書いている理由です。
2011/01/26(水) 22:47:27 | URL | [ 編集]
あが
miniwindiさん
他の記事と違ってThe LOST DOGSの時は数日してからもコメントを頂き続けるので
皆さん、お気持ちを整理して下さっているのだなと感じています。
私が1度目にこの本を読んだ時、まさにそういう気持ちだったのでよくわかります。
とても感動したのに、これを文字にしようかと手をつけるまで
半年以上もかかりましたから。

> ここを読んだ時「ああ、名前もなかったんだ」って思ったんですが、
> 私の認識は甘すぎますね。
いえ、私も全く同じ事を感じました。
でもヴィック達が名前をつけたのは可愛がるためじゃなかった。
ルーカスもジェーンも後に名前が変わりました。
その名前の時には幸せじゃなかったけれど、新しい名前で生まれ変わったんですね。
>
> 黒い雌犬については、感情的になってしまって、何をどう書いていいのか分かりません。
わかります。私も一応は文字にしてはみたものの、心の中はこんなものではなくて
未だに混沌としています。

> 素晴らしい! アメリカやるじゃないか! ステキな人たちが沢山いるんだねって感動します。
指揮をとられたレベッカ・ハス氏、実戦部隊の隊長ティムさんとドナさん、
そして沢山のボランティアの方達、本当に素敵な方達が沢山です。
これからまたご紹介していきますね。
2011/01/26(水) 22:53:53 | URL | [ 編集]
あが
hanadaijiさん
こちらこそありがとうございます。
>
> 48頭が救われたのはとても喜ばしいことですが、
> 黒い犬のことは残念でなりません。
彼女が生きている間どれだけ苦しい思いをしてきたかと思うと
苦しみを与えた者達が同じ目に遭えばいいのにと思うのを止められないんですよ。


> 私の暮らしている地域では結構見る風景です。
> 保健所の犬猫達も悲しく辛いですが、
> こういう飼われ方をしている犬を見るのも辛いです。
本当に辛いです。夜中にそっと行って盗んできてやろうかと思うくらい辛い。
まさに飼い殺し。どうして生き物の痛みにそんなに鈍感になれるんだろう。
ごめんなさい。ここらで歯止めをかけないと。
小さいことですが、自分にできることをコツコツやっていきます。
2011/01/26(水) 23:05:27 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。