旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
骨ガム(ローハイド)復習
2008年の7月、ちょうど2年くらい前に書いた記事があります。

余計なお世話なんだけど
骨ガムのお話2

定期購読している犬の雑誌The Barkに掲載されていた記事を紹介したもので
骨ガム=ローハイドの危険性について書きました。

この記事、2年経った現在でも検索ワードなどから来て下さる人も多く
これに関してのコメントもたまに頂きます。

IMG_0523.jpg
古い記事なのにありがとうございます。


それだけ関心の高い話題なのだろうなと思うのですが、前の記事にも書きましたが
あまりにも日本語の情報が少ない。
追加で質問を頂いたりすることもあるので、再度復習記事を書くことにしました。

先日もコメント欄で「これくらいしか見つからなかったのですが」と教えて頂いたサイトがこちら。
犬のおやつガムについてQ&A


これは愛犬家同士が情報交換をするQ&A形式の掲示板です。
骨ガムを漂白するのに使われる薬品などについて言及しているコメントもあります。

IMG_1312_20100620054032.jpg
骨ガム?骨じゃだめなの?

その話はまた後で。


自分でも「ローハイド 犬 危険」などと検索してみたら
一番最初に出て来たのが自分が書いたブログの過去記事でした。あらら。

他にもいくつか出て来たのは個人の方のブログで、よく読んでみたら
「SMILES@LAというブログで読みました」と書いてあったりして、またあらら。

いったいどんだけ情報が少ないんだ?!
英語で検索したら「これでもかっ!」って言うくらいに出てくるんですよ?


怒っていても仕方がない。
過去記事の中では「強い化学薬品」としか書かなかったけれど
骨ガムの製造過程で使われる薬品のことを書きますね。


IMG_1316_20100620054031.jpg
この骨はヤクヒンなしです。


骨ガム=ローハイドのおおまかな製造方法は過去記事に書いたのでご参照下さい。

牛や馬などの皮のうち、皮革製品になる部分を取り除いた後の層がローハイドの原料です。
皮革製品にするためにはもちろん毛を取り除かなくてはいけません。
そのために使われる薬品が硫化ナトリウム。非常に強いアルカリ性の薬品です。
この水溶液に浸し毛を取り除いた後はオキシドールで洗浄漂白されます。

食品として分類されていないローハイドには安全性の規準がありません。
だから買う時にも材料とか成分の表示が何もないし、包装すらされていないでしょう?
そんな状態で輸送、販売するためには強力な防腐処理が必要になります。
そのために使われるのがホルムアルデヒド。
シックハウス症候群の原因になったりするあの化学物質ですね。
さらにヒ素を含む薬剤が使われることすらあるという恐ろしい話。

IMG_0388_20100620054033.jpg
きゃああああああああ。


さて、数あるローハイド製品の中には茶色っぽい未漂白の製品もあります。
これらは化学薬品を使わず、天日干しで乾燥させたものです。
rh.jpgこんな感じ


これならば危険な化学薬品を体に入れるリスクはグッと低くなりますね。
ただ、それでも心配性な私はローハイドをニコニヤに与えるつもりはありません。

ローハイドはお腹の中で水分を含むと3~4倍に膨れ上がる性質があります。
つまり食道や腸などで詰まってしまって開腹手術が必要になったり
最悪のケースでは死に至る事故も多く起こっています。
特に丸呑み派のニコなどは怖いですね。

また胃捻転の原因になるのでは?という説もあり
胃捻転を起こし易そうな体型のニコやニヤにはやっぱり心配で与えられません。


歯や歯茎の健康の為、またストレス解消のために何かを噛ませる目的で
我が家で使っているのは上の写真にもあげた牛の生骨。

IMG_1287_20100620054032.jpg
生骨大好き~♪

ただしこれも100%安全なわけではありません。
牛の大腿骨などは本来犬の獲物としては大きく固過ぎるので
歯が欠けるリスクもありますし(実際ニコは歯に一部欠けがあります)
丸呑みしてしまって、開腹手術が必要になる例もあります。

乾燥アキレスなどならばこういったリスクももう少し低くなるかと思いますが
あいにくアメリカではほとんど見かけない。
(アメリカ人にとって馬を食用にするというのは、犬を食用にするというのと同じくらい
抵抗感を示す人が多い。馬製品に関しても書き始めると長くなるのでまたの機会に。)

まあそれでもそういったリスクにも注意しながら、我が家では利点の方が上回るので
牛の骨を選択しているわけです。
無添加天然製法のローハイドの方が骨よりも安心だと考える方がいても当然だと思いますし
結局のところは飼い主自身が納得できるポイントをそれぞれで選択するしかないと私は考えます。


デンタルケアで一番安全度が高いと思われるのはこちら。
IMG_0363.jpg
デンタルコングよ。ピーナツバターが入ってるの。

好物のピーナツバターを入れても、やっぱり牛骨に比べると目の輝きはチと落ちます(笑)
ただ、コングも大型犬では破壊して食べてしまう子もいるので
やっぱり注意して観察しなくてはいけないことにかわりはありません。


KONG (コング) デンタルケア おもちゃ デンタル スティック SKONG (コング) デンタルケア おもちゃ デンタル スティック S
()
KONG

商品詳細を見る



デンタルケアおやつの定番としてはグリニーズがありますが、これも我が家では対象外。
2005年にグリニーズが腸に詰まって腸閉塞を起こし犬が死亡するという事故が多発し
大きなニュースになったことがあるからです。
丸呑みせず、ちゃんと噛んで飲み込んだのにお腹の中でくっついて塊になっていた例も報告されています。
グリニーズのメーカーはこの件で多くの訴訟を抱え、賠償が決着したのはつい最近のことです。

メーカーではこの件以降、製品をより消化し易く細かく割れ易くなるように改良を加えました。
実際世界で一番売れているデンタルトリートですし、私が神経質過ぎるのかもしれません。
他の方に「買わないで」と言っているわけでもありません。
ただ、私自身が安心できないものを愛する犬達に与えることはできないというのが私の選択です。


今でもアクセスの多い記事に関してのおさらいでした。
参考になれば幸いです。

<続きを読む>に英語の記事のリンクを貼ってあります。
興味のある方はどうぞ。


人気ブログランキング参加中。ぽちっと応援お願いしますっ!
バナーソファーニコ人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル

バナーソファーニヤこちらはFC2ランキングへ
全部英語で恐縮なのですが、本当に数え切れないくらいの情報が出てくるんですよ。

Safety concerns About Pet Chews


Is Rawhide Safe for Your Dog?


How Safe Are Rawhide Dog Chews?


↓これは雑誌BARKの記事。2年前に書いたブログの元になった記事の抜粋。
The Downside of Rawhide



これはグリーニーズの事故を報告したCNNのニュースサイト
Dog Treats Killed Our Pets



人気ブログランキング参加中。ぽちっと応援お願いしますっ!
バナーソファーニコ人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル

バナーソファーニヤこちらはFC2ランキングへ
スポンサーサイト

ちーとまる子
ドラを飼い始めたころ、いっつもドラに骨がむ与えてました。。
しかもおもいっきり漂泊したものだったし、中○産。
メーカーは日本ですけどね・・・。
ストレス解消とかいいこと書いてあるから
何もしらなかった私は良かれと思い・・・。
ドラが0歳の時にいったい合計で何個食べさせたんだろうと考えるとゾッとします・・・涙
でも詰まることなく無事でよかったです・・。
薬剤はきになるとこだけど。。。
あがさんのブログでは本当にいろんなことを学ばせてもらっています。
ありがとうございます!!
2010/06/20(日) 06:59:29 | URL | [ 編集]
サラロン
我が家もそうでしたが
特に初めて犬を飼ったばかりの時は
ペットショップがバイブルだし、
モノの良し悪しの判断基準が分からなかった気がします。

なのでこういう記事を出してくれることで
たくさんの飼い主と犬が救われるんでしょうね♪
グリニーズは私もいまひとつ及び腰です。

我が家も、あがさんの情報に助けられている一人です。
これからも積極的に特集記事をお願いたします♪

リンクは英語すぎて分からん(泣き笑い)
まっ、あがさんがいるから大丈夫だね♪イェイ!
2010/06/20(日) 07:22:42 | URL | [ 編集]
はたはた
おっ!ニコちゃん舌骨の穴写真、これ好きです~。

10年くらい前なんて何も考えないで、
あげてましたけどね・・。
今、思うと今よりもっと、犬のおやつなんて
いいかげんだったんだろうな・・。
フードだってそうですもんね。

リンク、読みました、びっくり~!
なんて、ウソ! ちょっと言ってみたかっただけ・・
読めません・・。

ところで、コングのニヤちゃん、なんでカラーが
カチューシャみたくなってるの?
2010/06/20(日) 17:38:31 | URL | [ 編集]
ハニフラ
はたはたさん、ナイスチェック!ほんとにカチューシャみたい。
言われるまで気づかなんだ。昔呼んだ『ウクライナの民話』の挿絵に出てくる雰囲気(←?)。

私も昔初めてシェパードを飼ってた頃は、「今日は特別に♪」なんて、ガムを買ってやったことがあります。
ところが、何度買ってやっても、ぜんぜん食べないんです。水たまりに放られて、だらしなく結び目がでろ〜んとほどけたまんま。
それで、ガキんちょの私の脳みそには「犬は犬ガムが嫌い」とすり込まれました。

今から思えば、なんか感じたんでしょうかねえ。

リンクしていただいた記事、読みごたえがありました。
はい、ウソです。私もちょっと言ってみたかっただけです・・・元気がある時に頑張ってみます(汗)

いつも、本当に勉強になることを分かりやすく書いて下さって、ありがとうございます。
コングも、あがさんのお勧めを読んでから、買ってみようかなと思っています^^
2010/06/20(日) 18:37:40 | URL | [ 編集]
むつき
まいろもハニフラさんちの先代シェパードといっしょですね、
犬がム、見向きもしませんでした。で、嫌いなんだと思いました。
我が家の先代犬のころは骨ガムを買ってやるということさえ
思いつきもしませんでした。
近所の肉屋さんが「犬にあげて」って骨くださってたからな~。

グリーニーズも与えたことありませんでしたね。
原材料を見て、カロリーをショップに確認したら結構高カロリー、
こんなものでカロリーを取るのはもったいない、と思ってたんです。
まいろ、若い頃から、万年ダイエット犬だったからね~、
お腹に入れるのはちゃんと栄養が取れるものじゃないとね。

リンク?開けても見ませんでした。
だって、英語がならんでいると全身痒くなるんです。
わたくし、アレルギー体質なもので、、、汗っ。
2010/06/20(日) 19:19:41 | URL | [ 編集]
あが
ちーとまる子さん
検索してさえもなかなか情報が出て来ないんですもん。
知らない人の方が多くて当たり前だと思いますよ。
薬剤なども気になるけれど、ドラちゃん若いから解毒機能も健康だろうし
今は特上のごはんを作ってもらってるんだから大丈夫。
胸はって下さいね。

2010/06/20(日) 21:20:39 | URL | [ 編集]
あが
サラロンさん
ペットショップでペット用に売っているものは安心なのだと思いますよね。
でもシーザーさんでさえ、ドッグフードのCMで言ってることは
全部本当で犬の健康に素晴らしく良いのだと思っていたと言いますから。

私は幸いなことにニコをもらい受けたシェルターで
一番最初に「良いフード悪いフード」という一覧をもらったので
ドッグフードひとつとっても色々あるのだなあと驚かされました。
そのおかげで色々調べるようになったわけです。
グリニーズはうちでも一生買うことは無さそう(笑)
2010/06/20(日) 21:29:31 | URL | [ 編集]
あが
はたはたさん
> おっ!ニコちゃん舌骨の穴写真、これ好きです~。
へへへ、ありがとうございます。

フードも法律が整備されたのが去年でしたっけ?
法の規制のないものなんて、考えただけで恐ろしい。
まあ私が色々避けるのはシンパイショーだからってのもあるんですが。

> リンク、読みました、びっくり~!
> なんて、ウソ! ちょっと言ってみたかっただけ・・
> 読めません・・。
私も英語読むの好きじゃない。めんどくさいし。

> ところで、コングのニヤちゃん、なんでカラーが
> カチューシャみたくなってるの?
あ~多分コングと格闘した時にずれたんでしょうね。
気にせず写真撮ってる飼い主もかいぬしですね(笑)
2010/06/20(日) 21:37:30 | URL | [ 編集]
あが
ハニフラさん
はたはたさんは突っ込み女王なので、突っ込みどころは外しません。

> 言われるまで気づかなんだ。昔呼んだ『ウクライナの民話』の挿絵に出てくる雰囲気(←?)。
あ~なんとなく雰囲気はわかります(笑)

シェパードのゴンちゃんは本当に賢いですね。
確かドッグフードも食べなかったんですよね。

> リンクしていただいた記事、読みごたえがありました。
> はい、ウソです。私もちょっと言ってみたかっただけです・・・元気がある時に頑張ってみます(汗)
あ、もし読まれるならBARKの記事からをお勧めします。
やっぱり読み応えがあります。
2010/06/20(日) 21:42:53 | URL | [ 編集]
あが
むつきさん
体に悪そうなものには見向きもしない犬達、お利口だわ~。
ニコは頂き物の骨ガムをくわえて公園に埋めに行きました(爆)

> 近所の肉屋さんが「犬にあげて」って骨くださってたからな~。
やっぱりジョニー君もメロディちゃんも幸せな子ですね。
グリニーズが肥満の原因になってる子、割と多いですよね。
確かにどうせ食べさせるなら、ちゃんとしたもの食べさせたいですよね。

私も英語を見ると脳がアレルギーになりそうです(笑)
2010/06/20(日) 21:47:52 | URL | [ 編集]
R&R
先日、古い記事にコメントした張本人です。
その節はありがとうございました。

骨ガムやローハイドは、漂白しているという事は知っていたので避けていたのですが(グリニーズも買った事はありません)、留守番のストレス解消にカミカミ系の長持ちするものを与えたいと思い探していた所、天日干し&無漂白というものを見つけてこれなら安全かと思い与えていました。馬アキレスも良いのですが、たまにな違うものもと思って。
でも、あがさんの記事でふくれてしまうという事を知ったので、即ヤメにしました。

ところで写真の中で生骨をあげていますが、まさにああいう物が欲しいのですが、探しても見つかりません。生骨1本丸ごととかはあるのですが、小型犬でも大丈夫な1~2cmの輪切りにしたようなものが。
骨のカットって、難しいのでしょうか?
2010/06/20(日) 22:00:05 | URL | [ 編集]
チビクッキー
こんにちは♪
ガム問題・・・。
我が家はこれで、頭を抱えてました。(いや、「ます」かもしれません。)
さっちんが、硬いもの大好きなんです。
昔はプラスチックやラバー系のものも時間をかけて噛みちぎって、しっかり見ていないと果ては飲み込んじゃうこともありました。
仕方がないから飲み込んでもいいものを・・・と探しましたが、ローハイドガムは薬品のことがあるから、パス。
ペットショップで見つけられる、動物の骨はどれも、小さくて、中途半端に危険なサイズに砕いて飲み込んでしまいそうな骨ばかり。(ニコちゃんたちがかじっているような大きな骨って見当たらないです。)
で、馬のアキレスを与えていたことがあるんです。
でも、今はやめました。
さっちんは、アキレスをクチャクチャとガムのように噛んで食べるのですが、噛んでる間に結構膨張します。
アキレスのもともとのサイズにもよりますが、何度か軽くのどに詰まって「オエッ」っとやっていたので、こりゃいかんとおもって飲み込む手前で取り上げることに。
こうなると、さっちんはストレスためます(笑)
いつも、もうちょっとで食べれるって手前で取り上げられて(爆)

最近は歯磨きをして上げた後の歯ブラシを少し自由にかじらせてあげたら(ちぎって飲まない程度に)、納得みたいなので、お茶を濁していますが、何かいいものないのかな~と思っているところです。

皆さんはどうされているのかな~?

2010/06/20(日) 23:22:39 | URL | [ 編集]
ぴっぴ
お、遅くなりましたが、ありがとうございます!
何も知らずに何も考えずにグ○ニーズを
『ペットショップで並んでいるから安心』と思って買っていた人間です。
まさか、ここまでとは…。
確かに最初はあの緑に抵抗を感じて敬遠しておりました。
でも試してみたら食いつきのよさに改心。
以前あがさんに教えてもらってからもう一度改心(笑)
その節はありがとうございました。
お蔭さまでシーズは無事です。はい。


2010/06/20(日) 23:48:55 | URL | [ 編集]
tacobell
こんにちは!
世の中には 知れば知るほど
「もぉ いやっ! こわっ!」
という事が多いですね...
ガムの恐怖については無知でしたが 必ず最後に丸飲みしてグエッ、オエッとやるので
もう与えてませんでした...
アキレスを与えることはありますが これも観察しながらでないと怖い
とにかく丸飲みしちゃうのでうちも牛骨ゴリゴリ派です

化学薬品こわいな~
今や何でも 化学薬品漬け???
人も動物も健康に弊害がでるのは否めませんね...

でもおやつにしても自然派や本当に自然のもの 
さまざまな選択肢があるから 
飼い主各自が意識を持って 納得いくものを選ぶしかないですね

あがさん いつも考えさせて下さりありがとうございます!
2010/06/21(月) 01:48:19 | URL | [ 編集]
あが
R&Rさん
こちらこそありがとうございました。
命に関わる危険のあるものは避けたいですものね。

> ところで写真の中で生骨をあげていますが、まさにああいう物が欲しいのですが、探しても見つかりません。生骨1本丸ごととかはあるのですが、小型犬でも大丈夫な1~2cmの輪切りにしたようなものが。
> 骨のカットって、難しいのでしょうか?
これは近所のスーパーの中の精肉コーナーで売っているものなのですが
たまに適当な大きさのがないとその場で切ってもらいます。
それには大工仕事で使うような電動の大きなカッターを使っているので
お家で切るのは多分かなり難しいと思います。
のこぎりで切ると脂肪分でベタベタになりそうですし。

1~2cmの輪切りではないのですがこちらの羊の骨はいかがでしょう?
http://www.umai.co.jp/~niku/WAN/hone.html#jihone
豪州産ラムの丸骨は約10cm。
牛よりも国産羊よりも柔らかいそうなので歯にも優しいと思います。
他にはあばら軟骨やあばら骨など。
ただ、うちではお留守番の時には骨は与えません。
やっぱり万が一を考えて監視の下に与えたいので。
お留守番用でしたら、やっぱりチョココルネ型のコングが
一番安心なのではないでしょうか。
2010/06/21(月) 14:03:10 | URL | [ 編集]
あが
チビクッキーさん
さっちゃん、たくましいなあ(笑)
> 昔はプラスチックやラバー系のものも時間をかけて噛みちぎって、しっかり見ていないと果ては飲み込んじゃうこともありました。
これってコングやナイラボーンでも?
コングのチョココルネ型のものならさっちゃんの大きさなら
破壊するのは無理だと思うんですが。
ちょっと噛みちぎって飲み込んでしまっても下からちゃんと出てくるし。
天然ラバーで有害物質も含まれていないようだから良いと思うのですが。
ナイラボーンはコングと並んでアメリカのデンタルトイの大定番。
http://www.petgoodsusa.com/toys_nylabone.shtml
どれも丈夫でちょっとやそっとじゃ破壊できないし
ちょこっと飲んでもこれまた無害で下から出てきます。

ペットショップの動物の骨はあんまりお勧めしません。
やっぱり安全規準なんて無いに等しいし
信頼できるネット通販の方が高品質のものが手に入ると思います。
上のR&Rさんへのお返事にも書いた「肉のなみかた」さんでは
いろんな種類の骨が手に入りますよ。
日本国内の通販なので私は利用したことがありませんが
私が信頼している方々が口を揃えて信頼できる店とおっしゃる所です。

http://www.umai.co.jp/~niku/WAN/hone.html#jihone
軟骨やあばら骨なら丸ごと全部食べられるのでいかがでしょう?
(それでもやっぱり食べる時は監視していることをお勧めしますが)
2010/06/21(月) 14:32:45 | URL | [ 編集]
あが
ぴっぴさん
いえいえ、ペットショップに並んでいるから安心と思うのは普通だと思いますよ。
むしろ悪いのは安心でないものを売る側作る側の方ですから。

> 確かに最初はあの緑に抵抗を感じて敬遠しておりました。
いえ、実はあの緑色は問題ありません。
あれはクロロフィル(葉緑素)の色なのでああいう濃い緑色なのです。
クロロフィルは消臭抗菌作用があり、それ自体は悪い物ではありません。

> お蔭さまでシーズは無事です。はい。
多分事故に遭う犬の方がうんと少ないとは思うのですが
自分の犬がその少ない方に入らないという保証はないので
心配性の私は避けております。
自分のことだったら、割と平気なんですけれどね(笑)
2010/06/21(月) 14:50:24 | URL | [ 編集]
あが
tacobellさん
知れば知るほど「何を食べればいいの!食べるものがないぞ!」という気持ちになるのですが
それでもやっぱり知っていて気をつけるのと、知らないのとでは大違いですものね。

> アキレスを与えることはありますが これも観察しながらでないと怖い
> とにかく丸飲みしちゃうのでうちも牛骨ゴリゴリ派です
アキレスは我が家は頂き物の細くカットしたものしか与えたことがないのですが
かなり大きいサイズの物も売っているんですね。
確かに丸呑みしちゃうとノドに詰まりそうで怖いですね。

一応認可されている化学薬品でさえ怖いのに
食品に使われるのではない薬品なんて恐ろし過ぎますよね。
でもまあ缶詰みかんや化学調味料の製造過程なんかも
十分に恐ろしいわけですが。

> あがさん いつも考えさせて下さりありがとうございます!
いえいえ、読んで下さる方がいるから私も調べたりまとめたりして
こうして自分自身の勉強にもなっています。ありがたいことです。
2010/06/21(月) 14:58:54 | URL | [ 編集]
R&R
あがさん、ありがとうございます。
なみかたさんは私も良く利用していてラムのあばら骨・あばら軟骨などは与えています。でもあれだとほんとのおやつで、長持ちしないんですよね。ラムの丸骨は大きいのでムリかと思っていましたが、一度試してみようかな。ちょうど骨関係のストックが無くなってきたので、なみかたさんに注文しようと思っていたので。
それにしても近所のスーパーで骨を売っていて、おまけにその場でカットしてくれるなんて、うらやましい。さすがアメリカですね。

お留守番時のコングは毎日仕込んであります。イアン・ダンバー博士の本にならってその数15個!そのうちの10個は、ゴムで軽く結んで天井からぶら下げてあります。身長162cmの私の目の高さくらいの所に。うちのイタグレ達のジャンプ力ではそんなの”へ”でもないらしく、あっという間に取てしまっていますけど少しでもそこで体力消耗して頂こうという思いで・・・。
コングも色んなレシピがあるみたいで(ほとんど英語のサイトだけど)おもしろいですよね。

あっ、もちろん朝晩のお散歩&フリーランも1時間ずつ欠かさずやってますよ。それでもなお、体力ありまってしょうがない1歳前。早く落ち着いて欲しいと願う日々です。
2010/06/21(月) 16:44:39 | URL | [ 編集]
あが
R&Rさん
なみかたさん既にご利用していらっしゃいましたか。
そうですよね、こだわり派の方はご存知の方が多いですよね。

> それにしても近所のスーパーで骨を売っていて、おまけにその場でカットしてくれるなんて、うらやましい。
これはラッキーなことに近所にオーガニック系のスーパーがあるので助かっています。
普通のスーパーでもパックになった骨が売られていますがそれはパス。
骨髄なんて狂牛病の危険部位だし、なんとなく他の化学物質も蓄積しそうな感じなので。
>
> お留守番時のコングは毎日仕込んであります。イアン・ダンバー博士の本にならってその数15個!そのうちの10個は、ゴムで軽く結んで天井からぶら下げてあります。
うわ~!すごいっ!10個のコングがぶら下がっているのは圧巻ですねえ。
R&Rさんのご愛犬達への心配りにはもう感服するばかりです。
こうしてブログを通じて他の方の真摯な取り組みに触れさせて頂くと
「うちもきちんとしなきゃ」と背筋が伸びる思いがします。
2010/06/22(火) 23:02:31 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。