旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

しつこいけど、だいじだから言わせて
【はじめに】
ブログ開設8周年の感謝の気持ち企画実施中。
よかったら↑をクリックしてご参加くださいませ。

締め切りは8月の最初の記事がアップされるまで。たくさんのご参加お待ちしています!

**************************

昨日アップされたdog actuallyの記事。
不妊去勢手術による健康への影響〜ラブとゴールデンの比較

今まであまり詳しく語られることのなかった、不妊去勢手術が犬の健康に与える影響について詳しく書かれています。前回はビズラという日本ではあまり多くない犬種だったのですが、今回はラブとゴールデンという王道犬種のため、多くの人が関心を持って下さったようですね。

IMG_3944_2014080115471885e.jpg
「あたしもニコちゃんも手術済みよ♪」

手術が健康に与える影響も犬種や性別によって違いがあること、なぜそのような影響があるのか、などが書かれていますので、ぜひ読んでみて頂きたいです。

さて、この記事はとても素晴らしいのですが、どうしてもこれと併せて多くの人に心に留めて頂きたいことがあったので、該当記事のTwitterやFacebookにコメントを書き込みました。

Twitterの方に書いたのは
『不妊去勢手術の影響をキチンと知ることはとても大切。一方で手術しないと選択したなら絶対に素人繁殖はしないという意識はもっと大切。安易な繁殖が命に及ぼす影響は手術の比ではない。』

Facebookの方のコメントは
『不妊去勢手術が体に及ぼす影響をきちんと知っておくことはとても大切です。する、しないだけでなく、保護犬など手術を受けることが大前提になっているような犬の場合でも知っておくことで気をつけたり注意したりできるということもあるでしょう。
しかし一方で「しない」と選択した以上、絶対に素人繁殖はしないという覚悟もまたとても大切です。安易な繁殖で生まれて来て行き場のない子犬、遺伝病の知識など何もないままに作り出され疾患に苦しむ犬、そして飼い主に知識も覚悟もないままに出産をさせられる母体への影響、これらが「命」に及ぼす影響がどれほどのものか・・・ということです。』


自分でも本当にしつこいなあと思うのですが、本当に大事なことなので自分のブログでもまた書くことにしました。

IMG_3866_20140801154716074.jpg
「おかーさんがホントにくどくてすみません。」

不妊去勢手術が犬の体に影響を及ぼすこと、それがどんなものなのか、どんな病気にかかりやすくなる可能性があるのかを知っておくことはとても大切です。
それをよく吟味した上で、手術をする、しないを決めるのは飼い主さんです。ただし保護犬などは、不妊去勢手術をすることが大前提ですから、コレに関しては選択肢はありません。ですから余計に、手術の影響をよく知って備えておくことが必要です。知らなければ備えておくこともできないですから。

アメリカでは犬の不妊去勢手術はほぼ全面的に推奨されています。ほとんどの自治体で手術済みの動物は毎年の登録料が未手術の動物の5分の1〜4分の1と安くなっていますし、病気などの理由がない限り一般飼い主はほぼ手術が義務づけられています。
これは1970年代までにあまりにも多くの動物が殺処分されていたことに対して、行政が対策を立てた結果です。そしてアメリカにおける殺処分数は最悪だった時代の約10分の1までに減少しています。
(詳しくはdog actually の私の過去記事「殺処分を減らすためにアメリカが選んだ方法」をご覧下さい。)

IMG_3942.jpg
「そんなに変わったんだ〜。」

残念ながらアメリカはまだペットに不妊去勢手術を施さずに頭数の管理が出来るような仕組みは整っていません。知識も覚悟もないのに素人繁殖をしたり、きちんと飼養管理をしないでアクシデントの妊娠を繰り返し行き場のない子犬や子猫が生まれて来てしまい殺処分せざるを得ないような状況を何とかするには不妊去勢手術は切り札でもあったのです。

現在の日本はどうでしょうか?・・・・言うまでもないですよね。今の日本の現状で「不妊去勢手術は体に悪い影響を与えるからしてはいけない。」という部分のみが広まってしまうと、今必死に保護活動をしている方達の努力が水の泡になってしまう。

不妊去勢手術をすることで、確かにいくつかの病気のリスクは高くなるかもしれない。しかし同時に生殖器関連の病気に関してはリスクは低くなるのです。また手術をしないでアクシデントで雌犬が妊娠した場合、お産で母子ともに命を落としてしまうというリスクもかなり高いのです(犬は安産というイメージがありますが、決してそんなことはありません。)

IMG_5793_20140801154713f9c.jpg
「100%完璧なんてないんだね。」


ですから、本当にしつこいとは思うけれどもう一度言います。
不妊去勢手術をしないという選択をしたなら、絶対にアクシデントによる妊娠が起きないように管理する。そしてあなたがシリアスブリーダーでない限り、絶対に素人繁殖は行わない。これが手術をしないと決めた飼い主の命に対する責任であると私は思います。



人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-3_20140415143948703.png人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
レオ、素晴らしきドッグスター
【はじめに】
ブログ開設8周年の感謝の気持ち企画実施中。
よかったら↑をクリックしてご参加くださいませ。

締め切りは8月の最初の記事がアップされるまで。たくさんのご参加お待ちしています!

**************************

ちょっと充電とか言って、さらに1日サボってしまった(笑)

IMG_4106_20140731145523c01.jpg
「で?」「今日は”ご”?それとも”し”?」

今日は「し」。当ブログで「し」のつく話と言えば?

そりゃもちろん、これでしょう。
Dog Whisperer With Cesar Millan: Comp Second [DVD] [Import]Dog Whisperer With Cesar Millan: Comp Second [DVD] [Import]
(2007/08/21)
Cesar Millan、Denise Richards 他

商品詳細を見る


でもね今日はシーザーさんの話じゃなくて、このパッケージ写真に写っている犬の中の1頭の話。
ちょうどDog WhispererのWの隣あたりで高くジャンプしてボールをキャッチしている犬がいますね。レオという名前のこの犬が主人公です。先週だったか、cesarsway.comで紹介されていたお話なんですけれどね。

この写真は番組のごくごく初期のものですね。ドッグサイコロジーセンターもまだLA市内南部のサウスセントラル地区にあった頃で、センターの近所の横丁で撮影されたそうです。(サウスセントラルは現在はサウスロサンゼルスと呼ばれてますが、ちょっと近寄りたくないようなエリアなんですよ、これが。)

IMG_4104.jpg
「それで、そのレオの話って?」

レオはまだ生後3ヶ月にもならない頃に捨て犬として発見され保護されました。その後、ご夫婦お母さん、先住の成犬1頭、子供が2人、猫1匹、というお家に引き取られました。
↑情報訂正。なんだろう?私は書きながら寝てたんだろうか?

レオを引き取ったすぐ後に、ご家族はレオが居たシェルターからもう1匹犬を引き取りました。犬の名前はベイビー。ところがレオはシェルター時代から、ボス然と振る舞うベイビーとは仲が良くありませんでした

結局、紆余曲折を経てレオはベイビーとともにドッグサイコロジーセンターに行くことになりました。
レオとベイビーの飼い主さんはパックリーダーになることが出来なかったんですね。

そんなレオがどんな風に変わっていったのか、彼のストーリーが電子書籍になりました。


書籍の著者はマーティン・ディーリー氏。シーザーさんの著書「Cesar's Rules」にも登場する世界屈指のガンドッグのトレーナーで、シーザーさんとダンバー博士を引き合わせた人物でもあります。ディーリー氏はドッグトレーニングの本も何冊も出しているのですが、残念ながら日本では出版されていません。ガンドッグという特殊な分野だからでしょうね。

ストーリーはレオの視点でレオが語るという形式で書かれています。これは単なる擬人化ではなくて、犬の心理や行動をきちんと理解している一流のドッグトレーナーが犬の言葉を借りて書くということで、読者は自然と色々な場面で犬がどんな風に感じ考えているのかを理解していくことができる趣向になっています。

レオの飼い主さんがどんなことを失敗したのか、それに対して犬はどう思っていたのか、ドッグサイコロジーセンターでレオはどんな経験をしてどう変わって行ったのかが描かれているそうです。

IMG_4107_2014073114552189a.jpg
「・・・そうです、ってつまりおかーさん知らないのね。」
「知らないのに書いてるの?あちゃ〜。」

はい、すみません。知りません。だって今日電子書籍買ったばっかりなんだもん。

こちらは電子書籍の紹介ビデオ。チラリとシーザーさんやダディも登場していますよ。


IMG_4105_201407311455180db.jpg
「じゃ、おかーさん読んだら改めて紹介するように。」

はい、そのつもりでございます。今日はレオのお話のイントロ部分だけでしたが、書籍を読み終わったらまた書きますね。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-3_20140415143948703.png人気ブログランキングへ
バッテリー切れ
【はじめに】
ブログ開設8周年の感謝の気持ち企画実施中。
よかったら↑をクリックしてご参加くださいませ。

締め切りは8月の最初の記事がアップされるまで。たくさんのご参加お待ちしています!

**************************

えーっと・・・タイトルの通り、バッテリー切れです。デジカメでもiPadの話でもなくて私が、です。
IMG_4101_20140729160325dfe.jpg
「おかーさん、眠いんだって。」

書きたいことはあるんですよ。でも書き始めると長くなりそうなのでちょっと充電して明日以降に延期します。

IMG_4100.jpg
「なんの話かって言うとね〜、頭の文字が「ご」のことと「し」のことなんだって。」

そういうわけで、おやすみなさい。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-2_20140722160241db4.png人気ブログランキングへ
律儀な人
【はじめに】
ブログ開設8周年の感謝の気持ち企画実施中。
よかったら↑をクリックしてご参加くださいませ。

締め切りは8月の最初の記事がアップされるまで。たくさんのご参加お待ちしています!

**************************

IMG_5900_201407281622049f7.jpg
「今日はあたしのお話なの♪」

いんやニヤ。どっちかと言うと君ではなくておとーさんのお話だな。

今日の朝のこと。6月下旬から2週間弱わが家に滞在していたオット友人(AKA Mr.ハンサム又はニヤのBF)から電話がありました。オットがしばらく喋った後に電話を切ると、なにやら急いだ様子で小走りにニヤのいた部屋に移動していきました。

ちょっとしたら落ち着いた感じで戻って来たので「どうしたの?」と聞きましたら・・・・・

「ケビン(ハンサム氏の名前)が「僕からニヤにキスを送っといて」って言ったから、ケビンからだよ〜ってニヤにキスしてきた。」と得意げに言っておりました。

IMG_5921_20140728162207e05.jpg
「ふふふん♪キッスの伝言よ〜。」

あ〜、それでニヤに何か話しかける声とムーッチュっとかいう音が何度かしてたのか。
伝言する方もする方なら、電話切るなり走ってチュウしに来る方も、律儀というか○○というか(笑
しかもどっちもオッサンなのに。

IMG_4024.jpg
「ニコには?ニコには何にも伝言なかったの?」

ニコとおかさーんには「愛を込めてハロー」って伝言があったらしいよ。
まあいいじゃない。ニコにはおかーさんがチュウしてあげるから。

IMG_5910_201407281622067a0.jpg
「あたしだけが愛されてるのよ。ニコちゃんもおかーさんもごめんね〜。」

いやごめんしてもらわなくても別に全然かまわないし(笑


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner_201406300840182ad.png人気ブログランキングへ
離れてても熱々な人達

元祖こわいもの
【はじめに】
ブログ開設8周年の感謝の気持ち企画実施中。
よかったら↑をクリックしてご参加くださいませ。

締め切りは8月の最初の記事がアップされるまで。たくさんのご参加お待ちしています!

**************************

このブログも8周年を迎えたというのはしつこく書いておりますが、ブログを始めた当初からずっと変わらないことのひとつ。それはニコのゴミトラック恐怖症です。

毎週金曜日はゴミの収集日。夏以外の季節には、ゴミトラックに遭遇しないよう金曜日は車で遠くの公園まで行って散歩します。でも夏の間は早朝散歩なので、ゴミトラックはまだ来ないから普段のコース。
(怖いのを克服しようという努力はもう完全に諦めています。パニックになって我を忘れるというほどではないし。そりゃイヤなものもあるよね、じゃあ避ければいいよ、って感じで。)

今週のゴミの日のことでした。6時半頃に家を出たら「あれ?なんだか遠くでゴミトラックの音がしたような気がするけど?こんなに早くから?」と思いながら散歩に出かけました。
そしたらやっぱり・・・
IMG_5645_20140727160138e26.jpg
「え?おかーさんゴミトラック来るかもしれないって思ってる?思ってる?」
と気配を察知したニコが尻尾を足の間に入れてフリーズ気味に。

「ゴミトラックこんなに早くから来ないよ。おかーさんが一緒にいるから大丈夫!」と声をかけたら
IMG_3816_20140727160216d29.jpg
「そっかー。そうだよね〜。まだ早いよね〜。」

本当に声をかけた途端に尻尾が足の間から出て来て、またピーンと上向いたんですよ。わかりやすいねえ(笑

IMG_5824_201407271602197a8.jpg
「ゴミトラックが来たらあたしが吠えてあげるわよ!」

ニヤが吠えても何も事態は変わらないから、早朝から吠えるのは止めておくれ。

で、しばらくは機嫌良く歩いていたのですが、いつものコースの半分くらいの所で前方からゴミトラックの音が!

IMG_5639.jpg
「おかーさんっ!たいへんっ!ゴミトラックだよ!引き返そう!」

(↑上の写真は他の日のものなので尻尾も上がってますが、本当は尻尾は完全に足の間、耳も思いっきり倒れてました。)

はいはい、半分くらい来てるからここから引き返したら、いつもと同じくらいの距離になるし引き返そう引き返そう。と元来た道を引き返して行ったら、こっち側にもゴミトラックが!

IMG_5826_20140727163647e95.jpg
「ニコちゃんピーンチッ!」

もう仕方が無いからニコに付き合って走りましたよ。進行方向に来ていたトラックはまだちょっと距離があったので、走って通り過ぎたら直接はち合わせするのは避けられそうでしたからね。

も〜ニコ、おかーさん朝から汗だくで疲れたよ。まあいいけど(笑
IMG_4094.jpg
「だって・・・ゴミのトラックは怖いんだよ・・・。」

知ってるよ。今度から金曜日はもっと早くに散歩に出ようね。

さて、ニコが怖がるゴミのトラックがどんなものなのか。動画がありましたので、興味のある方はご覧になってみてください。

この動画、なぜか130万回以上も再生されてる。こういうの好きな人多いんだろうか(笑


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-4_20140516080531853.png人気ブログランキングへ
ニコの主張
【はじめに】
ブログ開設8周年の感謝の気持ち企画実施中。
よかったら↑をクリックしてご参加くださいませ。

締め切りは8月の最初の記事がアップされるまで。たくさんのご参加お待ちしています!

**************************

IMG_3967_20140725153952fb9.jpg
「おかーさん!なんか最近ニヤのことばっかり書いてない?」

え?そうかな。まあニヤの誕生日があったし、そう言えばそうかもしれない。

IMG_3968_20140725153951a69.jpg
「そうだよ〜!リスの赤ちゃんの時だってニヤのことばっかり書いてたし、みんながニコのこと忘れちゃったらどうするの!」

ニコ、そんなブサ顔で主張できる間は誰もニコのこと忘れたりしないと思うよ。

でももうちょっとオスマシ顔してみようか。
IMG_4018_20140725153949741.jpg
「はいっ!こう?これでいい?」

はい。じゃあ次はフセして。
IMG_5881_20140725160528ca5.jpg
「はい〜フセしました〜。」

あら、また微妙にブサ顔になったわ。
じゃあ近いうちにニコとおやつで「バクゥッ」顔特集でもしようね。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-7.png人気ブログランキングへ
「バクウッならあたしもやるっ!」
頑張るニヤ
【はじめに】
ブログ開設8周年の感謝の気持ち企画実施中。
よかったら↑をクリックしてご参加くださいませ。

締め切りは8月の最初の記事がアップされるまで。たくさんのご参加お待ちしています!

**************************

うちのキッチンのカウンター席に並べてある背の高いディレクターチェア。
最近ニヤがそこに自力でよじ登れるようになってしまいました。以前は何か他の足場がないと上れなかったのに。
IMG_4046_20140724152615286.jpg
「うんしょっうんしょっ!」

まず足置きのところに乗っかって、その後椅子部分に前足を乗せてグッと体重をかけて上ります。
IMG_4047_20140724152615a88.jpg
「上ったわよっ!どう!」

あーっ、もう!君がそこに上るとカウンターの上に乗ってキッチンに侵入して良からぬことをするに決まってるじゃないか。
IMG_4050_20140724152616515.jpg
「おかーさん何言ってるの?こんなにイノセントでピュアなあたしに向かって。」

IMG_4022_20140724152615528.jpg
「ニヤがイノセントでピュアだったら、ニコなんてウルトラスーパーピュアピュアエンジェルだよ。」

確かに君の言う通りだ、ニコ。ディレクターチェア撤去決定。8歳だと言うのに落ち着く気配、全くナッシング。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner(1)_20140610165415329.png人気ブログランキングへ
誰かのSMILEになる
【はじめに】
ブログ開設8周年の感謝の気持ち企画実施中。
よかったら↑をクリックしてご参加くださいませ。

参加して下さっている皆様ありがとうございます。お返事ちょっとお待ちくださいね。
********************************

昨日の散歩中のこと。街灯に貼り紙がしてあるのを見かけました。
IMG_3817_20140723155201127.jpg
「また迷子とかそういうのかな?」

何かしら紙が貼ってあると、たいてい迷子の犬や猫を探して下さいというものか、週末にガレージセールをしますよというものがほとんどです。
「どうか迷子じゃありませんように」と思いながら近くに行って確認すると思いがけないことが書いてありました。
IMG_4038_20140723155204739.jpg
「誰かの今日の笑顔の理由になろう!
 スマイルが必要な人は1つちぎって持って行ってね。」

ここに書いてある通り、思わずニコリと笑顔になりましたよ。

紙の下の方にこんな風に切れ込みを入れてちぎれるようにしてある場合は、たいてい何かの問い合わせの電話番号が書かれているんですが、ひとつずつスマイルマークを持って帰れるようにしてあるなんて憎い演出じゃないの。


IMG_5972_20140723155203143.jpg
「あたしも誰かのSMILEの理由になる!」

ニヤとニコは毎日おかーさんとおとーさんの笑顔の理由になってるよ。

でも昨日は誰かが貼った紙1枚が余分に笑顔の理由を作ってくれました。
気持ちのいい朝のスタートでしたよ。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-5.png人気ブログランキングへ
ニコもSMILE
8周年の感謝の気持ち
7月20日はこのブログを開設した記念日です。
ニヤは7月に保護されて、推定1歳だったのでシェルターでの書類上の誕生日は7月1日になっていました。
どうせ推定の誕生日なら、ちょうど7月だしこのブログと同じ誕生日にしちゃえということで、毎年7月20日はニヤの誕生日とブログの○周年を連続して書くのが恒例になっています。

IMG_4041_201407221545314c0.jpg
「このブログもあたしと同い年で8歳になりました〜!」

そうなんですよ、8周年。我ながらよく続いてるとビックリしています。

IMG_4040_20140722154642bcf.jpg
「最初はNIKOログ@LAって名前のブログだったのに、ニヤのお誕生日になっちゃって、なんかちょっとアレなんだけど・・・。」

まあいいじゃないのニコ。NIKOログってあんまり考えずにつけた名前だったし(笑)SMILES@LAになってからの方がうんと長いんだし。

思えば書き始めた頃はブログブームの初期の頃でした。今ではTwitterやFacebook、さらにInstagramなんかもあってブログを書く人も減って来ていますよね。

私もTwitterとFacebookのアカウントはあるけれど、やっぱり過去のことをさかのぼって読み返したり、ニコニヤ以外のことでお伝えしたいことを長文で書いたりするにはブログが一番しっくり来るんですね。

「どんなことでも10年続ければものになる」とおっしゃったのは吉本隆明氏でしたっけ?
このブログも取りあえずは10年続けることを目標にしています。「え?今時ブログなんてやってるの?」って言われる日が来るかもしれないけど、それでもいいのだ!

でもこうして書き続けていられるのも読んで下さる方々がいらしてこそ。
IMG_4039_2014072215464127f.jpg
「みなさんはあたしの可愛い顔を見に来て下さってるんじゃないの?」

ニヤはお黙りなさい。

いつも読んで下さったりニコニヤの顔を見に来て下さる皆さんに感謝の気持ちを込めて今年も恒例のプレゼント企画をいたします。

感謝の気持ちと言うわりには、これも毎年恒例でささやか過ぎるものなんですが、まあ縁起物ということで(笑)
詳しくは「続きを読む」から。
ニヤが8歳
今日7月20日はニヤの誕生日。推定1歳でうちに来てから7回目の誕生日、つまり推定8歳になりました。

保護された時推定6ヶ月齢だったニコよりもさらに精度の低い推定のお誕生日だけど、そんなことは別にたいしたことではないのです。今のところ大きな怪我や病気をすることもなく「8歳だって。信じられないよね〜。」と言っていられる幸せをかみしめたいと思います。


「あたしの年のことなんて気にしなくていいのよ。永遠のキュートな小悪魔だから♪」

はいはい。ほんのちょっぴり白い毛がチラホラしてきた事以外は体に目立った衰えもない代わりに、精神面でも一向に落ち着く気配がないものね。できることなら一生そのままでいておくれ。

そして明日はニヤの便宜上の誕生日をこの日に決めた理由のアレです。
ささやかながら今年もやりますので、よかったらまた明日も来て下さいね〜。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
人気ブログランキングへ
いや〜、全然そういうキャラじゃないし・・・。
ニヤご立腹
昨日書いたリスの赤ちゃんを送り届けた翌日のこと。
ニヤの様子がいつもとちょっと違っておりました。

「なによ、おかーさんのバカ。嫌い。ずっとそこにいて。」

リスを送り届けて帰って来た時、たかだか3時間程の外出でオットも家にいたのに、すごく長時間のお留守番みたいな喜び方でひざに飛び乗って来て「あれ?」と思ったのですが、翌日になってもまだベタベタくっついてストーカー。そのくせ何やら反抗的でキューキュー文句を言っている雰囲気。

IMG_6158_201407191208222f7.jpg
「あれじゃない?出かける前のおかーさんがいつもと違ってたから不安だったんじゃない?」

へ〜、おかーさんの感情に反応するのはいつもはニヤじゃなくてニコなのに。
ニコは普通だったよね。お出迎えもいつも買い物に行って帰って来た時くらいだったし。
(ただしニコの普通のお出迎えは常に10年ぶりの再会レベル。これが旅行から帰って来た時なんかだと「もう会えないと思ってた〜!」レベルになる。)

IMG_4033_201407191208201db.jpg
「あのね、おかーさんが気にかけるのはあたしのことだけでいいの!ニコちゃんのことはちょっとくらい気にしてもいいけど、あたしが一番じゃないとダメなの!」

は〜、なるほど。(勝手なことを書いてますが、多分当らずと言えども遠からず。)
前日、ニコニヤにごはんを食べさせてる時も、おかーさん心ここにあらず状態だったし、出かける時もニコニヤのことはそっちのけになってたし、そういうのが気に入らなかったんだ。

IMG_6165.jpg
「ニヤって了見狭いよね〜。ニコはおかーさんが怒ったり悲しかったりじゃなければ平気だよ。」

ありがとうニコ。まあ君も別の面では充分に了見の狭い犬なんだけどね。

IMG_4034_20140719120817d7d.jpg
「もーっ!なんでもいいからあたしの側にいないとダメなのーっ!」

はいはいニヤ様わかりましたですよ。今これを書いてる最中も1つの椅子を君と半分こしてるじゃないか。

【おまけ】昨日いただいた小冊子の一部
IMG_6171.jpg
首に網が絡まってしまったアシカ。
保護されて手当てしてもらって、つやつやの毛並みになりました。

カリフォルニアはアシカもアザラシもたくさんいるんですよ。イルカも時々見られます。
子リスどころか、アシカとか山猫とかを発見しちゃったらそれこそテンヤワンヤですよね。
でも次回もしも何かあっても連絡先がちゃんとわかっているというのは心強いです。
何もないのが一番なんですけれどね。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner(1)_20140610165415329.png人気ブログランキングへ
ついに恐れていたことが!
昨日のことです。も〜ドキドキのワチャワチャでした。
IMG_6156_201407181454407ee.jpg
「おかーさん1人でPCダダダダッと叩いたと思ったらあっち行ったりこっち来たり外に出たり入ったりして、なんだかコーフンして電話したかと思うと長いこと出かけて帰って来なかったのよ。フンッ。」

だってねニヤ、リスがね・・・・
IMG_1716_20140718145804b86.jpg
「なんだ?オレの話か?」

違う。リスだけどあんたみたいなゴンゾウの話じゃない。

昨日の午後4時半頃、ニヤを連れて前庭に出たら植え込みのところに茶色のモシャモシャフワフワしたものが落ちていて、ニヤが興味津々と言う感じでフンフン匂いをかぎに行きました。

一瞬なにか動物か!?と思って思い切りドキッとしたのですが「あ、そう言えばこのヤシの木にリスが巣を作ってたな」と思い出しました。リスの巣が落ちてしまったんですね。
IMG_4031.jpg
ヤシの繊維と葉を編んで巣を作ったんですね。どうして落ちちゃったんだろう?

スンスンしたがるニヤを離して家に連れて帰り、巣の写真だけ撮っとこうかなとカメラを持って私だけ戻りました。一応ちょっと中も見てみるか、と軽い気持ちで巣の中をちょっと指で開いて見てみたら・・・・

((゚m゚;)アレマッ!

リスの赤ちゃんが入ってるよーっ!!!!!ついに恐れていたことが現実になってしまった!
しかもその赤ちゃん、まだ目も開いてない毛も生えてないピンク色のモニョモニョちゃんだったんです。
そっと巣ごと持ち上げて覗くと、小さい体なのにすごく大きな声でキューッキューッと鳴きました。多分お母さんを呼んでるんですね。

「ひーっどうしようどうしようどうしよう。あっまずは検索だ、検索!」
でPCの前にすっ飛んでいってダダダダダッと「squirrell baby rescue」などで検索したら、巣から落ちた赤ちゃんリスを発見した時のノウハウがいっぱい出て来ましたよ。まずはホッ。

いくつかの野生動物のレスキューグループのサイトを読むと、どれも「まずはお母さんが迎えに来るのを待つ」と書いてありました。いきなり連れて帰って来ちゃダメなんですね。そりゃそうですね、お母さんが来てくれるのが一番です。
どのサイトにも体温の低下に注意すると書かれていて、お湯を入れたペットボトルなどと一緒に柔らかい布を入れた靴箱などに赤ちゃんリスを入れて巣のあった場所の近くに置いておくとありました。
でも暑い季節だしまだ太陽も高かったので体温の低下は大丈夫だろう、むしろ脱水症状とか大丈夫かしら?と心配になったのですが、水も食べ物も与えないこと、箱の中にも入れないことと合ったので、その通りにしました。
あ、箱に入れる柔らかい布ですがタオルは避けた方が良いんですって。爪が引っかかって怪我したりするおそれがあるから。これって多分子猫や子犬も同じですよね。

幸いヤシの繊維でできた巣で上手い具合にくるまれていたので、古いTシャツを敷いたプラスチックのカゴに巣ごと入れて直射日光があたらない樹の影に置きました。
IMG_4032.jpg
こんな感じね。

ここでちょっと落ち着いて、またPCに戻り近くの野生動物の保護をしてくれる所を探しました。うちの辺りの管轄と思われるところは2件。1件目に電話をしたら「現在使われておりません」あらら。
2件目に電話をかけると音声案内で「アシカ、イルカなど海洋生物の保護については1、その他の野生動物は2をダイヤルしてください」など、いくつかのガイダンスのあと、やっと親切な男性につながりました。
その人によると「あと2時間くらいはそのまま母リスが戻って来ないか様子を見て下さい。ただし近くには行かないで。母リスがどこかで見ていると怖がって近寄らない可能性があるので。2時間しても母リスが来なければ、この番号に電話をしてください。リス担当のレスキューフォスターの家につながります。」と言われました。

2時間も待つのか!と思いつつ、物陰から様子を伺ってたんですが母ちゃんリスが来る気配は無し。
暑いけど大丈夫かなあ、死んじゃったらどうしよう、とか考えてたら胃がキューッとなって吐き気までしてきましたよ。

IMG_6168_201407181454022ce.jpg
「その頃おとーさんが帰って来たんだよね。」

そうそう。でもおとーさんに経緯を話しても「WOW! Ohhhh~!」って言うばかりで全然意味なかったよね。

さて、長くなっちゃったので「続きを読む」で

てんかんと犬の食餌
つい先日「てんかんとホリスティックケア」「その続き」の記事をアップしました。

てんかんについて色々調べているうちに、食餌とてんかんの関連について書かれている文章を多く目にしましたので、食餌のことについても自分の思考のまとめを兼ねて書いておきたいと思います。

IMG_4020_20140717090155ad5.jpg
「わーい!ごはんのお話だ〜。」

ニコ、悪いけどニコが喜ぶような話じゃないよ。

あ、ところで前回のてんかんの記事は雑誌The BARKからの引用だったのですが、手元にある「ペットのためのハーブ大百科」の中にも「てんかん・引きつけ・発作」という項目があって、ほぼ同じ内容が書いてありました。
→気づくの遅いな、自分。


さてと・・・まず最初に「てんかんとは」と言うのをおさらいしておきましょう。
公益社団法人日本てんかん協会さんのサイトの説明を引用します。
(この協会は犬ではなくて人間のてんかんの患者さんや家族の会が基礎となって厚生省から許可された社団法人です。)
以下、緑色部分が引用。
大脳の神経細胞(ニューロン)は規則正しいリズムでお互いに調和を保ちながら電気的に活動しています。
この穏やかなリズムを持った活動が突然崩れて、激しい電気的な乱れ(ニューロンの過剰発射)が生じることによって起きるのが、てんかん発作です。


この「電気的な乱れ」の原因は疾病であったり外傷であったり、また原因不明であったりと様々です。
神経細胞の間で刺激を伝達するのが様々な神経伝達物質です。つまり、この神経伝達物質が正常に分泌されなかったり正常に働かない状態になった時に何らかの脳の病気が現れるわけです。てんかんもその1つですし、人間の鬱病などもその1つです。

IMG_4021_201407170901578c3.jpg
「頭の中には電気が流れてるんだって。」

ところで意外かもしれませんが、神経伝達物質が作られるのは消化器官である腸内です。食品の成分とビタミンなどから腸内細菌の助けを借りて神経伝達物質が合成され、さらに腸内細菌によって脳へと送られます。

つまり腸内環境が良好でないと、神経伝達物質が正常に作られなかったり伝達されなかったりして脳に影響が出ることがあるということです。てんかんを発症した犬の食餌を変えただけで発作の回数が減少する例もあるというのは、こういうことですね。

「てんかんと犬の食餌」まずはこのことを念頭においてください。

具体的なことは「続きを読む」から。


撮影成功!
毎度おなじみのこの犬のこのポーズ。
IMG_6142.jpg
「・・・・・・・。」

樹の上にはこれもおなじみのこの方。
IMG_6143_20140715153411a04.jpg
「・・・・・・・。」

でもね実はニヤはリスに気づいてないんです。私が上を見てるから一緒になって見てるだけ。
リスはリスでニヤが来る前からずーっと枝の上でこの姿勢でボーッとしています。決してニヤが怖くて枝の上で固まってるわけではないのです(ゴンゾウリスはそんな弱々しい生き物じゃないしね。)

このリスの写真を撮るのに、椅子を踏み台にしてカメラを構えてたんですが(近所の人が見たりしたら、ちょっと変な人と思われそう 笑)耳の辺りを「ブブブブブブーン」とすごい羽音で何かが飛んでいく気配がしました。

昔は顔の辺りで羽の音がしたら「ひーっ!カナブン!?」と思って引いてたんですが、最近は「おっ!この音は」とワクワクします。音が飛んでいった方を見たら、思った通りこのコがいました〜!
IMG_6150_2014071515342475d.jpg
「こんにちはハミングバードのブブちゃんです。」

ハミングバード=ハチドリですね。雀の3分の1くらいの大きさです。庭の花の蜜を吸いに来たり、樹の枝についた水のしずくを飲みに来たりで、見かけるのはしょっちゅう見るのですが、なにしろ動くのが速いので写真に撮るのは難しいのです。
本当は空中で超高速で羽ばたきながら花にくちばしを差し込んでる姿なんかが撮れるといいんですが、今回は鮮明に撮影できたのでこれでお許しを(笑
IMG_6152_201407151534252f4.jpg
ね?可愛い顔をしてるでしょう?このコは体の色が地味なので女の子です。雄はもう少し鮮やかな緑色。本当は背中側がキラキラして綺麗なんですが、何しろ撮影が難しくてね。

・・・と書いて、「あ、そう言えば」と思い出してファイルを引っ張り出して来ました。去年の秋に撮った写真。ボケボケなんですが羽ばたきながらセージの花の蜜を吸う雄のハチドリです。
IMG_4581_20140715160810c57.jpg

それにしても耳の辺りをかすめてブブーンと飛んでいった時「ヒィィ!虫!?」とビビるくせに、それがこのコ達だと気づいたら「なんだ〜ハミングバードか〜♪」って笑顔になるのって、すごい自分勝手ですよね(笑
我ながら私って動物差別してるなあと苦笑いです。

リスにもハミングバードにも全然興味のないのはこの犬。
IMG_3999.jpg
「スンスンスン。何か落ちてないかな。」

でもニコは時々会う猫さんや公園のウサギには興味津々。

「猫さんやウサギさんは一緒に遊べそうな感じがするからね。」

向こうはニコと遊べそうな感じなんて全然してないと思うけどね。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-2_20140512152341ee1.png人気ブログランキングへ
助っ人BBQ
土曜日の朝、友人夫婦から電話がかかってきました。
IMG_5530.jpg
「またあたし達を置いて出かけようとしている・・・。」

ニヤ、そんな人聞きの悪い言い方しなくてもσ(^_^;)

IMG_5544.jpg
「だって、そうじゃない。ニコお留守番反対!」

友人宅には現在親戚一家5人が夏休み旅行で滞在中。今夜BBQをするので来ないか?という誘いでした。
そう言えば先週奥さんが「来週5人も泊まりに来るのよ〜。たいへんだわ〜。」って言ってたわ。

友人宅というのはズーマちゃんのお家です。
(はるりさん!今回はちゃんとズーマちゃんの写真撮って来ました!)

到着すると確かに人がたくさん(笑)ほら、ズーマちゃんの後ろにも芝生の上でゲームしてる人達がチラッと映っているでしょう?
IMG_4007.jpg
「ズーマのお庭で遊んでる人がいるからフリスビーができなくてつまんないの。」

あらズーマちゃんそれはかわいそうね。
IMG_4004.jpg
「うん、おばちゃん遊んでくれる?」

当たり前じゃないの。可愛い可愛いズーマちゃんが退屈してるならいくらでも遊んであげるわよ。あっちの隅っこでフリスビー投げようか?
IMG_4005.jpg
「ほんと?じゃあフリスビー持って来るね!」

この後「ズーマ、come!」と声をかけたら本当にフリスビーをくわえて付いて来てくれました。
あ〜かわいいかわいいかわいいかわいい♪

IMG_5485.jpg
「なに?おかーさんニコよりもズーマの方が好きなの?」

ズーマちゃんはハンパなく可愛いけど、世界で一番好きなのはニコとニヤだからバカなことを聞かなくてもよろしい。

ところで、友人宅に到着した時にはBBQの準備がほとんど出来てなくて、テンヤワンヤ状態になっていました。
当然ながら助っ人モードに切り替えて野菜の下ごしらえや前菜の準備をお手伝い。

奥さんから「ねえ、ちょっとアレをやって皆に見せてくれない?」とリクエストされたのが、タマネギのみじん切りとウサギりんご(笑
日本人なら一般的な、タマネギを切り離さないように薄く切れ込みをいれてみじん切りにするやり方でドレッシング用のタマネギを切ると一同「おおおっ!」こんなことでエンターテイメントになるなら切りますわよ。
ウサギりんごも毎度のことながらウケていました。こういう時異文化を感じますね。

IMG_5489.jpg
「そんなことで調子乗ってないで早く帰って来て欲しいもんだわ。」

後片付けは宿泊中のお客さん達が担当していたので、デザートの後は早めに帰って来ましたよ。
お二人さん、お留守番ありがとうね〜。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-3_20140714025140fe8.png人気ブログランキングへ

てんかんとホリスティックケア(続き)
IMG_6121.jpg
「昨日の続きです〜。」

原文The BarkHolistic Treatments for Epilepsy in Dogsから引用です。
昨日はカイロプラクティックのところまで書きましたね。以下緑の文字が引用部分です。

・サプリメント
様々なサプリメントや機能性食品の実際の効能やそのメカニズムをここで語るのは、少し本来の主旨を超えているかと思います。しかしいくつかのビタミンや栄養素のサプリメントは発作の回数を減らすのに高い効果を示しています。私自身は当院のてんかんの患犬には次のサプリメントを常に推薦しています。DMG(ディメチルグリシン)、コリン、タウリン、L−トリプトファン、マグネシウム、メラトニン、ホスファチジルセリン、そしてビタミンC、A、Bなどの抗酸化ビタミンです。


IMG_3837_20140712081713aa9.jpg
「なんだかメチャクチャむずかしそうな名前ばっかり並んでない?」

確かに。最後のビタミン類以外は馴染みのない名前ばかりですね。

簡単に説明しますと・・・
DMG(ディメチルグリシン)はまたの名をビタミンB15(なんだ、こう言ってくれた方がとっつきやすいじゃないの)アミノ酸の一種でもあります(正確にはアミノ酸グリシンの誘導体)
脳内で神経伝達物質の生産を促進する働きがあると言われています。
食品でDMGを多く含むのはビール酵母、レバー、カボチャの種、ゴマなどです。なかでもビール酵母はビタミンB群をバランス良く摂取できるので、ビール酵母に対してアレルギーさえなければ普段から摂取したい食品です。

コリンはリン脂質の一種で、レシチンの構成成分でもあります。
コリンを含む食品は卵黄(レシチンと言えば卵黄ですもんね)レバー、緑黄色野菜、ビール酵母、小麦胚芽です。ここでもビール酵母が登場しましたね。

タウリン、これはよく耳にする栄養素ですね。心臓の機能をサポートするというのがよく知られているところですが、肝機能のサポートにも大きく関係しています。てんかんに関してはこの肝機能のサポートというのがポイント。食品ではイカ、タコ、貝類などに多く含まれるのですが、これらを犬に食べさせるのは難しいのでサプリメントが効率が良さそうですね。

Lトリプトファンは必須アミノ酸の一種です。カッテージチーズなど乳製品に多く含まれます。脳内物質セロトニンの前駆物質であり、摂取することでセロトニンの分泌を増加させるそうです。

ホスファジルセリンはリン脂質の一種です。脳に多く存在します。肉類や大豆に含まれるのですが、体内に入ると分解されて血液によって脳に運ばれ脳の中で再合成されます。再合成されたホスファジルセリンは神経伝達物質を生産し分泌を増加させます。つまり脳にとってとても重要な栄養素です。

IMG_5849_20140712122724565.jpg
「なんかつまんな〜い。」

ややこしい名前はこれくらいかな?他の栄養素の話はまた改めて。

さて、テイラー獣医師の記事からの引用に戻りましょう。次はハーブです。

・ハーブ
薬局で手に入る多くの西洋ハーブはカプセルタイプ、液体のチンキタイプのどちらもてんかん発作の治療に使われます。カモミール、ミルクシスル、スカルキャップ、バレリアン、オーツ麦、イチョウなどが代表的なものです。
これらのハーブや機能性食品は使用の前に必ず獣医師と相談して適切な種類のハーブを適量用いるようにして下さい。


本文ではこの後にホメオパシーとフラワーエッセンスの説明が入っていますが、ホメオパシーに関してはいくつか名前が挙がっているものの、専門医に相談してからとあるので省略します。
フラワーエッセンスは発作が起きそうだと感じた時に事前に与える、またストレスのかかる状況などで予防のために事前に与えておくなどの使い方が示されています。

・予防
愛犬がてんかんと診断されたら、ワクチン接種は避けて下さい。過剰なワクチン接種は状態を悪化させます。

毒性のあるものに接触することも避けましょう。化学物質をを避けることはすなわち汚染物質を避けることにつながります。たとえば車の排気ガス、タバコの煙、汚染された水(飲み水だけでなく、化学物質を多く含むプールで泳ぐことや汚染された川や湖なども含みます。)ノミダニ駆除薬、食品添加物、これらは全て脳の組織の興奮につながります。

愛犬のためにハッピーでストレスのない生活を作ってやることはとても大切です。てんかん発作の多くはストレスのかかる出来事のあとに起こっていることが報告されています。例えばドッグホテルに預けられる、引越、長時間を独りで過ごす刺激のない生活などです。ハッピーな毎日、リラックスした環境、適切な運動は過剰なストレスを予防するために必要です。


てんかんは確かに辛い病気です。てんかんの治療にも予防にも、安全なホリスティックケアの方法はたくさんありますが、場合によっては従来の抗てんかん薬でのコントロールが必要になることもあります。
とは言え、ホリスティックなアプローチは愛犬の穏やかな癒しの手段になることは確かです。

もしここにあげたホリスティックケアに興味がある場合はぜひ獣医師に相談するか、またはホリスティック獣医師を
見つけて診断を受けて下さい。



この後、アメリカのホリスティック獣医師の協会のリンクがついていたのですが、日本の場合は鍼灸を施術している動物病院は意外とたくさんあるので、鍼灸・犬・地域名などで検索してみて下さい。

大切なことは自己判断で薬を止めたり、自己流で代替療法を行わないということです。食餌のことなども主治医の先生とよく相談してからにしてくださいね。

IMG_3826_20140712122726bd1.jpg
「でもまだ書き足りないことがあるんだって。」

そう。食餌療法のことなど、近いうちにまた続きを書きます。ちょっとお待ちを。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner_201405311552286bc.png人気ブログランキングへ
てんかんとホリスティックケア
いきなり「てんかん」とタイトルに書いて驚かせてしまったかもしれません。
ニコやニヤにてんかんの症状が出たのではないんです。

普段とてもお世話になっている人が、重症と思われるてんかんの犬を縁あって引き取ることになりました。私もそれを機にちょっと勉強しておこうと思い、色んなサイトを読み漁っているところです。

IMG_6141.jpg
「おかーさん勉強してるんだ。」

犬のことを検索していていつも思うことなのですが、日本語で検索するよりも英語で検索する方がずっとたくさん情報が得られるんですね。まあ世界中で英語を使う国や人の数が日本語よりもずっと多いので当たり前と言えば当たり前ですね。

ネットで病気のことなどを調べたい時は基本的には個人ブログや掲示板、質問フォーラムなどは除外することにしています。もちろん中には役に立つ情報もたくさんあるのですが、まずは専門家や信頼できるメディアの情報を複数読んで頭に入れた後で。そうすると情報の取捨選択がし易くなるので。

IMG_5999_20140711173635e78.jpg
「・・・ということを個人ブログで書いているというちょっとした矛盾ね。」


さて、そうやって検索していて出て来た情報の中に、私がいつも読んでいる犬の雑誌The BARKの記事がありました。私はこの雑誌の記事は信頼できると思っていますし、見つけた記事はジェニー・テイラー獣医師によって書かれたものです。テイラー獣医師はカリフォルニア大学デイビス校で獣医学を学んだ後に、鍼灸、ホメオパシー、東洋の漢方薬、西洋ハーブ学を修めホリスティック動物病院を開業している方です。

フェノバルビタールや臭化カリウムなどの一般的な抗てんかん薬以外のホリスティックケアについて、とても分かりやすい記事だったので、愛犬のてんかんに悩んでいる方にも少しお役に立つかもしれないと思い、その記事をブログで紹介することにしました。

では本文は「続きを読む」から
初顔の木の実
ニヤこれ見て。可愛いでしょ。
IMG_3985_201407101540239e4.jpg
「なにそれ?食べられる?」

食べられない。鳥さん達は食べに来てるけど。

これは庭にある樹に出来た実の外側の殻。
IMG_3982_201407101540264ca.jpg
最初はこんな風に樹になっています。

この家に引っ越して来て7年になるけれど、こんな実がなっているのを見たのは初めて。
越して来た年に大寒波があってこの樹も相当ダメージ受けたから、長い間実をつけることもできなかったのかな?

この丸い実、外側が固い殻なんですがこれが熟すとこんな風にパカッと開きます。
IMG_3984_201407101540243cc.jpg
なかなか可愛い♪

この真ん中の種を鳥達が食べに来ます。おかげであちこちに鳥のフンが落ちているのはちょっとコマリモノ。

IMG_3986.jpg
「鳥なんかに食べられるくらいならあたしが・・・。」

あ、ニヤ止めなさい。これはニヤが食べるものじゃないの。
IMG_3987_20140710154020b02.jpg
「そんなの食べてみないとわからない。」

って言うか、鳥達もこの外側の殻は食べないんだよ。美味しくないから止めときなさい。

鳥達は食べてるんですが、リスはこの実には全然興味がないようです。
IMG_6127.jpg
「へ?なんか呼んだ?」

あら、ゴンゾウリスの奥さん、久しぶり。
奥さんお食事中だったの?口のハタに何かたくさん付いてますわよ。」

IMG_6131.jpg
「えっ!これで取れた?ちょっと、そんな顔写真に撮らないでよ!」

リスのゴン子ちゃんはゴンゾウに比べると可愛いんだけど、口のハタになにか付けてることがたびたびあるオッチョコチョイって感じだわね。
(顔に汚れがついてるのってなぜか本当にメスが多い。偶然かしら?)


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-3_20130118121832.gif人気ブログランキングへ
マズルカバー
本日は昨日延期した件。「だいじなこと」というのは10日程前にアップした「100点満点中50点」という、シーザー・ミラン・Incから新しく発売されたファニーマズルというマズルカバーの説明について「それは良くない!」と書いた記事に関すること。


「Cesar's Wayにマズルカバーについての新しい記事がアップされたんだよ〜。」

Muzzles: Three Questionsというタイトルのこの記事、犬にマズルカバーを使う時の3つのだいじなポイントが説明されています。

どうやらファニーマズルを発表した時、Cesar's WayのサイトでもFacebookでもYouTubeでも「散歩や運動の時には絶対にこれを使っちゃダメだ!」というコメントが殺到していたので、それらに応えたもののようですね。
いや〜よかったよかった。ちょっとホッとしましたよ。

IMG_3988_201407081549596ee.jpg
「影響力の大きい人なんだから、だいじなポイントは外しちゃダメよね。」

そうそう、その通り。
じゃ、3つのポイントって何が書いてあったか、ちょっとかいつまんで。

1. どんな時にマズルカバーを使えば良いのか?
ストレスフルな状況に置かれた時に咬んでしまう可能性のある犬にマズルカバーを使うことは悪いアイデアではありません。ストレスフルな状況というのは例えば獣医さんでの診察時、見知らぬ人や犬がたくさんいるような所に行く時です(予防接種の集団接種とかね。)

忘れてはいけないことはマズルカバーはトレーニングや社会化の代わりになるものではないということです。言うまでもなくマズルカバーを使えばトレーニングをしなくても良いというものではありません。
社会化のリハビリが出来ていない犬はドッグパークに連れて行ってはいけません。そういう犬にとっては知らない犬に囲まれること自体がストレスなのに、その上さらにストレスとなるマズルカバーを着けられては犬の攻撃性を強めてしまい、リハビリテーションの邪魔になってしまいます。


IMG_5953.jpg
「頼りになるツールだけど、安易に使っちゃダメってことだよね。」

2. どんなタイプのマズルカバーを着けるべきか?
これはマズルカバーを使う時のシチュエーションによって変わって来ます。病院での診察時や社会化のための訓練をする時にはナイロンタイプのカバーが使えます。ただし心しておかなくてはいけないのは、このタイプは短時間での使用に限ること。最大でも20分までの使用とし、気温や犬の動きによってはもっと短い時間にする必要があります。犬の様子を注意深く観察して、呼吸がしにくいような様子が見られたらすぐに外してください。

マズルカバーを着けている犬の周りにいる人間の気持ちをリラックスさせるためにはファニーマズルのようなデザインが有効です。

犬が走ったり遊んだり運動する時にふさわしいのはバスケットタイプのマズルカバーです。このタイプなら装着したままで体温調節のためのパンティングもできますし、水を飲むこともできます。
バスケットタイプを選ぶ時には皮革と金属製のものよりもプラスチック製のものの方が当たりがソフトです。


IMG_5962_201407081549563f6.jpg
「これよ!これを最初に書いて製品紹介をしなきゃいけなかったのよ!」

3. マズルカバーを使う時の注意点は?
どんなタイプのマズルカバーでも大切なことは正しいサイズのものを選ぶことです。サイズが合わないと皮膚に擦り傷を作ってしまったり、バスケットタイプでもパンティングができなかったり、そもそも咬み付き防止の役目を果たさなかったりします。
ナイロンタイプでは先にも書いた通り、オーバーヒートにならないように細心の注意を払います。犬の呼吸に少しでも異変が見られたらすぐにカバーを外すこと。

そして何よりも大切なことはマズルカバーを使用する時のあなた自身の気持ちの持ちようとエネルギーです。カバーを使うことを犬をコントロールするために仕方なくやっているのだと捉えるのではなく、犬のリハビリのためのステップのひとつだと捉えることが肝心です。犬がマズルカバーに対してネガティブな印象を持たないように、あなた自身のエネルギーをポジティブに保ってください。

マズルカバーも他のあらゆる道具と同じように、正しい態度とエネルギーを持って使ってこそ効果のあるものなのです。


IMG_5973_20140626164526486.jpg
「おかーさん、今回の記事はどうだった?」

今回の記事はとても良かったと思う。先にニヤにも言わせたけど、ファニーマズル発売の時にこの記事が書かれていたら文句なかったんだけどね。
でもまあ、コメント欄で指摘した人達の声も無駄にならなかったようだし、シーザーさんも会社の担当者も今回のことから得るところがあったと思いたい。
シーザーさん自身がいつも言っているように「何か問題行動が有った時はそれを改善するためのチャンス」だからね。

IMG_5965_20140709064652d39.jpg
「おかーさんたらビックリするくらいエラそうな物言いだわ〜。何様って感じよね。」

あ、やっぱり?(笑
まあニヤ様に言われたくないって感じだけどねえ。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-6.png人気ブログランキングへ
ちょっと延期
今日はだいじなことを書こうと思っていたんですが・・・
IMG_5894.jpg
「おかーさんはもうこんな状態になってます。」

どうやらちょっと疲れが出たようで(笑
あ、眠たいだけですよ。しんどいわけじゃないですからね!

今日のお話は明日に延期ということで。
IMG_3904_2014070815581064c.jpg
「皆さん明日も来てねーっ!」

人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner(1)_20140329144525b40.png人気ブログランキングへ
【2014/07/07 23:13】 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
また来てね〜
【はじめに】
dog actuallyの新しい記事更新されています。
今回はあるオンラインショップの紹介。記事中のリンクでぜひこのショップ見てみて下さいね。
「ぬいぐるみ犬でレスキューに参加」

***********************************

今日、11日間の滞在を終えてMr.ハンサムはフロリダへと帰られました。

夕方、部屋から運び出されたスーツケースをジッと見るニヤ。

「なにこれ?どーゆーこと?なんでこんな所に荷物出してるの?」

IMG_6105_201407071450239eb.jpg
「え!?もしかして今日帰っちゃうの!?」

そうだよニヤ。君のBFのハンサム氏は今日帰るの。
いっぱい可愛がってもらってよかったね〜。

IMG_6107_2014070714502286e.jpg
「やだー!帰ったらやだー!」

IMG_6031_201407071450399a3.jpg
「また来るからねMyリトルガール。」「行っちゃやだー。ずっと居てー!」

あのねニヤ、ハンサム氏の4匹の猫さん達、食欲も落ちるほどに落ち込んでるらしいよ。ニヤだっておとーさんやおかーさんがしばらく居ないと寂しいでしょ?(寂しいよなっ!?寂しいに決まってるよな?なっ?寂しいと言って!)

でもまあ、ハンサム氏とニヤはアホらしいくらいにギュッと抱き合って別れを惜しんでおりましたよ。

IMG_6109_20140707145020965.jpg
「え〜!おじさん帰っちゃうの?帰っちゃダメ!みんな一緒にいるの!」

あのねニコ、おじさんはおじさんの家族とみんな一緒にいるの。無理言わないの。
ニコはニヤよりもずーっとストレートで直接的。ドアに向かうハンサム氏を追いかけてワンワン言って引き留めてました。

ニコも可愛がってもらったもんね。ハンサム氏はニコのこと男の子だと思ってたという衝撃の事実が明るみに出たけど。
IMG_6010_201407071450372a7.jpg
「Good Boy! ニコいい子だ!」

だからニコにはサッパリした感じだったのか(笑

こんなニコニヤを見てるとハンサム氏がちょっと羨ましくなりましたよ。あ、別にニコニヤにヤキモチ妬いてるってわけじゃなくてね。1年か2年に1度友達の家に泊まりに行くとピョコピョコ跳びはねるほど大喜びで迎えてくれる犬が居て、それが滞在中ずーっと続く。そういう状態が羨ましいなあ、と。
旅先で犬に会っても、当たり前だけどその犬にとっては「よその人」だから一定の距離があるのが普通だし。私もこんなにベッタリしてくれる動物がいる滞在先を持ってみたいなあと思ったわけですよ。

あ、そう言えば私の顔を見ると尻尾ブンブンで頬ずりしてくれる女の子はいるわ♪
昨日も会ったのに写真撮って来るの忘れちゃったので、これは前に撮った写真。
IMG_5076_20140202182949c6e.jpg
「おばちゃんだ〜。ホッペと首筋ナデナデして〜。」

そう。友人宅のハスキー×シェパードミックスのズーマちゃん。
ニコニヤとズーマちゃんが居るから羨ましくないや。へへへん♪


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner_201405311552286bc.png人気ブログランキングへ
「おじさんニコ女の子だよーっ!」
独立記念日小パーティー
昨日チラッと書いたように、7月4日は独立記念日。裏庭から絶好ポイントで花火が見える我が家は毎年親しい友人を招くのが恒例。

独立記念日に人を招くというと、昼間から集まってBBQをしたりビール三昧をしたりと大人数でパーティーをして地域で打ち上げられる花火を見て〆というお宅も多いのですが、うちは少人数で夕方からのみ。

今年は来る予定だった人のうち友人夫婦が急用で来れなくなったので、滞在中のMr.ハンサムを含めてお客さんは3人だけの更にこじんまりパーティーでした。
IMG_6022_20140705155739e1e.jpg
しかも、用意した食べ物のほとんどはオーブンで焼いただけの冷凍食品という手抜きぶり。あとはチップス、チーズ、フルーツとこれまた切っただけ並べただけ。

IMG_6024.jpg
せめてスイカくり抜くくらいのことはしようかと思ったけど、彩りにグリーンが少ないことに後から気付き、ビール用に用意していたライムを適当に切って添えたといういい加減さ。

まあいいのだ。ビールのおつまみがあって、気心の知れた友人と過ごす時間、それが大切なのだ。
まあそれでも、やっぱり色々バタバタしていたので、W杯のドイツーフランス戦もブラジルーコロンビア戦も観られなかったのはちょいと残念。

この2人は相変わらずイチャイチャしてました。
IMG_6034.jpg
「ニヤ〜キャロットだよ。ほら。」「あたしこんなに背伸びできるのよ。すごい?すごい?」

Mr.ハンサム、まるで自分が飼い主かのようにニコとニヤの芸を色々披露して鼻高々になってました。そんなに喜んでもらえて私たちも嬉しいです(笑

ニコはみんなの足元を落ち着かなげにウロウロ。
IMG_6051.jpg
「誰か何か落とさないかな?ニコにも何かくれないかな?」

どのお客さんにも当然のように近づくのはニヤ。
IMG_6036.jpg
「ねえねえ、そこにあるスイカ、私にも少し取って下さる?」

こんな風にニヤが他の人に近づくとあからさまにヤキモチ妬いて「ニヤ!」って呼び戻す人がいるんですよ。

この人。
IMG_6041_201407051557540be.jpg
「ニヤ、よその人のところに行ったらダメ。ここにいなさい。」
「え〜つまんない。まあいいけどぉ。」

もう一匹のこの方は、基本的におかーさんストーカーをしていました。
IMG_6042.jpg
「おかーさん、今何食べたの?ニコも食べれる?ねえ?ねえ?」

そして夜の9時頃から花火の打ち上げが始まって、ニコニヤも含めてみんなで庭に移動して花火を楽しみました。

Mr.ハンサムは4匹の猫と暮らしてらっしゃるんですが、もう少し早い時間に奥様から「猫達が花火の音を怖がってみんなベッドの下に隠れている」とメールが来ていました。
だから全然動じることなくみんなと一緒に花火を見ているニコニヤに驚いていました。ニコニヤは家の敷地内にさえ居たら、どんな大きな音がしても安全だと思っているようで、それはかなり有り難いことです。
でも敷地の外で遭うゴミトラックは怖いんですけどね。

IMG_6093.jpg



花火が終わると室内に戻ってデザートの時間。ニヤは最後までこの調子。
IMG_6098.jpg
「あたしもデザート食べたい!カップケーキ欲しい!」

ダーメーでーすー。お客さん達から散々ニンジンやキュウリもらってたでしょ。
みんなに可愛がってもらえてよかったね。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-2_20140706062526d51.png人気ブログランキングへ
7月4日だよ
大皿に並べた食べ物とそれを狙う黒い犬。
IMG_6028_20140705155736018.jpg
「ちょっと!届かないんだけど!あたしの分は!?」

ソワソワ落ち着きのない茶色い犬。
IMG_6051.jpg
「お客さんだ。ごちそうだ。」

そして花火。
IMG_6093.jpg

はい、今夜は独立記念日で毎年恒例の友人を招いての小パーティーでした。
ちょっと遅くなっちゃったので、詳しくはまた明日。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner(1)_20140329144525b40.png人気ブログランキングへ
ニヤやっちゃった
あのね〜、今朝ね〜

「あーもう!おかーさんうるさいよ!」


IMG_5901.jpg
「ふふふ〜♪おかーさん続き続き。」
        
滞在中のオット友人と当然のように一緒に寝ているニヤ。
それが今朝起きたら、シーツをはがして腕にかかえて持って来てたんです。
IMG_5907_20140704142141427.jpg
「あーはいはい。シーツ洗って欲しかったんじゃないの。」

そう、ニヤったらおねしょしちゃったんですねえ。
ちゃんと寝る前にトイレ散歩に行ったのに。
まあ、そういうこともあるわね。

IMG_5912.jpg
「あたしはトイレ行きたいって起こしたけど、Mr.ハンサムは起きなかったのよ。」

そうなんですって。「明け方にニヤが胸の辺りをチョイチョイッと引っかいてたんだけど、あれは僕のことを起こしてたんだねえ。僕のせいだねえ。」と言ってました。

ほらねニヤ、だからおかーさんと寝るのが一番でしょ。わはは。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner(1)_20140610165415329.png人気ブログランキングへ
Mr.ハンサムの手料理
一昨日のことですが、毎度恒例Mr.ハンサムが手料理を披露してくれました。

IMG_6005.jpg
「おじさん何してるの〜?」「お、ニコ。みんなの晩ご飯作ってるんだよ。」

IMG_6007_20140702150407f78.jpg
「「ふ〜ん。ニコにもくれる?ねえくれるんでしょ?」「そうだねえ、じゃあこのキュウリの種をあげるよ。」

サラダの準備をしているハンサム氏から、キュウリの真ん中部分をもらっておりました。
アメリカのキュウリは日本のキュウリの3倍くらいの太さで、真ん中の種部分は柔らかくて食感が違うのでここを取り除くとパリパリとクランチーな感じになります。

メインディッシュはこちら。タラの切り身にほうれん草とエビを乗せてピリッとスパイスを効かせてくるりと巻いたもの。オーブンでこんがり焼いて出来上がり。ベジタリアンの彼もお魚はたまに食べるらしい。
IMG_6011_201407021504398e0.jpg
魚の身が厚くて、爪楊枝ではうまく留まらなかったのでフェットチーネのパスタを半分に折って楊枝代わりにしました。これ、抜く必要がないのでいいんですよ。ロールキャベツなどもパスタで刺すのお勧めです。

IMG_6012.jpg
食卓でサラダをドレッシングで和えていますが、このドレッシング美味しかったんだけど「いったいどんだけ作るのだ?」ってくらい大量に作ってらっさいました。さっきオリーブオイルの瓶を使おうとしたら、開封したばっかりだったのに残り4分の1くらいに減ってて、改めて「どんだけ作ったのだ」と驚いたのでした。ドレッシングは当然今も大量に残っています。


人間の食事中は黙って待っているニコニヤ。
IMG_6018_2014070215040668e.jpg
「ニコちゃんがいっぱいつまみ食いさせてもらってたの知ってるんだから。」「え?なんのこと」

フラッシュのせいでニヤが青い目になっている。ニコは緑になるんだけど、面白いですよね。

IMG_6020_2014070215043742e.jpg
「今度あたしのごはんも手料理で作ってもらうんだから。」

作ってもらわないよ。いーでしょ、おかーさんのごはんで。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner(1)_20140329144525b40.png人気ブログランキングへ

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.