旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ジム・ゴーラント氏の前書きから
IMG_1851_20130107165117.jpg
「皆さん、おかーさんがずいぶん前にヨコクだけして放ったらかしだったアレをようやく書いたそうです。」

はい。12月の18日に「来週あたりに書く予定」なんて書いたくせにとうとう年を越して今頃になってしまったアレです。


IMG_2852.jpg
この本の前書きのご紹介。The LOST DOGSとWALLACEの著者ジム・ゴーラント氏が前書きの文章を書いてらっしゃるんですよ。

いつもの流麗ながらも冷静な文章とちょっと違っていて、そしてもちろん内容も素敵だったのでぜひ紹介したかったんです。本文はもっと長いので要約だけ(それでも長いんですが)

では、良かったらお付き合い下さい。

ある日、仕事が終わっていつもよりも少し早く帰った日のことだった。私の帰りに気がついていない妻がキッチンでパソコンを覗いていた。私に気がついた妻は少し驚いて、ぎこちなく微笑み、スクリーンを不自然に体で隠した。まるでポルノサイトでも見ていたみたいに。
けれど彼女が見ていたのはPetfinder.comで、スクリーンの中ではラブラドゥードゥルが肩越しにこちらを見つめていた。
「ねえ、この子可愛いと思わない?」私はあまり深入りしないように「うん」と頷いた。妻は「ちょっと待って」と他の候補達を紹介し始めた。やれやれ、我々はついに犬を家族に迎えることになりそうだ。

犬を迎えるというアイデア自体は驚くことではなかった。それはもう2年もの間我が家の重要トピックとなっていたからだ。9歳の娘は「犬が欲しいキャンペーン」を熱心に続けていた。私達夫婦は子供の頃から犬と一緒に大きくなって来たし、犬が家族に加わることは素敵なことだと思っている。しかし、私達は2人とも忙しい仕事を持っているし、2人の子供達も学校行事や習い事で忙しくしている。犬を迎える=素敵だけれど賢明ではない、と言うのが夫婦で出した結論だった。もちろん子供達は犬の世話は自分達がやると主張している。散歩、食事の世話、トイレの後片付け、何でもやると言う。大人達の中には子供に責任感を学ばせるよい機会だという者もいる。しかし子供の気まぐれや飽き性で被害を被るのはいつも犬だ。犬を家族に迎えるということは命に対して責任を持つと言うことだ。その命に対して、大人が子供をあてにすることは許されない。

その頃、私はスポーツイラストレイティッド誌の記事でマイケル・ヴィックの闇闘犬から救出された犬達のことを書いた。記事は評判となり、もっと詳しく1冊の本にして出版しないかという話が持ち上がった。原稿が出来上がったのは2010年の1月。私は出来たばかりの原稿を妻に読んでもらった。「The LOST DOGS〜マイケル・ヴィックの犬達の救済と再生の物語」闘犬のために痛めつけられ虐げられて来た犬達が保護された後、それぞれの未来に向かって人々と絆を結んで行く物語だ。
そして原稿を読んだ後ほどなくして、妻は前述のようにオンラインで犬のリサーチを始めたのだった。娘の犬キャンペーンも終わりなく続いていたし、私が家に帰ると妻と娘はいつも2人でパソコンを覗き込んでいた。

「The LOST DOGS」を書いた後では、家族に迎える犬は保護犬以外には考えられなかった。そして犬と人双方にとってびったりの組み合わせであること、つまり我が家に来るべき犬を探すのだと我々は心した。
2010年9月に本が発刊され、私は多くのインタビューを受けるようになった。その手のインタビューの最後に必ずと言っていいほど聞かれる質問は「で、あなたはどんなタイプの犬と暮らしていらっしゃるんですか?」というものだった。我が家には犬はまだいないと言うと、インタビュアーと私の間には微妙な一瞬の沈黙が漂ったものだ。しかし私達はどんなタイプの犬を探すのかは明確に決めていた。まずは成犬であること、一通りのトイレの躾ができていること、エネルギーレベルは中〜低め、そしてできれば抜け毛が少ないこと、サイズは中型犬。

それから1ヶ月ほどしてNY郊外の保護団体が預かっているシュナウザーミックスのチェスターに出会った。


IMG_2695.jpg
「さすがはゴーラント氏。たくさん大切なことを言ってる。
長くなったので”続きを読む”から、ね。」



人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-3_20120602161611.gif人気ブログランキングへ

続きを読む…
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。