旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
新番組リーダーオブザパック
さて、昨日書きましたように、本日はシーザーさんの新番組Leader of the packのお話。
IMG_1636.jpg
「皆さん、やたら長いですけどおつき合い下さい。」

残念ながらナショナルジオグラフィックのページにまだ動画も写真もアップされていなかったので、頭のなかで画像を想像して読んで下さい(笑

新しい番組は以前にも少し書いたことがありますが、まずシェルターにいる里親募集中の犬が一匹選ばれます。多分、問題が多くて長い間貰い手が見つからずにいる犬を選んでいくのだと思います。
その犬をリハビリして、良い家庭犬に生まれ変わらせる。そして里親候補の家族が3組登場して、犬との接し方などを吟味しながら、最終的に一組の家族が選ばれるという趣向です。

第1回目の一昨日の放送はイギリスからのスタートでした。

里親募集中の犬はブリンドル柄のスタフォードシャーブルテリアのロージーという女の子。スタフォードシャーブルテリア(愛称スタッフィ)はアメリカンピットブルよりも少し小型の良く似た犬種です。まあスタッフィを大型に改良して作られたのがピットブルなので似ていて当たり前なんですけれどね。
スタッフィもアメリカにおけるピットブルと同じく、危険・凶暴というイメージで見られがちで、シェルターにはスタッフィタイプの犬が溢れているという状態だそうです。

ロージーもそんな犬の一頭で、何度か貰われていったものの同じ回数だけ戻されて来て、その度に攻撃性が強くなっていってしまったという犬です。現在はシェルターではなく預かりボランティアさんのお家で暮らしています。ストレスからか、アカラスの症状も出ていて顔や体にはハゲの部分が広がっていました。
多分出産も経験しているようで、乳首がかなり大きくなっていました。つまり、どう考えても貰い手を見つけるのが難しそうというタイプだったわけです。

IMG_2717_20121128165108.jpg
「でもわざわざそういうタイプの犬を選んで、その子を欲しいって競う人達がいるって素敵ね。」

そうだねニヤ。日本でもこんな番組が出来たらいいのにね。


まず最初は預かりボランティアさんのトレーニングから始まりました。ボランティアの女性自身が全然ロージーをコントロールできていなくて、毎日の散歩もひと苦労だったからです。

そして里親候補の3組は

A.シングルマザーのお母さんとティーンエイジャーの息子さん。お母さんは肝っ玉母さんという感じ(古いな 笑)ですが、息子さんはおとなしくてちょっと頼りない感じ。お母さんは子供の頃犬を飼っていたそうですが、息子さんは犬と暮らしたことはありません。

B.小学校就学前という感じの男児2人とお父さんお母さんの4人家族。誰も犬と暮らしたことがないのですが、お母さんが実に堂々とした態度の人で、お父さんはちょっと尻に敷かれてる感じでした(失礼)

C.このお宅もお母さんと2人の小さい子供達。そして2頭の大型犬と一緒に暮らしています。ジャーマンシェパードともう1頭はなんだったかな?(すみません)どちらもよく躾けられています。子供達も犬の扱いにとても慣れています。

家族と対面した時点で、ロージーのリハビリは7割方終わっているという感じでした。それぞれの家族がNo talk, No touch, No eye contactなどの指示を受けてロージーとご対面。
Aの家族のお母さんは、いくつか小さな注意は受けたもののほぼ完璧。ロージーも彼女といると安心している感じでした。でもティーンエイジャーの息子さんはちょっと腰が引けていて、ロージーも彼の言う事は全然聞く気なしという感じ(笑
Bの家族は最初にお母さんがロージーと対面。彼女も合格点。その後彼女の指示で子供達を一人ずつ呼び順番にロージーに挨拶し、最後にお父さん。お母さんが完全に場を仕切っていました。子供達は最初ちょっとロージーに及び腰でしたが、すぐに打ち解けロージーもお利口に振る舞う事が出来ました。
Cの家族は犬に慣れているので、人間とロージーの対面は全く問題無し。しかし2頭の先住犬との対面は簡単には行きませんでした。念のためロージーにはマズルを装着しました。このお家のジャーマンシェパードはとても忠実で、家族を守らなくてはと考えている行動がたくさん見られました。そのせいでロージーに対して警戒心をみなぎらせていて一触即発の空気になり、犬達を引き離しました。

この時点で、Cの家族は残念ながら候補から外れました。先住犬との相性はとても大切ですもんね。

IMG_1624.jpg
「ニコだったら逃げちゃう。」


そして最終テスト、ロージーにリードを付けて、それぞれの家族がシェルターの犬舎の間を歩いて行くというものです。反応して吠える犬達、またそれに反応するであろうロージー、なかなか難易度の高そうなテストです。
予想通り、どちらの家族もお母さんは素晴らしい合格点でした。背筋を伸ばしてリラックスし、最後までロージーをコントロールして歩く事ができました。B家族のお父さんは可もなく不可もなくという感じ。心配だったのはA家族の息子さん。彼はシーザーさんのアドバイスを受けてちょっと緊張しながらもとても立派にテストを終えました。テストが終わった時の彼の顔は番組の最初よりもちょっと自信がついてキリッとしていました。

TVを見ながら「あ〜この男の子はロージーと暮らすことでずいぶんと成長できそうだなあ。」と思っていたら・・・
IMG_2722.jpg
「思っていたら?」


案の定、Aのお母さんと息子さんがロージーの里親に決定しました!
Bのご家族も「あなた方は十分に犬を迎える準備ができています。シェルターでご家族にぴったりの犬を探して下さいね。」と声をかけてもらっていました。(多分シーザーさんのことだから、シェルターの中で家族にピッタリの犬をみつくろったと私は踏んでいる 笑)

ずいぶん長くなっちゃったので<続きを読む>で


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner_20120430135322.gif人気ブログランキングへ

続きを読む…
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。