旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
犬ごはん復習編
このところ「食餌・健康」カテゴリーでも、あんまり内容のある話を書いていなかったので、今日はちょっと色々復習編。
と言うのも先日ツイッターで、ペットサロンと保護活動をしていらっしゃる(つまり多くの犬を見ている)ミグノンさんが「最近栄養バランスの悪い犬が多い。飼い主さんがよかれと思って雑炊なんかを作ってあげているみたい。」と書かれているのを読んで「やっぱりそうよねえ。私も気になってたのよ~。」と思ったから。
(あ!雑炊自体はいいんですよ。ただ人間用雑炊に近い炭水化物主体のものではいけないということです。)

IMG_0271_20120301155549.jpg
「ニコもごはんのことは気になる~。」


一番気になってるのは「タンパク質足りてないんじゃないの?」という食餌をよくお見受けする事。
犬は人間と暮らす間に雑食性が強くなっているとは言え基本的には肉食動物。
やっぱり動物性のタンパク質を必要なだけ与えてやらないといけないと思うのです。
タンパク質の不足は免疫力の低下、皮膚やコートの質の低下などにつながります。
「せっかく体のことを思って手作り食にしているのに、すぐにお腹を壊したり、感染症に罹り易い。」なんてことがあったら、タンパク質が必要な分だけ採れているかチェックしてみましょう。

IMG_1592_20120301155550.jpg
これはある日のニコニヤまんま。豪快にラムの首肉だけがバーンとボウルに入っています。
ラムの首の骨は柔らかいのでこのまま丸ごと食べられるのですが、やっぱりよく噛んで欲しいので肉に集中するように他のものは無し。
肉の前後でリンゴと茹でたスイートポテトを食べさせました。



タンパク質の必要量については以前にも書いたことがあります。
ウケウリごはん講座1

もう一度復習いたしますと、体重10kgの犬ならば1日に必要なタンパク質の量は約28g。
これはお肉が28gというわけではないですよ。
鶏肉ならば約170gで28gのタンパク質が摂取できます。お肉って全部タンパク質じゃないの?と思われるかもしれませんが、生の肉の場合成分の多くは水分が占めます。
牛肉の場合はもう少し水分が少なくタンパク質の含有量が多いので約150gが目安になります。
卵ならば60gのLサイズで約6gのタンパク質が摂れます。
卵だけで1日に必要なタンパク質を摂ろうとすると10kgの犬で約5個必要ですが、ちょっとお肉が足りない時の補助等に便利ですね。
植物性のタンパク質では、豆腐は1丁300gのものならば19.8gのタンパク質が摂れます。

IMG_0270_20120301155551.jpg
これはイワシの水煮缶とオートミールとサヤインゲン。
上に振りかけているのは昆布粉とハーブのネトルの粉末。
体重10kgの犬ならマイワシ1尾半くらいが1日の必要量ですが、この水煮缶は頭も内臓も取ってあるのでニコには2匹与えました。



さて、私がこれらの数値を引っ張って来た元ネタはおなじみdog actuallyの京子アルシャーさんのこの記事です。
タンパク質と犬2

こちらに体重別の必要なタンパク質の量(充分量)がチャートで掲載されていますので、これを参考にして、身近な食材を何グラム与えたらどれだけのタンパク質が採れるかは栄養成分ナビゲーターというサイトで計算してみて下さいね。

IMG_0280_20120301155548.jpg
「ふ~ん。おかーさん色々考えてたのね。」


さて、タンパク質はこれで良いとして、次に不足しがちなのがカルシウム。

なぜ不足しがちかというと犬は人間の十倍以上のカルシウムを必要とするからです。
目安としては体重1kgあたり100mgのカルシウムが必要です。
つまり体重10kgの犬ならば1日1000mgのカルシウムが必要ですね。
これも以前に書いたことがあります。カルシウムのお話


カルシウムと言えば骨が頭に浮かぶと思いますが、1000mgのカルシウムは骨ならば鶏の手羽先1本分程度。牛乳やヨーグルトではカップ1杯で300mg程度です。 煮干し10gなら220mg。小松菜100gで150mgほどです。
カルシウムは体内で丈夫な骨を作るだけではありません。神経伝達物質の働き(不足するとイライラするのはそのせい)や筋肉の収縮(心筋など内臓の筋肉も含みますよ)に必要不可欠な物質です。つまり長期的に不足すると確実に寿命を縮めることにつながります。

鶏のササミ入り雑炊だけしか食べていないと長期的には危険なことになるというのはこういうことです。
(肥満対策なのか、なぜかササミしか食べさせないという飼い主さんけっこう多いですね。
でも良質の鶏の脂肪は犬にとって、とても大切なものなのですよ。)

IMG_0279_20120301155549.jpg
「カルシウム好き好き!骨とかヨーグルトとか!」

骨を与えるのはどうしても抵抗があると言う場合はサプリメントや卵の殻でパウダーを作るなどして必要な量のカルシウムをきちんと摂れるようにしてあげて下さいね。

卵の殻のパウダーの作り方は卵を殻を洗って保存しておき、ある程度たまったら150℃のオーブンやオーブントースターで10分ほど焼きます。焼いた殻をすり鉢やミルなどでサラサラの粉に挽いたら出来上がり。この卵殻パウダー小さじ1杯で約1800mgのカルシウムが摂れます。


ただカルシウムにはちょっと気をつけなくてはいけない点があります。それは他のミネラルであるリンとマグネシウムとのバランス。
たいへんザックリと大雑把に言えばリンはお肉に含まれます。そしてカルシウムとリンのバランスはカルシウム1.2~1.4対リン1が理想的。リンの量が多過ぎるとカルシウムの吸収を妨げて、せっかく摂取しているのにカルシウム不足という事態を招いてしまいます。
一番簡単なのは手羽先など、肉と骨が自然な形で一緒になっているものをそのまま与える事。これでカルシウムとリンはほぼ理想的な割合になっています。
でもまあ、1日に必要な量のタンパク質とカルシウムをきちんと摂っていればそれほど神経質にならなくてもいいかな。
またレバーや砂肝など内臓肉にはリンが多く含まれますので、内臓肉を与える時には必ず骨などカルシウムもセットで。

IMG_0259_20120301155551.jpg
これはブルーベリー入りオートミールにアップルソース、ターキーの首肉を乗せたもの。
首肉の骨は刺さる事がなく安心して与えられるが、手羽先などと違ってカルシウムに比べてリンが多いのがちょっと欠点。サプリメントを補うなど工夫が必要です。


骨とカルシウムのお話はこちらもぜひご覧下さい。
dog actuallyよりミネラルと犬2
↑「2」とあるように、前後に1と3もありますので、併せて読むとさらにベターです。


それからもうひとつ、マグネシウムとのバランス。これはカルシウム3対マグネシウム1くらいを目安に。マグネシウムは白米にも含まれるし、大豆製品や海藻類、ゴマに多く含まれます。きな粉や海藻、ゴマなどを粉末にして(どれも消化が悪いので)手作りの食餌に加えると良いと思います。
カルシウムをサプリメントで与える場合は、マグネシウムがバランス良く配合されたものも多く出ていますのでそういうものを使うのも良いと思います。

さて、完全に手作りの食餌ではなくてもドッグフードにトッピングをしているという方も多いかと思います。その時に気をつけて頂きたいのが上にあげたカルシウムとリンのバランス。
元々ドッグフードというのは必要な栄養バランスがきちんと計算されて作られていますね。つまりカルシウムとリン、マグネシウムなどのバランスもちゃんと取れているわけです。
そこに肉やレバーなどをトッピングするとリンを過剰に摂取することになってしまいます。
よかれと思ってしていることがカルシウム不足を招いてしまうというわけですね。
1回や2回、お肉をトッピングしたからと言って心配はありませんが日常的にやっているとちょっと危険です。

また体重のコントロールのためにドッグフードに大量の野菜を刻んで混ぜるというのも注意が必要です。
野菜の食物繊維は脂肪の吸収を妨げる作用がありますが、脂肪だけでなくカルシウムや亜鉛など必要なミネラルの吸収も阻害します。また脂肪だってとても大切な栄養素です。フードの量を減らしてその分野菜を加えているというのは必要な栄養が摂れない状態になっているということ。どうぞご注意下さい。

栄養バランスの崩れや食物繊維についてはこちらもご参考に。
dog actuallyより栄養バランスのポイントとは
食物繊維と犬1
食物繊維と犬2


IMG_0282_20120301155603.jpg
「野菜も好き好き~!」ニコが見つめているのはキャベツの芯です(笑


本当は野菜の話など、まだ書きたいことがあるのですが長くなったのでそれはまた近いうちに改めます。
犬の食餌に関しては様々な説が出回っていて「いったいどれが正しいの?」と混乱される方も多いかと思います。
私自身は「絶対にこれだけが正しい」なんて食餌は存在しないと思っています。
生き物は機械ではありませんから絶対のマニュアルなんてないのです。
ただ、命を維持するのに必ず必要な栄養量というのはありますから、その部分だけはちゃんと把握して、後は愛犬の体調や好みと相談しながら気楽に食餌を作ってやれば良いと思います。

愛犬の体のことを誰よりも良く知っているのは飼い主さんなんですからね!





人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-1.gif
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
ニヤだけ散歩
日曜日の朝のこと。
オットが「台本読むのに1人で公園に行きたいんだけどニコだけ連れて行っていい?」と言うので「ああ、いいよ。じゃ私はニヤだけ連れて散歩に行くから。」というわけで久しぶりの一匹散歩。

IMG_0172_20120229150349.jpg
「おとーさんとニコだけなの!?」「そーだよ~」

イソイソと出かけるニコに不満爆発のニヤ。
「ちょっとどーゆーことよ!あたしは?あたしのおさんぽは!?」と怒っておりましたが
その後すぐに散歩に連れ出すと一気に機嫌が直りました。意外と単純。


上機嫌なので、カメラを向けるとやたらポーズを決めてくれました。
IMG_1611.jpg
「どう?アンジーよりあたしの右脚の方が素敵よ!」


ああ、確かにね。それは賛成するわ。


IMG_1612_20120229150333.jpg
「おすわりのポーズもね。はい。」


IMG_1615_20120229150332.jpg
「こっち側からの角度も撮りたいでしょ?」


IMG_1616.jpg
「はい!正面顔もね。」


ニコが一緒だとチャカチャカ動いて写真も撮りにくいのに、一人だとずいぶん協力的なのね。

ベンチに犬を座らせて、自分はひざまずいてカメラを構えてると通りがかりの人に「君の犬のモデルっぷりはすごいね~」と冷やかされましたよ。あはは・・・。


IMG_1610.jpg
「当たり前よ!あたしはスーパーモデルのニヤ様なんだから!」

近所の公園でポーズとるスーパーモデルね。はいはい。

ところでポーズはご機嫌でとってくれましたが、ニコがいないとオフリードにしても全然私の足元から離れずに付いて歩くだけのニヤでした。おもしろいよね君たちは。


<予告>
明日はごはんのお話。本当は今日書こうと思ってたんだけどエネルギー切れなので、予告しといて自分を追い込んどかないとね。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner-1.gif
人気ブログランキングへ




ベストフレンズLA支部
ベストフレンズアニマルソサエティ。このブログを長く読んで下さっている方ならピンと来るかと思います。
そう、あのマイケル・ヴィックのところから保護された犬達を最も多く受け入れた施設です。

IMG_0256_20120228140121.jpg
「リトルレッドちゃんやジョージアちゃんが行ったところ?」

そうニコ。その通り。

詳しい過去記事はこちらをどうぞ。 The LOST DOGS リトルレッド


そのベストフレンズがロサンゼルスにシェルターをオープンさせたんですよ~。
詳しくはdog actuallyに書きましたので、ぜひこちらを読んでみて下さいね。
ベストフレンズアニマルソサエティと、その新しい試み


たまたまツイッターでベストフレンズのアカウントからLAシェルターオープンのお知らせが流れて来たのを見つけたんですが、場所を見てみたらけっこう近い!
こりゃ行かないわけにはいかんでしょう。ベストフレンズファンのあたくしとしては。


ハイウェイを降りて5分ほど走ると、こんな大きな犬が見えて来ました。
お~!ここだここだ!
IMG_0247.jpg
「いらっしゃ~い!ベストフレンズアダプションセンターへようこそ!」


反対側には巨大猫が。けっこう可愛い犬に比べて、この猫さんは・・・ちょっと微妙(笑
IMG_0249_20120228140022.jpg
「失礼やな。誰がビミョーやって?」


お洒落できれいなエントランスを入って、フレンドリーな受付のスタッフに「見学したいんですが~」と声をかけると、「そこからご自由にどうぞ~」と。あら簡単なのね。

受付の所に置いてあったパンフレット。
IMG_0262.jpg
きゃ~!ドッグタウンのトレーナー、ジョン・ガルシアさんとジョージアちゃんだ~。

ジョージアちゃん、すっかり優しい穏やかな顔になって可愛いなあ。
ジョン・ガルシアさんはいい男だな~。かっこいいなあ。

IMG_1606.jpg
「おかーさん、またバカなことを・・・。
パンフレットもらいに行ったわけじゃないんでしょ?」

あ、はいニヤ様。違います。
シェルターで会った子達は「続きを読む」でご紹介。


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
banner.gif
人気ブログランキングへ
オスカーナイト
今夜は映画賞の最後の〆、アカデミー賞の授賞式でした。
IMG_1617_20120227165130.jpg
「おかーさんは夕方早くからテレビの前に居座るためにノリマキいっぱい作ってました。」

そうそう。つまみながらテレビ見られるからね。お行儀悪いけどさ。

前にも書いたけれど今年の映画賞は犬がとっても注目されました。
何と言っても監督賞、作品賞、主演男優賞という主要な賞を総なめにした「アーティスト」
そこに出演したジャックラッセルテリアのアギーが話題をさらっていましたね。

映画賞と犬のことはdogactuallyで記事にしているのでよかったらご覧下さい。
「映画賞の季節、スクリーンの中の犬達」

↑の記事で紹介した犬のための演技賞「ゴールデンカラー賞」
予想通り「アーティスト」に出演したアギーが受賞しました。こちらはその時の模様。



IMG_1618.jpg
「ニコねむくなってきた。」

ねむたいニコの後ろに写っているのは「人生はビギナーズ」に出演したクリストファー・プラマー氏。
彼は今夜最優秀助演男優賞を受賞しました。今年の映画賞の助演男優賞は全て彼が持って行ったんじゃないかな。

この映画もジャックラッセルテリアのコスモが出演していて、重要な役割を果たしています。
ちょうど今公開中。派手なところはないし静かな小品ですがお勧めです。犬好きなら必見。

この日本語の予告編はところどころ正しくなくて気に入らないんだけど。



そして、主要賞は逃したけれど音響や編集などの技術部門では圧倒的な強さを見せたのが「ヒューゴの不思議な発明」
いつもは超大人向けのバイオレンスだったり社会派だったりのマーティン・スコセッシ監督初の子供も楽しめる映画。3Dだけど、よくある3Dだけを売りにしたお粗末映画とは一線も二線も三線も隠す傑作。
日本では3月公開予定なので、これは誰にでも超お勧め。

ところでこのヒューゴにはドーベルマンのブラッキーという俳優犬が出演しています。
主人公の男の子を追いかける悪役なのですが「あの犬はCGだよね?」と言われるほどの名演技。
それなのに前述のゴールデンカラー賞にノミネートされなかったとして、スコセッシ監督自ら抗議の声をあげたというエピソードがあります。
選出側が「では期日までに賛同の声を500以上集めればノミネートしましょう」と答えたところ、監督はツイッターやFBであっと言う間に軽々と数千の賛同を得てブラッキーはめでたくノミネートされました。

この動画はその顛末を語るスコセッシ監督と隣に寄り添うブラッキー。







video platform
video management
video solutions
video player



てなわけで、今年の賞レースに絡んだ映画のうち「アーティスト」「人生はビギナーズ」「ヒューゴの不思議な発明」はDOG LOVERとしてはお見逃しのないように!


人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
br_decobanner_20110617145902.gif
人気ブログランキングへ
ぽかぽかぷんぷん
天気がいいので裏庭でぽかぽかひなたぼっこ。

「ニヤといっしょに芝生の上で寝ようかな」「ニコちゃん来ないでよね。」


IMG_1576_20120226085027.jpg
「え?なに?ニヤなんか言った?」「別に~ふぁ~あ。」


IMG_1578_20120226085026.jpg
「あ!ニヤが何か見つけた。」「はっ!!あたしの庭に!」


IMG_1585_20120226085049.jpg
「ちょっと!ここはあたしの庭なのよ。降りて来たら許さないわよ!」


IMG_1582.jpg
「ましてやウンチョス落として行ったりしたら狩ってやるわよーっ!」


IMG_1583_20120226085049.jpg
「まったくもう。リスもリスだけど、鳥たちも油断ならないんだから。」


IMG_1586.jpg
「ぽかぽかで気持ちいいと思ったのに、ニヤがぷんぷんしてるから中に入ろう・・・。」


毎日の光のどけき春の日にしず心なく犬の鳴くらん・・・。


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110703140324.gif人気ブログランキングへ
そんなニコが
ニーコーちゃんっ。
IMG_1547.jpg
「はい、なんですか?」

ニコはかわいいねえ。ホントにかわいいねえ。

IMG_1548.jpg
「えへへ、まあね♪」


IMG_1550.jpg
「かわいいって言ったからオヤツくれるんじゃないのかな?」


IMG_1552_20120225134523.jpg
「おかーさん、ほらニコいい子だよ。キリって。だからオヤツ。」


えへへ~ってしても、よそ見してても、キリってしてても

ずーっと鼻たらしてる、そんなニコが好きだよ♪


IMG_1553_20120225134522.jpg
「へっ?」



人気ブログランキング参加中。ポチッとお願いいたします。
br_decobanner_20110617145902.gif「ほんとニコちゃんてハナタレよね~。」
人気ブログランキングへ


ムカつくのよっ!!!
掃除中。

働いてるのはルンバちゃんだけど。
IMG_1534.jpg
「う~あいつ何だか気に入らないわ。ウィンウィンやかましいのよ。」


ニコは今やルンバには全く興味もなくて、側に来たら黙って移動するだけだけど
ニヤはルンバが近づいて来るとやっぱりイヤみたい。

まあ、たまに後ろからルンバに膝カックンされてるからね。気持ちはわかるけど。
でもけっこううるさいんだから気づけよって気もしますが。


そしてもっと嫌いなのは普通の掃除機。
私が掃除を始めたからって怒りに来たりするわけではないけれど
やっぱり掃除機が側に来ると威嚇する。

IMG_1588_20120224100413.jpg
「あたしのそばに来てんじゃないわよっ!!変身するわよっ!!!」

うん。確かに変身しとる。顔だけなら十分に威嚇になってるわ。

この後掃除機が遠ざかると何事もなかったかのようにまた昼寝をします。
「勝った」と思ってるんだろうか。



IMG_1559_20120224100412.jpg
「ニヤがまたUMAになってる・・・。」

ニコは昔は掃除機で吸われるの好きだったのに、吸引力の強いのに買い替えてから嫌いになりました。
でも自分が吸われない限りは静かに無視してます。



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110707135352.gif人気ブログランキングへ
Live in the Moment
昨日はやる事なす事全然うまくいかないついてない日だったのですが、最後の極めつけはなぜか突然にインターネットの接続が切れた事。
ほとんど書き上げていたこの記事も、そういうわけでアップができませんでした。
記事のアップやお返事ができずにいるうちに、前日の記事にたくさんコメントを頂き「あらら今日のこの記事はもう不要かしら(笑)と思ったのですが、まあせっかく書いたのでお付き合い下さいませ。

***************************************

「Live in the Moment」=今を生きる。
シーザーさんがいつも犬のことを言う時に使う表現ですね。

犬は過去のことを思い出して悔やんだり悲しんだりしないし、未来のことを心配したり憂いたりもしない。ただ「今この瞬間を生きている。」ってことです。
犬に限らず動物はみんなそうですね。人間だけがややこしいことになっている(笑)

IMG_1573_20120222160533.jpg
「そうなの?おかーさんやおとーさんもややこしいの?」

あ、おとーさんはあんまりややこしくないかな。あの人はけっこう「今この瞬間を生きてる」な(笑)
ちょっと古い去年の夏の記事なんですけれどね、シーザーさんが自身のサイトCesar's Wayで今を生きるということを事例をあげて紹介してたのを見つけたので、ちょいと紹介。
(シーザーさん、この頃私生活がたいへんだったから、ちょっと自分に言い聞かせてるような文章なんですけどね。くううっ泣かせるぜ。)

最初に上がってた例は三本脚のセラピードッグのザンダー。
ザンダーは元飼い主からの酷い虐待を生き抜いたサバイバーです。
深刻な虐待とネグレクトの結果、彼女は脚を一本失うような結果にまでなってしまったんですけれどね。
でもザンダーは今では頼れるリーダーである新しい飼い主さんと一緒に元気で幸せに暮らしています。それだけでなく、人間が怖かったザンダーはいまやセラピードッグとして活躍するほどにまでなりました。(マイケル・ヴィックの所から保護された犬達もセラピードッグになった子がたくさんいましたよね。)


IMG_1566.jpg
「多分人間達は”ザンダー辛かったね、えらいね”って言うと思うけど、ザンダーが人間のことを怖がってたのは、それが自分の身を守る方法だって学習したからなのよ。
心の傷をいつまでも抱えてるからじゃないの。だってザンダー、今は幸せなんだから。
人間は怖くないんだって学習し直しただけなのよ。」

そう。何かを怖がったり攻撃的になったり、周囲をシャットダウンして動かなくなってしまったり、それは過去の経験のトラウマと言うよりも、過去の経験からそうすることで身を守ることを学習したから。


2つ目の例はシェルターの前に捨てられていたブルドッグのジョージ。
病気を患い、長期のネグレクトでブルドッグだと判別し難いほどの外見になっていた彼は、幸運にもブルドッグオーナーのカップルに引き取られました。
ザンダーやジョージのように外から見てすぐに判るような傷を持つ犬には人々は特に「かわいそうに」という気持ちで接しがちです。
しかしジョージの新しい飼い主さん達は違っていました。ジョージを引き取ったその足ですぐに獣医さんに連れて行って一通りの検査を済ませた後、彼らはすぐに先住犬とジョージをビーチに連れて行きました。「かわいそう」だとか、甘やかしたりすることはなく、ごくごく普通に先住犬と遊ばせました。だってジョージは犬なんですもん。
ジョージは今はハンフリーという名前で心も体もすっかり健康になって幸せに暮らしています。


IMG_1570_20120222160534.jpg
「人間が”かわいそう”って言う時って、発するエネルギーが弱くなってるのよ。そういう弱いエネルギーの人といると犬は不安になったり、自分がしっかりしなきゃって吠えたり、とにかくたいへんなの。
新しいお家で優しい飼い主さんの所に来たらもう”かわいそう”じゃないんだから、かわいそうなんて言わないでね。」


そして3例目は去年一躍有名になったトイプードルのフリーウェイ。彼の変わった名前には理由があります。LAのフリーウェイ5号線に捨てられ、怯えていたところを保護されたから。
時速90キロで車が行き交うフリーウェイに犬を捨てるロクデナシも人間ならば、4車線のフリーウェイを一時通行止めにして犬をレスキューしたのもまた人間。
以前にシーザーさんの番組でパピーミルに潜入した保護団体の女性のところでフリーウェイは今やすっかりハッピードッグです。(この保護団体の女性も、自身が保護して来た犬達のことをいつも「可哀想に」と言いながら接していて犬達の問題行動を助長していました。シーザーさんの指導で今はもう大丈夫ですけれどね。)


IMG_1568_20120222160535.jpg
「高速道路を通行止めにしちゃったなんてフリーウェイすごい~。通行止めにしてくれたおまわりさんもすごい~。」


「かわいそうに」って相手に共感する気持ちって人間の美しいところでもあるけれど、動物と接する時にはやっぱり人間に接するのとはちょっと思考をチェンジすることも必要です。
それができないと、結局のところ人も動物も本当に幸せにはなれないんですから。


長くなったので「続きを読む」にもうちょっと。




人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110703140454.gif人気ブログランキングへ
ハンデ無し!
夕方の散歩の時、公園でのこと。

広場でニヤくらいのサイズの小型犬2匹を相手に遠投器を使ってボール投げをしている人を発見。
(遠投器って言うのかどうかわからないけど、あの長い柄でボールを投げるヤツね)
小型犬にああいうの使う人珍しいなあと思っていたら、そのうちの1頭が速い速い!走る走る!
すごっ!ニヤより速いかもと感心しておりました。

IMG_9378_20120221153925.jpg
「そしたらその子があたしのところに挨拶に来たのよ。」


IMG_9379_20120221153924.jpg
「それなのに、そういう時に限っておかーさんカメラ持ってなかったの。信じられないでしょ。」


ニヤ様すみません。おっしゃる通りです。反省しています。
・・・で、ニヤのところに挨拶に来たその脚の速い小型犬、チワワとテリアのミックスかなという感じのその子はなんと、後ろ脚が一本無くて3本脚だったんですよ!

ニヤはどんな犬とでも礼儀正しく挨拶が出来るけれど、実際に一緒に遊ぶことは滅多にないのですが、その子とは意気投合して一緒にかけっこを始めました。


IMG_9373_20120221153928.jpg
「あの子、女の子だけど颯爽としてカッコいいもん。あたしと気が合うのよ。」


IMG_9372_20120221153929.jpg
「ニヤがよその子と走ってる~。めずらし~。」

だよね~。ニコも走ってくればいいのに。


3本脚の女の子、ニヤと駆けっこしたらニヤよりも速いくらいでしたよ。ホントすごい!
側にいた飼い主さんに「素晴らしいですね!感動しました。」と言ったら、とても誇らしげに「そうでしょう?あの子は本当にすごい子よ。」とおっしゃっていました。
シェルターからレスキューした子で、どうやら飼い主さんが初めて会った時からもう脚は一本無かったらしい。

色々考え込みそうにもなるけれど、ニヤと走るその犬の姿を見ていたら過去のことなんかどうでも良くて、今その子が犬として最高に嬉しそうなそのことだけで十分じゃないかと思えました。

ニヤも犬だから当然と言えば当然だけど、相手が脚がないからって変に気を遣うことも、もちろん嫌がったりすることもない。

IMG_9374_20120221153927.jpg
「あたし達はエネルギーレベルでわかり合えるからよ。あの子とあたしのエネルギーがピッタリだったの。」


夕方の公園のほんのひと時のことでしたが、なんだか気持ちがグーッと前向きになるような、そんな清々しい気持ちを味わいました。犬ってすごい、すごいなあ。



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110707135352.gif
人気ブログランキングへ
人の身勝手と犬の一途と
今日は久しぶりに私が定期購読している犬の雑誌The Barkからエッセイの紹介。

日本に帰省する折に飛行機の中で読もうと思って、TheBarkの最新号をバッグに入れておりました。
テンヤワンヤの国際線乗り継ぎの後、大阪行きの飛行機の中でようやく落ち着いて「そうだ、雑誌でも読もう」と取り出した時に目に入った文章です。

その時はニコニヤと別れて約7時間。「これから2週間あの子達は大丈夫かしら」の気持ちが始まったばかりのところで、このエッセイを読んで涙がブワッと溢れて来たのでした。

全文は載せられないので、また拙訳の要約版です。

IMG_1480_20120220165312.jpg
「イメージモデルはニコで。」

主人公のドーベルマンミックスのゴールディーはニコの3倍弱の体重だけどね。


ゴールディーはキャットウォークを歩くモデルのように美しい犬だ。
金色のコート、クレオパトラのようなアイライン、筋肉質の体躯、それにもかかわらず彼女は2ヶ月以上もアニマルシェルターでの日々を過ごしていた。
6歳、体重36キロ、75%ドーベルマンの血を引くゴールディーは飼い主の女性によってシェルターに連れて来られた。飼い主の幼い息子を噛んでしまったからだ。

人を噛んだ前科のある犬はシェルターでも引き取り手がみつかりにくい。
しかし、私の目の前にいるゴールディーはこの上もなく良い子で、私が撫でれば口角をあげて従順な笑顔さえ見せてくれた。独身で子供もいない私は彼女を引き取ることを決めた。

最初のうち、私はゴールディーが小さい子供に近づかないよう注意を払っていた。
しかし時が経つにつれ、私は少しずつ警戒を緩めていった。子供達が側に寄って来ると、ゴールディーは最上級の嬉しい様子を見せたからだ。
人々はみな「この犬が子供と一緒に過ごせないですって?信じられない!」と口にした。
レスキュー団体で働く私の友達は言った。
「シェルターに犬を連れて来る人が皆本当のことを言うわけじゃないわよ。実際には面倒見切れなくなっただけなのに、非難されたくないばかりに、犬が人を噛んだという理由をでっち上げる人もいるのよ。」

あれは去年の冬のことだった。机の引き出しを探っていると、ふとゴールディーをもらい受けた時の書類が目に入った。今まで注意深く読んだことのなかったその書類だったが「以前の飼い主」という欄に私の目は吸い寄せられた。

私はすぐにその欄に署名されていた名前をGoogleで検索してみた。
Facebookのプロフィールが現れた。彼女の職業は大学の天文学の教授。写真を見ると、30代前半の小柄なダークカラーの髪の女性だった。

やっぱり・・・。なんとなくわかっていたのだ。

ゴールディーは写真に写っている人に似たタイプの女性を見るといつも興奮して、ピーピー鳴きながらそばに飛んで行こうとするのだから。

数日じっくり考えてみた。この元飼い主の女性に連絡をしてみるべきだろうか?でも連絡して何を言うつもりなのか?
結局私は彼女にメールを出した。私が言いたかったのは「あなたが捨てた犬はブラックホールに吸い込まれて消えてしまったわけじゃない。今は新しい家で幸せに暮らしている。」それだけだ。

1週間経って、彼女から返事が来た。
彼女は返事をするのに時間がかかったことを詫びていた。私からのメールを自分の中で消化するのに時間が必要だったと。そして彼女とご主人がどれほどゴールディーを愛していたかが綴られていた。
毎日の長い散歩のことや、ゴールディーが素晴らしい犬だったこと、手放した後ゴールディーは元気だろうか、良い人にもらわれていっただろうかといつも考えていたこと。
彼女はゴールディーを手放した理由についてさえ説明していた。彼女の出産の後、家族の生活は大きく変化した。
「ゴールディーは赤ん坊だった息子が大好きでした。こちらが止めないかぎり、いつも息子にキスをしていたほどです。しかし息子が少し大きくなり歩き始めた頃、事態が変わり始めました。息子はゴールディーに対して少し乱暴で騒々し過ぎたのでしょう。息子が近寄るとゴールディーは唸り始めるようになりました。そしてある日、ゴールディーは息子を噛みました。あまり間をおかずに、その後さらにもう一度。」

普通、シェルターから引き取った犬の過去を知ることはまず不可能だ。ゴールディーの過去を知ることが出来た私は興奮していた。
私達は何度かメールのやり取りをして、私とゴールディーの写真を添付して送ったりもした。
「ゴールディーの話を聞くことは、本当に嬉しく、そして悲しくもあります。あの子のマズル、少し白髪が出て来始めたんですね。」
ある時は彼女の方からゴールディーの子犬時代の写真が送られて来たこともあった。今度は私が涙する番だった。

そうして私はついに「もしあなたさえ良ければ、私は喜んでゴールディーを連れて会いに行きますよ。」と伝えた。ゴールディーを引き取って3年が経ち、私達の絆は確固としたものになっていたし、元飼い主の息子さんだって今は大きくなっている。ゴールディーを介して家族ぐるみのつきあいが出来れば素敵だなどと、私は夢を見ていたのだ。

しかし彼女からの返事は途絶えた。それからもうすぐ1年が経とうとしている。
彼女はやっとゴールディーのことを過去のものにすることが出来たのだろうか。

ある朝、散歩に行こうとドアを出ようとした時、ゴールディーがピーピー鳴き始めた。ゴールディーは私の手をすり抜けてポーチをダッシュで通り抜け、前方で車に乗り込もうとしていた女性のところに駆け寄ってしまった・・・小柄でダークカラーの髪の女性に。
興奮して女性の車に乗り込もうとするゴールディーを制して、私は謝った。
「ごめんなさい。この子、知ってる人と間違えてしまったようです。」



IMG_9601_20120220165311.jpg
「いつも身勝手なのは人間で、一途なのは犬よね。」

そうだよね。本当にその通りだ。
そして犬の愛はいつも無条件でまっすぐだ。


IMG_1557.jpg
「ニコもおかーさんがどっか行っちゃったと思ったけど一途に待ってたよ。」

うん。ありがとうありがとう。飛行機の中でブワッと泣いたのはそう思ったからだよ。

少し前に書いたdog actuallyの「映画賞の季節 スクリーンの中の犬達」で紹介した映画「人生はビギナーズ」にもこういうワンシーンがあります。あのシーンでも泣けたなあ。
「人生はビギナーズ」日本では今公開中のはず。超お勧めですよ~。



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110703140324.gif人気ブログランキングへ
ごはんがピンチだ!
日本に帰省する前に、留守の間のニコニヤの食餌をアレコレ準備していったのですが、帰って来た日に重大なことに気がついた!

ニコニヤにすぐに食べさせられるようなお肉がないっ!!
IMG_9255.jpg
「えっ!!どーゆーことっ!?ニコのごはんないの?ねえ、ないの?」

まあ缶詰フードとかドライフードとかは残ってたんですが、おかーさんが帰って来たらやっぱりごはんが違うよねって思わせたいじゃ~ないですか。

そこで苦肉の策。

IMG_0175_20120219160006.jpg
野菜ペーストは冷凍のがあったから、それを解凍して。
スパゲティを茹でてスクランブルエッグ作って、はたはたさんからお土産に頂いた「犬用はたはたの干物」(ともぐい笑)を添えてできあがり~。
ハーブをパラパラかけたのに、その前に写真撮っちゃいました。


買い物行ってないので翌朝も何もないわけで、卵も↑で全部使っちゃったし、朝ご飯もまた頂き物大作戦。
IMG_0174_20120219160006.jpg
頂き物のグリーンドッグの豆粥と冷蔵庫に残ってたギリシャ風ヨーグルト(普通のよりもうーんと濃い)そしてその上にこれも頂き物のグリーンドッグのササミリモナイトふりかけをトッピング。
さらに上にハーブのネトルを振りかけたら、あらら何にも見えなくなっちゃった。


こんな風にお友達からの頂き物でピンチをしのぐことが出来ました。
IMG_9497.jpg
「ありがとうございました。おかげさまであたしも飢えずにすみました。」


こちらはおまけで、帰省中にお邪魔したちっちきさんのお家の犬ごはん。
IMG_0118_20120219160008.jpg
玄米とひじきをコトコト煮込んで、野菜を数種類(覚えてない)と鶏の首肉を入れて一煮立ち。
ヨーグルトを乗せて最後にトロリと垂らしたのはなんだったっけ?(また覚えてない。酵素的なもの?)

なんだか美味しそうですね。「ひじきのリゾット、ヨーグルトソース添え」てな感じです。
入ってるお肉はワイルドな感じなんだけど(笑)


そしてそのごはんを召し上がるちっちきさんちのベスお嬢さん。
IMG_0123_20120219160008.jpg
「はぐはぐはぐはぐ」


もちろんホピ嬢ちゃんも。
IMG_0125_20120219160007.jpg
「ぺろぺろぺろぺろ」

今は普段の食餌に戻って、鶏肉やらイワシやらをローテーションで食べているニコニヤであります。



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20120215154238.gif人気ブログランキングへ
ブサ顔早変わり
この2~3日ちょっと冷え込んで肌寒い日が続いておりました。
と言っても昼間は10~15℃、夜で5~8℃くらいなんですけどね。
また大寒波が来ているという日本の皆様すみません。
明日はまた暖かくなって(いや暑くなって)25℃くらいまで上がるらしい。

そんな天気なのでうちの毛の薄い犬達は10℃の日なんて外に出たがらない。
家の中の陽当たりの良い場所でひたすら日向ぼっこという軟弱さです。

IMG_0197_20120217162759.jpg
「ナンジャクでもいい。あったかい方がいいもん。」


そして一瞬でブサ顔になってボエ~ッとする。
IMG_0195.jpg
「ぽかぽかぼえ~っ。」


でもまた一瞬でかわいいお顔もできます。
IMG_0198_20120217162759.jpg
「お目目きらりん


そしてまた次の瞬間には
IMG_0199_20120217162758.jpg
「ぼえ~っ。」


IMG_0203_20120217162757.jpg
「ニコは別にブサでもキラリンでもなんでもいいもん。カキカキ。」


だよね。それが犬の幸せなとこだもんね。
IMG_0206_20120217162813.jpg
「あったかいから寝ちゃお。」


陽の当たる場所でボエ~ッとしてるニコを見るのは至福の時だわね。

IMG_0190.jpg
「あたしはニコちゃんみたいなボエ~ッとブサ顔にはならないわ。」

でもニヤ、きみのそれも結構かなり変な顔だよ・・・。


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110703140324.gif人気ブログランキングへ
ただいまの後は
1月下旬から2週間の日本帰省の日記、犬関連のお話は昨日でおしまいです。
他にも友達に会ったり昔の上司に会ったり盛りだくさんだったのですが、それは自分の胸の中で♪

さて、こちらに帰って来た日に「ただいま」の記事をアップしましたが、今日はその後のこと。

おかえり~の歓迎が終わって、荷物を解き始めたらニコがスーツケースに顔を突っ込む突っ込む!
絶対自分のお土産が詰まってると信じて疑ってないね。まあ正解だけど。

IMG_0168.jpg
「おかーさん、これ全部ニコの?全部食べていいの?」

ニコだけのじゃないよ。それにいっぺんに全部食べちゃダメ。
このおやつ全部頂き物。私が買ったものは1つもない(笑)
しかもこれ全部じゃありません。まだスーツケースの中に残ってたのもあるんです。
も~おやつ長者ですよ。ニコもニヤもウハウハですよ。

じゃ、ちょっとだけあげようね。お留守番ありがとう。
how to make a gif
make a gif


ニヤもね。うっうわっ!!!
make a gif
gif creator at gickr.com


おやつだけじゃなくて頂き物のおもちゃもたくさん。
早速ボールを見つけて遊べと要求するニコ。



先日も書きましたが、この日はしばらく悪い子状態が続いていました。
お散歩に行った後はちょっと落ち着いたなと思っていたら・・・。

翌日からはニコの文句ブーブーが始まりましたよ。
とにかく私が近づくと何やら「うぁ~あうあうぶぅううう」と変な声で延々と文句を言い続ける。
顔を見ても、どーーー見ても文句言ってる顔なんですよ。
そして2日ほどはストーカー状態が続きました。えへへ♪
IMG_1539_20120216141908.jpg
「だって~。おかーさん朝早くに出て行ったきり何日も帰って来なかったんだもん。」


さらに、憎たらしいと言うか「こいつはまったく・・・」と絶句したのはやっぱりニヤ。
普段はオットが帰って来た時は自分から迎えに行ったりせず昼寝したままのくせに
昨日くらいまでオットが帰宅したらニコと一緒に走って出迎えに行って
ベッドやソファーの上でオットの腕の中で丸くなって、これ見よがしにこっちを向いて
「ふんっ。どーよ。あたしにはおとーさんがいるのよっ!」と鼻の穴を膨らませて見せるんですよ。
IMG_9829.jpg
「長いこと放っといたんだから当然でしょ?」

絶対気のせいじゃなくて、ほんっとうに「これ見よがし」の目つきをするんですよ、この犬娘。
まあ、そうやって甘えてくれたらおとーさんも嬉しそうだし、いいけどさあ。
それにしてもそういう態度はどこで覚えて来るの?ったくもう。

今日くらいからニコの文句ブーブーもストーキングもニヤのこれ見よがしも影を潜めて、普通のペースに戻りました。
おかーさんがいない間、おとーさんからごはんもらってたけど、それを準備していったのはおかーさんなんだからねっ!

おやつやオモチャを頂いた皆さん、改めてありがとうございました!


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20120214153436.gif人気ブログランキングへ
日本滞在日記 西へ
1月下旬から2週間の日本帰省の折の日記です。
東京から戻った翌日、今度は反対方向の西へと新幹線で向かったのは

こちらの姉妹のお家。ブログを通して仲良くして頂いているちっちきさんのお宅です。
IMG_0103_20120215102813.jpg
「チョコラブ次女のホピです。」「末っ子ゴルのベスです。」

ゴールデンレトリーバーの長女のイヴォンちゃんは去年の12月から虹の橋の向こうで暮らしています。
ホピちゃんもベスちゃんも会った途端にグイグイスリスリ思いっきりくっついてくれて、ホピちゃんにいたってはチュウの嵐。初対面なのに感動的!

ちっちきさんとはニヤが我が家に来た2週間後に家に遊びに来てもらって以来4年ぶりの再会。
ま~しゃべったしゃべった。飲んだ飲んだ。食べた食べた(笑)

IMG_0061.jpg
「おかあちゃんとおばちゃん、何お話してたの?」

あれこれいろいろ(笑)

ベッちゃんはこうしてほとんどいつもベロが出てます。可愛い過ぎです。
ベロを出したまま、いきなりゴロンと横になります。
IMG_0065.jpg
「おばちゃんナデナデして~。」

はいはい、おばちゃんもういっくらでもナデナデしちゃうよ。
可愛いねえ可愛いねえ可愛いねえ。


IMG_0108.jpg
「おばちゃん、私のことは?」

ベッちゃんが前に来ると、お姉ちゃんのホピちゃんはそーっと後ろに控えます。
でもこっちから側に行くと、一生懸命に顔をなめてくれます。
控えめなとこ以外は色々とニコによく似ていてキュ~ン。
ほらこの見上げる瞳の感じも似てるでしょ?

でもね、最初は「ニコに似てる~」ってキューンとしてたんですが
ニコのことは横に置いといて、ホピちゃんがあんまりにも可愛くて、もうたまらんかったですよ。
IMG_0072_20120215102815.jpg
「おばちゃんもここで横になったら?」

お気持ちはとっても嬉しいけど、それは大人としてちょっとやめておくわ(笑)


近所の湖までお散歩にも行きましたよ。なんて恵まれた環境でしょうか。
IMG_0095.jpg
「ホピ姉ちゃん待って~!」

後ろから走って来るベスちゃんの方が必死で走ってる感じなのに全然追いつけません。
アスリート系ホピちゃんにはどうやったってかなわないよ、おっとりベスちゃん。

IMG_0117_20120215111506.jpg
走ってる時もベロが出てます。


お散歩から戻ったらごはんの時間。
IMG_0120_20120215111506.jpg
「お母ちゃん早くベスにも持って来てあげて。」「早くです~。」


ごはんを待つ姿もけなげなホピちゃん。
IMG_0122.jpg
「いただきますしても良いですか?」

ホピちゃんもベスちゃんも言葉で言い尽くせないくらいに可愛くて、この時点でもう別れが辛くなっていた私。
ニコニヤシックじゃなくて、この姉妹に夢中になっておりました。

続きに動画を2本


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20120215154238.gif人気ブログランキングへ

東京~大阪日記
前々回「2」まで書いた、日本滞在中の東京での日記。
今日は駒沢公園界隈での楽しい犬オフ会の後のこと。

楽しかった時間はあっと言う間に過ぎて、お三方とお別れした後は夜のデートのお約束。

でもその前に無理を言って、可愛いミニピン姉妹とお散歩タイムを持たせてもらいました。
DSCF0712.jpg
ミニピンのにこちゃんとデカピンのさんこちゃん♪

ホントに短い時間だったけどニヤとほぼ同じサイズのさんこちゃんに会えてジーン。
ワシワシお散歩して、わしゃわしゃ撫で回して「じゃ!」と失礼するという、本当に失礼な私だったのに、あやここさんありがと~!


そして、デートの相手はニコニヤのキャラを描いて下さるさち。画伯と、ニコニヤ消しゴムハンコのさとちん巨匠。
IMG_0050_20120214151740.jpg
お料理激ウマの和風バー。

その日のことはさち。画伯が4コマ漫画で描いてくれてるのでこちらを。
金曜日の話。
ここで私の代役としてニコが登場してるんですが、いつものお目目ウルウル乙女キャラのニコじゃなくて、も~私にソックリのニコが描かれてます。
我ながら爆笑するぐらい似てます。必見です。

IMG_0215_20120214151737.jpg
「あ、ホントだ。似てる。てか、また美味しーもの食べてるぅ。」


ふっふっふ、こんなのも食べたんだよ。
IMG_0049.jpg
炙りしめ鯖!脂の乗ったしめ鯖をその場でガスバーナーでジューッとファイヤー!
手前のお鍋が先の写真の外側です。タジン鍋というものらしい。


いっぱいお土産頂いちゃったんだけど、特に自慢したいのがこちら。
IMG_0221.jpg
パステル調ニコニヤバッグとさち。画伯キャラ集合のポストイット。


ポストイットはアップで。
IMG_0223_20120214151805.jpg
全員誰だかわかったら、あなたはSMILES通!



IMG_0188_20120214151739.jpg
「自分ばっかりズルい~!」

ニヤがくわえてるそのおもちゃだって、さとちんからのプレゼントじゃない。
もっと色々頂いたけど、ビンボーくさくちょっとずつしか出してないけど。


ニヤ、このロープおもちゃが大のお気に入り。
IMG_0181.jpg
「絶対離さないんだから~!」

ニヤが引っ張りっこするなんてすごく珍しいんですよ。
あ、後ろに掃除機とか出てるのは気にしないで・・・。


もちろんニコもお気に入り。
IMG_0212_20120214151738.jpg
「こーゆーおもちゃはニコのものなんだから。ニヤには渡さないで!」

はいはい、じゃまたちょっとずつ出して行こうね。

翌2月4日はまた2組の方とお茶、ランチをして大阪へ。

そしてその夜、大阪での大オフ会へという結構な強行スケジュールをエンジョイしたのでした。
大阪オフ会はブロガーさんがたくさんいたはずなのに、誰もその様子をアップしていないという意気投合ぶり!(爆)
ごめんなさい。ウソをついていました。@優香さんがアップして下さってました~!
「オフはオフ会とオフ練と」
残念ながら、犬も抜きだったので写真もなし。

そして強行スケジュールは翌日も続くのであった・・・。

人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20120214153436.gif人気ブログランキングへ
アークさん見学記
本日アップのdog actuallyでも書いているのですが、日本滞在中に動物保護団体のアニマルレフュージ関西(ARK)さんの見学に伺った時のことを少し。
1月31日付けで「満喫中」という記事でちらっと触れたアレです。

東京日記はあと1回書くつもりなんだけど、dog actuallyと連動して今日はこっちを書きます。

久しぶりにキリッとニコ。
IMG_1484.jpg
「おかーさん、よその子と遊んで美味しいもの食べてるだけじゃなかったんだね。」

そうだよ。おかーさんは日本にいる間にちょいとお勉強してきたんだよ。
て言うか京子アルシャーさんショコランさんが立てて下さった計画にまんまと乗っかっただけなんだけど(笑

アークさん訪問時の詳しいことはこちらの記事をぜひご覧下さい。
ARK訪問記 日米比較編

日本の動物保護団体は預かりボランティアさんに協力をお願いする形が多くて、アークさんのような欧米型(今回はあえてこの言葉を使います)のシェルターというのはまだまだ少ないですね。

アークの犬舎は運動スペースと休息スペースがきちんと設けられているし、自然の山道をきちんとお散歩して、基本的なトレーニングも行っているので、犬達の顔が穏やかです。
IMG_9938.jpg
ちょっと前の網目にピントが合っちゃってて見辛いですが、目が穏やかでしょ?

ワンワン吠えたりもせず、手の甲を出すとペロペロなめてくれる子が多かったです。ふふふ。

IMG_9936_20120213164830.jpg
この犬は保護されて数日後に出産したので屋内の別室で保護されています。
毛布の下には小さい小さい子犬達がモゴモゴ動いていました。


IMG_9947.jpg
この犬も保護されたばかりで、まだ気持ちが落ち着いていないので屋内の別室。
可愛い顔をしてるでしょう?


ニコの出身シェルターは清潔で管理もきちんとしている所だったけれど、犬一頭あたりのスペースはアークさんよりもやや狭かったと思います。LAのど真ん中の街中だから無理もないんだけど。
ニヤの出身シェルターは規模だけはでかかったけれど、何をとってもアークさんには遥かに及ばないレベルでした。他にもアメリカのシェルターは十数件見たけれど、アークさんはそのどこにも劣るところはありませんでした。

サンフランシスコのマディーアダプションセンターとか、シーザーさんのドッグサイコロジーセンターとか、ワシントンアニマルレスキューリーグとか別格のシェルターはありますが、現在アークさんが建設中の丹波篠山のシェルターが完成すれば、これらアメリカの別格シェルターとも肩を並べられるレベルになるだろうなあと思いました。

IMG_9892_20120121164940.jpg
「ふ~ん、じゃあ一安心じゃないの?」

いや、まだまだ。だってアークさんみたいな団体は日本ではまだまだ少数派だもの。
保護した犬をずっとケージに入れたままで、散歩にも連れて行かないような所もあるんだから。

こちらは猫のお部屋。
IMG_9948_20120213164826.jpg
猫の部屋にはコタツがあって、たいていみんなその中で丸くなっています。
ちらりとめくって見せてもらったら、ちょっとムッとしてる感じでした(笑)ごめんごめん。

うさぎもいます。
IMG_9943.jpg
去年が卯年で、ウサギを衝動買いして飼育放棄する例が非常に多かったとか。
アメリカではイースターの時に同じ現象が起こっていたので、現在はほぼ全米全ての州で店頭でのうさぎの販売は禁止されています。
人間の考えることってどこでも同じようなものだから、行政がしっかり管理しないといけないのよね。

他にはギンギツネやあひる、ニワトリもいましたよ。

アークさんのサイトはこちら
犬や猫、うさぎなどを家族に迎えようと思っている方がいたらぜひこういう選択肢もあると知って頂きたいし、できれば寄付などもぜひお願いいたします。
ネットショッピングをする際にサイトに貼ってあるアマゾンなどのリンクからショッピングサイトに行くと、アークさんに何パーセントかの募金がされるというシステムもあるので、ぜひご利用下さい(あなたの負担はゼロです)


IMG_1483.jpg
「日本から不幸な動物が一匹でも少なくなりますように。」


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20120213164704.gif保護犬のおじいちゃんからお願いです。
人気ブログランキングへ





東京日記2 犬まみれ編
さて、先日チラリと予告した日本滞在中の日記。
今日は2月3日、東京での犬まみれ日記です。ぐふふ。

前夜のdog actually親睦会の疲れも二日酔いも全く無く、興奮気味に目を覚ました3日の朝!

それはこちらの皆さんにお会いする予定があったから~♪
IMG_9989_20120209225827.jpg
左から、はたはたさんサラロンさんちーとまるさん

駒沢公園近くでランチの予定だったので、まずは犬達と一緒に公園をお散歩。わ~い。

5頭のラブ&ラブミックスのお嬢さんと暮らすはたはたさんのこの日のお伴は末っ子のなずなちゃん。
IMG_0002_20120208224553.jpg
「今日はお姉ちゃん達がいないから、私がしっかりしないと!」

いつも写真で拝見しているラブミックスのなずなちゃんですが、実際に動いている様子を見るとラブそのものでした。スラリとした肢体とラブにしてはちょっと小さめの耳がニコを思わせて胸キュン。
お散歩しながらもしょっちゅう、お母さんのはたはたさんを見上げてアイコンタクトばっちり。「忠犬」を絵に描いたようなお利口で可愛いお嬢さんでした。


そしてこちらはサラロンさんちの和犬ミックスのお嬢さんサラちゃん。
IMG_0001_20120208224553.jpg
「こんにちは。忍犬サラでち。」

そして去年の年末にサラロンさんちの子になったばかりのジャイアントパピヨンのピース君。
IMG_0004_20120208224552.jpg
「オレ様はピースだけど、ピーと呼んでもかまわないぞ。」

サラロン家長男のロン君はこの日はお家でヌクヌクお留守番。寒かったもんね。
私はサラちゃんのリードを持ってお散歩させてもらったんですが、全然引っ張ったりしないし初対面の私ともちゃーんと歩いてくれるお利口さんです。
ピーちゃんは、サラロンさんちの子になる前は辛い思いをいっぱいしてきて今はまだリハビリ中なんですが、犬同士でいる時はとーっても穏やかでいい子です。
知らない人間にはまだちょっと警戒してしまうのですが、ママのサラロンさんのことをすごーく信頼してるのがよーくわかって、おばちゃんちょっと泣きそうになったよ。

そしてこちらがちーとまるさんのお嬢さんドラゴンちゃん。
IMG_9992.jpg
「変なおばちゃんにつかまってドラちゃん疲れたわよ。」

そう。この日の一番の私の被害者はドラちゃん。相棒のガルシア君はこの日はお留守番だったので、がっしりと私に捕まえられて、ずーっと離してもらえなかったのでした。
でもちゃんといい子にしてくれて、最後はお顔ペロペロまでしてくれてもう可愛いったらありゃしない。
チワワらしくまーるいおでこと真ん丸お目目が最高に愛らしいお嬢ちゃんです。


寒い日だったのですが、お天気がよかったので陽射しは暖かく、歩いて体も温まったところでランチの場所にGO!

それがまたすごいんですよ!サラロンさんがお友達に聞いて予約して下さっていたのですが、京風懐石料理のお店で犬連れOK!東京ってすごい!!!えるえにはそんなお店ないもん!

お店はこちら。「飯処 田」 素敵ですよ~。


IMG_0015.jpg
お料理の一部はこちら。他のお三方がお料理の写真をアップして下さってるので、私はかぶっていないのをと思いまして。

盛りつけもお味もきちんと本格的な日本料理。美味しかった~♪

インテリアもとても素敵で犬連れは専用屋内テラス席。
でもこの日ご一緒した4頭のワンちゃん達はどの子も皆感心するくらいにいい子で、本当に静かで落ち着いていました。
時々なずなちゃんがテーブルの下からヌッと鼻を出したりするのですが、それはご愛嬌。これくらいやってくれなきゃつまらないです。
(ちーとまるさんのブログ記事「いらっしゃいませ~」に可愛いヌーッ写真がアップされています。)


ドラちゃんは静かにお座りしているかと思ったら、食べ物が運ばれて来るとこうして立ち上がってピョコピョコ。でも吠えたりはしなくて静かに飛んでます。あ~可愛い可愛い可愛い。
IMG_0014.jpg
「ドラちゃんにもくれるの?ねえくれるの?」


食事の後は場を移して、ドッグカフェへ(私には初めての体験。うひょ~!)

じゃ、長くなったので「続きを読む」からで。



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20120212114154.gif懐石バナーだっ!
人気ブログランキングへ
とりあえずただいまなんだけど
アメリカ時間の10日の午後に無事に日本から帰宅いたしました。

行きと違って今回は関空~SF便が予定よりも45分も早く到着。入国審査も税関もスムーズでLAへの乗り継ぎ便も予定より15分早く到着。やればできるんじゃないか!

家に着いたら、オットに再会の瞬間を動画で撮影してくれと(たいへん不安に思いながらも)頼みました。
だってニコニヤが飛んで来る瞬間はやっぱり自分の目でしっかり見たいですもん。

そしたら・・・やっぱり全然撮れてなかったorz.....

IMG_9869_20120125080217.jpg
「そもそもおとーさんにそんなこと頼むのがムボー。」

はいニヤ様の言う通り。

ニヤがうれションするのが目に見えてたので、芝生の上で再会しようということで、私は前庭の芝生にしゃがんでオットがドアを開けて「ニコーニヤー!」と呼ぶと、まずはニコは「おとーさんだ~」といつものテンションで登場。
私の姿を見た途端にいきなり耳がぺったんこに倒れて耳なし犬になったかと思うと弾丸みたいにすっ飛んで来て、ジャンピングアタックされましたよ。しばらくは顔をなめ倒したり、後ろから飛びついて来たりして何が何やらわからないような状態。可愛いやつめ。
ちょっと遅れて来たニヤはやっぱり耳ぺったりのベタミーミですっ飛んで来て、しゃがんでいる私の膝に一直線。しばらくしたら膝から降りて、後ろ脚で立ち上がってピョコピョコ跳ね回っておりました。そしてお約束のうれション(笑)


ちょっと落ち着いて「撮れた?」と聞いて見てみたら、何にも映ってない・・・あらら。

気を取り直してもう一回しゃがんでニコニヤを呼んで撮ってみたのがこちら。
ニコなんてすっかり落ち着いちゃってウロウロしてます。ダメじゃん。



後半は動画を撮ってることなんかすっかり忘れてるオットがニコを抱き上げてるので変なグレーと茶色の物体(オットのシャツとニコの腹)しか映っていません。
しかも「ニヤちゃんくさいね」とか言う私の声も入ってるし(笑)


気を取り直して家に入り、荷物を開け始めたらさっそく野次犬が
IMG_0146_20120211160539.jpg
「なになに?ニコに何かいーものあるの?」

あるある。ありまくりだよ。皆さんからニコニヤにお土産たくさん頂いたからね。

まずはこのちりはことさんから頂いたモンキーズのぬいぐるみがチラリと出て来たら、いきなり右と左からニコニヤが挟み撃ちで1匹ずつくわえて逃げて行きました。
IMG_0151_20120211160538.jpg
「ニコのニコの~!イェ~イ!!!」


IMG_0153_20120211160538.jpg
「この子はあたしのなんだから!渡さないんだから!」

写真撮ってる私も私ですが、ヨシとも何とも言ってないのに勝手に持って行って、いったいどーなっとるのだ!(怒)

この後しばらく2匹とも悪い子状態が続きまして、片方を撫でたり抱っこしたりすると片方が吠えるし、無視するとベタベタくっついて来て離れないし、もう困ったもんでございましたよ。
夕方みんなでお散歩に行ったらやっと落ち着きましたけれどね。


IMG_9877.jpg
「長いことニコのこと放っといたからだよ~!」

はいはいごめんごめん。もうニコニヤのこと放っといてどっかに行かないよ。しばらくは。

※中断している日本滞在記は明日から再会ね。ちょいとお待ちを。

人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110707135352.gifどさくさまぎれに誰がくさいのよ!
人気ブログランキングへ
See you again!!!
2週間の日本滞在も今夜が最後となりました。
明日の夕方LAに向けて旅立ちます。
IMG_9909.jpg
「ふ~ん。」「おかーさん帰ってくるんだぁ。」


オットによると私のいない間にニコとニヤが寄り添って寝たりして、妙に仲良くしているとか。
なんだか嬉しいような気持ち悪いような不憫なような複雑な気持ち(笑

ま、あと少しでニコニヤに会えるのでこの目で確かめましょう。


日本滞在の間に久しぶりに会えた方、初めてお目にかかった方、お目にかかれなかったけれどお気づかい頂いた方、不定期ブログに来て下さった方、皆さん本当にありがとうございました。

お目にかかれた方々はすべての方がそれぞれにお別れが名残惜しく切ない気持ちになり、
時間がなかったり距離が離れていたりして会えなかった方には思いが残り、
今はなんとなく胸の苦しいさびしい気持ちです。ニコニヤシックだったはずなのにね。

LAに戻ったら、日本の思い出を順番にアップしていく予定です。

ちょっと予告。

IMG_9989_20120209225827.jpg
こんな日のこととか


IMG_0090_20120209224546.jpg
こんなこととか


自分でも今からアップするのが楽しみです。

さよなら日本。また逢う日まで、皆さん本当に本当に元気でいて下さい。

待ってろよ~ニコニヤ&オット~!


ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110703140454.gif人気ブログランキングへ
東京日記1
前回ちらりと書いた、東京滞在中の日記です。

東京行きの目的のメインはdogactually関連の手続きや顔合わせだったのですが、東京到着の日のお昼にブログを通して仲良くして頂いている黒みつさんと、京子アルシャーさんとランチ。

IMG_9832.jpg
「また自分だけおいしいもの食べてさ。」

暖冬の南カリフォルニアから、二十数年来の大寒波到来の日本へというものすごいタイミング。
さらに一番の冷え込みの日の上京。新幹線もしっかり1時間遅れたけれど、なんとか待ち合わせのレストランに到着。

IMG_9983_20120207135612.jpg
「母ちゃん、このなれなれしい人だれ?」

黒みつさんちのお嬢ちゃんのチワワのきなこちゃん。
イタリアンレストランに現れた私が「きなこちゃん可愛いね~。」とあいさつすると
「何この人?だれ?」とちょっと緊張気味。


IMG_9865_20120125080144.jpg
「おかーさんたら、きっと妙なテンションできなこちゃんを怖がらせたのね。」


レストランでは黒みつさんと京子さんと3人で散々犬ばなしで盛り上がり
最後にちょこっときなこちゃんを抱っこさせてもらって満足満足♪

ニヤよりもうんと軽くて小さくて、おでこに鼻をつけて匂いを吸い込んで
IMG_9985.jpg
「おばちゃんに吸い込まれるかと思ったの。ちょっとこわかった。」

ごめんよ、きなこちゃ~ん。おばちゃん犬不足で禁断症状出てたんだよ~。
きなこちゃん超可愛かったもんだからさ~。

ちっちゃくて静かなきなこちゃんを見てると「うちの一応小型犬とはなんて違うんだろう。」とちょっとした感動でした。
いや~犬ってホント可愛いですね♪


ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110707135352.gif誰が一応小型犬よ!
人気ブログランキングへ
ニコニヤシック
現在東京滞在中。今日の夕方には大阪に戻ります。

東京ではたくさんの方々にお目にかかって、それぞれにすばらしい時間を過ごしたのですが
その間たくさんの犬たちに会わせていただいて(詳細や写真はまた改めてね)
危険レベルまで低下した血中犬濃度の補充をさせていただきました。

IMG_9915.jpg
「ケッチュウイヌノウド?」

そうだよニヤ。ニコやニヤがいないから犬の匂いとか手触りとかが恋しくて禁断症状起こしそうになってきたんだよ。

でね、犬を抱っこしたりワシャワシャ撫で回したりリードを持ってお散歩させてもらったりしていると
IMG_9902_20120125080409.jpg
「えーっ!よその子にそんなことしたの?!」


その時は最高に嬉しくて楽しくて喜んでいたのですが、その後猛烈にニコニヤに会いたくなって、今度はホームシックならぬ重度のニコニヤシックにおちいっております。

IMG_9903.jpg
「ニコニヤシックってなに?」「可愛いあたしに会いたくて仕方ないってことよ。」

さらに、皆さんと過ごした時間があまりに楽しかったので、お別れするのがこれまた辛い。
そんなわけで楽しい時間を過ごしたのに、なんだかグスンな気持ちでおります。

でもまあ、グスンと思うのは素晴らしい時間を持てた証拠。幸せなことですね。

犬たちへのお土産を山のようにいただいているので、ニコ、ニヤ、もう少し待っててね。

IMG_9900_20120125080409.jpg
「おみやげだって!ニヤ聞いた?!」「うん、それなら可愛いあたしをほったらかしたことも許してやろうかしらね。」


IMG_9896.jpg
「おかーさんニコのことも可愛いよね?」

可愛いよ~。ニコもニヤもおんなじくらい大好きだよ。
もうちょっとだけ待っててね。



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110707135352.gif人気ブログランキングへ

copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。