旧SMILES@LA
長い間お世話になりましたが、2014年10月引っ越しいたしました。

プロフィール

あが

Author:あが
LA郊外に住むお気楽バカ夫婦と、
ドーベルマン×ウィペット(推定)のミックス犬ニコ(9歳♀)デカスギミニチュアピンシャーのニヤ(8歳♀)の家族です。

リンクフリーです。
リンクはフリーですが画像、文章の無断転載、及びまとめサイトへの転載は固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
胃捻転鼓腸症候群(GDV)について
<はじめに>
環境省が「動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
提出の際の参考にして頂けたらと私や他の方々の意見をアップしております。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」
もうひとつ、
「動物愛護管理法の一部を改正する政令案 パブリックコメント」
動物を取り巻く環境の改善のため、ぜひご参加下さい。

一番簡単に参加できる方法はこちら!どうぶつ基金さんが作成されたツールです。
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可!!

「ほぼ日」では前回のパブコメの集計結果と今回の募集のわかりやすい説明が発表されています。
犬と猫と人間のはなし。
**************************************

「ぽちたま」でおなじみの、だいすけ君の訃報に触れた方も多いかと思います。
ラブラドールのだいすけ君の死因となった「胃捻転」。
ちょうどタイムリーに、犬の雑誌The BARKがオンライン版でGDV(胃捻転鼓腸症候群)のことを記事にしていたので、今日はそのことを。

IMG_9372.jpg
だいすけ君、お父さんのまさお君に会えたかな。2頭の魂が安らかでありますように。


さて、胃捻転鼓腸症候群(Gastric Dilatation Volvulus=GDV)です。

まずは言葉の説明から。
胃捻転というのは文字通り胃がねじれてしまった状態のことですが、その前段階として胃が風船のようにパンパンに膨らむ鼓腸症という症状があります。
膨らんだ胃の中はガスまたは液体、またはその両方の場合があります。

この膨張した胃がねじれてしまった状態(風船をキュキュッと捻って動物等を作る芸がありますね。胃はちょうどあのような状態になります。)が胃捻転。
膨張だけでもまわりの臓器を圧迫し、正常な血液の流れを滞らせるので一刻も早い処置が必要で、手遅れになると命を落とすことも多いのですが、捻転が加わると事態はさらに深刻さを増します。

ねじれてしまった部分には当然血液が流れませんので、組織が壊死を起こします。
心臓への血液の循環も正常に行われなくなるので、一刻も早く手術を行って胃を正常の状態に戻さない限りほぼ100%命を落とします。

胃が膨張して、捻転を起こし、敗血症や心不全、その他の臓器へも様々な影響を引き起こすので、胃捻転鼓張症候群というわけです。

IMG_9378.jpg
「どうしてそんな病気になるの?」

実のところ、GDVの原因はいまだに明らかになっていません。アメリカではガンに次いで、犬の死因の第2位に入るほどメジャーな病気だというのに、はっきりとした理由はわからないままなのです。

ただ長年の研究や経験から、リスクの高い犬のタイプ、リスクの高い行動やパターンは明らかになりつつあります。


リスクの高いタイプというのは、昔からよく言われているのは「胸の深いタイプの大型犬(45kg以上)」。
IMG_9355.jpg
こういう胸の深い体型は高リスクグループ。あらら・・・。

グレートデーン、ドーベルマン、アイリッシュセッター、秋田犬など超大型犬や大型犬に発症例が多いのですが、ごく稀にではあるが小型犬にも発症することがあるそうです。
特に体幹の長いダックスフントは小型犬の中ではリスクの高いグループです。

また、犬種やタイプの他にリスクの高い行動や気質というのもあります。
以下のリストが高リスクグループの行動です。

・食餌が1日に1回
・血縁にGDVの病歴のある犬がいる
・食べる速度が早い
・痩せ形
・フードボウルを高い位置に置いて食べている
・保存料としてクエン酸が使用されているドライフードに水分を加えて食べている
・動物性脂肪が原材料の上位4つの中に含まれるドライフードを食べている
・臆病な性格
・人間または犬に対して攻撃性を示したことがある
・雄犬は雌犬よりも比率が高い
・7歳以上である


裏を返せば、これらのことからリスクを低くすることも可能なわけです
また、よく言われる穀類や豆類がガスを発生させて鼓腸症の原因になるというのも、最新の説では否定されているようです(ただし、これらの摂り過ぎはまた別の問題がありますが)
食べた直後の運動が良くないというのもよく言われますが、食後や運動後以外にGDVを発症する犬も非常に多いことから、それもあまり有力な説ではないようです。


IMG_9361_20111201152153.jpg
「ちょっとニコちゃん!早食いで痩せ形でビビリって高リスクじゃないの!
その上ニコちゃんドーベルマンかもしれないんでしょ!たいへんじゃないの!」
「ショボ~ン」

大丈夫だニヤ。シンパイショーのおかーさんがちゃんと管理するから。



グレートデーンやドーベルマンなど、特にハイリスクグループの犬種では胃腹壁固定術という手術をなんの症状も出ていないうちに行うという手もあるそうです。
これは腹腔鏡で行う簡単な手術で負担も少なく日帰りでできる手術です。
安価な方法ではありませんが、胃捻転で緊急手術をすることに比べればずっと安く犬への負担も少ないというのが売りです。
ただしこの手術では胃捻転の予防はできますが、鼓腸症の予防にはなりません。
つまり胃が膨張してしまう可能性は残るけれど、さらに死亡率の高い捻転には至らずに済むというわけです。

さて「続きを読む」にGDVが起こった時の症状を動画付きで書いています。
動画は実際にGDVが発症している状態の非常に貴重なものですので、ぜひご覧下さい。
登場する犬は今では元気にしていますから安心して見て下さいね。


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110223150931.gif人気ブログランキングへ

続きを読む…
スポンサーサイト
ミシュカちゃんのCM
<はじめに>
環境省が「動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
提出の際の参考にして頂けたらと私や他の方々の意見をアップしております。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」
もうひとつ、
「動物愛護管理法の一部を改正する政令案 パブリックコメント」
動物を取り巻く環境の改善のため、ぜひご参加下さい。

一番簡単に参加できる方法はこちら!どうぶつ基金さんが作成されたツールです。
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可!!


**************************************

今日は久しぶりのCM動画(つまり手抜き)

今までに3度も動画を紹介したI LOVE YOUと喋るハスキー犬ミシュカちゃん。
アイラブユー犬
ミシュカへの道は遥か
勝手に身内気分


あれからも何度もテレビ出演も果たし、すっかり有名犬となったミシュカちゃんがついにCMに出演しました。

PURINAのプロバイオティクスサプリのCMです。
CMの後にご家族が拍手喝采している様子も入っていて微笑ましいです。


CM撮影のために一家揃って泊まりがけでお出かけした様子も動画でアップされていて、ほのぼのいい感じでしたよ。
それにしてもミシュカちゃん、とてもアマチュア犬とは思えない堂々たる演技。
すごいなあ。可愛いなあ。お利口だなあ。


IMG_9353.jpg
「よその子のことばっかり言ってニコのことほったらかし。」
「おかーさん!あたしの話はないの!?」

君たちの話は毎日してるもん。
それより君らもいっちょCM出演でもしてくれないかね?




人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110223150931.gif人気ブログランキングへ


不完全燃焼
<はじめに>
環境省が「動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
提出の際の参考にして頂けたらと私や他の方々の意見をアップしております。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」
もうひとつ、
「動物愛護管理法の一部を改正する政令案 パブリックコメント」
動物を取り巻く環境の改善のため、ぜひご参加下さい。

一番簡単に参加できる方法はこちら!どうぶつ基金さんが作成されたツールです。
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可!!


**************************************

先週の5連休の中の1日。ニコニヤとのんびり過ごした日。
IMG_9340.jpg
ニコ「おとーさんすき~ペロペロ~」
ニヤ「・・・・・・。」


IMG_9341_20111129165640.jpg
ニコ「こっちがわもすき~ペロペロ~」
ニヤ「あほらしい・・・。」


IMG_9342.jpg
ニコ「お鼻もすき~ペロペロ~」
ニヤ「やってらんない。」


IMG_9343.jpg
ニコ「おとーさんすきだからチュウしちゃう~」
ニヤ「あーーーっもう」

IMG_9344.jpg
ニコ「チュッチュッチュ~」
ニヤ「ひとこと言ってやるわ」


IMG_9345_20111129165637.jpg
ニヤ「ちょっとニコちゃんっ!」
ニコ「おとーさんにもういいって言われちゃった・・・。」
ニヤ「あ、終わってる。」


IMG_9347.jpg
「なんか不完全燃焼だわ・・・。」



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110411135432.gif人気ブログランキングへ
ちゃぶさんの教え
悲しいお話なのですが、去る11月22日ブログを通じて仲良くして頂いているまろちゃぶ母さんのおうちの次男坊フレンチブルのちゃぶさんが虹の橋へと旅立ちました。
IMG_9500.jpg
ニコとちゃぶさんは「ささみレンジャー」のメンバー仲間だったんです。


当日まで元気だったちゃぶさんが急に旅立ってしまった理由、それはリンゴの誤嚥窒息事故でした。
「ちゃぶが教えてくれたこと」として、まろちゃぶ母さんが気丈に「多くの人に心して欲しい」と詳しいことや対策を書いて下さいました。

私も、ちゃぶさんが教えてくれたことと、まろちゃぶ母さんの行動に敬意を表して、また多くの方に知って頂き、命を落とす動物が減るように、自分でも書くことにしました。


犬が何かを喉に詰まらせて、呼吸困難に陥ってしまった時の処置。

<自分で持ち上げられるサイズの犬の場合>
1. まずは口を開けてペンライトなどで中を見て、詰まったものを確認する。
もし犬が意識を失っていれば、舌をつかんで外に引っ張り出し気道を確保する。
取れるようならば手指、トング、ピンセットなどを使って取り出す。

2. 取り出せない場合は、犬の背中を自分の胸に当てる形で抱き上げる。
両手を犬のウエストあたりでお腹側に回し、両手を組み合わせる。
犬の肋骨のすぐ下を組み合わせた両手で5回素早くグッと押す。

3. 口を開けて異物が取り出せる位置まで来ていたら取り出す。

4. それでも取り出せない場合は、犬のヒップのあたりを持って逆さまにして軽く振る。

5. まだ取り出せない場合、犬を座らせる又は立たせて背中の肩甲骨の間を掌で5回叩く。
取り出せるまで2~5を繰り返す。

6. 取り出した後呼吸をしていなければ人工呼吸を行う。(こちらを参照

7. 一刻も早く病院へ。


<自分で持ち上げられないサイズの犬の場合>
1. は小型犬の場合と同じ。

2. 犬を立たせて、自分は犬に覆いかぶさる形で犬の肋骨の辺りに手を回す。
片手でゲンコツを作り、もう片方の手はゲンコツを包み込むように添える。
肋骨のすぐ下を5回素早くグッと押す。

3. 口を開けて異物が取り出せる位置まで来ていたら取り出す。

4. それでも取り出せない場合は、犬を立たせた状態でヒップのあたりを持ち上げて、頭がお尻よりも低い位置に来るようにする。ここでもう1度口の中を確認。

5. まだ取り出せない場合、犬を立たせて背中の肩甲骨の間を掌で5回叩く。
取り出せるまで2~5を繰り返す。

6. 呼吸をしていなければ人工呼吸を。その後はすぐに病院へ。


犬の肋骨のすぐ下をグッと5回押す方法はハイムリック法という横隔膜を刺激する方法です。
人間の場合にも食べ物等を喉に詰まらせた時に用いられます。

英語の動画ですが、姿勢などの説明が参考になると思いますので貼付けておきます。
(いきなり犬の吠える声で始まるのでご注意を)




ペットのための救命講座などがあれば受けておかれるのが一番ですが、このような本もありますので参考に。
チャートで判断 犬の救急マニュアルチャートで判断 犬の救急マニュアル
(1995/10)
ブルース フォーグル

商品詳細を見る



まろちゃぶ母さんのブログのコメント欄で看護士さんが書いていらしたのですが、誤嚥窒息事故で一番多いのはリンゴだそうです。
うちでもしょっちゅう気軽に食べさせているので、気持ちが引き締まる思いがしました。

それからどんな処置をする場合でも、何より大切なのは飼い主さん自身が落ち着くこと。
犬は苦しくてパニックになっていると思います。そんな時彼らが頼りにできるのは飼い主さんだけ。
頼みの綱の飼い主さんがパニックに陥っては・・・ね?


落ちた食べ物を勝手に食べたりしないよう、キッチンに入るのももっとしっかりと制限しよう。
IMG_1389.jpg
「えっ!?」

ごはんを制限するんじゃないんだよ。ニコの安全のために、これは真剣な話なの。


おもちゃの大きさも十分に注意しなくては。
IMG_1377_20111128154613.jpg
「えっ!?」

ニヤにたまごちゃんは大丈夫だけど、ニコも欲しがるからね。ちょっと考えようね。


ちゃぶさん、いつも楽しい笑いを届けてくれていた上に
最後の最後にとても大切なことを教えてくれて本当にありがとう。
12787_large.jpg
いつかまた会おうね。虹の橋でお友達と遊びながら皆が来るの待っててね。


ちゃぶさんが教えてくれた大切なこと、もうひとつ。

一緒に目覚めて、一緒に1日を終えられることは本当にかけがえのない幸せなんだということ。
当たり前だと思わずに大切にしなくてはね。



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110411135432.gif人気ブログランキングへ
埋め合わせクッキー
<はじめに>
環境省が「動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
提出の際の参考にして頂けたらと私や他の方々の意見をアップしております。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」
もうひとつ、
「動物愛護管理法の一部を改正する政令案 パブリックコメント」
動物を取り巻く環境の改善のため、ぜひご参加下さい。

一番簡単に参加できる方法はこちら!どうぶつ基金さんが作成されたツールです。
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可!!


**************************************

木曜日はサンクスギビングでお出かけして、実は昨日の金曜の夜も出かけておりました。
ニコニヤお留守番2連チャン。

というわけで、埋め合わせに昨日はお昼の間にニコニヤクッキーを焼きましたよ。

焼いてる間オーブンの前で忠犬になるニコ。
IMG_9399.jpg
「おかーさん、これはニコのなんでしょ?ね?そうなんでしょ?」

確かに人間用のごはんを作っている時にも、オーブンの前から離れないのですが
犬用のものを作っている時は真剣さが違う。なんでわかるんだろう?


出来上がったのはこちら。
IMG_1384.jpg
動物型で抜いてみたんだけど、何の動物だかよくわからない。


レシピは数日前にASPCA(米国動物虐待防止協会)のブログで見たもの。
Thanksgiving Treats for Pets

全粒粉小麦粉  2カップ  オートミール 半カップ 
パンプキン缶詰 1カップ  アップルソース 半カップ

作り方は超簡単。 パンプキンとアップルソースをよく混ぜて、小麦粉とオートミールを加えてしっかりまとまるまでさらに混ぜる。

まとまったら、打ち粉をしてうすく伸ばし型で抜いたりナイフで切ったりして天板に並べる。

170度のオーブンで10分焼き、ひっくり返してさらに5分。その後オーブンの中で冷めるまで放置。

本当はシュレッドしたニンジンも入るのと、オリジナルのレシピは小麦粉じゃなくて米粉なんですが、家にあるものだけで作ったのでちょいとアレンジ。
焼き方もオリジナルよりも水分を飛ばすような焼き方にアレンジしました。
あ、そうそう風味付け程度のシナモンも入れたので、さらにサンクスギビングな感じでしたよ。


はいニコ、パンプキンクッキーできたよ~。
IMG_9488.jpg
「できたできた♪ワクワクワクワク」


まだだよ~ステイ、ステイ。
IMG_9489.jpg
「じゃちょっとニオイだけ。スンスンスン。」


よしっ。Take it!
IMG_9492.jpg
「んぱくうっ!」

はい、じゃニヤもね。
ニヤ尻尾ブンブンが目に見えないほど高速になってるよ。
IMG_9498.jpg
「はやくはやく!はやくよしって言って!」


じゃ、よ・・・あっ!
IMG_9495.jpg
「ばくうううっ!」

ニヤ、フライングで食べてしまいました。あ~あ。
パンプキンとシナモンの香りで本当にパンプキンパイみたいな香りで待ち切れなかったらしい。
味もほんのり甘くてなかなか美味しかったです。ニコニヤ夢中です。

喜んでくれておかーさんも嬉しいよ。


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110411135432.gif人気ブログランキングへ
サンクスギビング、今年はおよばれ
<はじめに>
環境省が「動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
提出の際の参考にして頂けたらと私や他の方々の意見をアップしております。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」
もうひとつ、
「動物愛護管理法の一部を改正する政令案 パブリックコメント」
動物を取り巻く環境の改善のため、ぜひご参加下さい。

一番簡単に参加できる方法はこちら!どうぶつ基金さんが作成されたツールです。
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可!!


**************************************

さ~て、昨日も書きましたように今年のサンクスギビングは友人宅におよばれでした。
サンクスギビングってなに?というのはこちらをどうぞ。
「サンクスギビング’08」


私は前菜担当を仰せつかったので、昨日の夜と今日の朝にチョコチョコッとお料理しただけ。
およばれは楽チンでいいわねえ~。

訪問先は毎度おなじみ
IMG_9469.jpg
「ズーマのおうちです。おばちゃん久しぶり、いらっしゃ~い」

ズーマちゃんはニコよりも1つ年上7歳のシェパード×ハスキーミックスの女の子です。
ちょっとシャイなのですが、私のことは友達と認めてくれているようで嬉しい限り♪

トコトコっと寄って来てジーッと顔を見つめるので、耳の後ろをなでてあげると
目をつぶって小首をかしげる仕草が何とも言えず可愛らしい♪
バカみたいにハイパーに喜びまくるうちの犬と大違いだわ~。

到着した時にはお料理の最後の仕上げ段階でした。

IMG_9439.jpg
「ママ~何ができるの~?ズーマにもくれる~?」

よい子のズーマちゃんも、やっぱりオーブンの前からは離れられないのね。


ここのお家はターキーはキッチンであらかじめスライスして食卓にサーブする派。
IMG_9457.jpg
後ろに写ってるのはスタッフィングと言って、元々はターキーのお腹にパンや野菜を詰めて焼き、肉汁の染み込んだところをいただくというものなのですが、火が完全に通りにくくなるので最近はパンや野菜を耐熱皿にならべて、肉汁をかけて別に焼くというのが主流です。


IMG_9455.jpg
「うふふうふふ、いい匂い~。おばちゃん後でターキーくれるでしょ?」

も~しょうがないなあ~。ママに内緒だよ~。ちょっとだよ~。


さて、皆揃って食卓について、乾杯の後いよいよいただきま~す。

ズーマちゃんはママの隣にしっかり陣取ってます。
IMG_9465.jpg
「ママおいしそうね。多すぎない?手伝ってほしくない?」

ズーマちゃんはこの後、ちゃんと自分のお皿でターキーをもらってましたよ。よかったね。

IMG_9470.jpg
「ありがと~。ママ大好き~。」


IMG_9335_20111125153302.jpg
「ちょっと何よこれ!あたしの出番が無くてズーマブログになってるじゃないの~!」

あ、ごめんニヤ。だってしょうがないじゃない。ニコとニヤお留守番だったんだし。


IMG_9292.jpg
「ニコは出番なんてどーでもいーけど、自分達だけごちそう食べて来たんでしょ?」

ごめんごめん~。じゃ明日はニコニヤ仕様のごちそう作るからさ、許して。


お料理の写真は<続きを読む>から。 おまけの動画もあります。


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110411135432.gif人気ブログランキングへ

ロングウィークエンド始まり
<はじめに>
環境省が「動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
提出の際の参考にして頂けたらと私や他の方々の意見をアップしております。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」
もうひとつ、
「動物愛護管理法の一部を改正する政令案 パブリックコメント」
動物を取り巻く環境の改善のため、ぜひご参加下さい。

一番簡単に参加できる方法はこちら!どうぶつ基金さんが作成されたツールです。
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可!!


**************************************

明日はサンクスギビングデー。クリスマスと並んで一年で一番大きな祭日です。
オットの会社は今日からお休み。日曜日までお休みの5連休です。

そんなわけで昼間からおとーさんといっしょ。
IMG_9409.jpg
「なに?おかーさん、あたしにそばに来て欲しいの?」

と、ニヤが私のところに来るとすぐに入れ替わりにニコが


IMG_9412.jpg
「ニコはニヤよりもっとおとーさんと一緒。」

変な親子だねえ、ほんと。どっちも快適そうじゃないんだけど。

夕方には久しぶりにみんなでお散歩。
IMG_9421.jpg
脚が長~い(笑


IMG_9425.jpg
「ニコちゃんがボーッと歩いてるから狩ってやろうかしら。」


な~んてユルーい休日を過ごしていたわけですが
明日は友人宅におよばれで、サンクスギビングディナーです。
数日前に「何か作って持っていこうか?」と聞いたら、メインもサイドディッシュも予定しているものがあるからというので「じゃあ前菜持っていくわ」ということに。

「それじゃ何かジャパニーズフードを持って来て!」なんて調子のいいリクエストをもらったのですが、あなた達そんなもの持っていっても食べないじゃないのって人達なので(笑

こんなものを初めて作ってみました。
IMG_9434.jpg
ケーク・サレってやつですね。

アメリカではこんなもの見たことないんですが、日本でちょっと前に流行ってたんですよね?
フランスの甘くないケーキ。塩味のケーキで「ケーク・サレ」

ちょっと試食してみたら、すごく美味しかった!
レシピはこちらを参考にしました→「きょうの料理、ケーク・サレ」
他に作ったものはまた明日。


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110703140324.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
ごはんくれないなら・・・
<はじめに>
環境省が「動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
提出の際の参考にして頂けたらと私や他の方々の意見をアップしております。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」
もうひとつ、
「動物愛護管理法の一部を改正する政令案 パブリックコメント」
動物を取り巻く環境の改善のため、ぜひご参加下さい。

一番簡単に参加できる方法はこちら!どうぶつ基金さんが作成されたツールです。
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可!!


**************************************

ごはん前のニコニヤ。一応定位置で座って待っております。
IMG_9398.jpg
「おかーさんごはんまだ?」「どれくらい準備できた?すぐ?すぐ食べれる?」

まーちーなーさーいー。今用意してるんだから。

IMG_9397.jpg
「ニコちゃんアレやっちゃおうか?」「うん、アレしかないね」



IMG_9396.jpg
「ごはんくれくれビーーーーーム!」

ニヤが緑、ニコは赤いビームを発射して、ごはんの要求をいたしました。

人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110703140324.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
ジャンクメール有り、なのか?
<はじめに>
環境省が「動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
提出の際の参考にして頂けたらと私や他の方々の意見をアップしております。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」
もうひとつ、
「動物愛護管理法の一部を改正する政令案 パブリックコメント」
動物を取り巻く環境の改善のため、ぜひご参加下さい。

一番簡単に参加できる方法はこちら!どうぶつ基金さんが作成されたツールです。
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可!!

「ほぼ日刊イトイ新聞」でも前回同様に呼びかけの準備中だそうです。
**************************************

この週末、うちの辺りは雨降りでした。金曜の午後からずーっと雨。

今日は3日ぶりにいいお天気になりました。
IMG_9349_20111122161857.jpg
青い空に紅葉が映えます。

公園に行ったら、3日ぶりなのでシッコメールを読むのに忙しいニコニヤ。
IMG_9385_20111122161919.jpg
「ニコちゃん、それニコちゃん宛じゃないわよ」「そんなことないよ。しっかり読まなきゃ。」


でもわりとすぐに飽きて、次の場所に行きたがるニヤ。

IMG_9361.jpg
「ふむふむスンスン」「ニコちゃんいつまでやってるの?もう行こうよ」


IMG_9384_20111122161854.jpg
「まだやってるわ。楽しいんだろうか?」


IMG_9382_20111122161919.jpg
「ニコちゃんのおしり嗅いだら何かわかるかな?嗅いでみよかな~。」


IMG_9359.jpg
「も~ニコのおしりなんて放っといて、ニヤもメール読みなよ~。」


IMG_9373.jpg
「読みたいようなメールが来てなかったのよ。」


IMG_9368.jpg
「メールってもらったのは全部読むものじゃないの?変なの。」

そういうものでもないんだよ。犬の世界ではどうだか知らないけど(笑


今日は最後にも厚かましくお知らせさせて頂きます。

dog actuallyに新しい記事をアップしています。
アメリカにおける動物の法律あれこれ

パブコメを書く時の参考になるかもしれないので、よかったらご覧下さいませ。



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110707135352.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
パブコメもうひとつ!
<はじめに>
環境省が「動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
提出の際の参考にして頂けたらと私や他の方々の意見をアップしております。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」

動物を取り巻く環境の改善のため、ぜひご参加下さい。
転載やリンクもどんどんお願いいたします。
**************************************

上に<はじめに>と書いたパブコメの他に今回同じ日程で、もう1つパブリックコメントの募集をしています。

IMG_9298.jpg
「ふ~ん、それは何?」


それは8月に動物取扱業に関するコメントの募集をした件のうち、いくつかを動物愛護管理法全体の改正を待たずに、先に修正をしますが、修正の内容はこれでいいですか?ということです。

対象になっているのは
・動物のオークション市場の動物取扱業への追加
・動物を譲り受けて飼養する事業者の動物取扱業への追加
(これはいわゆる「老犬・老猫ホーム」と呼ばれる施設のことです。)
・犬猫の夜間展示の禁止

意見の提出方法は次の通りです。

◎〆切は12月7日。

◎[意見提出用紙]の様式

「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」 に関する意見
1.意見提出者名:(法人・団体の場合は法人・団体名及び代表者名並びに本件 担当者氏名及び所属部署名)
2.住所:〒
3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:
4.御意見:(案文の該当箇所を引用する場合はページも明記してください)


◎意見提出先
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室   〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
メールアドレス: aigo-seirei@env.go.jp
FAX:  03-3581-3575


注意:先日からお願いしているもう一件の方とはメールアドレスもFAX番号も違います。
1通のメールまたはFAXで両方のパブリックコメントの受け付けはできません。
せっかくの意見が無駄にならないように、どうかくれぐれもご注意下さい。


意見提出用紙]の様式
「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」 に関する意見
1.意見提出者名:(法人・団体の場合は法人・団体名及び代表者名並びに本件 担当者氏名及び所属部署名)
2.住所:〒 3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス: 4.御意見:(案文の該当箇所を引用する場合はページも明記してください)




それでは私の意見をここにアップしておきますので、コピペでも参考にでもご自由にお使い下さい。
IMG_9253.jpg
「よろしくお願いいたします。こっちは短いです!」



件名
「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」 に関する意見

意見提出者氏名

住所 〒

連絡先 TEL         E-mail 

・意見


(1) オークション市場の動物取扱業への追加

動物取扱業に、動物のオークションを行う事業者を追加することに賛成する。
2.競りの参加事業者について、違反が確認された場合は競りに参加させないこととあるが、参加させないだけでなく罰則を設けるべきである。

しかしながら、幼齢動物のオークション市場は「動物への負担~心身の健康を損なう~問題行動につながりやすい」という流れにつながり易く、元来オークション市場そのものを禁止すべきであるというのが変わらぬ意見である。

(2) 動物を譲り受けて飼養する事業者の動物取扱業への追加

動物取扱業に、動物を譲り受けて飼養する事業者を追加することに賛成する。

いわゆる「老犬・老猫ホーム」と呼ばれるものであるので、動物を第三者に再譲渡、転売することを固く禁止する文言を加えるべきである。

(3) 犬及びねこの夜間展示の禁止等

夜間(午後8時から午前8時までの間)の犬及びねこの展示を禁止することに賛成する。
犬及びねこだけでなく、全ての動物の夜間展示を禁止するべきである。
 




人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110403114311.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル

もぐる犬
<はじめに>
環境省が「動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
提出の際の参考にして頂けたらと私や他の方々の意見をアップしております。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」

動物を取り巻く環境の改善のため、ぜひご参加下さい。
転載やリンクもどんどんお願いいたします。
**************************************


この数日、小雨が降ったりドンヨリ曇ったりの肌寒い日が続いています。

天気のいい日は庭や窓際で日向ぼっこをするニヤが、ちょっと寒い日には姿が見えません。

どこ行ったのかな?と思ったらベッドが妙に盛り上がっておりました。
シーツをめくってみると・・・

「すぴー」

黒い犬が潜り込んで寝ておりました。


IMG_9321.jpg
「ん?おかーさん何か用?ジャマなんだけど」

別に用はないけど、どこに行ったのかなあと思ってさ。

IMG_9322.jpg
「ああ、それで見つけたあたしが可愛いから写真撮りたくなったわけね。」


はいはい、そうですよ。そういうことにしておきましょう。


IMG_9324.jpg
「じゃ用が済んだならアッチ行ってくれる?また寝るから。」


わかりましたよ。アッチ行きますよ。
夜寝る時には湯たんぽ代わりになっていいんですけれどね(時々蹴られるけど)



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110106164445.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
再びお願い
先日からもう何度か書いている通り、環境省が動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
(しつこくてゴメンなさい。でもしばらくはしつこく書きます。)


8月に動物取扱業者に関するコメントの募集があり大きな盛り上がりを見せたのですが、どうやら今回は8月の時に比べると、かなり出足が悪いようです。

でも前回の結果だって、前進はしているもののまだまだ不十分のはず。
今回も行政側に「やっぱり国民の意識はこの程度のものか」と思わせてはならないのです。


提出する意見は誰かとまったく同じでも問題ありません。
ご自分で書く時間の余裕などがなければ、賛同できると思う意見をコピペして送ってもいいのです。
全部の項目でなくて一部だけでもかまいません。

どうか現状を黙認することのないように、もう一踏ん張りいたしましょう。

先日の記事へのリンクです。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」

転載やリンクもどんどんお願いいたします。

IMG_9319_20111118153343.jpg
「おねがいします・・・。」



それから前回、チェックするだけで意見の作成ができるツールを作って下さった「どうぶつ基金」さんが今回も同じものを作ってアップされています。
本当に簡単に意見が提出できますので、よかったらご利用下さいね。
2分でOK!動物の法律改正パブコメ1携帯メールも可!!



dog actuallyにもアップしています。
「動物愛護管理のあり方について」パブリックコメント募集中


※昨日のコメントのお返事少しお待ち下さいね。


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110403114311.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
ドレスアップSMILES
<はじめに>
環境省が「動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
提出の際の参考にして頂けたらと私や他の方々の意見をアップしております。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」

動物を取り巻く環境の改善のため、ぜひご参加下さい。
転載やリンクもどんどんお願いいたします。
**************************************

昨日は私とオットがいつもよりもドレスアップしてお出かけした話を書きましたが
なんと!私達が出かけた後知らないうちにニコニヤもお洒落してお出かけしていたらしい!

しかも、どうやらニコニヤのナニーをしてくれたのはさち☆画伯で、お出かけレポートまでもらっちゃった!


ニコ様ニヤ様はあがさんとはちょっと別枠の
超VIP待遇にてパーティに出席されておりました。


え~!私とオットは超一般人枠だったのに、ニコニヤは超VIP待遇!?どゆこと?


ニコ&ニヤ様のお写真を添付いたします。
2011P.jpg
「アタクシのシンデレラ風青いドレスは新進気鋭のデザイナー
 カメ・サトティーノの新作よ。うふふ♪」
「ニコのピンクのドレスはサティー・タワラットの新作で
 バッグはラ・ニーニャなの。中にはおにぎりが入ってるの。」
   
あ~、お洒落しててもやっぱりおにぎりは持ち歩いてるのね。

ニコ様もニヤ様も家に帰ってソファで寝てるのが
一番楽で良いと言っておられました。
お疲れ様でございました



やっぱりそうなのか。実はおかーさんも同じだよ。


ところで何でニコニヤがVIPなの?どの辺りに座ってたの?誰に招待されたの?
IMG_8967_20111117145644.jpg
「知~らないっと」

あらら、シラバックレられちゃったわ。まあいいけど。


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110403114311.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
AWARDの夜
<はじめに>
環境省が「動物愛護管理のあり方について」のパブリックコメントを募集しています。
提出の際の参考にして頂けたらと私や他の方々の意見をアップしております。
「動物愛護管理のあり方について パブリックコメント」

動物を取り巻く環境の改善のため、ぜひご参加下さい。
**************************************

昨日ちらりと書いたように、昨夜はオットが昨年出演したお芝居がノミネートされた演劇賞の授賞式でした。

会場はLAのダウンタウンにあるOrpheum Theatre。

夕方、私達が出かける準備を始めると明らかに機嫌が悪くなったニコ。
IMG_8832.jpg
「おとーさんもおかーさんもいつもと違う。こーゆー時はニコを連れてってくれないんだよ。」

ホントにねえ、ニコやニヤも一緒に行けたらいいのにねえ。
行ったら行ったできっと退屈するだろうけど(笑

余談ながらシーザーさんがエミー賞にノミネートされた時はピットブルを5頭連れて行ったそうですが、そんなことができるのはシーザーさんだけですもんね。
しかもその時はステージ上でパフォーマンスまでしたそうですから。


IMG_1363.jpg
IMG_1366_20111116164117.jpg
こんなバルコニー席もあるステキな劇場でした。

残念ながらオットの劇団は最優秀演劇賞は獲れなかったのですが(って言うか、誰も最初から期待してなかったんですが。監督もスピーチとか全然準備してなかったし。)授賞式はなかなか楽しかったです。

思い切りフォーマルなタキシードやババーンと背中の開いたイブニングドレス、「舞台衣装のまんま?」って感じのスパンコールキラキラのドレスの人もいましたが、そういう方達は受賞の可能性の高いノミネートさん達。
その他の人達は普通のドレスアップの人がほとんどでした。

IMG_1368.jpg
普通のドレスアップの人達。これは誰かって?

IMG_8577_20111116164053.jpg
「あたしもドレスアップしたかった!」

・・・なんて言うわけないわな(笑)1度だけドレス着せた時には齧りまくったニヤだもんね。


それぞれの受賞者の方達のスピーチがユーモアとウィットに溢れていて「さすがは舞台俳優」という感じで楽しかったです。
うちのオットはテレビでアカデミー賞などを見ている時、言葉につまったり「信じられない!」を連発するスピーチをする俳優さんに「プロとしてあり得ない!ちゃんと喋れ!」と妙~に厳しいのですが、「ああ、なるほど。こういうことか」と納得しました。

でも同じ俳優とは言え、映画やテレビがメインの人と、普段から舞台に立ち慣れている人とでは、やっぱり壇上に立った時の気持ちはずいぶん違うのでしょうね。
それとライバルである舞台関係者ばかりが集まっている昨日のような場所ではいかにして笑わせたり感心させたりするかに重きが置かれるけれど、一般人がたくさん視聴するアカデミー賞などでは「映画スターだけど親しみも持てる」という感じのアピールをした方が一般受けするというマーケティングの違いもあるのだろうな、なんて勝手に分析しておりました。

IMG_8583_20111116164053.jpg
「そんなことどーでもいー。あ~つまんないつまんないつまんない。」

ちょっと長めのお留守番だったので、相当退屈していたようでした。
退屈なら2匹で遊べばいいのに、ただただジーーーッと寝てるみたいなんですよね~。

IMG_8816_20111116164052.jpg
「夜だし、待ってる時は寝てるのが一番なんだよ。」


夜遅くなって家に戻った時には、もちろん2匹が転がるように飛び出して来て歓迎してくれました。
そして、これももちろん、ニヤの嬉ションもありましたよ。

たまにちゃんとしたお洋服を着て、お化粧してお出かけするのも楽しいけれど
やっぱり家に帰って来てスエットに着替えてニコニヤを抱っこするのが一番ですね(笑




人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110707135352.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
残念時間切れ
IMG_9274_20111115080828.jpg
「おとーさんとおかーさんのバカ・・・。」

パブリックコメントの続きを仕上げるつもりだったのに、まだ終わらない~。

しかも今日はオットが出演したお芝居の演劇賞の授賞式なので今から準備して出かけなくてはなりましぇん。

あ~、どうしていつもこんなにバタバタ生きてるんだろうねえ。

てなわけで、書きかけのままで非常にかっこ悪いのですが、もう少しお待ち下さい。

コメントへのお返事も放ったらかしでごめんなさい。

ニコとニヤは今ちょいと不機嫌です。





人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110116085037.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
動物愛護管理のあり方について パブリックコメント
IMG_9232_20111114174617.jpg
「皆さんお待たせしております。おかーさん、ようやく書けたようです。」

先日から「書くぞ書くぞ」と言っていた、環境省に提出するためのパブリックコメントの意見案です。
今回は「動物愛護管理のあり方について」です。
犬や猫だけでなく、日本の動物を取り巻く環境を少しでも改善するため、どうぞ皆さんの声を届けて下さい。

実はもう1件環境省が意見を募集している件があるのですが、それは別々に提出しなくてはならないため、また別の記事といたします。


◎募集期間
平成23年11月8日(火)~平成23年12月7日(水)必着


◎意見の提出方法
下記[意見提出用紙]の様式により、郵送・ファクシミリ・電子メールのいずかの方法で提出してください。郵送で送付される場合は、封筒等に「パブリックコメント在中」等とご記載願います。
電子メールで送付される場合は、書式形式をテキスト形式としてください(添付ファイルはダメです。)

※ なお、電話による御意見は受け付けておりません。

◎ 意見提出先
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
メールアドレス:aigo-arikata@env.go.jp
FAX:03-3581-3576



以下は私が他の方の意見など参考にさせて頂きながら書いたものです。
このまんまコピペしてメールして頂いてもけっこうですし
(必要事項の記入はお忘れなく)
参考程度にして頂いたり、部分的に変更したり、ご自由にお使い下さい。

IMG_9238.jpg
「すごい長いんだよ。イヤにならないでね。」




件名
動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く) に関する意見


意見提出者氏名

住所 〒

連絡先 TEL         E-mail 

・意見

1.虐待の防止
1ページ15行目~20行目で言及されている通り、現行の動物愛護管理法では虐待の定義が不十分かつ不明瞭である。まずは法律上で具体的に動物虐待とは何なのかを定義する必要がある。

(1) 行政による保護等
・動物虐待を発見した市民が通報できる明確な窓口の設置が必要。
環境省が動物虐待110番のような緊急ダイヤルを設置して相談を受け付け、そこから警察、地方自治体、動物愛護推進委員などと連携して、個々の事例の対処に当たる体制を作る。

・虐待やネグレクトを受けている動物は、公権力によって強制的に保護できる規定を設けるべきである。

・動物愛護センター等の施設をそれら保護した動物のシェルターとして機能させるべきである。 

・また虐待やネグレクトを行ったものに対しては飼育禁止命令の仕組みを導入することも必要。

・これらに関してはアメリカのHumane Law Enforcementの仕組みが大いに参考になると思われる。
    
(2) 取り締まりの強化及び罰則規定の見直し
動物虐待を取り締まるためには、まず動物虐待とは何なのかを法律上で具体的に定義する必要がある。
現行法では愛護動物をみだりに殺傷することと、みだりに給餌給水を怠ることとのみ定義されているが以下のような改訂が必要。
1 愛護動物にみだりに給餌又は給水をせずに衰弱させること。
2 愛護動物の傷病を治療せず、みだりに放置すること。
3 愛護動物の生命に支障をきたす又はその恐れのある行為もしくは環境で飼養すること。
4 愛護動物の身体に支障をきたす又はその恐れのある行為もしくは環境で飼養すること。
5 愛護動物の精神に支障をきたす又はその恐れのある行為もしくは環境で飼養すること。
6 愛護動物の大きさ・生態等に対し、正当な理由なく、日常的な動作を妨げるような狭い空間で飼養すること。
7 愛護動物の母体に過度な負担をかけ、年に複数回又は未熟な個体に繁殖させること。
8 愛護動物を保護する責任のある者が遺棄し、又はその生存に必要な保護をしないこと。
9 愛護動物に不必要な暴力をふるい、又は不必要な行為により恐怖を与えること。
10 その他愛護動物の生命及び身心に支障をきたす又は恐れのある不要な苦しみを与えること。

・上記のように定義を明確にした上での取り締まり強化策として、警察と動物愛護担当部局が合同立ち入り調査等、共同で動くことができるシステムを確立する必要がある。

・将来的には自治体の動物愛護部局に司法警察権を有する職員を配置して取り締まりに当たることが理想であるが、まずは警察との連携が妥当であると思われる。

・これら取り締まりに当たる機関に獣医師や動物行動学者などの専門家を置くことが必要である。

・動物の専門家だけでなく、実際に取り締まりに当たる職員が動物愛護管理法や動物虐待について精通するよう、教育研修制度を充実させる、外部からのブレーンを積極的に採用する等対策が必要。

<参考例>
馬を竹製のむちで殴るなどしていた「上げ馬神事」について、動物愛護管理 法違反の疑いで警察が書類送検したにもかかわらず、検察庁は「社会通念に照らし合わ せると、虐待と認定するには疑問がある」として不起訴にした。
動物虐待は社会通念というあいま いなものではなく、動物が受けた苦痛や苦悶、障害、死亡等の事実に基づいて判定されるべきで、自治体や警察のみならず、検察への周知徹底も必要である。


(3) 闘犬等
・闘犬等、動物同士を闘わせる行為は米国や欧州諸国では法律で禁止され、明確に動物虐待行為とされている。伝統行事であるという理由だけでこの行為を容認することは先進国として恥ずべきことである。

・伝統を守ることが必要であれば、動物に苦痛を与えない儀式的なものに形を変えることが望ましい。

・すぐに全面的な禁止が無理であれば、行事開催者の動物取扱業者登録の義務化は不可欠である。
 また、行事には獣医師と動物愛護推進委員の配置を義務化するべきである。



2.多頭飼育の適正化
・多頭飼育は、ホーディングと呼ばれる精神疾患に関連する場合、虐待的繁殖の温床となっている場合が多いことからも、多頭飼育の法規制は必要である。

・現行法では「周辺の生活環境が損なわれている事態として」必要な措置をとることができるとしているが、度を過ぎた多頭飼育によって動物の福祉が損なわれていることを看過してはならない。これは取り締まりの対象となるべき動物虐待である。

・日本各地で多頭飼育による問題が頻発している状況を見れば、自治体の条例等に任せておくべき問題ではない。

・一定数以上の飼育は届出制とするべきであり、届出を認可された施設には自治体動物愛護担当部署の視察などで適正な飼養が行われるよう監視すべきである。

・多頭飼育現場の処理に当たる専門チーム育成も、動物保護NPO団体などと協力して行政が当たるべき課題である。



3.自治体等の収容施設
・自治体の動物収容施設の現状は、少数の例外はあるとは言え全体としては劣悪である。収容された動物が伝染病で命を落としたり、最低限の医療さえ与えられていない。夏や冬の気温対策もなされておらず、命を落とす動物も多い。これでは自治体による動物虐待であり、即刻改善されるべき状況である。

・全国的に統一した基準を作り、全国どこの収容施設でも同じ条件で動物の飼養管理を行うべきである。

・自治体における財政事情は、犬の登録料の活用、動物の引き取りの有料化、動物愛護管理法違反の罰金の活用など、工夫の余地がおおいにあるはずと思われる。

・動物の殺処分方法は可能な限り苦痛のない方法をとるべきである。
現在行われている二酸化炭素を使用する方法は国自体が「おそらく安楽死ではない」と認めていることから、麻酔薬投与などの方法に切り替えるべきである。3ページ91~92行目の「最新の科学的な知見を踏まえて日本獣医師会等の専門的機関において基準が示されることが望ましい、に賛成する。

・殺処分を減少させるため、自治体は動物の返還・譲渡を積極的に進めるべきである。
3ページ99行目の返還プロセスについて規定することを検討すべきとの意見に賛成する。
3ページ101~102行目の譲渡活動の推進については民間団体との連携を進めるべきとの意見に賛成する。

・飼い主持ち込みの動物は譲渡の対象とされていない一部自治体の現状は非常に疑問である。
動物が譲渡可能であるかどうかの査定やリハビリを行うことができる専門家と連携し、譲渡可能動物の範囲を大きく広げることが望まれる。

・譲渡を全く行っていない自治体も存在することは憂慮すべき問題であり、やはり全国的な統一した基準が必要。

・3ページ93~96行の安易な引き取り防止のため引き取らないことができるようにするべき、については再考が必要と思われる。
動物を処分に持ち込む飼い主のもとで暮らすことは動物のためになるとは思えず、引き取り料の引き上げ、遺棄に対する罰則の強化、引き取った動物の譲渡などでの対応が望ましい。



4.特定動物
・特定動物のほとんどは、外来の野生動物であること、災害時には、特定動物を同伴して 避難する等は困難であること等から、みだりに飼養しないように啓発普及を進めるべき である。

・また、現行の特定動物の飼養基準は人間にとって害を及ぼすことのみに焦点が当てられているが、野生動物を不自然な環境で(多くの場合閉じ込めて)飼育することは、動物虐待に当たる。

・それぞれの生態に応じた飼養環境を与えられない以上は、飼育するべきではない。

・以上のことから特定動物の飼養は許可制にすべきである。

・咬傷事故の多い特定の犬種を特定動物とすることは反対である。
4ページ118行目にあるように、個体ごとの性質や飼い主の飼育方法に拠るところが大きいため、飼い主による適性飼養の義務を徹底させることが重要との意見に賛成である。

・ただし適性飼養というのは動物を檻や鎖で閉じ込めておくことではないことは、先の動物虐待の定義10か条に記した通りである。


5.実験動物の取扱い
・実験動物の取り扱いについて4ページ131行目にあるように「不適切な事例や問題点がほとんど見られない」のは研究機関等による自主管理に任せているからであって、本当に問題がないかどうかは客観的な第三者の視察、検証が不可欠である。

・この場合第三者は研究機関等と全く関わりのない有識者、専門家であることが求められる。
4ページ134行目にあるように、情報公開が進んでおらず、文部科学省、厚生労働省、農林水産省のガイドラインが適用されていない施設があるというのは、事故や災害の時のことを想定すると危険であり、実験動物施設は届出制とするべきである。

・実験動物も愛護動物同様に不必要な苦痛や恐怖を与えられるべきではない。

・実験データの精度を得るためにも、実験動物は清潔で健康であるべきで、実験動物取扱者は人道的かつ正確に動物を扱うことが求められる。

・5ページ151~152行目、動物実験の3Rのうち、苦痛の削減だけでなく代替法の活用と使用数の削減についても義務規定とすべきとの意見に賛成する。また3Rの実施状況についての情報を一般公開することも求められる。

・愛護団体などから動物を譲り受けて実験用に転売するような業者が存在している実態を重く捉え、実験動物繁殖業者を動物取扱業の登録対象とするべきである。


6.産業動物の取扱い
・5ページ155~160行目にあるように家畜の快適性、健康に配慮した飼養管理はコストの増加を意味するものではなく、食の安全を向上させるメリットがあることの国民への普及啓発が必要である。
現在、消費者が動物福祉に配慮した食肉を購入したいと希望しても、一般にはほとんど手に入らないのが現状である。動物福祉に配慮した食肉が市場にもっと流通し、消費者の目に入るようになるだけでも、一般国民における動物福祉の意識を高めると思われる。動物福祉、食の安全、両方の面から産業動物の環境改善は急を要する課題である。

・ 5ページ166~168行目「5つの自由」を、産業動物に限定せずに動物全体に 対する理念として動物愛護管理法に明記することが望ましいとの意見に大いに賛成する。

・ 「5つの自由」とは、動物を5つの耐え難い苦痛から解放するという意味で、具体的に、病気にならないことを保障する、空腹や喉の渇き、栄養不良に陥らないことを保障する、極端な暑さや寒さの不快にならないような環境を保障する、物理的な動きの自由を保障する、自然な行動を自由に表現できることを保障することの5つを言うという説明を加える。

・5ページ169~170行目、産業動物や実験動物について国際的なガイドラインの動向も勘案していくべきとの意見に賛成する。


7.罰則の強化
・ 動物の殺傷、遺棄、ネグレクト、アニマルホーディングなどを防止する為の抑止力として、罰則を強化する必要がある。

・ 5ページ176~179行目、動物愛護管理法の罰則を特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律 と同じレベルにまで引き上げるべき、法人重課の導入の意見に賛成する。
特定外来生物に関する法律と同様に、個人の罰則は懲役3年以下、罰金300万円以下とするべきである。 また、法人にはより重い社会的責任があるので、一億円以下の罰金刑など罰則を大幅に引き上げるべきである。

・ 5ページ179行目「殺傷罪に対する罰則については、現状でも先進的な外国法と比較しても遜色 がない」というが、アメリカのようにアニマルポリスと呼ばれる機関のない日本では、法律はあっても実際には取り締まられていないのが現状であり、遜色がないとは到底言えない状態である。
虐待的繁殖を繰り返す業者も、虐待的飼育をする飼い主も野放しの状態であるのは法があっても機能していないことの現れであり、法の執行について大きく考えなおさなくてはならない点である。

・ 6ページ181~182行目、取扱業に関する各種罰則の強化を図るべきとの意見に賛成する。現状ではあまりに罰則が弱い ため、悪質な業者が繰り返し違法行為や脱法行為を繰り返している。


8.その他
(1) 犬のマイクロチップの義務化
・マイクロチップの義務化は時期尚早であると思う。まずは狂犬病予防法における犬の登録と、動物愛護管理法における管理方法との整合性をはかることと、マイクロチップとリーダーの普及率をあげることに尽力すべきである。


(2) 犬猫の不妊去勢の義務化
・ 一般の飼い犬、飼い猫の不妊去勢の義務化には反対である。
 しかし6ページ207行目にあるように、飼い主への普及啓発・繁殖制限に係る説明の販売時の徹底だけでは安易な繁殖によるセンターへの持ち込みなどは改善されるとは思えない。
米国ニューメキシコ州アルバカーキー市他で成功させたような、犬猫の販売の許可制(個人売買、個人譲渡も含む)犬猫を繁殖させた場合の有料での届出制度、不妊去勢をしていない犬の登録料の引き上げなどを参考に「禁止はしないが、繁殖をするにはそれなりの覚悟を」という姿勢を示すことが必要である。

(3) 飼い主のいない猫の繁殖制限
・ 自治体で殺処分される犬猫の半数は、飼い主のいない猫が生んだ幼齢個体であることか ら、飼い主のいない猫の繁殖制限は殺処分半減計画の施策の要であり、TNR活動(Trap Neuter Return 野良猫を捕獲して不妊去勢手術を行い、元の場所に戻す)の普及などを促進しなくてはならない。
米国カリフォルニア州サンフランシスコを始めとした多くの都市で猫のTNR活動は殺処分数の大幅減少に大きな成果をあげている。

・ 不妊去勢手術の費用負担は自治体の助成金制度の充実、あるいは一般からの寄付を基金として充当する等の 施策が考えられる。

・6ページ 214行目「不適切な給餌や不妊去勢の未処置により猫が増える」とあるが、不 妊去勢手術が行われていれば、給餌により猫が増えることはなく、むしろ、適切な管理 が行われることによって、猫がゴミを荒らしたりケンカをすることも少なくなり、結果 的に猫に対する苦情が減る。


(4) 学校飼育動物および公園飼育動物の適正飼養
・ 学校での動物の飼育は適正な飼養管理ができない場合がほとんどで、不衛生で虐待的飼育の状態を児童が日常的に目にすることになりがちである。教育現場でそのような状態が日常的になることは非常に問題であり、子供達の動物飼育に対しての感覚を麻痺させてしまうことからも、原則として学校では動物の飼育をするべきではない。

・ 公園飼育動物については動物取扱業の登録の徹底を図るべきである。

(5) 災害対応
・ 動物愛護管理法の条文の中に、災害時の動物救護対策を明記するべきである。その場合、
救護の対象をペットに限定することなく、人が飼育する動物のすべてに及ぶ災害時の動物の救護対策を構築するべきである。

(6) 実施体制への配慮
・ 動物愛護行政については、その強化を求める社会の声が強いことに基づき、人員の増強、財政措置の確保が必要である。

・ 業務の増加等については民間の動物保護団体との連携を強くして対応し、財政措置としては犬猫の引き取り手数料、及び返還・譲渡手数料等の引き上げ、違反者の罰金などを活用すべきである。また広報活動に力を入れ、一般からの寄付を募ることも考えるべきである。


IMG_9231_20111114182058.jpg
「ゼーゼー息切れしながら書き上げたようね。」

ニヤ様の言う通り、ゼーゼー息切れしながら前回途中で終わっていたところを書き上げました。
ものすごく長いのですが、コピペしやすいようにページは分けていません。

前回のように簡潔なものにしたかったのですが、これが精一杯でした。

なお、動物の不妊去勢手術や、愛護センターの引き取りなど、意見の分かれるところもあるかもしれませんので、そう言う場合はご自分で調整なさって下さいね。


なお、前回ご紹介したhana*さんの「ジュルのしっぽ」だけでなく
dog actuallyにも投稿して下さった雪凪響さんのBlue Bird's Nestでも、素晴らしい意見案をアップして下さっています。
それからNPO団体 地球生物会議ALIVEさんの意見案、これはたいへん参考になります。
ぜひご覧になってみて下さいね。
     



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110403114345.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
苦戦中
IMG_9268_20111113170221.jpg
「みなさんあのね、おかーさんは何だかむずかしー顔でブツブツ言ってます。
パブリックコメントっていうのを作るんだって。なんだろう?食べられるものなのかな?」


・・・ちうわけで、今回は前回よりも苦戦しております。
なんだか環境省の出して来た「案」とやらも「絶対わかりにくくしてるだろう!」と言いたくなるような文章で。

でも負けないからね。ちゃんと書きますから。

明日はアップしますから。皆さんもぜひ参加して下さいね。


日本の動物を取り巻く環境を少しでも改善するために。


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110403114311.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
ニヤ、うちの子4周年
先日のニコ6周年に続いて、今日はニヤがうちの子になって4周年の記念日でした。
IMG_9272_20111111150019.jpg
「記念日らしいことなんて何もなかったじゃないのっ!」

記念日もお誕生日も、あの時はこうだったなあ、ああだったなあ、っていっぱい振り返ってるじゃない。
そういうことをする為の日だからそれでいいんだよ。


ニヤがうちに来たばかりの頃は今とどれほど違っていたか、
ニヤがどうやってうちにやって来たのかは過去の記念日の記事に書いています。
ニヤ、うちの子1周年
ニヤ、うちの子2周年
ニヤ、うちの子3周年

まだ子犬だったニコと違って、成犬になってからうちに来たニヤ。

シェルターの環境も、小規模で清潔で行き届いた施設にいたニコと違って
とても大規模でお世辞にも行き届いているとは言い難い環境にいたニヤ。
ニヤをもらい受ける手続きをしてくれた担当者もニヤの当時の名前も知らなかったし、
個体ごとの識別はほとんど出来てなかったなあ。
それでもニヤとの縁を結んでくれたあのシェルターには心から感謝しています。

でも施設を出る時にスタッフの中年の男性がニヤを見て「レイラ!レイラ!おうちが決まったのか!Oh~さみしくなるなあ」と言ってくれたから、シェルターの中でもちゃんと可愛がってもらってたんだよね。


さて、これは我が家に来て2週間目くらいの頃。
遊びに来られたちっちきさんが撮影して下さった写真です。
R0011539.jpg
もうだいぶ打ち解けてはいたけれど、やっぱり今よりは表情が硬め。
そして体が細いっ!だいぶ筋肉質になってはいるけれど細いなあ。


そして翌年の8月。約10ヶ月後ですね。
IMG_2285_20111111150022.jpg
筋肉の上にうっすらと脂肪が乗っている感じ。なかなか理想体型じゃないの。


そしてこれはさらに翌年。09年の12月のニヤ。
IMG_0233_20111111150022.jpg
ここまで来たら、もう今現在とまったく変わらないですね。


でもちょうど数日前に書いたばかりですが、カラーが細いっ!
これはたしかラインストーンがキラキラついたカラーでオットのお気に入りでした。
自分自身も「あの頃は何にもわかってなかったなあ」と苦笑したくなることもたくさん。


2010年10月。約1年前の写真。
IMG_4192_2.jpg
この頃になると外側だけじゃなく、体の内側もすっかり変わったなあと実感していました。

なんと言っても病院に駆け込む回数が激減しましたからね。


そしてこれが本日’11年11月10日のニヤ
IMG_9271.jpg
「筋肉とか病院とかより、美貌に磨きがかかったとか言うことがあるでしょっ!」

はいはいはい。ミニピンの愛らしさには欠けるけど綺麗になったなった。

そして体が丈夫になったことと並んで嬉しいのは、年を重ねるほどに甘えん坊に拍車がかかって来た事。
いつまでもずーっと高飛車甘えん坊でいておくれ。

We love you, our sweet little devil



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110403114345.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
パブリックコメント後半戦スタート!
先日、前回の環境省パブリックコメントの結果のことを書いた時にもチラリと触れましたが
11月8日からまたパブリックコメントの募集が始まっています。
〆切は12月7日必着です。約1ヶ月先ですね。

募集要項は下記の通り。

1.意見募集対象(添付資料) ・「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」
・「動物取扱業の適正化について(案)」(「動物愛護管理のあり方について(案) (「動物取扱業の適正化」を除く)」との関係で新たな意見がある場合)

2.募集期間 平成23年11月8日(火)~平成23年12月7日(水)必着

3.意見の提出方法 下記[意見提出用紙]の様式により、郵送・ファクシミリ・電子メールのいず
れかの方法で提出してください。 郵送で送付される場合は、封筒等に「パブリックコメント在中」等とご記載願
います。 電子メールで送付される場合は、書式形式をテキスト形式としてください(添
付ファイルによる御意見の提出は御遠慮願います)。 同時に「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の
概要」のパブリックコメントを実施中ですが、1通のファクシミリ及び電子メー ルで本件及び「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案 等の概要」両方についてのパブリックコメントは原則受け付けられません。 ※ なお、電話による御意見は受け付けておりませんので、御承知置きください。


[意見提出用紙]の様式
「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」 に関する意見
1.意見提出者名:(法人・団体の場合は法人・団体名及び代表者名並びに本件 担当者氏名及び所属部署名)
2.住所:〒
3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:
4.御意見:(案文の該当箇所を引用する場合はページも明記してください)



IMG_9237.jpg
「でもね、うちのおかーさんまだ準備してないんです。」

はい、確かに。ちょっと色々忙しかったのよ!


意見を述べるための資料はこちら(クリックして下さい)
動物愛護管理のあり方について(案)

今回は実験動物や産業動物の取り扱いについても触れられていますよ。

さて、私も自分でしっかりと読んで、意見を書こうと思っています。
できるだけ早く書き上げて、またアップするつもりでおります。
前回同様に、コピペして頂いても参考にして頂いてもけっこうです。

IMG_9233.jpg
「おかーさん、まだ書いてもいないのに『参考にして頂いても』っておこがましい。」

はいニヤ様のおっしゃる通りでございます。とほほ。

と、いうわけで私などよりもずっとしっかりした活動をして下さっている
「ジュルのしっぽ」のhana*さんが素晴らしい意見を書いてアップして下さっているので
良かったらこちらもぜひご覧になってみて下さい。
「動物愛護法パブリックコメント募集中」

私もできるだけ早くに仕上げますから~!!!!


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110403114311.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル

脱ステンレス
IMG_9245.jpg
今日のニコニヤまんまは牛そぼろごはんでした。

でも今日の主役はこのボウルの中身ではなくて外側。

これ、犬用の食器ではないんですけれどね。今日買って来たんです。

今まではステンレスのボウルを使っていたのですが、おなじみdog actuallyこの記事のコメント欄で、気になる記述を読んだものですから。

上にリンクを貼った記事のコメント欄の後半で、筆者の史嶋さんが書いていらっしゃるコメントなのですが、少し抜粋させて頂きますと、
『餌皿に使われるステンレススティールは、普通18-10ステンレスと呼ばれ、クロム18%、ニッケル10%、残りが鉄の合金です。

実はこのニッケルは、近年金属アレルギーの原因であるとして、直接肌に触れる部位での使用が禁止されつつある金属です。

犬がステンレススティール中のニッケルに対して、どの程度の影響を受けるかは、今のところ科学的な実験データがありませんが、人間の肌にアレルギーを起こす金属である以上、何らかの悪影響があるの可能性は否定できないと思います。』



えーっ!そりゃたいへん!

IMG_9248.jpg
「なにっ!?ごはんが食べられなくなるの!?」

いや、そういうわけじゃない。

ごはんのボウルは陶器製の方がいいなあとは前々から思っていたのですが
質の良いフードボウルはどれもけっこう重いのが私にとってはネックだったのです。
関節がチィと弱いもので、重いものはきついんですよね~。

ニコニヤの食餌の時、食べやすいように私がボウルを持って食べさせているもので
なおさら重いものは厳しい。
(はい。過保護なんですけどね。でもほんの2分足らずのことで、私の一番幸せな時間でもあるので止められないんですよ。食べ終わるのに10分以上もかかるコならそんなことはしないと思うんですが、本当に2分弱で全部食べてしまうんです。)

それでステンレス製のものをずっと使っていたのですが、こんな記述を見つけてはじっとしていられない。


IMG_9256.jpg
「あたしはじっとしてるから、早くそのごはんをちょうだい。」


ペットショップで売っているボウルは全部C国製。これは無理。使えない。
ネットでMade in USAのものをいくつか見つけたけれど、どれもやっぱり重そう。


それでペットショップだけでなく、雑貨屋さんなども見て回って「あ、別に人間用の食器でいいじゃない」ということになりました。

IMG_9249.jpg
「うんうん、いいじゃないいいじゃない。ごはんごはん。」

それで買って来たのがこのポルトガル製のシリアルボウル。

IMG_9244_20111109161640.jpg
深さ、直径、重さ、すべてOK。


IMG_9257.jpg
「じゃ、いよいよごはんね。ワクワクワクワク。」


そんなわけで、我が家は脱ステンレスいたしました。

IMG_9255.jpg
「いい加減にごはんちょーだいっ!」

おーっと、ニコの目がすわって来ちゃったよ(笑
はい、ごはんごはん~。

人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110106164445.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
たくましい猫さん
眠たいので、ミニ更新。

先週の週末旅行の時の写真です。
駐車場にいた猫さん。
IMG_9094.jpg
「なにやのん?そばに来んといてほしいねんけど。」

(私の中では猫は大阪弁なの。)

ニコニヤや私が近づいても逃げる気配は全く無し。
かと言ってフレンドリーな空気も全く無し。


IMG_9095.jpg
「おかーさん、つまんないからあっち行こ」「そうそう、早う行きなさい。」

早々に「この猫さんにはかなわない」と判断したニヤはさっさと退散。賢明。


それに引きかえ・・・ニコはと言えば
IMG_9096_20111108161347.jpg
「ねえねえ、ここにお椀があるよ!」「あんたには関係ない!手ぇ出したら容赦ないで!」


階段の下にフードの入ったボウルが置いてあったのでした。
猫さん、それを守るために絶対にここをどかなかったんですね。
写真を撮ってたら話しかけてきた人が(カリフォルニアンは人なつこいのが特徴)
このコは迷い猫で、こうしてごはんをもらっているらしい。

ニコニヤと違って厳しくたくましく生きてるのね。
ニコ、この後シャーッと威嚇されて、あわてて逃げてました。

猫さん、邪魔してごめんね~。


昨日のお返事、ちょっとお待ち下さいね。

人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110623164417.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
新しいカラー
皆様、昨日はニコの記念日にたくさんのコメントありがとうございました。

昨日もちらりと書きましたが、私の妹つまりニコニヤのおばちゃんから新しいカラーのプレゼントが届きました。


「あんまり変わった気がしないんだけど。」

あははは!確かに。
だって前に使ってたのと全く同じで色が変わっただけだもんね。


IMG_9211.jpg
「でも前のよりもフカフカしてるかも。」

それは新しいからだよ。

前はニコがオレンジ、ニヤが赤だったのが逆になっただけなので
2匹いっしょに見ると全然変わってないように見えるかも。

これはMade in USAのComfort Flexというカラーなのですが、日本で買えるものでは
ビヨルキスのカラーとほとんど同じです。
(Comfort Flexはサイズ調整ができるところが、ちと違う。
以前にビヨルキスのカラーのことを記事にした時にNAOさんがコメント欄で
「アメリカでならComfort Flexが同じ品質で手に入りやすいですよ」と教えて下さったのでした。
NAOさん、改めてありがとう!)

IMG_9217.jpg
「おかーさんがリクエストしたんでしょ?どーして同じものなの?」


それはこの幅の広さとフカフカのクッションが効いた超軽量仕様、そしてハーフチョークというだいじなポイントが揃っているから。

見た目が可愛くても首に負担のかかるものや、すっぽ抜ける危険のあるものは付けたくないからね。

犬の首とカラーのことについてはこちらに詳しく記述されています。
おなじみdog actuallyからですよ。
「首と首輪とリードと飼い主」

ま、首への負担と言っても犬が引っ張らずにちゃんと歩いていれば何の心配もないんですけれどね。
とは言え、普段はちゃんと歩ける犬でも何かに驚いたりして結果的に引っ張ることになることもあるし
避けられる危険は避けた方がいいですからね。

それに以前に使っていた見た目重視のカラーよりも、この軽くてクッションの効いたカラーは
ニコニヤも快適らしくて「付けてもいいよ」と自分から頭を下げて来ます。


たかが首輪、されど首輪。体型やコートの長さ、犬種による特性などで「これがベスト」と言えるものはないかもしれませんが、重過ぎたりキツ過ぎたりするものは明らかにNG。


今のところ、我が家では当分の間このComfort Flexで行く予定です。
IMG_9208_20111107150324.jpg
「ニコはそれでいいよ。」「あたしもまあいいけどね。」

本当はもうちょっと色や柄のバリエーションがあると嬉しいのにね。
まあ、こまめに他のものも物色しておきましょう。

<おまけ>
dog actuallyと言えば、前回の続きというか、補足の記事本日アップしています。
よかったらぜひ。
「レスキュー活動におけるビジネス的視点」



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110403114345.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル

6回目のニコ記念日
今日はニコが我が家にやって来た「うちの子記念日」です。

6年前の今日、ニコは我が家にやってきました。
ニコがうちに来た時のことは過去の記念日に書いたので、よかったらこちらを。
1年目の記念日
2年目の記念日
3回目の記念日


今日はニコが来た最初の1年の写真からいくつかピックアップしました。
IMG_0117.jpg
05年11月5日 シェルターにニコを迎えに行った日。

あまりのハイパーっぷりに、実はちょっと「大丈夫だろうか?」と心配だった私。
当時はまだシーザーさんも知らなかったの。

IMG_0158_20111106130748.jpg
05年11月12日 つまりうちに来て1週間目。

今、写真を見てちょっと驚いているんですが、1枚目も2枚目もちゃんとアイコンタクトできていますね。
この頃はおやつで釣ったりもしていないはず。
シェルターで基本的なコマンドを教えてくれていたことは、当時の私達が感じていたよりもずーっと有り難いことだったんだなあと今改めて実感。


IMG_0188.jpg
05年12月1日 段ボールが大好きで入って遊んだ後はビリビリに引き裂いていました。


IMG_0301_20111106130747.jpg
06年3月25日 前に住んでた家の狭い狭い庭で枝を齧るのが大好きだった。

IMG_1083_20111106130746.jpg
06年5月27日 松ぼっくりにかじりついてムシるのも好きだったなあ。

最近は枝とか松ぼっくりとかには、ちっとも興味を示さなくなったのよね。


IMG_6016.jpg
06年12月4日 鼻がきれいなピンク色。今はもうちょっと色が濃くてところどころシミもできてます。


IMG_6465.jpg
06年12月18日 ソファーの肘かけでくつろぐのは今も同じ。


IMG_6713.jpg
06年12月30日 
獣医さんの待合室にて。この頃は病院に行ってもこんな風にヘラヘラ喜んでいた。



IMG_9218.jpg
そしてこれが本日。11年11月5日。
タイミング良く届いた日本のおばちゃん(私の妹)からのプレゼントの新しいカラーをつけています。


こうやって写真を並べると、ちょっとオトナっぽくなった気もするけれど
毎日の暮らしの中のニコの動きは相変わらず子犬みたいです。

でも6年の間にお互いに色んなことをわかり合って、絆はうーんと強くなったなあと感じています。
これからも何回も何回も記念日を重ねて行こうね。

愛してるからね、Our Sweet Girl



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110108164503.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
パブリックコメント報告
8月に環境省が募集していた「動物取扱業の適正化についてのパブリックコメント」
当ブログやdog actuallyを見てコメント発信して下さった皆様、改めてありがとうございました。

もう既にごらんになった方も多いかと思いますが、作家の渡辺眞子さんがご自身のブログ
コメントの集計結果を発表していらっしゃいましたので、転載させて頂きます。
IMG_8935_20111105161911.jpg


深夜の生体展示規制及び展示時間制限に賛成 54,939

深夜の生体展示規制に反対 119

移動販売の規制強化に賛成(移動販売禁止すべきとの意見を含む) 43992

現行基準のままとすべき(基準強化に反対) 105

対面販売・対面説明・現物確認の義務化に賛成 59,786

対面販売・対面説明・現物確認の義務化に反対 136

犬猫オークション市場の動物取扱業への追加に賛成
(「犬猫オークションの禁止」を含む) 58101

犬猫オークション市場の動物取扱業への追加に反対 15,124

8週齢未満の犬猫の販売(親等からの引き離し)は禁止すべき 43,295

幼齢の犬猫の販売等について何らかの規制措置を講じるべき 19,099

45日齢未満の犬猫を規制対象とすべき 31,408

業界の自主規制に任せるべき 2,464

現行基準のままとすべき 12,500

犬猫の繁殖制限措置に賛成 57,474

犬猫の繁殖制限措置に反対 34,753

飼養施設等の数値規制に賛成 39,983

飼養施設等の数値規制に反対 34,100

動物の死体火葬・埋葬業者動物取扱業とすべき(「登録業者と別の扱いで規制すべき」を含む。) 37,983

動物取扱業に加えるべきではない 81

両生類・魚類販売業者を動物取扱業とすべき(両生類・魚類どちらかの場合も含む)
36,519

動物取扱業とすべきでない(どちらか一方の反対意見を含む) 27,134

老犬・老猫ホームを動物取扱業とすべき(「登録業者と別の扱いで規制すべき」を含む。) 36、082

動物取扱業とすべでない 22

動物の愛護を目的とする団体を動物取扱業とすべき(「登録業者と別の扱いで規制すべき」を含む。)  31,393

動物取扱業とすべきでない 446

教育・公益目的の団体を動物取扱業とすべき(「登録業者と別の扱いで規制すべき」を含む。) 21,273

動物取扱業とすべきでない 65

関連法令違反時に登録拒否・取消を行えるよう法規制すべき 41,872

関連時違反時の登録拒否・取消に反対 12

登録取消の運用を強化すべき 45,493

現行のままとすべき 8,200

物園・水族館の業種適用除外に賛成 9,748

適用除外に反対 25,689

動物園水族館・動物病院の動物取扱責任者研修の緩和に賛成 2,458

動物取扱責任者研修の緩和に反対 28,403

犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和に賛成 6,642

販売時説明義務の緩和に反対 27,949

許可制を導入すべき 37,062

現行のままとすべき 16

(渡辺眞子さんofficial blogより転載)

環境省からも正式な発表がありますので、その時にはまた改めて。

IMG_9087_20111105161911.jpg


近々、また動物愛護管理法に関するパブリックコメントの募集があります。
前回はペットショップなど動物取扱業に関するものでしたが
今回は動物虐待の定義の明確化や罰則の強化、災害時の動物の扱い、
実験動物の扱いなどについての項目が取り上げられます。

また正式に発表されましたら、前回のように雛形を作るつもりでおりますので
皆様、またよろしくお願い申し上げます。



人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110403114311.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル

たまらん親子
今日、オットとニコニヤが夕方の散歩から帰って来て1時間ほど経った時のこと。

夕ご飯の支度をしていたら、オットが笑いながらやって来て「あのさ言い忘れてたんだよね~」

「おとーさん言ってなかったの?!」「でへへでへへ」


なにごと?!と思ったら
「今日散歩の時にニヤがニコの頭にシッコしたんだ。あははははは!」

えーっ!? あははははってあんた・・・。

「あ、紙もってたからちゃんと拭いたよ。」

そうですか・・・拭いたんですか。それでそのままですか。

IMG_8933_20111104145043.jpg
「おかーさん、おとーさんの言い方正しくないのよ。ったくも~ニコちゃんたら。」


ああそうなの?で、なにがあったの?


IMG_8932.jpg
「あたしがこうしてシッコしてたらね、あ、今日はもうちょっと高い所に片足あげてしてたんでけど。
何を思ったかニコちゃんがシッコの下に入り込んできたの。
あたしも途中でシッコ止めたり出来ないじゃない。それで引っかかっちゃったの。」

なるほど、そういうことか。

いつもはニコがシッコしてる時に覗き込んでかかりそうになるのはニヤなのにね。


IMG_8766.jpg
「でへへでへへ♪かかっちゃった。」


ったくもう。報告忘れてるオットもオットなら、ヘラヘラしてるニコもニコだわ。
軽く頭だけシャワーして、ラベンダーの精油を垂らしたお湯で絞ったタオルでガシガシ拭いておしまい。

頼むよホントにも~。


人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20110403114345.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル
ニコニヤサービスの小旅行2
一昨日書いた、週末小旅行の記事の続きです。

ビーチで思いっきり遊んだ後、サンタバーバラのホテルへと向かいました。

小さいお部屋ですが、新しくて清潔だったので快適でした。
IMG_9066.jpg
「ニコちゃんなにやってるの?」「いちおう色々点検しておかないと。」

実際ニコもニヤもあちこちクンクン嗅ぎ回って探検してからでないと、じっくり落ち着いて座りませんでした。

IMG_9070.jpg
「お部屋だけじゃなくて、自分のチェックもしないとね。うん、今日もかわいい♪」


ホテルは通り一本はさんですぐにビーチのある好ロケーション。
運転してビーチで遊んで疲れたらしいオットはお昼寝。
私はニコニヤといっしょにお散歩に。
IMG_9078.jpg
「おかーさん!ここでもザッパーンていう音が聞こえるよ!」

波の打ち寄せる音が聞こえると俄然張り切ってテンションのあがるニコ。
でも、ここはオフリード禁止だし、人もたくさんいるからお散歩だけだよ。

IMG_9082.jpg
「ニコちゃんたら、また海に入ろうと思ってるわ。」「だってザッパーンって。」

どこに行ってもやっぱりニコのおしりチェックを欠かさないニヤ。


翌朝はおとーさんも一緒にお散歩。
IMG_9109_20111102142333.jpg
途中でドーナツとコーヒーを買って、ビーチのベンチで食べました。


いつもと違う場所に来ると、こうして立ち上がってじっと見るニヤ。
IMG_9111.jpg
「おとーさん、あれなに?ねえなに?」


この後は車でダウンタウンまで出かけて、ブランチにしました。
IMG_9125.jpg
「おりこうにお座りしてます。」「ほら、こんなにおりこう。」

ちゃんと静かに座ってたんだけど、視線はやかましかったわ。


サンタバーバラの素敵な雰囲気のダウンタウンをぶらぶらとお散歩してホテルに戻りました。


そして帰り道・・・また前日と同じビーチに立ち寄りました~。
IMG_9151.jpg
「ひゃっほ~!!!ビーチビーチうみうみうみ~!」


大喜びのニコと対照的なニヤ
IMG_9150.jpg
「おとーさん、あたしのことはもう放っておいて。」


IMG_9149.jpg
「おとーさん!ここに引っ越ししようよ!」


波から逃げるニヤ。
IMG_9152_20111102142425.jpg
「引っ越しなんてありえないわよっ!」


これは波の側に行くのがいやで、私に「抱っこして~」と言いに来たニヤです。



<続きを読む>に風景の写真を少し

人気ブログランキング参加中。ポチッと応援お願いいたします。
br_decobanner_20100622051903.gif人気ブログランキングへ

携帯の方はこちらをお願いいたします→人気ブログランキングモバイル



copyright 2005-2007 旧SMILES@LA all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。